電車とバスの山登り

2019.8.3-4
3人で木曽駒ケ岳と宝剣岳にテント泊で登ってきた
 IMG_0242

車で夜9:30過ぎ東京出発し菅の台駐車場へ深夜12:30着
まだ空いてました 車中泊 やっぱり眠れない


4:00に起き軽くコンビニの朝飯
バスは5:00 ロープウェイは6:00始発 
様子見ると切符売り場とバス乗り場はすごい行列
とても並ぶ気になれない
IMG_0166

午後から天気崩れるし日帰りだと朝一番に乗りたいか
こちらはテント泊なんでゆっくりでいいやと行列見ながら判断

切符売り場の行列が無くなってからバスとロープウェイの往復切符買うが
4130円高いな

6時前少し短くなったバス列並ぶ
IMG_0167

20分待って乗車 補助席も出ました
林道30分ほど走りロープウェイで乗り場でまた行列
IMG_0168
20分くらい並んだ
木曽駒は2時間待ったとかの情報により避けていたがまだ全然マシだった

IMG_0169
7時過ぎのロープウェイに乗り込む
たった7分で約1000m標高上げます
歩くと4-5時間
文明の利器使いましょう
登るまで長いな

IMG_0171
素晴らしい
来て良かった
IMG_0173
シナノキンバイかミヤマキンポウゲ
区別つかない
IMG_0172
コバイケイソウの当たり年
3〜4年に一回花が咲きます
IMG_0174
ようやく登山開始 7:43
見上げる高さ
登れるかな
IMG_0175
九十九折に登ってゆきます

IMG_0176
振り返ると結構登って来た
IMG_0177
ようやく乗越浄土 8:26
登山口から40分掛かった 暑かったけど休憩しすぎ 
けれど急なところはこれで実質終わり あと木曽駒山頂までは緩やかな山道です
お手軽 これが人気なのかな
IMG_0178
宝剣山荘
中覗きました
ソフト食べたかったが明日のお楽しみにした なんで?

IMG_0181
振り返って宝剣岳
明日登ろう
木曽駒は見えません

IMG_0183
天狗荘の脇通り中岳に向かいます
一応巻道あります 帰りに通りましたが安全なのは直登ルートです
巻道は高低差あまりないですが崖みたいなところあります

IMG_0184
中岳は通過点の山で地味ですが2925mあります

IMG_0186
中岳越えると木曽駒ケ岳がようやく見えます
青い屋根の駒ケ岳頂上山荘の脇に唯一のテント場が見えます
まだ結構空いていてホッとした
IMG_0189
頂上山荘にてテント泊受付
1張り1000円少し高いな トイレと水込みですが
IMG_0194
良い場所が無く雪渓の側の奥まできた
IMG_0191
マイテント シュラフ干す 猛暑日差しが痛い
張った後木曽駒ケ岳に登りにゆく

BlogPaint
テント場から20分?で登頂
IMG_0198
頂上神社参拝

IMG_0199
北へ向かう稜線
登山道が見えます
コースタイム6時間?

時間がたっぷりあり濃ヶ池を見に行くことにした
IMG_0204
山頂は広く賑わっていてもそんなに混まないです

IMG_0206
コイワカガミ
IMG_0207
ハクサンイチゲ?
IMG_0210
ロープの間を進む

IMG_0209
中岳とテント場が見える

IMG_0214
宝剣岳が姿現す

IMG_0215
濃ヶ池
池の水が枯れていた
テント場に戻るがまだ12時前
軽く日帰り登山できる山です

熱中症になりかけで夕方4時前、晩飯のつまみのベーコンを切っていたら突然大粒の雨とその後雷雨
スマホで雷雨の雲を全く確認していなかった
空も黒くはなかったのに 怖いです

