コラム

2008年02月29日

愛媛の縫製企業 外国人研修生

民放5局 リアルタイムテレビ

フィリピン国内で iモードサービスが始まる。
来月の15日から、フィリピン国内全域に渡る SMART 社の GPRS、3G、HSDPA 提供エリアにて提供されるそうだ。
対応する端末は、Nokia N73、Nokia N77、Nokia 6120 classic
月額 iモード使用料は無料で、ニュース、スポーツ、音楽、エンターテイメント、待受画面などのコンテンツ、iモードメールサービス(Eメール)が利用できる。
日本人には便利になるお話だが、どこまでフィリピンで広がるか。

とかくネガティブな話題になりがちな外国人研修生・実習生だが、インチキばかりではないという記事を見つけた。
愛媛県内では、420社が約3240人を受け入れているそうだ。
中国やフィリピンからの外国人研修生・実習生が主だとか。
縫製専門の9組合で930人以上の女性研修生らを受け入れているそうだが、賃金トラブルや失そうが絶えないらしい。
これはどこでもよく聞く話だ。
そこで、松山市東垣生町のアパレルメーカーのタクト野田では、日系企業で働き、2年以上のキャリアのある女性縫製工に限定して募集。
日本流を仕込んでいるとのこと。
少人数グループ制で、目標達成率によって給与にはインセンティブも付けている。
技術の向上次第で給料も上がり、3年目になると時給換算で1000円前後になるとか。
独自の給与体系の他に、8人前後の共同生活にも様々な工夫を凝らしている。
こういう企業が増えれば好い。
研修生・実習生の派遣先には海千山千が多数いる。
受け入れの企業側も不勉強なところが多い。
それだけでなく、安い労働力として、まるで機械のパーツのような扱いを強いる。
これでは上手く行くはずもない。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 07:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月28日

あるフィリピーナの選択

民放5局 リアルタイムテレビ

fairy数ヶ月ぶりに、ある娘から電話があった。
よくある話で、忘れた頃に電話が鳴る。
都内某PPで働くこの娘、当初はいくつかの店を転々としていたが、ここ1〜2年は某店に落ち着いていた。
話を聞けば、来月帰国するという。
元々興行ビザでタレントとして入国、数年前にイミ婚、そして今に到っている。
帰国というから家族や子供に会うための、或いはイミ婚のエクステンションか何かだろうと思って聞いた。
するとそうではないらしい。
彼女には妹がいる。
この妹もイミ婚で日本に入国させようと画策していた。
私や友人は強く反対、アドバイスもしていたが、所詮は彼女や妹の人生であり選択だ。
友人と私は、彼女とその妹にもフィリピンで会っている。
これも数年前のことだ。
当時、この妹は学生だった。
酷くシャイな娘で、ほとんど私達の前で口を開くことがなかった。
当時から日本に行きたいとのことだったが、省令改正の真っ只中でもあり、年齢の問題もあった。
そんなこともあって、私や友人は日本に来ることにはその当時から反対していた。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 05:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年02月27日

フィリピン新人女優

メルセデズ・カブラル「カンヌ国際映画祭の審査委員大賞を受けた朴賛郁(パク・チャヌク)監督がフィリピンの新鋭を抜てきした」。
パク・チャヌク監督の次回作で、国内外から注目されている映画『コウモリ』(仮題、英語タイトル『Thirst』)に、フィリピンの新人女優が抜てきされた。


昨日、深夜に友人と長電話。
深夜、携帯にメールが入った。
「まだ起きてますか?」
スカイプか電話で、と返信したところ、外出先だったらしく携帯に電話がかかってきた。
いつものように、相談事だった。
普段なら割と一般論的なことを言ったかもしれない。
が、今回は少々手厳しい意見を言わせて貰った。
内容からして一般論を言っても意味がないと思った。
今日の記事タイトルと書き出しの二行は、この話と多少リンクしており、友人の相談内容や彼の職業(現状、生業ではないが)にも関係している。
要は今も招聘業に携わっているのだ。
前述の通り、彼からはこれまでにも何度となく相談があった。
その都度私は、私見と当局サイドならどう観るかという視点で話をして来た。
彼だけのことではないが、多くの招聘業者やクラブ・オーナーには定見や使命感、理念といったものがない。
目的やデスティネーションを聞いても、ハッキリしない人間が多い。
いや、逆にはっきりしているのかもしれない。
フィリピンから女を入国させて酌婦をさせ、それをもって金を稼ぐ。
その手段について、それぞれの考え方やスタンスがあるだけだ。
違法・不法も省みず、手段を問わない者。
法や制度の穴を掻い潜って、精々グレーゾーンで留まる者。
大義名分を隠れ蓑に。表と裏を使い分ける者。
真裏で勝負する者。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月26日

外国人受け入れと日本語能力

民放5局 リアルタイムテレビ

「我々は、結婚ビザを申請し、イギリス国内に定住しようとする外国人を対象に新しい英語試験を導入する。これは、イギリスで生活しようとする人は英語を話せなければいけない、というイギリス政府の要求を示す措置であり、またこれらの人が搾取にあうのを避けるための措置でもある」
というわけで、時期や詳細は不明だが、今後イギリスでは結婚ビザと定住のためには英語検定を受けなければならなくなる。
日本でも似たような措置や制度の検討が始まっている。
長期滞在を希望している外国人の入国審査や在留期限の延長にあたり、日本語がどれだけできるか。
議論、検討のきっかけは、高村外相の一言だったらしい。

