2017年11月19日

イエス様のまなざし

ルカ22:31「シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。:32 しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」:33 シモンはイエスに言った。「主よ。ごいっしょになら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」:34 しかし、イエスは言われた。「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」
22:59 それから一時間ほどたつと、また別の男が、「確かにこの人も彼といっしょだった。この人もガリラヤ人だから」と言い張った。:60 しかしペテロは、「あなたの言うことは私にはわかりません」と言った。それといっしょに、彼がまだ言い終えないうちに、鶏が鳴いた。:61 主が振り向いてペテロを見つめられた。ペテロは、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは、三度わたしを知らないと言う」と言われた主のおことばを思い出した。:62 彼は、外に出て、激しく泣いた。

最近、金曜会で開かれた聖書の箇所を次の日曜日でメッセージすることが多くなりました。金曜会で聖書を開いたときは、だいたい結論は出ず、聖書の学びとしては消化不良の状態で集会を終えます。私などは、何でこの箇所を開いたのだろうと未信者の方もおられたのに。という後悔もありました。私は、ルカ22:31,32を開いたのですが、それに関連して一人の兄弟が、「イエス様がペテロを見られた。」という22:61を開かれ、そこが印象に残ったのです。

1・篩にかけられる私たち

2・イエス様が捕まえられる状況

3・イエス様のまなざし


続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)キリストの十字架 | ルカ福音書

2017年11月12日

幸いな選択

ルカ10:38 さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村に入られると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。:39 彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。:40 ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、みもとに来て言った。「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃってください。」:41 主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。:42 しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」

この箇所は、何度かメッセージさせていただいた箇所であり、皆さんの中には何度かここからメッセージを聞いたり、学びとして何度か読まれたことがあると思います。ただ、何度読んでも結論が不明確、もやっとするところではないでしょうか?今回、メッセージの箇所として選んだのは、明快ではなく、むしろ荒っぽい答えが浮かんだからでした。つまり、「イエス様は、マリヤのように、御自身の元に侍って、聞き入る人を好まれる。」という答えが浮かんだのです。

1・ベタニアのマリヤの姿勢

2・イエス様の素晴らしさ

3・幸いな選択


続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)イエス・キリスト | ルカ福音書

2017年11月05日

三宅牧師の生き方

ヨハネ12:24 はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。

今年の一月に突然召された母教会牧師の三宅修一先生の奥様から、三宅牧師が書かれていた文章や週報の一部を送っていただきました。

続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)随想、随筆 | ヨハネ福音書

2017年10月29日

もともとイエス様は

ヨハネ1:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。:2 この方は、初めに神とともにおられた。:3 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。:4 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。:5 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。:6 神から遣わされたヨハネという人が現れた。:7 この人はあかしのために来た。光についてあかしするためであり、すべての人が彼によって信じるためである。:8 彼は光ではなかった。ただ光についてあかしするために来たのである。:9 すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。:10 この方はもとから世におられ、世はこの方によって造られたのに、世はこの方を知らなかった。:11 この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。:12 しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。:13 この人々は、血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。:14 ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。:15 ヨハネはこの方について証言し、叫んで言った。「『私のあとから来る方は、私にまさる方である。私より先におられたからである』と私が言ったのは、この方のことです。」:16 私たちはみな、この方の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを受けたのである。:17 というのは、律法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。:18 いまだかつて神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神が、神を説き明かされたのである。

皆さんと礼拝が献げられることを感謝しています。私は、教会の礼拝の必要性、重要性、素晴らしさを今まで強調しなかったことを悔いています。ここで、教会の礼拝とは、大内福音教会では、礼拝堂の礼拝、セルであれば、セルでの礼拝です。先代の松田牧師は、教会の礼拝を非常に重んじておられた。「自分は、牧師になって以来、礼拝を休んだことは一度もない。」とよく言われ、土曜日に、胆石だったか、尿道結石だったかで済生会病院に入院されたときも、お医者さんの許可を得て、日曜日の礼拝には出席しておられました。今だったら、松田先生にお聞きしたいです。「礼拝を重んじることはどこから学ばれましたか?」と、私は、最近、カール・バルトの教会教義学の和解論の教会論を学ぶ中で、教会の礼拝の重要性を学んでいます。教会の礼拝は、私たちが救われるところであり、私たちが成長するところであり、私たちを派遣するところなのです。バルトを読むとそうだし、実際、聖書を読み返すとそうなのです。教会の礼拝に来ない人を批判はしません。ただ、礼拝を休むことは損だとだけ言います。

