神門工務店(ごうどこうむてん)のコラム

神話の国 島根県出雲市の小さな工務店です。 神門工務店のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

数あるブログの中から

当ブログにお越しいただき

ありがとうございます!!


ご訪問を大変嬉しく思っております。

出雲市上塩冶町の
『秘密基地プロジェクト』

前回も投稿した下の写真の草むらが
管理地です。

その管理地の隣地は
森林・竹林の斜面地で
当管理地に
木や竹が倒れ込んで来ています。

2017_0706_102738(5)























この状況が
改善されなければ
この土地を生かす事が出来ない為
森林竹林の伐採を考えました。

しかし
たとえ自分の土地に倒れ込んで来ていても
木や竹の根元が隣地にあれば
自分が勝手に切る事が出来ないのが
現在の日本の法律です。

隣地の方に
「あなたの敷地の木が
私の敷地に倒れ込んだり
伸びたりして来て居るので
切って下さい」
と、お願いして
切って貰わないといけません。

切るのは隣の人の意志なんです。

では
あなたなら
隣地の人(や管理の人)から
そんなお願いを受けて
すぐに対応できますか?


すぐに対応できる人であれば
ここまで木や竹の隣地越境を放置して居ないと
私は思いました。

平坦な住宅地の
自宅の庭の木の枝が隣地に倒れ込んでいたら
切る事が出来る方かも知れません。

しかし
自宅から離れた
自己所有の急斜面の山の木を
切る事は容易ではありません。




ですから
私は考え方を変えました。



下記の様に隣地の方々にお願いしました。
「あなたの土地の木や竹が
私の管理する土地に倒れ込んで来ています。
私にボランティアで伐らせて貰えませんか?」


すると・・

皆さん(5名の方、全て)
同様な答えが返ってきました。





どうぞ、どうぞー(喜んでー)」




・・と




一件落着です





全隣地の方の許可を頂いたので
早速、伐採に掛かります!


山側の隣地総延長約66m
その全範囲の森林竹林を伐採します。

すごい本数です





しかし・・

千里の道も一歩から

とか言いますし

全体を見ると

量が凄すぎて

戦意喪失しますけど・・


一本ずつ切っていけば

着実にゴールに近づくはずです。



そして

片付けは隅から

とか・・

言います・・よ、ね?

え?

言わない?


言わないかも知れないけど

中央部から伐採するのではなく

隅から始めます。




伐採作業は
管理地の南端の
道路と隣接する部分から伐採を始めました。

全隣地5区の中で
一番伐採難易度が高いと
私が思っていた場所です。

最初に難易度の高い事をクリア出来れば
その後は気持ち的に楽になる


・・と言う
私の価値観で
第1工区を決めさせて頂きました。

第1工区は
道路の走行車に
伐採した枝などが当たると危ないので
樹木転倒防止用の足場を組んでから
伐採しました。



続けて
広葉樹の高木と
口径の太い竹が
稜線にびっしり生える
第2工区。


第1工区の足場を延長して
第2工区の高木の枝を切り落とす事に
成功しました。

















伐採前
2013_0722_154443(3)

















































伐採後
2017_1015_111903




























一歩目を踏み出しました。

宅地完成までの長い道のりは
まだまだ続きます。




2017_0706_102744(5)




























島根県出雲市上塩冶町にある

画像右側の草の生えている部分の土地を

管理しながら購入希望者を捜しています。


530屐別160坪)の土地です。



四角い土地ではないし

道路と同じ高さではないし

進入路はあるけど普通車のみしか入れない幅だし

隣地の竹や木が境界線を越えて覆い被さって来て居るし・・


このままでは

なかなか買いたいと言う人が現れません。


なので

私が一肌脱いで

この土地を魅力的な土地に変えたいと思います。



立地は市街地の近くですけど

周囲の雰囲気が山林なので

ログハウスとか

煙突のある家とか

ナチュラルな家が

似合う土地になると思います。



そんな土地の造成企画。


取り敢えず

この企画に名前を付けます。


子供時代に

作りたかったけど叶わなかった

秘密基地にちなんで

ベタな感じですけど


秘密基地プロジェクト(仮)』で行こうと思います。


本当に魅力的な土地になるかどうかは

まだ未知数ですけど

本気で難題に挑戦しようと思っています!



賃貸駐車場の区画を増やしました!





