神門工務店(ごうどこうむてん)のコラム

神話の国 島根県出雲市の小さな工務店です。 神門工務店のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

数あるブログの中から

当ブログにお越しいただき

ありがとうございます!!


ご訪問を大変嬉しく思っております。

2019年も残り一ヶ月を切りました。

2019年も災害の多い一年でしたね。


災害・・・と言えば

今夜から
四夜連続で
NHKスペシャル

シリーズ 体感 首都直下地震
が、放映されます。

興味深い内容だから
録画予約済みなので
私は今、安心して仕事が出来ています。

30年以内に70%以上の確率で
起きると言われている
首都直下型地震。

起きてから騒いでも
『時、既に遅し』なので
起きると想定して
事前に行動できないのでしょうか?

勿論、災害が起きないことが願いなんですけどね。


それと
震災も災害ですけど
災害には水害もありますね。

災害は
いつ・どこで起きるかは
予測し難いですけど

どこに住むかを
災害リスクを回避する事を軸として
探す事も出来ると思います。



以前
このブログでも
取り上げていますけど
震災危険度を示すmapが有ります。



そして
水害に関しては
昔々その場所が
何だったか(川だったか・山だったか・湿地だったか・・とか)
情報として知っておけば
その場所の『防災という観点からの弱点』も解るし
土地購入前なら
土地の価値の判断材料として
土地購入後なら
弱点克服の為にどんな建物にすれば良いかという
問題提起としても利用できると思います。

それが
今日のブログタイトルの

地理院地図

地図を開いたら

左上の

情報
と言う部分をクリックして


ベクトルタイル情報実験をクリック

地形分類(自然地形)を選んで

自分が見たい場所をズームアップしてみて下さい。



自分の家・敷地の場所が昔々は何だったか

それを知り

その土地の弱点を意識し

災害時はどこに向かうべきかを家族で共有するだけでも

防災につながると私は思います。

にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



住居敷地内の日本庭園を



2019_0205_164945(1)






































解体して



2019_0624_080456















































2019_0625_135059













































2019_0702_090423

















































若夫婦がお住まいになる

増築(離れ)棟を
2019_0909_123046



































2019_1023_090354








































新築しました。















































































before

2019_0205_164929(1)




