慌ててテントに食材と共に逃げ込んだ
約1時間、頭の上で雷光と轟と土砂降り 落ちないでくれとじっと身体小さくした

雨が上がりようやく晩飯ベーコン焼き締めはカレーと頂いた海藻サラダ、焼きそば等々お腹いっぱいです
明日6時出発の約束してテントに戻る
寒くはなかった

なおテント場はあれだけ雨が降ったのに水はけは良かったです
IMG_0217
八ヶ岳の朝焼け
4:30頃

IMG_0218
甲斐駒

IMG_0229
ご来光 5時
阿弥陀岳当たりからです

コーヒーと朝ごはん食べて朝露に濡れたテント収納し出発
IMG_0234
朝絶景です
IMG_0235

IMG_0236
中岳の巻道を行きます
崖に慣れてない人は中岳経由が良いです
IMG_0238
花崗岩の奇岩が続く
IMG_0242
巻道が終わると宝剣岳が目の前に
奇岩の大石です
IMG_0244
宝剣山荘にザックをデボして宝剣岳登ります
IMG_0245
振り返る

IMG_0246
鎖場が出て来ます
険しい場所は5分くらいです
上に人が小さくいるのが見えるでしょうか

IMG_0259

IMG_0253
千畳敷がよく見えます
IMG_0251
団体が山頂にいてしばし停滞
BlogPaint
登頂 山頂の岩は思った以上に磨耗しツルツルの箇所があり途中でやめました
IMG_0260
祠は新旧二つありました 参拝

あとは下山するだけ
IMG_0269
昨日より多くの人が登って来て何度もすれ違い休憩
日帰りの山だと思った
IMG_0278
駒草は見れなかったがこまくさの湯に入る
開店10時過ぎに入ったがすでに一杯
駐車場も満杯でした

手軽に3000m級の百名山に日帰りできるので人気の山実感しました
紅葉の時はロープウェイは2時間待ちわかるな


登山ランキング
  

2019.6.8-9
編笠山に行ってきた
IMG_0119

6人で行き、3人は青年小屋泊3人はテント泊

車で観音平に遅くついたが天候悪いためか駐車場は空いていた
小雨が降り始めた

今日か明日権現まで行きたいがどうなるか
IMG_0096
雲海
まだ小降りだったがこの後本降りに

IMG_0101
押手川
お昼ご飯をここで食べようと思っていたが雨が強く休む場所がないので休まず進む

IMG_0103
コイワカガミ

IMG_0105
雨の中黙々と歩いていたので神経を時々植物にやる

IMG_0107
雨のため苔が美しい

IMG_0106
雨が染み込む道で泥々にならない
途中雨の中立ったままおにぎり食べる

IMG_0114
ようやく到着
IMG_0116
雨が小降りになりテント張り

IMG_0118
雨がやんだので編笠山に登りにゆく
残雪が残っていた

IMG_0119

IMG_0124
登頂
残念なことに周囲すべてガスで真っ白
南アルプスの絶景を楽しみにしていたのに
40分以上いたが晴れず下山

テン泊者と宴会始める
しばらくすると
IMG_0129
飲んでるうちにすごく晴れてきた
360度すべて青い 後1時間早かったら絶景だったのに

また登るチャンスだが小屋の夕食の時間5:30近い
お金払ってるし飯を食べない手はないな

IMG_0130
5:30夕食
竹内オーナー自ら装っていた

IMG_0133
手の込んだ料理
アジフライ、サラダ、豚汁、冷奴、メロンまであります
山小屋で冷奴は初めてだな

夕食後外に出ると
IMG_0137
権現岳はっきり見え
IMG_0138
権現岳アップ
また編笠山に登る?
すぐ日が暮れるので無理か

IMG_0139
夕暮れ
槍、キレット、穂高が見えた

山頂に行けば絶景だがヘッドランプの明かりがなく誰も登っていない
IMG_0146
飲むしかないです

IMG_0148
夜竹内オーナーの弾き語りとともに日本酒頂く
とても美味しい
結局11時まで飲んでいた

IMG_0155
朝食
オーナー奥さんの手作りシュウマイ

夜から明け方まで雨音が,,,,,
朝昨日より雨でした
権現岳登るかテン泊者と協議

結局全員下山となった
上下レイン着る,,,,
下山はすべて雨の同じ道でカット
IMG_0152
パノラマの湯で冷えた体温め

IMG_0153
隣接の市場で野菜の試食会ありすべての野菜いただきました

権現岳登れば八ヶ岳全山制覇だったが、また残ったのでまた来れるな

    
登山ランキング
 
 