1・キリストはもともと神であられた

2・キリストはもともと父なる神と共におられた

3・キリストはもともと父なる神を明らかにされた


続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)救い | ヨハネ福音書

2017年10月22日

究極の質問の答え

ヨハネ3:1 さて、パリサイ人の中にニコデモという人がいた。ユダヤ人の指導者であった。:2 この人が、夜、イエスのもとに来て言った。「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神がともにおられるのでなければ、あなたがなさるこのようなしるしは、だれも行うことができません。」:3 イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」:4 ニコデモは言った。「人は、老年になっていて、どのようにして生まれることができるのですか。もう一度、母の胎に入って生まれることができましょうか。」:5 イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません。:6 肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です。:7 あなたがたは新しく生まれなければならない、とわたしが言ったことを不思議に思ってはなりません。:8 風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来てどこへ行くかを知らない。御霊によって生まれる者もみな、そのとおりです。」

一人の人が信仰を持つと言うことは、難しいことであり、時間の掛かることだと思います。信仰を持つということ風について、イエス様とニコデモの問答から学びます。

1・究極の質問=私は天国に行けるか?

2・究極の質問の答え(1)悔い改め

3・究極の質問の答え(2)聖霊による信仰

4・究極の質問の答え(3)教会で信仰を共有する


続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)信仰 | ヨハネ福音書

2017年10月15日

心の貧しい人と悲しむ人に

マタイ5:1 この群衆を見て、イエスは山に登り、おすわりになると、弟子たちがみもとに来た。:2 そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて、言われた。:3 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。:4 悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。:5 柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。:6 義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。:7 あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。:8 心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。:9 平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。:10 義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。:11 わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。:12 喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた預言者たちを、人々はそのように迫害したのです。

大内福音教会では、毎週夜7時半から、「金曜会」を開いています。「とにかく教会に人が来ていただかなくては」とN兄の提案で始まりました。先日の「金曜会」は、毎月ある障害者施設で開かれる音楽会の練習のために、ピアノが弾ける婦人が来られ、前半は、懐メロを歌い、後半、山上の垂訓の:4 悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。を学びました。
金曜会は、2012年から始まって5年が経っていますが、未だに試行錯誤です。今回はピアノを弾ける婦人が来られたので、懐メロを歌ったのですが、とにかく、参加した人がしたいことをしようと思っています。後半聖書を開きますが、ある人から「金曜会は聖書を読むから行きたくない」と本音のメールが届きました。「金曜会」には結城先生のテキストを使って本格的に聖書を学びだしてから来なくなった人が数人いますし、その学びを始めても来ておられる未信者の方もいます。聖書を開きたくない人は前半で帰られたらと家内と話してしています。私個人としては、「金曜会」では神に仕え、人に仕えたいと思います。「金曜会」最後に執りなしのお祈りをします。これには、未信者の方も加わられます。知り合いで、難しい病気の方のために、祈りしかできないと言うことで加わられるのです。これが、教会の姿ではないかと思います。
金曜会の学ぶ聖書は後に引きます。その前の:3 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。は、参加者の何人かは、一週間考えていました。私も考えていました。
山上の垂訓は、3節、心の貧しい人へ、4節、悲しむ人へは、救いのメッセージ。5節、柔和な人へ、6節、義に飢え渇いている人へ、7節、あわれみ深い人へ、8節、心のきよい人へは、成長のメッセージ、9節、平和をつくる人へ、10節、義のために迫害されている人へは、派遣のメッセージと分類できると思います。