after


2019_1020_105923























































内観

2019_1020_110609

































2019_1020_110633






































2019_1020_110641
































2019_1020_110703






























2019_1020_110656





























2LDK 19坪の建物です。


2LDKの賃貸住宅に住むか

2LDKの住宅を建てるか

ご実家など

利用可能な敷地がある場合など

土地購入費用が必要ない場合は

住宅を建てるという選択に

生涯住宅費用総支払額的にメリットがあると思います。


敷地内別棟に暮らしながら

子育てのサポートを親世代に頼んだり

体力の要る事や運転などを子世代に頼んだりしながら

助け合いながらの暮らしもいいですね。




そして

昨今

日本各地で頻発している自然災害対策の観点からも

敷地内近居は

高齢の親や幼児の移動サポートや

自治区が同じになるので同じ避難所に避難出来たり

そもそも

長い年月

先祖代々が災害に遭わずに住んできた敷地※1なら

災害リスクが低い敷地の可能性が高いと言う

防災の観点からの敷地選びとしても

メリットを感じます。




※1
各自治体から発行されるハザードマップが

PCサイトや

役所の担当窓口で確認出来ます。

土地購入前や住宅工事前には必ず

そのハザードマップで自分が家を建てようと思っている土地の

洪水時の浸水深さを確認して下さい。


ハザードマップを見ても解らない場合は

担当の営業さんとか設計士さんに

解説をお願いして下さい。


更に

地域の図書館に問い合わせて

古い地図を閲覧できると

自分が買おうとしていた土地が

実は昔は

川だったとか

沼だった場所とか

今とは違う土地の旧情報が

解るかも知れませんし


古地図の閲覧が叶わない場合は

その場所の江戸時代の地名などから

その場所が持つイメージを掴む事が出来るかも知れません。


今の時代なら

少し努力すれば

その場所の

長い時間的スパンでの防災データを

得る事が出来るのではないかと思います。



一生に一度

有るか無いかの家造り。


勿論

家のデザインや性能も大事ですけど

皆様が

土地選びに失敗しない様に

データ収集を頑張ったり

良き協力者や

良き依頼先に巡り会える事を

願っています。



売って手放すまでは

税金支払いも含めて

子や孫やその先の代にまで引き継がれる不動産。


家選びも大事だけど

土地選びって

人生で遭遇する選択の中では

他の選択とは別格な

すごく大事な選択だと

私は思います。









にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー




お盆の日本列島に

大型台風が接近しています。






帰省やUターンの

移動時期の台風接近は

予測不能な被害が起きやすいので

移動の予定がある方は

不安な日々を過ごして

居られる事と思います。





被害が無い事を祈ります。



























当社は

本日も仕事をさせて頂いております。


猛暑の中の

現場作業は

熱中症の危険との隣り合わせですが

水分や塩分を摂取しながら

みんな頑張っています。











先日、棟上げを終えた物件の

2019_0728_143400(2)




































屋根工事が終わり


窓の取り付けを終え

外壁の下地の

防水シートを張り終えたので





2019_0812_075243





































今日は

外壁通気工法の木下地施工を

進めたいと思います。





当社は

お盆期間の

8月13日から

8月15日の

3日間

現場での工事は休みます。




もちろん

お盆期間中も

お問い合わせには

対応しております。





8月16日から

工事を再開しますので

よろしくお願い致します。















にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。




平屋の家が完成しました。


黒を基調とした外観です。



2019_0727_132530


































2019_0727_132545



































にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。


















対照的に
内観は明るい色を選択されました。


2019_0717_104324

























































画像内の
白く四角い物体は
蓄熱暖房器です。
2019_0717_104341




































キッチン扉色は

濃色を選択されましたので

LDKでの

差し色になっています。

2019_0717_104356



































連日、暑い日が続きます。

熱中症に気をつけながら

夏を乗り切りたいですね。




にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。
















ブログネタに困らない

年度末もすっ飛ばし




ブログネタに事欠かない

改元もすっ飛ばし





久々のブログ更新は

5月最終日の夕方に

なってしまいました。







3月の頃は

4月になれば少し落ち着くだろうと言いながら

2019_0211_162604

































4月になると

5月になれば少し落ち着くだろうと言い














2019_0226_121928

























2019_0311_141056

































































2019_0425_103639




































5月になり










2019_0508_081452




























2019_0508_114359






























2019_0513_092150





















































やはり何かと気忙しく

6月になればと思いながら

5月も終わりそうです。




5月なのに

夏の様な気温の日が続きましたね。


氷河期前の温暖期なのでしょうか?

春は短く夏が長いですね。



今朝は少し雨が降りましたけど

やはり

今日も良い天気になりました。







梅雨までに片付けたい事が

まだ沢山あります。





ひとつずつ

すこしずつ

片付けながら


来月も

着実に前へ進もうと思います。






にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。


春は引っ越しシーズンですね。



3月末の週末

引っ越し屋さんや

家電屋さん

家具屋さんなど

混み合うでしょうし

もう既に今から行っても

3月中の入荷や設置は難しいのかも知れませんね。


時期を待てる人のみが注文出来る

そんな今日この頃と思います。



新生活や家具購入時

カーペットサイズなどで

『江戸間』や『京間』

または

『関東間』や『関西間』

という言葉を耳にした事はありませんか?