2018.4.27-28
GW初日に3人で雲取山に行ってきた
 IMG_0036

車でお祭の駐車場から後山林道歩き三条の湯へ
林道途中から雨が降り出しレイン着込む
 IMG_0005
道には雨だからかガマガエルがたくさんお出まし
林道は長くて単調 雨がさらに堪えた

IMG_0008
雨で木々の緑が生き生きとしている

 IMG_0040
ようやくテント場どこも濡れていたが何より空いててよかった

IMG_0009
アライのテント

 IMG_0039
テント張った後早速名物の温泉へ
男女別々の建物で男湯は写真の右奥の小屋です
 
IMG_0013
いい湯だな~
IMG_0014
加温ですがph10以上のアルカリ泉のヌルヌルした美肌の温泉

IMG_0012
湯上りにビール 他に酒つまみ色々あります

IMG_0016
熊もいました

IMG_0015
食堂借りて酒と昼飯自炊
 
IMG_0024
小屋の外では竃のご飯 おこげも少しあるそうで美味しそうですが
テン泊なんで食べれませんでした

IMG_0022
薪を利用しています
 この後雪がチラチラ降り始めとても寒くなった
想定外でした
寝袋に逃げ込む 北風の突風がテントを揺らした
明日は晴れてくれ 

結局持ってきた物すべて着込んだが寒くて眠れず朝4時に観念して朝食
6時に出発 今日は山頂まで行って三条の湯に戻りテント撤収して林道戻るので長い行程だ

IMG_0026
昨日降った雪は2~3cmほど ツボ足ですが一応チェーンスパイク持参

IMG_0027
雪のないところは霜柱

IMG_0029
つぼ足で大丈夫

IMG_0028
三条ダルミ

急登登った先には
IMG_0030
絶景 富士 南アルプス一座づつはっきり見え スカイツリーも
IMG_0031
カモ沢からのルートは大勢の人

IMG_0035

IMG_0036
何度も見ちゃいます
北風が強く見晴らしが良かったので痛し痒しか

昼食食べ30分ほどで下山
三条の湯まで急いで降りてテント撤収 テント場空くのを待っている人が多かった
今日は直ぐ一杯になりそう
林道テクテク歩き駐車場まで戻った
初日10km 2日目20km歩きました

中央道も渋滞なしでよかったです

    
登山ランキング

2019.3.31桜まつりの弘法山に行ってきました
秦野駅から川沿いテクテク15分ほど歩き公園入り口から登ります
ちなみに秦野駅北口1階にお土産屋があり秦野名産物売ってます
秦野名産物は落花生ですが色々売ってます
IMG_1706


IMG_1707

IMG_1708


気温高くいきなりの急登?で汗が出ました

登ると満開の桜
IMG_1737
 
弘法山手前の権現山展望台で自炊します
 IMG_1710

IMG_1713
すいとん

IMG_1712
チャーハン

IMG_1714


IMG_1717
チョコもあり
 IMG_1736

IMG_1734

IMG_1720
屋台もたくさん出てました

IMG_1735
鶴巻温泉まで歩き弘法の里湯で打ち上げました
   
登山ランキング

2019.2.2-3
凍結した乗鞍岳三本滝をスノーシューで見に行った
BlogPaint

松本から白骨温泉の泡の湯へ
IMG_1553
たくさんのお客さん

IMG_1554


ぬるくて大きい露天風呂に入る
gairai_2
撮影禁止ですのでHPより
実際は周囲に雪が積もっているのでもっと風情がありました
1時間も入りました
IMG_1555
内部の地図
IMG_1556
源泉36.9度
IMG_1559
アルムというペンションで昼食