ただ、こうした議論の重心が、法務省と外務省ですでに大きく違っている。
「日本語ができる外国人は、どんどん日本に入ってきてもらったらいいじゃないか。」
IT(情報技術)や娯楽・芸能といった専門的・技術的分野での就労が目的の場合で、一定の技術や才能がなければ日本への滞在を認めないが、日本語能力があれば条件を緩和してはどうかというもの。
こういう情報がどこかしらから漏れて、業界関係者などは特に「娯楽・芸能」という部分に反応するのだろう。
これは、果たして酌婦が技能・芸能に当たるのかという従前の議論に逆行することになる。
ここだけ抜き取られているので、なんとも短絡的な一言に見えるが、実際にはもう少し踏み込んだ内容のはずだ。
法務省サイドの意向は、日本語がある程度できるのであれば、他の要件を低くして入国を認めるといった方向。
一方、外務省は外国人労働者の受け入れ問題にフォーカスしている。
つまり「在日外国人問題」と「単純労働」問題の解決に視点があるわけで、事は単純に日本語能力の問題では済まない。
こうなると、法務省と外務省だけの議論では納まらない。
経業省、厚労省、財界や労組など、関係省庁や団体、更には地域住民とのコンセンサスなど複雑に絡み合う。
当然、治安問題もあるわけで、警察庁・警視庁など公安当局との連携も必須。
とにもかくにも、欧米など移民受け入れ経験を歴史的に長く持っている国々と違い、日本は未知のゾーンに入っていく。
現在の経済を短期的視野で維持・発展させるなら、外国人の受け入れ、特に移民問題は避けて通れない。
中長期視野では少子化の歯止め。
この二つが連動しなければならない。
日経新聞では「同床異夢」と表現しているが、まさにその通りだ。
難しい問題ではあるが、克服せざるを得まい。
今の大多数の日本人が、小さな政府や仮初の経済大国からの逸脱を望むとは思えない。
かといって、北欧のような30%近い消費税を、それが福祉や教育目的であっても、簡単には受け入れないだろう。
直接税と間接税、外国人の受け入れは、段階的な慣らし運転と軌道修正が必須条件になる。
自民党政権でこれを乗り切れるのだろうか。

フィリピン - livedoor Blog 共通テーマ
ドラッグ・トラップ事件関連は、フィリピンパブ ファンタジア別館にて。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 15:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月25日

EDSA革命記念日

民放5局 リアルタイムテレビ

フィリピン人女性被害者告訴 フィリピンパブ ファンタジア別館
第156回配信 「九日遅れの春一番」 ねとらじ・支配人の独り言

フィリピンは今日、EDSA革命記念日。
大規模な集会やデモが予定されている。
アキノ元大統領と左派系団体が共闘、マラカニアン宮殿付近や地方都市で反政府集会を行うようだ。
アロヨもブロードバンド網構築事業でZTEとの契約直前に不正があると知らされたと言明、事前に不正を認知していたことを認めたらしい。
それでも任期を全うすると譲らない。
また軍の発動・・・なんてことにならなければいいが。

さて、外国人研修・技能実習制度の受け入れ実態調査が、栃木県で行われるとのこと。
遅きに失しているというか、所詮国や役人がすることといえばこの程度だ。
有名無実化して久しいこの制度、最早日本の農村・漁村も安い外国人労働者なしには成り立たないところまで来ている。
単純労働受け入れの論議は避けて通れない。
毒入りギョウザ問題もシリアスな問題だが、こちらはもっと深刻な話だ。
中小・零細企業の工場だけでなく、食の根幹である農業・漁業にも人手不足の波が押し寄せている。
自給率云々どころの話ではない。
単にシステムや制度、法の問題だけで解決できるような問題ではないだけに、包括的に省庁を跨いだ議論を急がねばならない。
といいつつ、一向に進まず後退の感すらある省庁改革。
やれやれだ・・・。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 06:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月24日

卒業 フィリピンの略奪愛

民放5局 リアルタイムテレビ

Graduate若い世代は知らないかもしれないが、「ロス疑惑」で悪イメージを一斉風靡した三浦和義元被告がサイパンで逮捕された。
その後どうしていたのかと思っていたところに、少し前にコンビにでサプリを万引き、久しぶりに報道されていた。
しかし、それにしてもこれには少々ビックリ。
余程有力な証拠でも掴んだのだろうか。
27年前の事件で、日本では最高裁判決も出て一件落着だったはず。
殴打事件で懲役6年、銃撃事件では4年前に無罪判決。
日本では「一事不再理」の原則があるので、この事件が二度と裁かれることはない。
国外での事件についてはこの限りではないのだが・・・。
こうなると難しい。
なんで今頃???というのが素直な実感だが、殺人事件に時効のないアメリカ。(第一級殺人事件)
日本の最高裁では無罪だったものが、アメリカでは場合によっては死刑まであり得る。
犯罪捜査についてアメリカは「属地主義」、日本は「属人主義」。
日本国内でアメリカ人が犯罪を起こした場合、アメリカの捜査当局は原則的に立件しないが、日本の捜査当局は日本人が海外で起こした犯罪も捜査する。
起訴される可能性はかなり高いのではないだろうか。
27年前、数ヶ月間日本のマスメディアは連日この事件の報道に終始していた。
どんな結末が待っているのやら。

フィリピンでは、1967年の映画、「卒業(The Graduate)」を彷彿とさせるような話。
映画ではバスで旅立ったが、こちらはタクシー。
結婚式の最中にフィアンセに逃げられた花嫁、このフィアンセを訴えたというが、よくも無事だったものだ。
婦は新郎に対し、54万9630ペソ(約146万円)の損害賠償を請求しているらしいが、命を狙われないよう気をつけて欲しいものだ。
映画同様、ハッピーエンドな結末にはならんだろうなぁ・・・。
オールド・ファンにはクライマックスの教会での結婚式、ベンジャミン(ダスティン・ホフマン)が「エレーン!!」と叫ぶシーンが有名だが、私はラスト・シーンが印象的だった。
想いを遂げて嬉しそうなベンとは対照的に、エレン(キャサリン・ロス)は・・・。
バスに乗っていた客は皆老人。
シュールな映画だった。