「関東間とは?」とか

「関西間とは?」とかを

ネットで検索すると

色々と解説サイトが出てきますけど


そもそも

京都を中心とした建築文化から発生した

今で言うところの

いわゆる『京間』=『関西間』は

畳寸法を固定寸法にして

その畳の組み合わせで部屋の大きさを決めて

その組み合わせた畳の四隅に柱を配置するやり方で

畳×枚数+柱・・・の家造り




それに対して

江戸を中心とした建築文化から発生した

今で言うところの

いわゆる『江戸間』=『関東間』は

柱の中心位置を固定寸法にして

柱を配置して

その内側に収まる様に畳寸法を決める

柱〜柱の内側の距離=畳×枚数・・の家造り




↑↑↑
この

説明だけで

江戸間と京間のどちらが大きいか解る人は

スゴイですね。



この

説明だけで

柱の寸法によって

両者の部屋寸法が実は何パターンもあると解る人は

素晴らしいですね。



建築業界で接して居ても

畳基準の『関西間』と

柱中心基準の『関東間』と

明確に理解していない人も居る様に感じます。






ここで説明すると本文が長くなり過ぎるので

私が思う

明確な説明をされている

サイトをリンクしておきます。


住まい・建築・デザインに関するコラム






如何でしたか?





リンク先に頼って

私が説明を手抜きしてる・・・感が

隠しきれないんですけど、汗
  


カーペット等に『江戸間用』とか

書いてあったら

上の説明を参考に

自宅に合ったタイプを購入して貰えると良いと思います。













・・で


ここからが

やっと本題なんですけど



当社のお客様から

『神門工務店さんの建物は

本間ですか?メーターモジュールですか?』

とか

の質問を受ける場面が多々あります。



その都度お伝えもしていますけど

ここでもお伝えいたします。




『当社設計の建築物の場合

基本的には関西間に近い寸法かメーターモジュールを採用して

ゆったりとした空間を目指しますけど

敷地形状に合わせて関東間の収まりが良かったら

関東間にもしますし

関西間の部屋と関東間の奥行きの収納室のMIXとかも

採用します』



では

当社でよく採用される

モジュールを画像で紹介いたします。






まずは


関東間


関東間の柱中心寸法に4寸以上の柱だと

廊下などはメーターモジュールに比べて窮屈になります。

関東間の場合は

廊下などは広くするか

柱を太いものを採用しない様にするとか

壁下地の厚みが厚くなると通路を圧迫するので

壁下地を柱内に収めるとか・・工夫が必要ですね。


但し、関東間で計画した間取りで家造りをすると

家が(関西間やメーターモジュールに比べて)相対的に

コンパクトに収まる為

価格も相対的にコンパクトになり易いです。


『間取りや仕様は気に入ったけど

予算が・・・』というお客様の為に



説明をした上で

当初メーターモジュールで提案した物件を

間取りも仕様のそのままで

関東間に変更して

コストダウン提案した事もあります。
関東間









































次は当社で『本間』と呼ぶ『関西間』

厳密に言うと『山陰間』と呼ばれるモジュールなのですけど

大きな括りとして『関西間』と表現します。

関西間
3,940mmの柱芯で4寸柱の家は

いわゆる出雲風の家に住んだ事のある人が

慣れている寸法なので

お客様との話の中で

結果的に採用される率の高いモジュールです。













そして最後は

メーターモジュール


MM























若いお客様には希望される方の多い

ゆったり間取りのメーターモジュール

私が担当する物件では

よく採用されるモジュールです。












画像を見比べて頂ければ

同じ8畳の部屋でも


関東間とメーターモジュールは

広さに差がありますね。


関東間の面積の約1.2倍がメーターモジュールです。


同じ間取りでも

オール関東間と

オールメーターモジュールとでは

床面積に20%もの差が出てしまいます。


結果的に価格にも差が出ます。



そして