IMG_1563
今夜の宿から乗鞍岳剣ヶ峰 風が強そうです
乗鞍高原みたけ荘に到着
秘湯の会の湯です スタンプゲット
IMG_1564
冬期は外にある露天には入れないので内湯のみ

IMG_1567
46.8度と暑い
IMG_1570
ロビー
IMG_1571
夕食 豪華です
家族連れのスキー客が多かった

IMG_1572
朝食
全部食べた
IMG_1575
朝の剣ヶ峰
予報では午後から崩れる

三本滝に向かいます
スキー場のリフト2本乗ります
IMG_1614
綺麗な景色
夢の平リフトに乗る
IMG_1615
三本滝レストハウスの右のコース少し下ります
IMG_1600
14番のコースです
IMG_1577
樹林帯の中、前日着けられたトレースの跡進む
IMG_1581
20分ほどで到着

IMG_1587

IMG_1588

IMG_1593
氷瀑の裏まで行った
BlogPaint
氷瀑の大きさがわかると思います

IMG_1598
帰りリフトは乗ることができずシリセードか歩いてゲレンド下る

IMG_1597
スノーモービルにマムートのシールが?

途中日帰り温泉の竜島温泉せせらぎの湯に入る
VH1_0479
アルカリが強いヌルヌルとした湯です
美肌の湯で湯の質は良いのですが露天風呂が小さく3人でいっぱいです

IMG_1601
松本の蕎麦屋 小林へ

IMG_1605
天そば食べる

結局カロリーオーバーか


 

登山・キャンプランキングへ      

2018.12.15-16
霧ヶ峰と唐沢鉱泉から西天狗の展望台まで雪山ハイキングに3人で行ってきた
IMG_1492

茅野駅で車で来たOさんとひとまず毒沢鉱泉へ
IMG_1405
毒沢鉱泉 宮乃湯
日帰り800円

IMG_1407
飲泉できました
胃腸に良いそうです
少し苦くしょっぱい?

IMG_1408
湯は茶色に濁ってました
湯船がFRPで少しがっかり

IMG_1414
女性の湯船は檜

IMG_1412
ロビーでゆっくり
私たちのほか誰もいませんでした

さてどこへ行こうか
今日は快晴無風で絶好の登山日和ですが時間ないため西天狗は無理
それならば絶景期待してサクッと霧ヶ峰へ
IMG_1415
車山の肩まで来ました
雪少なく5~10cmぐらいです
IMG_1416
チャップリンは休業中

IMG_1418
広〜い高原歩いていきます
IMG_1419
ショートカットの靴でも問題なし
IMG_1420
雲も少なく風もなく

IMG_1421
道は山頂まで巻いていきます

IMG_1422
北アルプス方面の山頂には雲がかかっている
IMG_1434

BlogPaint
レーダーの右奥が蓼科山

IMG_1443
山頂は車山神社らしいです

IMG_1445
八ヶ岳と南アルプスと中央に富士
今年は南アルプスよく登った
甲斐駒ケ岳、北岳、鳳凰三山
それらがよく見えました

IMG_1454
かわいい標識です

IMG_1455
八島湿原方向は雪がない

IMG_1456
車山の車

さて遅い昼食へ行きます
IMG_1457
蕎麦屋 みつ蔵(みつくら)

IMG_1458
天そば 美味しいこの店5年振りです

さて唐沢鉱泉に向かいます

IMG_1463
唐沢鉱泉に到着
途中凍った路面でスリップし2人降りて切り抜けました

IMG_1496
鉱泉の源泉 冷たいです

IMG_1477

IMG_1476
個室に3人山小屋でなく温泉旅館ですね

お風呂と思いきや外のベランダで北海道で買って来たというジンギスカンを作りました
IMG_1465
お肉と野菜もたっぷり
蕎麦食べて2時間経っていないのに
たくさん食べてお腹いっぱい