出雲市立四絡小学校前

太田駐車場


利用希望者様からのご要望により

区画を大幅に増やしました。

2017_0926_140411














































ただし
既に
残区画わずか・・汗

2017_0926_135950































ご希望の方は
お早めに
TEL0853-21-3780まで

お問い合わせ
お願い致します!
2017_0926_135755






































南米産の蟻

ヒアリが日本各地で確認されている』

との

報道を目にしました。



『害虫』『外来種』

と言うような

表現がされていました。



この画像

ヒアリについて

わかりやすく書いてあり良いと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


o-HIARI01-570














































o-HIARI02-570





















































日本で

住宅の害虫と言えば思いつくのはシロアリ


日常の生活では目に触れ難い

床下や壁の中などの木材を餌にする生き物ですね。


小さな生き物なのに

大群で家を蝕むイメージが

害虫のイメージにぴったりといった感じです。









その他の

害虫で最近よく聞くのが

スズメバチ


いつの間にか

屋根裏などに巣を作っていて

その家に住んでいる人や来客を襲う

被害例の報告を聞いたことがあります。



私は幼少期に

肝試し的な感じで

スズメバチの巣を突いて

刺された経験があるので

(よい子のみんなは、絶ーーーーーっ対に真似しないで下さい)

痛さは体感済みです、笑



スズメバチは

刺された痛みだけが怖いのではなく

刺された経験のある人が

また刺されると

命に関わる様な症状が起こる場合があるから怖いのです。


スズメバチの毒に対する

アレルギーを持つ人(抗体をつくる人)と持たない人がいます。


蜂毒アレルギーを持たなかった人は、2回目以降刺された場合

初回と同様の軽い痛みや腫れなどの局所症状が少し強めに現れます。

また、2回目以降に蜂毒アレルギーを持つ可能性もあります。


蜂毒アレルギーを持った人
は、2回目以降刺された場合

8〜9割の人は、1回目と同様の局所症状が前回より少し強めに現れます。

しかし、1〜2割の人はアナフィラキシーの症状が現れます

このうち、さらに数パーセントの人は、急激な血圧低下や意識障害を起こし

生死に関わるような危険なショック状態であるアナフィラキシーショックに陥ります

なお、一度蜂に刺された時から、次に蜂に刺されるまでの期間が短いほど

アナフィラキシーショックになる可能性は高くなると言われています。




私は

スズメバチに刺されてから

30年以上経ちました。




アナフィキラシーショックにならない事を願っていますが

私の様にスズメバチに刺された経験のある人は

安心の為に

病院でアレルギー検査を受けておいた方が

良いのかもしれませんね。

(人に勧める前に私が検査を受けるべきですね)















害虫がいれば害獣もいます。



住宅の害獣としては

ネズミや

コウモリや

イタチなど

私も依頼を受けて

調査や駆除や

進入路塞ぎの施工をした事が何度もあります。



概ね

お客様からの報告や

私たちの調査で

害獣の種を

特定出来て対処するのですが

近年

出雲市中心部で

タヌキでもイタチでもない何か・・・の害でのご依頼を受け

調査しても

種を特定出来ないまま

タヌキかイタチに近い種に対する対策をしました。


私の

頭の中では

ハクビシンかな?

と言う思いもチラつきましたが・・・





以前、SARSが騒動となった時

ハクビシンがSARSウイルス
の自然宿主ではないかと疑われました


その後の調査により、SARSの自然宿主
はハクビシンではなく

コウモリの一種であることが判明したのですが

やはり、その疑わしきハクビシンの

作った巣や潜んでいるかも知れない小屋裏に入るのは

見えないウイルスの感染にさらされる様な怖さがありました。


しかし

証拠もなく

種の特定をしないまま

ハクビシンと決めつけるのは対処としては危険なので

種は曖昧なまま

被害のあったお宅の小屋裏に

忌避剤として木酢液を容器に入れて設置して

居心地が悪い状態にしてから

進入路を特定して

塞ぎました。


その後

そのお宅の天井裏からはドタバタ音が聞こえなくなった様です。




しかし

種を特定出来なかった私は

その後も

気にし続けていました。






そして

あれから1年以上経った先日


出雲大社の近く(出雲市北部)で

リフォーム依頼の現場の調査採寸をしていた時

私の目の前を

2体の獣が

じゃれ合いながら

通過していきました。



一瞬

夏毛のタヌキかな?

とも思いましたが

頭と体の大きさのバランスが違うし

頭の形が明らかに違うし

イタチのそれとも明らかに違うし・・・


形はハクビシンに近いけど

色が違うし

ハクビシンの黒い部分が茶で

ハクビシンの白い部分が黒い感じのその生き物は・・・

































アナグマ!?







その後


上塩冶町(出雲市南部)でも

偶然、同じビジュアルの生き物を見かけました。



出雲市の至る所に

アナグマが

生息しているのかも知れませんね。








2118bbe


























獣類の住宅侵入(足音)被害は

稲刈り後に頻繁に起きます。


河川敷に草むらが茂り

田んぼに稲がある夏場は

虫や小動物も田んぼ廻りに居ますし

草むらや田んぼが隠れ家や通路にもなります。


ところが

急に

稲が刈られ

本来帰るべき山との通路を寸断された獣たちが

仕方なく

身を隠す場所を探しながら


住宅や市街地に紛れ込んでしまうのではないかと

推測しています。



害虫・害獣と人間は騒ぎ立てますけど


私たち人間が被害者で

虫や獣が加害者という

解釈で対応を続けていて良いのでしょうか?



近年の日本の河川工事で

遡上する魚の生態を守る為に

堰堤に魚道を造る河川改修を見かける様になりました。


同様に

河川敷の草刈りや

田の稲刈りで取り残された獣が

山へ帰れる様な

獣道(地下道)を造る道路改修工事があっても

良いと思いますけど・・


如何でしょうか?