山陰間とメーターモジュールは

関東間とメーターモジュール程の大きな差は無いですね。







海外(英語圏)から届く木材などは

インチやフィートなので

尺寸とメートルだけでは

表現が足らないのですけど

本題が散らばるので

今回はインチやフィートについては

掘り下げずに終わろうと思います。




要するに

何事においても

引き出しの多い担当者が

モジュールも含めて

お客様に合った家を提案出来るのが

理想的な家造りだと

私は思います。










にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。

2018年5月頃に

レオパレス21のアパート施工不良問題が報道されて

また、最近

その後を追った報道が続いています。


その施工不良物件は

修繕をしないといけなくなると思います。


そして

その施工不良物件に現在お住まいの方は

転居を余儀なくされると思います。


良い迷惑ですよね。








これから迎える3月は

1年で最も引っ越しや転居が集中する時期で

更に

昨今の運輸業界の人手不足で

引っ越し業者さんも人手が不足していて

3月後半から4月前半は

早くから予約していないと

引っ越しサービスを受ける事が出来無い状況になっています。


更に更に

事前に引っ越しの予約が出来ても

家具や家電などを引っ越し直前に購入したら

引っ越ししても家具や家電が家に届かない状況になっています。



毎年

進学や就職や転勤での移動が集中してしまうこの時期に

今年は更に

レオパレス問題も起きているって感じです。



企業の拝金体質が

どんだけ消費者に迷惑を掛けるか・・

被害額が発表されるかも知れませんけど

実際の被害は発表の数字以上になると思います。





私に言わせれば

別に、その不動産会社に

研ぎ澄まされた建築の仕事を求めているわけではないんです。


せめて、法律くらいは・・

最低基準の建築基準法くらいは

普段からキチンと守って仕事していれば・・・

レオパレスの音漏れは都市伝説で済んだのに・・

今更、こんな騒ぎにならなかったのに・・

会社の信頼を自らの手で叩き落とす事もなかったのに・・

違約金や修繕費等々沢山のお金が出ていくのに・・

沢山の人に迷惑を掛けてしまうのに・・

そして結果的に会社は損をするのに。


更に言えば

そんな組織がある所為で

法律を守って仕事をして居る人たちも含めた

建築業界全体の信頼が失墜してしまうのに。






利潤の追求の為に

施工を蔑ろにする事は

この業界の『あるある』な話ですし

そういう仕事をする組織は

短期的に会計上の数字は出るでしょうね。


でも

長期的視野で組織運営しようと思えば

単年度や短期的な会計上の数字を追うのではなく

信頼を構築する事を追求すべきと私は思うのですけど・・



どこの業界でもそうでしょうけど

建築不動産業界もご多分に漏れず

いわゆる『現場』の施工者の声は

経営責任者には届き難くて

更に、いわゆる『現場』の施工上がりの人が

大手不動会社の経営責任者になる事は

稀で・・


企画部門や広報部門が組織の大動脈を作り

組織内で大きな発言権を持ち

そこで生まれた商品(建築物)を

営業部門が売り込み

営業部門や設計部門の指示の元に

施工をするのが施工部門といった感じですよね。


今回のレオパレスの発表では

『現場の施工部門が勝手にやった事』

と言う発表がされている様ですけど・・

大手不動産会社の施工部門に

そんな権限が無い事ぐらい

業界人なら皆知っている悲しい常識です。


いわゆる『建築現場』で施工に携わる者

(特に建築士の資格保持者)は

今回の施工不良が建築基準法違反だという事は

知識として知っていた筈なのに

自分がその『組織』で、生きて行く為に

口を噤むしかなかったのか・・



この問題を社内で提起しても

遮断されたか、話だけが通っても

いっこうに是正はされなかったのか・・


何年も前から分かっていたはずなのに・・



まさか

「ガイアの夜明け」(テレビ東京)の独自取材によって発覚するなんて・・

この問題を軽んじていた社内の方からすれば、想定外ですか?