フィリピンの略奪愛、「元」花嫁が逃げたフィアンセを訴える
2008年02月24日 03:08 AFPBB News

結婚式の最中、別の女性とともにフィアンセの男性に逃げられてしまった「元」花嫁が、男性を訴えた。
フィリピン・スター(Philippine Star)紙が23日、報じた。
事件が起きたのは2007年12月。
同紙によれば、新郎新婦が誓いの言葉を述べ終えようとした瞬間、教会の入口に別の女性が現れ、式を中断するよう叫んだという。
そして新郎はためらいつつもこの女性に歩み寄り、抱擁を交わし、二人でタクシーに乗って走り去ってしまった。
残された新婦は、「取り返しのつかないほどの苦痛」を被ったと述べ、事件以降よく眠ることができないでいるという。
新婦は新郎に対し、54万9630ペソ(約146万円)の損害賠償を請求している。

フィリピン - livedoor Blog 共通テーマ
ドラッグ・トラップ事件関連は、フィリピンパブ ファンタジア別館にて。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 08:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年02月23日

ジェロ

民放5局 リアルタイムテレビ

ジェロいつ記事にしようかと思っていたのだが、何かと世間が騒がしく、ついつい後回しになってしまった。
黒人演歌歌手のデビューということで、マスメディアもかなり取り上げている。
朝のワイドショーなどで何度か目にしたが、歌唱力はかなりのもの。
演歌でなく、ヒップポップやソウル系だったら、もっと聞き応えもあるかもしれない。
日本人の祖母の影響ということだそうだが、それにしても日本語もネイティブ。
ヒップポップ・ファンションにダンス、そして歌は演歌。
フュージョンというのかミスマッチングというかはともかく、秋元が仕掛けているだけに企画としては面白い。
2〜3度曲も耳にはしたが、正直言ってもうゴメンだ。
ジェロの人柄、歌唱力、企画力、百歩譲って歌詞も悪くはない。
でも曲がなぁ・・・・。
話題性でそこそこは当たるんだろうが、CDが欲しいとかカラオケで歌おうとかいう気にはまったくならない。
一発当てた後に、思い切った方向転換でもしようって狙いなんだろうか。
2曲目以後が生き残りのハードルになる。
ただ、元気のない演歌界には、多少活気が戻るかもしれない。
ジェロとのコラボやデュエット曲等の企画が増えるんじゃないだろうか。
NHKやミュージックフェア辺りでは、今後取り上げられる可能性大だ。
あれだけ日本語が流暢だと、バラエティ番組にも引っ張りだこになるだろう。
リア・ディゾンもそうだったが、路線はまったく違えど、仕掛け方としては同じ道を辿るはずだ。
HEY!HEY!HEY!、うたばん、ミュージック・ステーション、そして笑っていいとも!。
んで、紅白・・・っと。
ピッツバーグ大情報科学科卒らしいので、ダメでも潰しはいくらでも利きそうだ。

JERO'S BLOG -ジェロのブログ
ジェロのMySpace


フィリピン - livedoor Blog 共通テーマ
ドラッグ・トラップ事件関連は、フィリピンパブ ファンタジア別館にて。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2008年02月22日

エドサ革命週間

民放5局 リアルタイムテレビ

card毎年この時期には記事にしているが、早いもので、今年もそんな時節になった。
2月25日はEDSA革命記念日。
今年の場合はEDSA僑啓年ということで、今日から「エドサ革命週間」に入る。
すでに在比日本大使館からも、先月の18日と今月13日に注意メールが配信され、サイトにも掲載されている。
アキノ元大統領らは政府主催式典をボイコットするようだが、さて蓋を開けてみればどうなることやら。


大使館からのお知らせ(当地での安全に関する一般的な注意) 在フィリピン日本国大使館
大使館のお知らせ(治安情報) 在フィリピン日本国大使館

リピーター読者には今更解説の必要もないが、最近の方々のために一応の説明をしておこう。
エドサ革命は「二月革命」、「ピープルパワー革命」ともいわれる。
1983年8月にフィリピンの民主派ベニグノ・アキノ元上院議員が暗殺され、マルコス独裁政権打倒の機運が高まった。
86年2月7日の大統領選挙で、マルコス大統領が勝利を宣言したが、故ベニグノ氏の夫人で野党候補のコラソン・アキノ氏陣営は不正があったと抗議。
22日にはラモス参謀総長代行ら軍・警察幹部も大統領に反旗。
マニラ中心部はアキノ支持の数十万人の群衆で埋まった。
25日、アキノ氏が大統領就任を宣言し、マルコス氏は大統領府を脱出。
この政変が「ピープルパワー革命」で、2001年1月、違法賭博献金疑惑のエストラダ政権が崩壊、アロヨ政権が誕生したケースも「ピープルパワー革命2」と呼ばれている。
Web東奥/ニュース百科より
独立後のフィリピンの歴史については、フィリピン基礎講座に詳しく掲載されている。
というわけで、今年のエドサ革命週間、エドサ革命記念日は、奇しくもエストラダ政権を倒して誕生したアロヨ政権がターゲット。
先のマカティでの大集会に続き、アロヨ大統領の退陣を求める大規模なデモや集会が予定されている。
2月13日には上院議員に関する選挙運動が解禁されており、治安が悪化することは必至なので、この時期の渡航には注意が必要だ。
毎年恒例のお祭り騒ぎともいえるが、反アロヨの機運が満ちてきていること、テロリストの動きが活発化していること、上院議員選挙運動が解禁されていることと併せ、今年は例年以上に危険度が高い。
集会やデモに合わせ、軍や国家警察等々、治安部隊も大規模に配置されるであろうし、幹線道路は通行止めなど交通にも影響が出る。

一応記してはみたが、私の周囲ではフィリピン熱も完全に一段落してしまっている。
相変わらずの下半身組みやワケアリ女絡み、ビジネス絡みの連中は、そこそこ動いているようではあるが。
そういえば、昨年国際結婚をしたカップルは4万4701組で、5年前に比べ約5000組増えたそうだ。
夫が日本人で妻がフィリピン人というケースが増加したんだとか。
当たり前だ。
この内何パーセントが偽装結婚だろうか。
もっといえば、このうちの大半が、数年といわない間に離婚となるだろう。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 04:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月21日

