2009年03月

2009年03月25日

一種の浮気か!?

娘を保育園に送って行く途中の道端にある桜が開花し始めたと思ったら、昨夜辺りから東京郊外はまた寒さがぶり返しておりますが、三寒四温というように、暖かくなったり寒くなったりを繰り返して春を迎えるんですねぇ・・・・と、ちょいとジジ臭い出だしとなりました。

さてそんな今日この頃ですが、渡米する際に知り合いの方から「釣り具は持って行かないの?」なーんて悪魔の様なささやきをされました。うーん・・・ぶっちゃけ持って行きたいのはやまやまなんですけど、多方面から「アンタそんなモン持って行ってる場合じゃねーだろ!!」とお怒りを受けそうなのも事実(汗)。

かといって、あっちでまた落ち着いたら道具を買うのも散財の予感がするんで、絞りに絞り込んだベイトリール数個と日本でしか手に入り難いような小物だけでも連れて行こうか・・・と悩んでます(←アホ)。

買ってしまったのは嫁には内緒です・・・・ここから話の本題なんですが、以前、中古のルアーを処分しに行った先でこんな物を破格で見つけてしまい、つい衝動買いしてしまいました(=買取代金がそのままお店へ5秒後に戻った訳です)。そのタックルとは、ご覧の通り昨年リリースされた『SHIMANOのツインパワー』です。

いままでロッドやリールはダイワがメイン(リールは100%ダイワ製)だったのですが、シマノのリールのカッチリとした剛性感には実はあこがれてまして、遂にスピニングに手を出してしまった訳ですよ・・・コイツはちょっとバスには小さめのスプール系なのですが、壊れ難いスピニングを一つ持って行くべきか、否か、今宵悩んでおります。

まっ、お金に困った時の最終手段で現金化すれば良いのか!?(笑)


godspeed_kmt at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 釣り全般 

2009年03月24日

若かりし頃・・・・・

今日も日付がもうすぐ変わりますよ〜(焦)

さて、引越しも今週が佳境となった今日この頃ですが、あまりの荷物の多さに嫁さんと閉口して、現実逃避とばかりに片付けとは違うことを合間に挟んで気分転換しています。

日本人じゃありませんぜ・・・そんな中、昔の写真を整理してると、ヤバイ自分の姿を発見しました・・・いやぁ〜ロン毛をまっ茶に染めてかたぎとは思えない色の黒さです
(若さゆえの過ちか・・いやっ、そんなに若くなかった)

この当時(2003年)は今から考えると釣り三昧の日々だったのですが、露出している顔や手は日焼け止めを塗ってたのにこの有様で、その影響か今じゃ両腕はシミだらけとなっとります。

今の歳になってこれだけ日焼けしたら間違いなく寿命を縮めるな・・・・さっ、荷物まとめの続きをやろっと(涙)。



godspeed_kmt at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑記 

2009年03月22日

連邦税の申告書

日本滞在も残すところ後20日を切った今日この頃ですが、この時期頭を悩ませる『連邦個人所得税』の申告をせにゃならんと重〜い腰を上げました。

今年も辛い時期がやって来ました・・・涙この聞きなれない『連邦個人所得税』とは・・・・簡単に言いますと、アメリカ合衆国内国歳入庁:IRS (The Internal Revenue Service)に、昨年度の個人所得に関する詳細内容を専用フォーム(Form 1040)に記載して、毎年4月15日までに報告する義務がアメリカ人やアメリカ国籍もしくは一部のビザを保有する者には課せられているのです。

僕も訳あってその対象者となるのですが、「日本でも課税されてるのにアメリカにも更に税金を払わにゃならんのか?」と最初は焦ったものです。しかし日本とアメリカでは『日米租税条約』という所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約があるので、所得の申告をするのみでOKなようなのですが、こんな資料、普通に日本で生活している人なら目にしたこと無いですよね?