想定外では済まされませんよ。



でも、例えば

『ガイア・・』ではなく

正義感が強い社員が内部告発していたら・・


その場合はどこにリークするかを

吟味しないと揉み消されてしまうけど

問題が明るみになったとして

で・・やはり

その内部告発者はすぐに特定されて

その人を辞めさせれば会社が責められるから

会社はその人を辞めさせないけど

『正しい事』は必ずしも『歓迎される事』ではないから

周囲から『裏切り者』とか言われながら

針のムシロの様な職場で勤め

家に帰ると

その『正義感』を配偶者にも責められ

でも、その配偶者自身も『裏切り者の配偶者』として苦しい思いをしていて

更に子供が『裏切り者の子』としてイジメられ・・

最近、Amazonプライムで

『内部告発』を題材にした映画を

立て続けに何本も観たせいか・・

話が少々脱線してしまいました、汗






にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。









話題を少し戻しましょう。




去年、子供2人の

進学と就職で引っ越しを手伝った私は


進学の子の新居は

学校が決まった時点で

ネットで物件内覧予約しておいてから

現地物件の内覧をして

物件を決めて

家具は現地購入にして

極力、運送業者さんへの依頼を減らし

就職の子は勤務先が決まってから

(状況的に可能だったから)ゆっくり

引っ越しの閑散期の7月に

引っ越し業者さんに依頼する事無く

引っ越ししました。

それでも

大変だったのに・・


今年の3月(状況的に他の時期に引っ越しするという選択が出来なくて)