前略 防衛大臣殿

民放5局 リアルタイムテレビ

女子中学生暴行事件前後にも類似事件があったようですね。
今月中旬、沖縄県内でフィリピン人女性に暴行した疑いで米軍当局に身柄を拘束されていたそうじゃないですか。
他にもいくつか報道されてますね。
貴殿を含め、政府はこうした事件が起きるたびに、再発防止云々を口にして来ましたね。
そしてその都度、制度や内規を上っ面だけ改めて、それで良しとして来たわけだ。
沖縄での事件だけが大きく扱われるが、米軍基地周辺では多々起きているはず。
マスメディアが扱わずに、泣き寝入りしている被害者はどのくらいいるんでしょうね。
レイプ事件のほとぼりも冷めぬ内に、今度はイージス艦による事故。
これも事故ではなくて、事件ではないのか?
数々の報道を観るにつけ、客観的事実はどれも人為的ミスが原因であることは明白。
しかも、まったく懲りることのない偽装・隠蔽体質。
貴殿を筆頭に、防衛省はいったい何を守ろうというのか。
国防、防衛と言いながら、同盟国の相次ぐ犯罪にも上辺だけの「遺憾」を示すのみ。
更には自国民をも傷つけ、命を脅かし、ともすれば言い逃れと事実隠蔽に終始する。
どれだけ制度や仕組みを変えたとて、それを指示・運用する上層部以下の脳が膿んでいたのでは無意味ですよね。
海上保安庁は大丈夫なんですよね?
やはり同族意識で、防衛省に有利な事実や証拠を捏造したりはしませんよね?
開示すべき情報を隠蔽したり抹殺したりはしませんよね?

そういえば、「法無大臣」のみならず、口とオツムの軽い御仁がもう一人いましたね?
まだ捜索も続行中であるにも関らず、「もう二人は生きていませんよ、ライフジャケット着けてないんだから。」
「人類は皆兄弟」をスローガンにした父上殿が聞いたら、何と言いますかね?
最早自民党には、この程度の代議士しかいないのでしょうね。

正しく簡単な再発防止策をお教えしましょう。
日米安保を根本から見直し、防衛省も解体することですよ。
米軍が日本に居座っている限り、類似事件はなくならない。
防衛省、自衛隊がある限り、類似事故や事件もなくならないでしょ?
これが机上の空論であるなら、せめてポチはポチなりにアメリカに言ってやってくださいな。
他国の人権問題や人身売買に口出しする前に、「テメ〜の国の兵隊のシモの世話のための施設と女ぐらい自前で連れて来い!」と。
それとも、思い遣り予算で賄いますか??
売買春、ドラッグ、銃社会、人種問題と、犯罪天国なのは他国でもなんでもなく、当のアメリカじゃないんですか?
同じ同盟国のフィリピンでも、毎年レイプ事件は起きている。
他に駐軍させている国々でも、同様ですよね?
アフガンやイラクでも、米兵による略奪やレイプ他、その傍若無人ぶりは、映像で今でも流れていますよ。
防衛省の部下達にはこう言ってやってください。
「テメ〜ら、ぶったるんでんじゃね〜よ!!」

この国は本当に腐り始めている。
というより、すでに壊死状態なのかもしれない。
国民、市民を守るべき政府も省庁も、優先順位や対象はそこにはなく己と己の属する組織のみだ。
防衛省も自衛隊も、看板・名称を変えればいい。
自己防衛省、自己防衛隊。
災害の度に出動し、国内外で命を曝して真面目に活動している隊員たちは、どんな思いでいるのだろうか。
厚労省、国交省、そして防衛省。
どうしてこうも腐っているのか。
省庁をまったくコントロールできない政府と各閣僚。
正気を失っているとしか思えない官僚たち。
この程度の政府・与党を追い詰められない脆弱野党。
希望という言葉が死語になりそうだ。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月20日

拝啓 法務大臣殿

民放5局 リアルタイムテレビ

ナイトパブ ビップ フィリピンパブ ファンタジア別館

card02年10月に202人の死者が出たインドネシア・バリ島爆弾テロ事件の首謀者とされる東南アジアの地下組織「ジェマー・イスラミア(JI)」のダルマティン容疑者の可能性がある死体が発見されたらしい。
是非とも大臣の友人の友人に確認していただきたい。
事前にバリには行くなと忠言された貴殿のこと、容疑者の遺体かどうかの確認も容易いものだろう。

フィリピンでの違法昆虫採集での友人見殺し事件、法務大臣就任以来の相次ぐ失言の数々。
「僕ちゃん内閣」時代であれば、貴殿は散々に叩かれ、更迭されていたことだろう。
テロリストを友人に持ち、死刑をオートマティックに、冤罪を冤罪とも認識し得ず、被害者の気持ちを逆撫でする発言の数々。
貴殿が大臣就任以来、死刑執行された者達も、重罪とはいえさぞや口惜しいであろう。
法の番人であり、それを司る省のトップにいる人間がこの程度なのだから。
そういう意味では彼らもまた被害者かもしれない。

これだけ口も頭も軽い大臣も前代未聞だが、総理大臣以下、内閣も与党も、そして一斉に叩くべき野党、特に民主党も、騒ぎひとつ起きないこの不思議さ。
マスメディアの論調も扱いも小さいのは何故?
その昔、故元総理大臣竹下氏曰く、「情報を広めたいなら、絶対に他言するな!とした上で邦夫に話せ。」とのたまわったのは有名な話。
貴殿はさぞやフィリピンパブやKTVではモテることだろう。
貴殿のスピーチにて、貴殿の話を囃し立て、バカ笑いの声と共に聞いている烏合の衆も程度が低い。
そんな使い道で与党内でも重宝されているからなのか、民主党幹事長という要職に貴殿の兄が就いているからなのか、マスメディアにとっても口の軽い貴殿の存在が貴重なのか。
どなたかに、こんな法務大臣の存在理由と価値をご説明願いたい。

