神門工務店(ごうどこうむてん)のコラム

神話の国 島根県出雲市の小さな工務店です。 神門工務店のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

数あるブログの中から

当ブログにお越しいただき

ありがとうございます!!


ご訪問を大変嬉しく思っております。

皆様、今年もよろしくお願いいたします。


週末は寒波が到来する予報が出ていますね。


皆様のご自宅は


凍結などに対する対策はお済みでしょうか?





次の土日はセンター試験の日程になっている様ですけど


積雪や凍結で交通機関が乱れると


試験会場に時間までにたどり着けないとか


様々な問題が起きるので


受験生の方やご家族の皆さんは


天気予報を気にしながら不安な日々を


過ごして居られるのではないかと感じています。


皆様が無事試験会場へ行けると良いなと思います。






新聞を見ると

2019年元日から『新元号』に変わるかも知れない・・とか

2018年の途中で『新元号』が発表されるかも知れない・・とか

という記事を見かけます。


2018年は平成30年


新聞記事の内容が現実になれば


平成という時代は30年間という事になりますね。



昭和64年の正月

1月7日に昭和天皇が崩御され

翌1月8日から始まった『平成』の時代。


あの日、高校1年生だった私。


今では

子供が高校生になった

私にとっての『平成』とは

学生から

社会人になって

結婚して

子育てをした

人生の中心部分の時間を過ごした時代です。



子供時代を過ごした『昭和』

社会人になり、親になった『平成』

子育てを終えて迎える次の時代は・・

私にとっては、余生? 老後?

何にせよ、みんなが笑顔になれる時代だと良いですね。



どんな時代が待っているかは、まだ未知数ですけど

今はただ

平成の締めくくりを有意義に

大事に過ごしたいと思っています。






















重い腰を上げて


年末の大掃除



始めてみようと思うけど

どこから手を付けたら良いか解らない。



片付けたいモノが

大きかったり重かったりで

片付けが止まってしまう。



処分したいけど

どこに持って行けばいいか解らない。




などなど

皆様お困りの様です。



年末の忙しい時に

止まってばかりも居られない・・・







何か良い方法はないのでしょうか?








スマートな人は

年末の片付けを

神門工務店に任せて

自分の為

大事な年末の時間を使って居られますよ。























年末に限らず

家財の片付け処分は

神門工務店

お任せ下さい。







お問い合わせは

当社HPの問い合わせフォームからお願いいたします。






当社管理地


出雲市上塩冶町

530.9屐複隠僑亜ィ仰據の土地





・・・が





















































何と!!!






























特別価格

 


3.5万円/の破格値!!





¥5,621,000−

















































































・・・が!






























































































更に!!!






ネット限定告知!!

















2016

クリスマスキャンペーン



・・・って事で































3万円/坪












¥4,818,000− 


での


ご提案です!!!!!





この価格

す・・・す・ス・・su

・・・凄い、と思います。



お問い合わせは


当社HPお問い合わせフォームまで。




先日

リフォーム工事が完成して

お引き渡しをさせて頂いたお客様から

お礼状をいただきました。




そのお礼状は


奥様の手書きの絵手紙でした。




お礼の文章にも感動しましたが

絵にも感動しました。


そして

私達に対して

大事な時間を割いて

絵手紙を書いて頂いた事にも感動しました。


本当にありがとうございます。


素晴らしい絵手紙でしたので

許可をいただいて

当ブログで掲載させていただきます。







20160915164540958_0001














































お客様に喜んで頂ける仕事をするのは

当たり前の事ですが

この様に

喜びを表現して頂いた事が

私たちの今後の糧になります。


今後も

お客様に喜んで頂ける仕事を

続ける努力をし続けたいと思います。




本当にありがとうございます。






猛暑が続く日々

皆様、如何お過ごしでしょうか?



お盆ですね。





お盆なので

本日、神門工務店は

進行中の現場も

お休みさせて貰っています。


但し、お盆期間中も

電話での問い合わせには

対応出来る様にしています。


・・・けど


静かですね、笑




今日は、電話は掛かってきませんね。




では、皆様


良いお盆を!
