もちろん、僕もそんな一人だった訳ですが、この申告をしておかないと簡単に言えば『後でエライ目に遭うらしい・・・(涙)』と言うことが判明して、初年度(2006年)は弁護士の先生に相談して資料を作成してもらいました。そりゃ、弁護士先生依頼するとなるとそれなりの費用は掛かるのですが、意味不明、難解な資料を自分で記載するのは無理でしたから・・・

ただその先生が扶養家族の子供1名分の控除$1,000を申請してくれたのが受理されて、差し引きゼロ程度の費用で済みましたが、毎年この出費は経済的にも非常に厳しいんで、去年から自力でなんとか申告している次第です。

今年もそのIRSより手引書とフォームが一緒になった電話帳みたいな資料が届きましたけど、英語力に乏しい現時点では自分に関する箇所を必死こいて調べて、日本の源泉徴収を英訳したり、計算表にしたがってフォームを埋めて行く作業だけで丸2日ほど掛かりました(死ぬる・・・)。

後はこの申告書内容に間違いなど無く、無事にIRSに受理されるのを祈るばかりです。頼むぞ!俺!!


godspeed_kmt at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日の出来事 

2009年03月20日

実家での6日間

3月15日から6日間、実家の広島へ帰省しておりました。その目的とは・・・莫大な量の釣具整理ではなく(笑)、今の住まいの荷物の中から後日アメリカへ船便で発送してもらう荷物を実家に一旦送って、現地でまとめてた訳ですが、なんやかんやであっと言う間に6日間が過ぎて本日、東京へと舞い戻ることになりました。

お宝ゴロゴロ・・・そんな帰省中、親戚のおじさんとその息子(僕の従兄弟・・・この人は親戚の中でもわが道を行くタイプの一見変わった人なので、今度機会があれば詳しく紹介する予定です。)が道楽のような感じでやっているヒマラヤン・アンティークショップ『ヒマラヤンパサル』にお邪魔したんですけど、このお店・・・自宅の1Fを手作り感バリバリの雰囲気で改装した店内に、ゴロゴロとお宝級のアイテムが陳列されてるんですわ・・・・

例えば現地の方が作った指輪や鐘、民芸品を始め仏像や象牙の装飾品、そんでもって店内の至るところにあるのが『水晶』なんですけど、ヒマラヤの水晶ってパワーが秘められるそうで、日本でも結構人気が高いんだとか・・・これらの品物を現地人化した従兄弟の方が仕入れて来て、日本のこの店舗やネットショップ(こちらがメイン)で販売してるそうです。

これで250万円なり・・・汗この水晶・・・洞窟からそのまま取り出して来たようなものも塊でドーンと置いてあるかと思えば、よく占い師が使うような水晶玉なんかもあるんですけど、その値段は驚くなかれ、ボーリングの玉サイズ(約5kg)で250万円でした(汗)。

ちなみにその水晶を持たせてもらった、独特のひんやりとした感覚が「パワー秘めてまんがな~!」というオーラを発してるような気がしましたけど、最初に値段を見た影響かも知れませんね。店番をしてた叔父さんに「これ1個持ってってもエエかね?」と聞きましたが、耳が遠いフリをされて軽くスルーされました(笑)。

しかし世の中の物の価値なんて、それを必要とする人が多ければ多い程、恐ろしい値段がついていくものなんですねぇ・・・


godspeed_kmt at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑記 

2009年03月15日

亀山湖にて散る・・・

昨日・・と言うか日付が変わって一昨日は、引越し第一便(メインは自分の釣具のような・・)を実家の広島に発送すべく悪戦苦闘しとりましたが、何とか間に合い一安心でした(汗)。

そもそもそんなドタドタになったのは、前日までに引越しの準備をちゃんと終わらせてないのに釣りに行った自分が悪い訳なんですけど、以前の職場でお世話になった種岡さん(別名:亀仙人さん)と、古沢さんに「お疲れフィッシングに行こうぜ〜!」と前々からお誘い頂いてたんですから、行かない訳にはイカンでしょうが!!(行かない気はさらさら有りませんが・・・笑)

そして今回向かった先は、タイトルにもありますように関東のメジャーリザーバー『亀山湖』です。

しかし思い返せばバス釣りに行くのは昨年の8月に相模湖へ行った以来(=なんで、7ヶ月ぶり)なんですけど、期待の亀山湖に着いてみれば満水&濁りと朝から強風と朝一から洗礼を受けることに・・・