私たちは、イエスさまのメッセージに道徳的な先入観を持っているのではないでしょうか?「心の貧しい」をどう理解するかというと、へりくだった人と解釈される場合が多いようです。へりくだることは、道徳的に素晴らしいことで、だからイエスさまはその人を祝福されると。でも、「心の貧しい」に「へりくだる」という意味はないようです。へりくだるとためには心に余裕が必要ですが、心の貧しい人は、まさにその余裕がないのです。心が悲惨なほどに貧しいのです。何もないのです。
天のお父様は、私たちが良いから愛されるのではありません。天のお父様は、悲惨だからこそ愛され、天国を与えて下さるのです。私たち人間は、心の貧しい人、悲惨な人と出会うと、天の父はこの人を愛されないと決めつける傾向があります。いや、悲惨な人こそ愛されるのです。
悲しむ人も、状態は悲惨です。身近な人を失った人を、誰も慰めることができません。天の父でさえ、失われた人を生き返らせない限り慰められないのではないかとさえ思います。しかし、主は、誰も慰められない悲しみを慰めて下さいます。
先週おはなしした2012年3月、次男の荷物をまとめ、庄原を発つ車の中での体験。それはイエスさまの臨在、慰めでした。その慰めを、メッセージとするなら、「次男のことはわたしに任せてくれないか」になります。イエスさまは「ことば」なので、メッセージ性を持っておられることは後でわかりました。それでもイエスさまの慰めのすべてを表現し切れていない。だから、私はイエスさまの慰めで、慰められない悲しみはないと証しできるのです。とにかく、平安、慰めでした。天国はその状態が一秒の隙間もなく続くことなのだと思います。
:3 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。:4 悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。
は、天のお父様の、「心の貧しい人には、御国を与えるのだ。悲しむ人には慰めを与えるのだ。」というご意志を表していると思います。そういう意味では、3節、4節は、天の父の救いのメッセージです。
また、どんなに成長した人でも、主によってしか満たされない心の貧しさがあり、主によってしか慰められない悲しみがあると思います。そういう意味では、3節、4節は、人に対する根源的なメッセージなのです。




godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)マタイ福音書 | 救い

2017年10月08日

ことばを語られるイエスさま

ヨハネ14:1 「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。:2 わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。:3 わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。:4 わたしの行く道はあなたがたも知っています。」:5 トマスはイエスに言った。「主よ。どこへいらっしゃるのか、私たちにはわかりません。どうして、その道が私たちにわかりましょう。」:6 イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。:7 あなたがたは、もしわたしを知っていたなら、父をも知っていたはずです。しかし、今や、あなたがたは父を知っており、また、すでに父を見たのです。」:8 ピリポはイエスに言った。「主よ。私たちに父を見せてください。そうすれば満足します。」:9 イエスは彼に言われた。「ピリポ。こんなに長い間あなたがたといっしょにいるのに、あなたはわたしを知らなかったのですか。わたしを見た者は、父を見たのです。どうしてあなたは、『私たちに父を見せてください』と言うのですか。:10 わたしが父におり、父がわたしにおられることを、あなたは信じないのですか。わたしがあなたがたに言うことばは、わたしが自分から話しているのではありません。わたしのうちにおられる父が、ご自分のわざをしておられるのです。:11 わたしが父におり、父がわたしにおられるとわたしが言うのを信じなさい。さもなければ、わざによって信じなさい。:12 まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。わたしが父のもとに行くからです。

先週、次男の教職採用試験の結果がわかりました。不採用という結果でした。このことに関して本人には本人の思い、信仰があると思います。私は、父親として教えられていることを書きます。私は、試験のための勉強をするわけでもなく、試験を受けたわけでもなく、次男から見たら、全くの傍観者です。でも、父親としての思いというものは絶えずあります。