今日は

6月30日


1月1日 マイナンバー制度開始で始まり

3月26日 北海道新幹線開通や

4月1日 電力完全自由化

4月14日〜 熊本地震

6月23日 イギリスの国民投票でEU離脱が過半数獲得・・


等々、色々有った


2016年の上半期が終わりますね。




明日から2016年の下半期

私、個人的には

唯々、穏やかに平穏に

静かに過ぎてくれる事を願います。







4月の大地震で被害を受けた九州地方。

建物やライフラインや交通網も甚大な被害を受けましたね。

しかし、先日ニュースを見てビックリしました。

あの大地震後、余震が断続的に続いているのに

GWの目前に

九州新幹線に続いて

九州道も復旧しましたね。



想定を遙かに超えたスピードの復旧開通に

ニュースを再確認した程、驚きました。


交通網の復旧は

支援物資や支援者の動きを助けるので

とても喜ばしい事と思って居ます。




このスピードでの復旧は

日本の技術も素晴らしいとは思います。


それだけでは無く

復旧作業に従事しておられる作業員の方々が勤勉なのも

日本の素晴らしい所だと思います。



高速道や新幹線の復旧に従事しておられた方の中には

自宅が被災したり、家族が避難中だったり

大切な人が地震の犠牲者だったり・・・と言う方も居られたと思います。



そんな状況なのに

自分の事を後回しにしてまで

仕事に従事しておられる沢山の方に敬意を表しながら

その方達や、被害に遭われた多くの方達の為

私達にも出来る事を精一杯したいと思います。



九州道、九州新幹線

その他諸々の復旧に、ご尽力なさっている皆様

ありがとうございます。



この度の

熊本県を中心とした大地震による

犠牲者の方にお悔やみを申し上げます。

そして、被災者の方にお見舞い申し上げます。


この地震(余震)が収束し

被災地域が早く復興する事を願います。



大地震が続きますね・・

予知が難しいと言われる地震

『備えあれば憂い無し』と言いますけど

直下型大地震に対する備えは実は難しいんですよね・・


先ずは、家や建物の耐震化ですけど

耐震化には費用が生じます。


耐震とは地震に耐える力

強ければ強い程、安心ですけど

より強固な耐震構造にすれば費用も嵩みます。


限りある予算を

どの程度耐震に掛ければ良いのでしょうか?


地震大国日本

何処で大地震が起こってもおかしくないと言われて居ますが

大地震のリスクは日本中、何処でも同じなのでしょうか?

自分の住む地域の地震リスクを知りたいと思う人は多いのでは?

と思いますけど、如何ですか?


そこで

日本の市町村毎の地震リスクを

ランク付けしているサイトがありましたので

こちらで紹介します。



地震リスク診断
http://www.jishin.co.jp/simulation/earthquakerisk.shtml

地震補償保険のサイトより




如何でしたか?


あなたのお住まいの地域の地震リスクランクは?




ランクの高い地域にお住まいなら

より、耐震については

気に掛けられる事をオススメ致します。






では、もしもの事が起きた場合の対応はどうでしょう?

特に昼間の地震は

家族が職場や学校で

バラバラな場所に居ると思いますので

そういう場合の連絡方法や集合場所の確認も

重要な地震対策だと思いますので

地震対策や

地震にあった場合の対応を

こういう機会に、ご家族で話しあわれる事を

オススメ致します。




地震動予測地図
http://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/



お客様から

「黒柿の欄間を買おうと思うけど、その欄間を天板としてテーブルを作って貰えないか?」

と言う様な趣旨のご相談が在りました。



電話で話を伺いながら・・

「面白いと思います!」って請けてしまいました、笑っ



・・で、その欄間がこちら



        
     
    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓

    ↓






2015_1226_150508AA

















































欄間は構造体ではありません。

欄間を天板として使っても

欄間に荷重を掛けると壊れてしまいます。



そこで、一捻りして

欄間に荷重を負担させない方法を探して

木枠を組んで、木枠に荷重を受けさせる方法で進めました。





その枠を造って欄間を乗せた状態がこちら



   ↓


   ↓

   ↓

   ↓

   ↓






2016_0128_133646AA















































そして

ご自宅に納品

その場で、事前に採寸して用意していたガラスを乗せ

アンティーク黒柿欄間のテーブルは出来上がりました。


・・と

途端に猫ちゃんにお気に召して頂いた様です、笑っ














2016_0225_182730AA
















































黒柿の古い欄間をテーブルに・・・と依頼された方は

貫禄のある高齢男性・・・

では無くて

若くて美しい女性でした。



古い物に価値を見出し

目線を変えた使い方を考え出し

新しいアイディアを創り出しておられる女性が

出雲にも増えてきました。

素晴らしい事だと思います。


新しい価値を創る、とても楽しい仕事でした。


ご依頼、ありがとうございます!










皆様

今年もよろしくお願いいたします。


更新していない間に

新しい年が既に約一月半も過ぎてしまいました。

「前回の記事の続きはまたですか?」と

問い合わせも頂きまして

この国の今後の住宅事情に興味を持って頂いている事に感謝しつつ

続きを書いて参考にして頂こうと思いました。


・・と、言う事で

前回の続き、書かせて頂きます。




そして

住宅が2030に向けてどうなるかと言うと・・



2013年改正省エネ住宅基準の家が

2020年には義務化され



2030年には

創るエネルギーが

使うエネルギーを越えるか

概ね同じ量か・・という

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス 呼称:ゼッチ)を

目標設定として

今後、この国の住宅を取り巻く環境は

進むと思われます。


さぁ

ZEHが出て来ました。


使用エネルギーを越えるエネルギーを生み出す家が建ち並ぶ時代。



新築住宅を建てると言う事は

エネルギー製造所を創ると言う事に成るのかも知れませんね。


このページのトップヘ