さて風呂だ
IMG_1466
清潔です

IMG_1473
鉱泉なんで加温はしてます

IMG_1468
暑い風呂と隣に鉱泉源泉の風呂がありました
マウンテンバイクで来ている人がいました
よくあんな凍結している坂を登ってくるものです

日本秘湯の会の温泉宿です
初めてスタンプもらいました
10個3年以内に集めると宿泊した宿の中から1泊無料で泊まれます

IMG_1475
地図持って来たが明日登るルート確認
西天狗から東天狗へ
中山峠から黒百合ヒュッテ通り唐沢鉱泉に戻ります

少し経って5時半に夕食
まだお腹に蕎麦とジンギスカンが
IMG_1480
食堂 綺麗です

IMG_1478
お酒もいっぱい
IMG_1479
昔はランプの宿だった

IMG_1471
食べきれない夕食
結局ご飯は一膳もよそわずおかずも残してしまった
熱燗少し飲みました

クズクズして寝たのは10時ごろ
朝食の写真忘れましたがちゃんとした分厚いシャケとたくさんのおかず卵かけご飯にしてしっかり完食しました

さてやっと登山
IMG_1482

IMG_1485
凍ってました

IMG_1484
西天狗へは橋渡ります
黒百合ヒュッテへは渡らずに直進します
IMG_1486
積雪はこの程度が多かった

IMG_1488
分岐まではつづら折りに登ります
この辺りから樹林帯なのに木々の上部が風で揺れてビュービューという音がしました

IMG_1491
分岐から展望台まで来ました
南アルプス
中央の三角形が甲斐駒、その左が北岳、右が仙丈ケ岳
全部登ったな

IMG_1492
赤岳、横岳、硫黄岳方向

IMG_1493
左が西天狗奥が東天狗

IMG_1494
風が強く寒く頬が痛く立っていられない
ここで2人やめましたが強者の一人はとっくに先に行きました

唐沢鉱泉に戻ると強者の一人はとっくに周回して温泉2回も入ってました
タイム聞くとコースタイムの半分でした
途中までなのに遅れて到着した二人はお風呂で体温めました
さて帰ります

茅野駅の途中にあるカフェで
IMG_1489
attaca 由来は暖かです

IMG_1490
コーヒー飲み

IMG_1497
焼きチーズナポリタン食べる
熱々で美味しかった

霧ヶ峰と西天狗の途中まで登っただけの登山で、温泉と食欲の比重が高い旅でした


 

登山・キャンプランキングへ    

 

2018.10.27-28
4名で瑞牆山に富士見平山荘にテン泊し瑞牆山に行って来た 
IMG_1286

新宿発8:30のあずさで甲府まで行き韮崎までは各駅停車
韮崎からタクシーで瑞牆山荘まで
土曜日は午前中雨のためゆっくり出発

タクシー交渉して1万円にしてくれた

IMG_1225
瑞牆山荘に11時半ごろ到着
丁度お昼ということで

IMG_1234

IMG_1230
オススメの手ごねハンバーグと
IMG_1235
チーズケーキ
美味しくお腹っぱい
IMG_1229
テラス席の紅葉も綺麗です
登山前にまったりしすぎで今から登るの?という感じ
ちなみに瑞牆山荘は満室でした

13:20頃重いザック背負ってようやく登山開始
IMG_1237
まったり登山開始だがザック重いので早く歩けない
IMG_1239
今年の紅葉は早いそうです
IMG_1240
途中で見えテンションようやく上がる
IMG_1245
14時富士見平山荘到着 
IMG_1252
受付後4張りテント設営してまったり
ハンバーグでお腹いっぱいで夕ご飯食べる気がしない
ちなみに初めて買ったテントでのデビュー2名
風もないので設営問題なし