外国籍の修学旅行生の指紋採取を免除する方向で省令改正するそうだが、貴殿は関らないほうがよろしい。
この件でも失言が出れば、それこそ国際問題になる。
法無大臣なのか能無大臣なのか知らないが、これ以上貴殿の舌禍被害者を出さぬよう、口を謹んで頂きたい。
議員辞職でもして、ワイドショーのコメンテーターでもされた方がよろしい。
各局で、さぞや重宝されることであろう。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 03:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月19日

ジャピーナ

民放5局 リアルタイムテレビ

都内近県に住む22歳、大学生。
日本語、スペイン語、英語、フランス語、中国語の5ヶ国語を操る。
本人曰く勉強中と言いながら、日本語と英語に関しては完全にネイティブ。
私がその他の外国語がまったくダメなので判らないが、恐らく他国語についてもそれなりの水準だと思う。
記憶にある限り日本に居るというから、国籍を含め、日本人だ。
母親がフィリピン人なのだという。
つくづく人間は環境動物なのだと思う。
本来的に人が持っている能力に、そう大きな差異があるとは思えない。
本人の努力は言うに及ばないが、育つ環境でこうも違うかと思う。
容姿についても、招聘業者や水商売関係者ならずとも、渋谷辺りをうろついていたら、間違いなくあちこちから声が掛かるであろうレベル。
エグザイル・ダンサーの中の一人と雰囲気がなんとなく似ている。

フィリピン在住29歳、ジャパユキ経験3回。
こちらもジャピーナで、父親が日本人だが、彼女が生まれて数年後には離婚?していたらしい。
恐らくは父親である日本人は、所謂ランナウェイ状態だったのだろう。
一度も面識はないが、かつて職探しを助けたこともあり、普段はテキストやメッセ、たまの電話での交流が一年半。
気立ても良く明るい娘だ。
今はマカティの、とあるKTVでACCをしている。
本当は水商売はしたくないそうだが、背に腹は変えられないということだろう。
これまでは一度もなかった金の無心を初めてされた。
丁重に断ったが、理由だけは聞いてみた。
よくある話なので記すまでもないが、なぜ私にそんな話を持ちかけてきたのかが不思議だった。
容姿もまずまずで客もそこそこ着いている。
遠く離れた私なんぞに小金の無心などせずとも、近くにいる客にいくらでも頼めたろうに。
不景気とは言いながら、それなりの客ならチップで貰えてしまうであろう金額。
当然だが、銀行口座もなくクレジットカードもない。
Paypalアカウントでも持っていれば別だが、送金手数料の方が高くつく。
つまらないことで恨まれるのもなんなので、知人の金貸しを紹介しておいた。
日本でいえば町金の類だが、私からの話だから暴利を貪られることもない。
次の給料で返すというぐらいだから、それで充分だろう。

二時間程度の間の話だが、二人のコントラストの違いに複雑な思いがした。
スピリチュアルな話は別として、一般論で言えば、人間は親と生れ落ちる国や地域、肌の色など環境は選べない。
日本でも格差問題がクローズアップされるにつれ、こうしたハンデキャップも問題化している。
俗に、人は生まれたときから不平等なものというが、少なくともコミュニケーション・ギャップやパーセプション・ギャップはなんとか埋められないものだろうかと思う。

フィリピン - livedoor Blog 共通テーマ
ドラッグ・トラップ事件関連は、フィリピンパブ ファンタジア別館にて。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月18日

不可解なコメント

民放5局 リアルタイムテレビ

交渉屋 比人射殺事件についてのコメントについて。
何度かコメントを頂いている御仁で、大抵、都内の携帯(ドコモ)からアクセスしてきていらっしゃる。
助言なのか諫言なのか、はたまた注意喚起なのか・・・。
時として意味を解しかねるコメントを頂く。
敢えて公開しなかったが、先日も『自分に都合の悪いコメントは公開しないだろうと思うが・・・』云々という注釈付?コメントも頂いた。
この時は要望なのか批判なのかの判別もつかず、暗に特定の誰かに向けた記事でもない限りは読者を限定して記事を書くこともないので非公開とした。

今回のコメントについてだが、正直この手のコメントはありがた迷惑だ。
私に云々するよりは、当の本人のブログにでもコメントするか、メールでもして頂きたい。
この事件のみならず、少なからず情報交換することもあるが、だからといて必要以上に距離が近いわけでもなく、彼は彼、私は私の情報網を持っている。
私の場合は、現地治安当局筋からのものが多く、彼らも必要以上の情報を私に漏らすことは滅多にない。
今回も彼らには助言を貰ったのみで、それ以上それ以下の具体的な情報交換は一切していない。
コメントに名指ししてる方とも、ここ数ヶ月会っていないし、たまに電話か短いメールで挨拶を交わす程度。
容疑者との関係も、かつて彼のコミュニティのメンバーだったこと、何度か酒席を共にしたことがある、そんな程度のことしか聞いていない。
ANNの報道直後、ブログに動画と共に記事掲載した人間の他、2CHやフィリピン系の掲示板のいくつか、或いは同系のブログがいくつか記事にしていることは知っている。
容疑者がネット上で交流していた方々が少なからずいるということも知っているが、私は直接の関係はない。
殺人というショッキングな事件だったこと、そして、とある友人から電話等々あったことと併せ、面白半分な風評が広がることや、事の成り行きが類似事件の再発や、今後の捜査や法廷の流れに悪影響が及んでもまずいと判断したから記事にした。
幸いマニラ新聞が、かなりのディテールを報道してくれていることもあり、私の懸念は最小限に留まっていると思う。
この手のコメントやメールに付き物なのが、『信頼できる筋からの情報』という注釈がつくこと。
どこの誰の何を信頼し、またしないのかはご自由だが、私はそういう又聞き情報を一切信じない。
例外的に第三者情報として尋ねることもあるが、これはごく稀であり、余程付き合いも長く、気の置けない関係になっている場合のみだ。
増してや、こうした事件に関する情報は、今回のケースなら容疑者本人や遺族関係者、マニラ新聞の担当記者、大使館担当職員、治安関係者、弁護士などに聞くに限る。
同じコミュニティのメンバーや仲間だった、一緒に酒を飲んだ・・・等々の程度の関係者からの話は、酒席の噂話レベルのものでしかない。
所詮はフィリピンに関る多くの日本人が犯すバックファイトの類で、それこそ信頼性、確実性など欠片もない。
多少でもジャーナリストと交流したり、学んだことのある方ならお判りだろうが、事実や真実も決してひとつではない。
犯罪も、犯罪者当人が事件の動機を論理的に語るなどということも、通常あり得ない。
冷静にロジスティックに語れるほどなら、そもそもこうした類の事件など起きないだろう。

