予想は15万だった
「ドアの塗装はタッチペンでいいでしょう」
とのことで ずいぶん安く済んだ

2代前の車は
同じところをぶつけて120万の見積もりだった
同じ車をもう1台買ってきて
切り取って移植するという大胆な修理だった
買ってきたもう1台に乗った方が早いし

国産車は修理も安い

縁石に車をヒットしてしまった
原因はわかっている

ギターを買ったり
PS4を買ったり
色々物入りになってしまった上に
今度は板金代
夢の完全リタイヤが遠のいていく

我が家のプレイステーション3がどうもおかしい
映画の再生中にたびたび止まる
テレビ映画でのコマーシャルよりたちが悪い
突然復旧するのだから
トイレにも行けない

ゲームをやってもフリーズする

とうとうPS4がやってきた
設定に1時間以上
ゲームを始める際に
いきなりのアップデートで30分以上かかった
初日はゲームの準備で終わった

少し腹を減らしてからの方が
相棒のためにはいいと思った
2年前はこんな感じで すんなりと入れたのに
20181007009-2016-2

この店の前に 黒山の人だかり
写真を撮ればよかったと思う

予約表を見てみると
12時20分に記入した人が
15時半過ぎでまだ呼ばれていない
また次回にしよう

2年前のメインストリートも
20181007008-2016-2

20181007007
このありさま

駐車場からはそこそこはなれていたけど
ぬかみその容れ物にぴったりの
蓋つきの甕を骨董屋さんで見つけてしまった
「500円でいいよ」なんて言われたものだから即買い
店の人も「もう一息」なんて言われると思ったのだろうけど
そういうことを楽しむ人種ではない

腕が震えてくるほど重かったけど
決して相棒は急がない
帰りの車の中では
「川越って鎌倉より小江戸感がある」って
返す言葉がなかった

きっと「風情がある」って言いたかったのだろう

↑このページのトップヘ