皆様、今年もよろしくお願いいたします。


週末は寒波が到来する予報が出ていますね。


皆様のご自宅は


凍結などに対する対策はお済みでしょうか?





次の土日はセンター試験の日程になっている様ですけど


積雪や凍結で交通機関が乱れると


試験会場に時間までにたどり着けないとか


様々な問題が起きるので


受験生の方やご家族の皆さんは


天気予報を気にしながら不安な日々を


過ごして居られるのではないかと感じています。


皆様が無事試験会場へ行けると良いなと思います。






新聞を見ると

2019年元日から『新元号』に変わるかも知れない・・とか

2018年の途中で『新元号』が発表されるかも知れない・・とか

という記事を見かけます。


2018年は平成30年


新聞記事の内容が現実になれば


平成という時代は30年間という事になりますね。



昭和64年の正月

1月7日に昭和天皇が崩御され

翌1月8日から始まった『平成』の時代。


あの日、高校1年生だった私。


今では

子供が高校生になった

私にとっての『平成』とは

学生から

社会人になって

結婚して

子育てをした

人生の中心部分の時間を過ごした時代です。



子供時代を過ごした『昭和』

社会人になり、親になった『平成』

子育てを終えて迎える次の時代は・・

私にとっては、余生? 老後?

何にせよ、みんなが笑顔になれる時代だと良いですね。



どんな時代が待っているかは、まだ未知数ですけど

今はただ

平成の締めくくりを有意義に

大事に過ごしたいと思っています。






















重い腰を上げて


年末の大掃除



始めてみようと思うけど

どこから手を付けたら良いか解らない。



片付けたいモノが

大きかったり重かったりで

片付けが止まってしまう。



処分したいけど

どこに持って行けばいいか解らない。




などなど

皆様お困りの様です。



年末の忙しい時に

止まってばかりも居られない・・・







何か良い方法はないのでしょうか?








スマートな人は

年末の片付けを

神門工務店に任せて

自分の為

大事な年末の時間を使って居られますよ。























年末に限らず

家財の片付け処分は

神門工務店

お任せ下さい。







お問い合わせは

当社HPの問い合わせフォームからお願いいたします。





先日

リフォーム工事が完成して

お引き渡しをさせて頂いたお客様から

お礼状をいただきました。




そのお礼状は


奥様の手書きの絵手紙でした。




お礼の文章にも感動しましたが

絵にも感動しました。


そして

私達に対して

大事な時間を割いて

絵手紙を書いて頂いた事にも感動しました。


本当にありがとうございます。


素晴らしい絵手紙でしたので

許可をいただいて

当ブログで掲載させていただきます。







20160915164540958_0001














































お客様に喜んで頂ける仕事をするのは

当たり前の事ですが

この様に

喜びを表現して頂いた事が

私たちの今後の糧になります。


今後も

お客様に喜んで頂ける仕事を

続ける努力をし続けたいと思います。




本当にありがとうございます。






猛暑が続く日々

皆様、如何お過ごしでしょうか?



お盆ですね。





お盆なので

本日、神門工務店は

進行中の現場も

お休みさせて貰っています。


但し、お盆期間中も

電話での問い合わせには

対応出来る様にしています。


・・・けど


静かですね、笑




今日は、電話は掛かってきませんね。




では、皆様


良いお盆を!
















今日は

6月30日


1月1日 マイナンバー制度開始で始まり

3月26日 北海道新幹線開通や

4月1日 電力完全自由化

4月14日〜 熊本地震

6月23日 イギリスの国民投票でEU離脱が過半数獲得・・


等々、色々有った


2016年の上半期が終わりますね。




明日から2016年の下半期

私、個人的には

唯々、穏やかに平穏に

静かに過ぎてくれる事を願います。







4月の大地震で被害を受けた九州地方。

建物やライフラインや交通網も甚大な被害を受けましたね。

しかし、先日ニュースを見てビックリしました。

あの大地震後、余震が断続的に続いているのに

GWの目前に

九州新幹線に続いて

九州道も復旧しましたね。



想定を遙かに超えたスピードの復旧開通に

ニュースを再確認した程、驚きました。


交通網の復旧は

支援物資や支援者の動きを助けるので

とても喜ばしい事と思って居ます。




このスピードでの復旧は

日本の技術も素晴らしいとは思います。


それだけでは無く

復旧作業に従事しておられる作業員の方々が勤勉なのも

日本の素晴らしい所だと思います。



高速道や新幹線の復旧に従事しておられた方の中には

自宅が被災したり、家族が避難中だったり

大切な人が地震の犠牲者だったり・・・と言う方も居られたと思います。



そんな状況なのに

自分の事を後回しにしてまで

仕事に従事しておられる沢山の方に敬意を表しながら

その方達や、被害に遭われた多くの方達の為

私達にも出来る事を精一杯したいと思います。



九州道、九州新幹線

その他諸々の復旧に、ご尽力なさっている皆様

ありがとうございます。



このページのトップヘ