『人の口に戸は立てられない』とはよく言ったもので、こうした類の事件の噂や風評等々が広がることを止められる人間はいない。
そうであっても、少しでも抑止できればとの思いで記事にしている。
人間不信や猜疑心を煽り、人を不愉快にさせるようなコメントを、しかも当事者でなく第三者やその友人・知人・関係者に振り撒くなどは、人として品がなさ過ぎる。
彼が周囲に相手にされているかいないのか、本人に直接確かめられよ。

フィリピン - livedoor Blog 共通テーマ
ドラッグ・トラップ事件関連は、フィリピンパブ ファンタジア別館にて。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 17:28|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2008年02月17日

海外発のメールも摘発対象

民放5局 リアルタイムテレビ

迷惑メールとにかくスパム・メールの数が半端ではない。
アンチ・ウィルス同様、アンチ・スパム対策は当然ながら、プロバイダでもポート変更など様々に対応はしている。
それでも尚、日に日に増える。
スパイ・ウェアも凄まじい。
一日2〜3時間程度ネット・サーフ、これを一週間もしていれば、嫌でも10〜15個は仕込まれる。
所謂、迷惑メール規制法=『特定電子メール送信適正化法』が改正され、来年から施行される予定だが、罰金が現在の100万円から最高で3000万円になる。
送信先の承諾を得ない広告・宣伝目的のメールは、迷惑メールとして認定され、処罰の対象だ。
現行法では規制の対象から外されている海外発の迷惑メールに対しても、国内からのメール同様に厳罰できるようになるそうだ。
けっこうけっこう。
先日も迷惑メールを都合22億通ばかり送信していたガキが逮捕された。
スパムのTOP3は、競馬、カジノなどギャンブル系、出会い・逆援交などエロ系、そして海外からの詐欺投資系。
昔も今もスパムの流行は大して変わらない。
このガキも出会い系や競馬の勝ち馬予想などの広告メールを乱発していたらしい。
ネットで裏名簿屋辺りからアドレスを購入していたとあるが、ウィニーを含め、そこらに落ちているアドレスも拾いまくっていたに違いない。
頭の悪さで有名なゲイツOS付属ソフトのOEも、フィルタリング等々手間をかければ、ある程度のスパム対策はできるが、基本的にはアンチ・ウィルス(スパム対策機能付)・ソフトの導入と、それとは別にアンチ・スパイウェア・ソフトは不可欠だ。
できればメーラも、もう少し賢い機能のものを使った方がいい。
それでも尚、フィルタ等々を掻い潜って来るし、逆に大事なメールが迷惑メールのフォルダに入ってしまうことがある。
週一とはいへ、ウィルスやスパイウェアのチェックに30分〜1時間割かれるのは苛立つ。
さっさと法改正して実施してもらいたいものだが、これがどの程度抑止効果になるのか少々疑問ではあるが。

話は変わるが、数日前にとあるSNSでパキスタン人数人から突然メッセージが飛んできた。
いずれも女だが、いきなり日本に行きたいから金を貸してくれと来た。
教師など、それなりの専門職に就いているから、日本に行ってもすぐに返せるなどなど、ほぼパターン化された内容。
こんなものに引っ掛かる人間がいるということなのだろう。
無視の上、ブロック・ユーザの設定をしたが、少々美人な偽装写真に釣られて引っ掛かる日本人もいそうなので、そんな傾向の方はご用心めされよ。
もっとも、鼻から英語の理解できない方はこの限りではない。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月15日

アロヨ暗殺計画

民放5局 リアルタイムテレビ

比人射殺事件について 続報 NO.2 フィリピンパブ ファンタジア別館
国際結婚の実態更新

アロヨ大統領今日の集会、思ったよりも大規模になりそうだ。
予定されている大集会を他所に、アロヨはバギオ訪問を予定していた。
ところが暗殺計画が発覚、中止になった。
イスラム原理主義過激派グループ「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」と東南アジアを拠点とするイスラム地下組織ジェマ・イスラミア(Jemaah Islamiyah、JI)が企てていたもので、大統領に加え複数の人物を暗殺対象としていたという。
親族の汚職疑惑に加え、本人がこれに加担してると観るのは当然で、野党勢力もアロヨ降ろしに本腰を入れ始めている。
共産党などは機運到来として攻勢指示を出しているとも聞く。
どちらにせよ、NO MORE ARROYOの声は日に日に大きくなっているのだろう。
アロヨにとっては、とんだバレンタインデーになったが、身から出た錆びともいえる。
多少、経済面での功績はあるものの、その他の政策、特に人権問題や貧困問題、ジャーナリスト弾圧疑惑に汚職。
何度かのクーデター未遂等々、そろそろ潮時だろう。
昨年11月30日から12月3日の世論調査でも、次期大統領候補としてデカストロ副大統領がリード。
ビリャール上院議員、レガルダ上院議員、ロハス上院議員と続き、エスクデロ上院議員、ラクソン上院議員、エストラダ前大統領、サンチャゴ上院議員、トリリャネス上院議員、ピーター・カエタノ上院議員、パンギリナン上院議員、ジンゴイ・エストラダ上院議員となっている。
アロヨ政権のレイムダックは、もう始まっている。
とはいえ、大統領権限は絶大故に、アロヨもどこまで火消しができるか。
任期は後二年余り。
結末やいかに。