日没5時少し前からようやく食べるかとバーナーで湯沸かして簡単な食事
気温が下がりとても寒い
6時には各自のテントへ退却

翌日は4時に起き暗く寒い中コーヒーと朝ごはん
明るくなって6時半頃登山開始
軽いザックで楽です
IMG_1259
沢までは少しのアップダウンで30分ほど

IMG_1260
巨石がいくつかあります
これは桃太郎岩? 名前付けとけばいいのに

鎖場いくつかありますが登りでは使わなくても登れます
白く霞んでいた空は
IMG_1269
絶好の快晴
IMG_1270

IMG_1284
登頂

IMG_1285
金峰山と富士
IMG_1286
富士アップ
IMG_1287
冠雪の北岳と間ノ岳
手前が鳳凰三山
1ヶ月前に登ったな
IMG_1288
八ヶ岳
IMG_1291
ヤスリ岩
IMG_1351
パノラマです

山頂でまったりして下山
今日は快晴なので登って来る人が多かった
テント撤収して瑞牆山荘からバスで増富の湯へ
IMG_1300
全体的にぬるい湯が多いですが42℃の湯船もありました
IMG_1303
軽くビール飲んで天そば食べる
天ぷらは地元の葉っぱでその日で変わる

もっとのんびりしたかったがタクシー呼んで韮崎駅へ

ギリギリで各駅の電車に乗り甲府でかいじの自由席確保
あずさは絶対に座れません
地ビール飲んで新宿に帰りました
7時には家に着きました

 

登山・キャンプランキングへ   

2018.10.13-14
鳳凰三山に行って来た
天気予報はAだったが三山巡りは冷たい雨と時々雪で冬の始まりでした 
 
韮崎から御座石へ行き御座石から登る ドンドコだと間に合わないと小屋に言われたので
鳳凰小屋に泊まり翌日三山巡り、長い尾根道の夜叉神へ下山した
夜叉神からは広河原から来るバスで甲府へ

初めてショートカットの靴で巡ったが特に問題もなかった
IMG_1163
一瞬晴れてくれました

IMG_1167
賽の河原から観音岳

 IMG_1130
モンベルのマリポサトレールでリールアジャストシステムです
これの実験でも来ました

恐れていた捻挫とかなく素早く脱着でき緩むことはなかったが
アキレス腱のところが当たるのでしばらくは慣れが必要です
一応アキレス腱のところは左足にテーピングしましたが
貼らなかった右足も痛くはなかったです
無積雪期のキレット以外ではこれで十分ではと思いました

  

登山・キャンプランキングへ   
 
登山ランキング

2018.9.8-9
南アルプスの名峰甲斐駒ケ岳に行ってきました
9名で行きましたがあまりにもの暴風雨の為、初心者は途中撤退し、4名だけで山頂に登頂しました
IMG_0740
一瞬の晴れ間の甲斐駒ケ岳
BlogPaint
登頂す

IMG_0717
深夜毎日アルペン号で来て、仙流荘着4:40着

5:20始発バスに乗り北沢峠へ
もともとテン泊で来たのですが北沢峠に着いた時は土砂降り

しばらく全員でどうするか協議
テン泊初めての人もいるし結局こもれび荘に素泊まり6000円で申し込みました
天候が悪く小屋は空いてましたので奥の12名の個室になりました
IMG_0720

IMG_0719

登るか?風も強いがせっかく来たので
ひとまず行けるとこまでということで小屋の側から登山開始
双児山目指します

BlogPaint
ひたすら樹林帯の中九十九折りに登ります

BlogPaint
双児山2649m到着
ここで雨ザーザー、身体も冷え切っている人も
どうするかベテラン1人と初心者4人の5名は下山することに
4人はひとまず駒津峰に出発


  

登山・キャンプランキングへ   

↑このページのトップヘ