遠方へ引っ越しされる方は

凄く大変だろうなと思っています。



引っ越し屋さんがダメなら自分で・・と

ハイエースとかの荷物が沢山乗る車を

レンタカーで借りるにも

3月末から

4月頭は

取り合いになると思います。



2月中旬の今ならまだ・・

いや、今更・・ですねこの話題は。




今回の記事は

以前に比べると少し攻めた表現をしてしまいました。

子供が皆、遠方に巣立ったからか

人生の折り返し地点を過ぎたと思っているからか

表現的な守りのガードが

少しずつ下がっている

今日この頃です。




家を

新築したり

リフォームしたり


建築計画をする時の

打ち合わせ時に

新しい暮らしでの

TVの視聴方法のご希望を

当社から御施主様に

確認する場面があります。



一般的には

「ご希望は地デジですか?ケーブルビジョンですか?」

と言う様な

2択の質問を当社の担当者が

御施主様に対して行います。



その質問に対する御施主様の答えは

「地デジで・・」とか

「分からない・・」とか

「オススメは?」とかの答えが多いです。



地上波が圧倒的なシェアを誇るこの国では

「TV映像=無料」と言う認識が強いんですけど

スポンサーの広告料で運営される

TV番組の無料配信の場合は

構造的に

大多数に支持される内容を配信する事になるので

個人個人の趣味嗜好に合わせた番組作りには限界もあり

それも

『TV離れ』とか

『TVはオワコン(終了コンテンツ)』とか

言われてしまう理由の一つなのだろうと思います。


そして

「地デジアンテナで地上波を

BS・CSをパラボラアンテナで・・」とか

自分なりのプランをお持ちの御施主様に

お会い出来る機会も増えました。



更に

最近は動画配信サービスが人気で

「アップルTVを考えてます」

とかのご希望も耳にする様になりました。


いわゆる

ビデオストリーミングという方法で

映像を楽しめる仕組みです。



そんな最中

昨年末から我が家で

『Amazonプライム』を観る様になり

大ハマリしています、笑




テレビの裏の端子に

この様な部品を付けるだけで

設置・設定は簡単です。

2019_0116_130123



























¥3,900/年とか

¥400/月で

映画や

過去のテレビ番組を観る事が出来る仕組みは

レンタルビデオ店で

DVDを借りて観る習慣がある人には

オススメの仕組みです。


個々に別途料金は発生しますけど

新作も配信されています。



そして

観る人個々の趣味嗜好に合う

映像ラインナップ・・・

2019_0116_130439
























そして

観た映像に似た要素の映像を

オススメしてくれるのも

イイですね。









更に

私の大好きな『Youtube』が

テレビの大画面で観る事が出来る事も

私にはピッタリです。


2019_0116_130641

























好きな映像の一例

TBG 2013 - Quick Crew - act 1

初めて観た時

心を奪われた動画です。

この動画内のダンサーが日本人とかアジア人ならまだしも

ノルウェー人という事に更に驚きました。



映画やテレビの映像は

要するに画面を観ていないと

内容が入ってきません。


地上波のリアルタイムの放送と違い

ストリーミングの方式は

ダウンロード転送なので

巻き戻しや

もう一度見逃した部分を見直す事が出来るのも良い部分なのですけど

やはり、映像を見ながらになってしまう為

映像に時間を取られてしまいます。



ところが

『Youtube』の場合は

好きなアーティストの楽曲を

流しておけば

目を画面に向けずに

何かをしながら

BGMとして

好きな音楽を聞きながら作業が出来るので

自宅での時間が効率の良い時間に昇華され(私、的には)充実します。



更に長時間mixの作業用BGMとかを流せば

効率の良い時間が過ぎながら

充足も得られるので

しばらくはこの仕組みに感謝しながら

ハマると思います、笑



2019年は当社の創業40年の年。

2005年から始めたこのブログも

継続、14年になります。

そして

後、数ヶ月で平成も終わる予定です。


・・と、まぁ

大それた事ではないのですけど

家に関する事を

無難な表現になる様に発信してきたこのブログを

今年はもう少し

私の趣味嗜好も交えつつ

イイと思ったモノとかも

時々発信していこうかなと思いながら

テスト的に

今回の記事を書いてみました。

如何でしたか?






『動画配信サービス』

『Amazonプライム』

オススメです!








にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。








ビルトインガレージを

和室にリノベーションしました。


和風住宅を解体して建て替える為

解体しない部分の1階の屋内車庫を

和室や収納室にリノベーションしました。






元々車庫だったなんて想像できない

本格和室の出来上がりです。
2018_1225_131618(1)


























2018_1225_131630(1)































なんと二間続きの和室です。

今後、客室として利用できる部屋になりました。


2018_1225_131714(1)

































2018_1225_131723(1)


































仏間・床の間もあります。

2018_1225_131734(1)






































2018_1225_131803(1)
































和室の隣には収納室を作りました。
2018_1225_131817(1)


























元々は土間物置だった場所を
収納室にリノベーション。




2018_1225_131830


























杉無垢板の床と

木製建具

壁の仕上げは壁紙になるか

珪藻土塗りになるか

ゆっくり考えて貰おうと思います。





2018_1225_131838
































玄関ホール

2018_1225_132054




























写真の左手側は

解体建て替えをする部分です。













2018_1225_132140




























2018年末にこのリノベーションが完成して

引っ越しをして頂きました。



そして

年明けから

解体工事が始まりました。




2019_0106_122527

































にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。


2019年

あけまして

おめでとうございます。



平成最後の4ヶ月

ラストスパート的に頑張ります。



昨年末の投稿からの継続で

新築物件の内観写真の公開をします。







階段上がって2階へ移動します。

2018_1218_112248


































2階は

3部屋の洋室と

WICLと

トイレと

洗面台があります。






各室の扉はアンティーク調の白い扉
2018_1218_110113



































ドアストッパーは

好評のマグネットタイプです。
2018_1218_110130



































WICLは将来的に

子供室としても利用出来る造りにしました。
2018_1218_110459
























天井には物干し金物が付いています。











トイレのアクセント壁は

星模様で個性的ですね。

2018_1218_110649














































廊下の一角に洗面台を設置してあるので

2階でも混み合う朝の身支度が可能です。

家族の人数が多い家には特にオススメです。
2018_1218_110722




































2階の掃除の時にも

水場があるのは助かりますね。
















































2018_1218_110813






































中も外も

壁は

ほとんどが塗り壁のこの家。


お子様の成長と共に

これからどんな風に

変化していくかが楽しみです。



にほんブログ村 住まいブログへ


キラキラバナー



上のバナークリックで応援お願いします。

このページのトップヘ