ODAの7割が予想の効果なしとのレポートも出た。
さて、その金は何処に消えたのか?
いつぞやも記事にしたが、日本からフィリピン一国へのODAは累積1兆円超。
問題視されない方がおかしい。
このODAも、経済支援とは名ばかりで、表向きの看板に過ぎない。
マッチポンプ型公共事業といって差し支えない。
箱物、道路、その他建築が主で、日本の一部企業が潤っているだけ。
大半は利権を手にしているフィリピン政府関係者や、そこに蔓延る企業等々のポケットに納まっているはずだ。
効果なんぞ出るはずもない。
格差問題等、国内の経済が混沌としている中、日本政府も見直すべきなのだ。
判ってはいたことだが、福田ののらりくらりの他人事のような言動や国会等での発言も、支持率低下に拍車をかけている。
ツナギ内閣、ツナギ首相とはいへ、サミットまで持つかどうか。
見直すべきを見直せば、暫定税率廃止など問題なくできるはずだ。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 03:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月14日

アロヨ降ろし

民放5局 リアルタイムテレビ

明日の集会はかなり大規模なものになりそうだ。
日本人旅行客はほぼ帰国しているだろうが、時期がズレて滞在中の方々は要注意。
中間選挙も昨年終わり、日本同様フィリピンも捻れ国会。
ZTE疑惑を軸に、数々の汚職問題が噴出している。
昨年末のクーデター騒動も記憶に新しいが、そんなこんなもあって野党はかなり本気モード。
次期大統領選はもう始まっているのだ。
集会には反アロヨの急先鋒、ビナイ・マカティ市長やリム・マニラ市長も参加するらしい。
統合法曹協会も参加表明したそうだ。
国軍、国家警察ともピリピリムードで、バレンタインどころではない模様。
とはいえ、市民レベルにとっては一種の祭りのようなもの。
恒例のラリーも大人しいものになるのではないかと思うが・・・。

大統領選といえばアメリカ。
オバマの勢いが増している。
大議員の票数も逆転してしまった。
オバマ暗殺説まで飛び出す始末。
オバマ陣営、ネットでの支持者・献金集めはさすがに上手い。
$20程度の小口献金、私もついついしてしまいそうになったほど。(笑)
これで数十億の金が簡単に集まるのだから好いビジネスだ。
支持者にしても、ある意味ロトくじや小口先物取引みたいな感覚なのだろう。
参加意識も自然と高まるわけで、若者にもウケは好い筈だ。
この辺りがヒラリー・オバチャマとの決定的な違いか。
個人投資家がワンサカといるアメリカらしさともいえる。
こういう発想は日本にはまるでない。
親方日の丸、士農工商、お上意識。
税金は納めるもので、支払うものではない国。
あれはダメ、これはダメ。
石器時代か何かのように尻抜けの縛りだけはしっかりしている。
その裏では政・官・業の癒着まみれで、金の出入がどうなっているかなど国民は知る由もない。
首相自らIT化の立ち遅れを認めながら、選挙や献金に関する扱いも法整備も江戸時代のようなものだ。
どの道、どんな制度や法整備をしたところで欠陥はつきもの。
それよりも運用する人間のモラルや意識の方が問題なのは何処も同じ。
生きてる内に、この国のグローバル化なんぞ見られそうもない。

フィリピン - livedoor Blog 共通テーマ
ドラッグ・トラップ事件関連は、フィリピンパブ ファンタジア別館にて。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 13:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月13日

交渉屋 比人射殺事件について

民放5局 リアルタイムテレビ

比人射殺事件について 続報NO.1 フィリピンパブ ファンタジア別館
第155回配信 「邦人による殺人事件の実名報道」 ねとらじ・支配人の独り言

art事件についての関心度が高い所為か、ここ数日のアクセスは普段の2.5倍程度。
いくつかのフィリピン関係のブログでも取り上げられているが、カントリー・リスクとしてのポイントを指摘している「フィリピンで起きた悲しい出来事」が目を引いた。
参考になることも多々あると思うので是非一読されたし。
マニラ新聞の記事を読んで、様々な意見や感想を持つ方がいることだろう。
そのマニラ新聞も容疑者本人と接触し、取材したわけだが、いつまでもこの事件を取り上げ続けるわけにもいくまい。
今後の推移や展開次第ではスポット記事は掲載されるかもしれないが、特集までには到るまい。
だから、どんな事件も風化していくし、それはそれでいい。
だが、私や私に一報を寄越し、種々対策を相談し合ってアクションを起こした人間達にとっては、そうではない。
容疑者本人は元より、遺族や関係者にとってもそうだろう。
ということで、現状と今後の問題点を少々取り上げておく。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 07:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年02月12日

国際結婚の離婚率と夜逃げ補償

民放5局 リアルタイムテレビ

面白いというか、興味深い記事が出た。
国際結婚の離婚率、話題になることの多いもののひとつだが、今ひとつデータがなかった。
厚生労働省夫妻の国籍別にみた婚姻件数の年次推移を元に書かれたものだが、なるほどと思う。
著者によると、国際結婚の離婚率は43%だという。
日本人男性が国際結婚の相手として選ぶ国は、圧倒的にフィリピンと中国。
以下、韓国・朝鮮、タイ、ブラジルと続くが、さもありなん・・・というデータだ。
本文にもあるように、海外からお金を出して来てもらった妻が多数を占めていることは間違いないだろう。
それよりも関心を持ったのが、夜逃げ補償なる制度。
国際結婚の斡旋業者の苦肉の策であることが忍ばれる。
「外国人妻が逃げてしまったり、強引な理由で離婚を申し出てきた場合、業者が紹介料の一部を返却するというような制度」とあるが、そうしたケースがいかに多いかを物語っている。
ジャパユキ全盛期の頃から、私の周囲でもよく聞く話でもある。
途上国から嫁に来る女たちの目的が、戸籍と金であることはよくあることで、決して中高年男性が思い描くロマンスなどではないのだ。
問題が拗れ、日頃から財産や資産、生活費等々、金目の管理を怠っていると、ここ数日記事にしているような事件に発展することも。
インドをはじめ、中国など諸外国でも見合いサイトや結婚相談サイトなどが流行っているという。
そちらは国際結婚ではなく、国内に結婚相手を見つけようというものだが、トラブルも多いであろうことは想像に硬くない。
所詮この世は男と女、動機や目的はともかく、パートナー探しにネットは便利なツールには違いない。
しかし、中高年が安易に手を出すと、残りの人生設計が地獄のようなものになってしまうのでご用心。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2008年02月10日