1・ことばを語られるイエスさま

2・イエスさまのことばの意味

3・周りを一変させるイエスさまのことば


続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)神の主権 | ヨハネ福音書

2017年10月01日

キリストのからだである教会

エペソ1:15 こういうわけで、私は主イエスに対するあなたがたの信仰と、すべての聖徒に対する愛とを聞いて、:16 あなたがたのために絶えず感謝をささげ、あなたがたのことを覚えて祈っています。:17 どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように。:18 また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、:19 また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。:20 神は、その全能の力をキリストのうちに働かせて、キリストを死者の中からよみがえらせ、天上においてご自分の右の座に着かせて、:21 すべての支配、権威、権力、主権の上に、また、今の世ばかりでなく、次に来る世においてもとなえられる、すべての名の上に高く置かれました。:22 また、神は、いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを、教会にお与えになりました。:23 教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。

教会は、すばらしいです。もし、理由を言うなら、キリストの体ですから。そのことをこれから語っていきたいのですが、そのまえに、教会とは何かと言うことを語らせていただきたいと思います。
教会には、三つの姿があります。1番目は、聖霊が、教会に人を集められると言う姿。2番目は、聖霊が教会を建てあげられる。つまり、人々を成長させる姿。そして、3番目は、聖霊が教会を派遣する、世に奉仕させる姿です。今朝は、それを聖霊様は、キリストの体としてされることについて語ります。

1・聖霊はキリストの体として人々を教会に集められる

2・聖霊はキリストの体として人々を建てあげられる

3・聖霊はキリストの体として教会を奉仕させる


続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)教会 | エペソ書

2017年09月17日

主の祈り(2)御名があがめられますように

マタイ6:9 だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。:10 御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。:11 私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。:12 私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。:13 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕

ある金曜日の金曜会で結城先生のテキストで聖書の「主の祈り」から「御名があがめられる」について学びました。そこに、途中から教会に初めて来られた方が来られましたが、私はそれを学ぶモードになっていたので、その学びを強行しました。同席したクリスチャンの友人が、あとでメールで、「新しい方が来たときは、あの聖書の学びはしないようにしましょう。」と忠告をされました。その方は、「御名があがめられる」という意味が非常に難しいと思われたからです。でも、弁解するわけではありませんが、「御名があがめられる」の意味は簡単で、未信者の方でも祈るべき祈りなのです。

1・「御名があがめられる」の意味

2・御名があがめられるように祈るべき理由


続きを読む

godaniel129 at 03:30|PermalinkComments(0)

2017年09月10日

教会の礼拝

ローマ12:1 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。:2 この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。

教会は、建てあげられるなら、人を信仰に導き、救いに導き、天国に導く担い手になると同時に、この世にあって、有用な様々な奉仕をする存在にもなります。ですから、教会は建てあげられなければなりません。井上良雄著「キリスト教講話集検廖平袈欺佝納辧砲離丱襯箸龍飢駭世鯑匹鵑任い燭蕁◆峩飢颪侶設―礼拝」と言う項がありました。「え?礼拝って、教会を建てあげるの?」私は、井上良雄編「カール・バルト地上を旅する神の民―バルト「和解論」の教会論」(新教出版社)を読み、カール・バルト「教会教義学・和解論供殖粥廖平袈欺佝納辧砲燃稜Г掘▲丱襯箸あげている聖書の言葉から、私なりの礼拝論をここに語りたいと思います。
礼拝は、なぜ、献げなければならないのか?なぜ毎週献げるのか?どうして教会で献げるのか?の疑問に答えているつもりです。結論から言えば、教会は建てあげられなければならないので、礼拝を献げるのです。

1・私たちの信仰を基として教会を建設するイエスさま

2・私たちの礼拝を通して教会を建てあげるイエスさま

3・教会の礼拝でイエスさまがされる建てあげ

4・建てあげられた教会の姿

5・教会の奉仕としての礼拝


続きを読む

godaniel129 at 05:00|PermalinkComments(0)礼拝 | ローマ書
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