比人射殺事件について

民放5局 リアルタイムテレビ

別館ブログに同タイトルの記事を書いた。
この事件については、言い尽くせないものがある。
現時点で書けることは書いたつもりだ。
それでも尚、書き添えたいことがある。
今回の事件、起きた事実を短絡的に矮小化して見れば、家族間の金銭トラブルであり、痴話喧嘩の末の殺人だ。
しかし、問題の本質はそんな小さな所にない。
何よりマニラ新聞他、日本のマスメディアの扱いが、今のところ、これまでの類似事件の扱いとは明らかに違う。
日本大使館の動きも実に早かったし、だからこそフィリピンの治安当局の動きも容疑者の扱いも違っている。
私はこの事件をもっと広義に取り上げ、扱って欲しいと思っている。
この手の事件は昔から、そして現在も今後も起き得るものだ。
しかし、少なくともこれまでは、日比のマスメディアや治安当局、大使館等々関係者の扱いや取り上げ方は、等閑であったと言わざるを得ない。
この一件については、報道記事とは別に、コラムでも何でも良いから別枠で取り上げてもらいたい。
大きくいうなら国際問題でもあるからだ。
少子高齢化が進む中、団塊世代を中心に他国への移住等が話題になり、これを安直に薦める向きもある。
一部にはこうした動きに対して、リスクを説き、警鐘を鳴らしているものもある。
だが、その声は決して大きいとはいえない。
私を含め、やはりフィリピン関係者の一部も警告し続けてきているが、如何せんその声も小さく、お世辞にもパワーがあるとはいえない。
小市民がどんなに声高に叫ぶより、メディアが取り上げる方が、その影響力の違いたるや比較にすらならない。
日本もフィリピンも、今後の人的交流は盛んになるだろう。
今は興行ビザ規制で両国の人的移動は減少しているが、いつまでもこれが続くわけではない。
興行ビザの将来は暗くとも、EPAを含め、ODA関連、国際結婚やビジネス・事業、ボランティア等々での交流は避けて通れない。
長い目で見れば、相互依存関係といいながら、人的資源の依存度は日本の方が高くなる。
そんな時期を迎え、両国間に跨る諸問題が多分に含まれている事件なのだ。
読者の方々にも、じっくり読んで考えていただきたい。
二度とこんな悲劇を生まないために、万が一起きてしまったときに、どう対処し対応すべきなのか。
家族とは、友人とは何なのか。
ネット、フィールドを問わず、コミュニティとはどうあるべきなのか。
単に国の違い、文化や習慣、言語、そして法の違いで済ませるべきことなのか。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2008年02月09日

初対面のフィリピーナ

民放5局 リアルタイムテレビ

不条理 フィリピンパブ ファンタジア別館

darkいつぞや記事にした、とあるSNSで知り合ったフィリピーナと会った。
毎日のようにメールや電話でのコミュニケーションはあるものの、会うのは初めて。
ほぼ同い年で都内近郊に住み、高一の娘がいてジャパユキ第一世代ということはすでに書いた。
とうの昔に水商売からは卒業し、某有名企業で働いている。
今月末に、会社の同僚・友人達と韓国旅行ということで、麻布に出向いていた。
ビザ交付の待ち時間に電話をかけてきた。
終ってから会えないか?というので、時間と場所を指定、喫茶店で2時間ほど談笑した。
プロフィールの写真そのままで、充実した生活を送っている所為か、50近い女性には見えない。
メールだけは英語で交わしているが、日本語もネイティブで、話す分には日本語だけで事足りる。
ビザのこともあったのだが、この連休で娘が友達の家に遊びに行ってしまい、時間を持て余していたんだそうな。
本当は、先週彼女が購入したパソコンのセットアップに家庭訪問する予定だったのだが、私の方で急な仕事が入ってしまいプットオフしていた。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 07:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年02月08日

再開

民放5局 リアルタイムテレビ

いつぞや記した、とあるライブチャットの話。
起死回生の営業再開と相成るようだ。
ある意味、奇跡といっていい展開だが、良い人脈を持っているだろう。
当該サイトに告知もされ、メール配信もされているが、3度の裁判をすべて全面勝訴した模様だ。
その告知文にも記されている通り、この結果はあらゆる意味で『一石を投ずる形』になるだろう。
16日から再開するそうだ。
法が法であって法でない国フィリピン。
ある種のパワーゲームだ。

少し落ち着いたかと思うと、事件が起きる。
邦人絡みの事件もいくつか起きているのだが、これらについては後日記する機会もあるだろう。
微妙な時期なので、今は一切を伏せることにする。
また、別のいくつかの事件の裁判結果が出ている。
そちらはフィリピンパブ ファンタジア別館にて。

ワンクリック!→人気ブログランキング バナー小 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
続きを読む

ブログランキング下剋上! くだらないけど読んでね
人気BLOGランキング BS blog Ranking
ジャンル別人気
ブログランキングベスト100
Blog Freak
>会員登録フォーム
PPF会員登録について
フィリピン フィリピーナ フィリピンパブ関連BLOG RSSリーダー
gocoo at 03:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Google page lank
PageRank
Podcastjuice



スタジオ・レジェンド関連LINK
海外で日本のテレビを見る

スタジオ・レジェンド[STUDIO LEGEND]〜フィリピン エンターテイメント配信〜

フィリピンを味わおう♪
お薦め

リチャージ式国際電話カードを使うことにより安くフィリピンまで電話出来ます。
固定電話から固定電話へ、1分21円!お勧めします。

かんたん相互リンク

ランキング
人気サイトランキング ネットラジオ・ランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
OS/国/IP情報