それでも久々の釣りなもんで心ウキウキだし、前にはあの古沢さんが同船してくれてるんで「1匹ぐらいは釣れる・・・はず??」なんて思ってましたが、本湖エリアを数ヶ所巡るも爆風であんまり釣りにならず・・・

亀山湖、異常なし!その後、笹川方面に向かって船を進め、最上流域まで船を進めたんですが、全く持って異常無し(参照:途中で会った種岡さん)という、今年の初釣りで早くも黄色信号の状態で昼過ぎを迎えました。

しかしここからが同船した古沢さんの本骨頂で、「郷に入れば、郷に従えか〜??」と、それまで投げていたシャッドやジグタックルから、亀山湖で実績の高いスモラバにルアーをチェンジし、川筋と浅いフラットが隣接した場所に有ったしょぼ目のウッドカバーから1本目のバスを釣り上げると、『何か』を掴まれた模様。

やはり・・・FLWツアープロだったその後、笹川を下りながら、「相模湖だとこういう地質が変化する場所が狙い目なんだよね〜」と、説明した次の瞬間、1kg弱のグッドサイズを手にし、その後もニゴイとバス(3本目・・・コチラも40cm弱)を次々とスモラバで仕留めて行きました。

僕も古沢さんからスモラバとトレーラーまでもらって、アドバイスを受けながら(こうなるとガイド料払う必要が有りそう・・・汗)ショアラインのカバーを狙ったんですけど、「こりゃ、釣れんな・・・」と自分で納得するほどキャストがヘタになっとりました。(古沢さん曰く、「機械じゃないんだから、釣りしてなかったら俺だって、キャストのスキルも低下するよね〜」との事)

いや〜しかし、濁りと強風でタフな亀山湖でしたけど、釣り方って必ずあるんですね。釣りが終わった後、種岡さんが言ってましたけど「伊達に高い授業料(=アメリカのトーナメントに参戦)を払ってねーな(笑)」という言葉はホンマモンでした。

日本でバスを釣る数少ないチャンスを逃してしまいましたけど、やっぱバス釣りってエエですなぁ・・・・


godspeed_kmt at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バスフィッシング 

2009年03月11日

定額給付金

最近テレビのニュースを見ていると、既に一部の市区町村では定額給付金の受給が始まっているようですが、最も遅れて6月になりそうなのが京都府の宇治市という話を聞きました。(宇治市の方の街頭インタビューでは、不満の声が多かったですねぇ)

この定額給付金・・・・そりゃ誰でも(自分含め)、ある程度のお金を貰えばその時は良い気分になるでしょうけど、個人的には一時凌ぎで1回こっきり1万ちょっともらっても、その後控えているであろう消費税率のUPやら、これから国民が負担していかねばならない諸問題を考えると、ぶっちゃけ恐ろしくて受け取り難いです。

定額給付金そういえば去年の夏、我が家にもIRS(
アメリカ内国歳入庁)から1枚の書類と$900の小切手が送られて来たのですが、アメリカでも景気刺激策の一環としてちゃんと納税している人を対象に郵送したとの事・・・しかもアメリカ国外に居ても、その政策が施行されて1~2ヶ月後にはちゃんと届いた事に驚きました。

この辺の手際良さと言いますか、行動力に関しては何をやるにしても時間が掛かる日本のシステムも見習うべき点ではないかと思います。

ちなみにこの小切手・・・先日からの引越し準備で発掘されたんですけど、すっかり換金し忘れてました(汗)。いくら円高とは言え、10万円弱となると我が家では大金ですから・・・まだ換金出来るのか不安でなりませぬ。


godspeed_kmt at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本という国 

2009年03月10日

ブログ始めました

皆さんこんにちは・・・って誰に挨拶してるのか定かではありませんが(笑)、以前、知り合いの方から「Blogでもやんなよ!」と言われましたので、こちらに日々の記録をつける意味でも可能な限り更新して行きたいと思います。

さて・・・そんな私ですが、2月末日付で4年半弱勤めた会社を退職して、4月9日に渡米することがだけが決まっている今日この頃・・・(つまり残り1ヶ月しか無い)

渡米する理由はその内ご紹介しますのでヒマな方は読んでやって下さいませ。色んな方から、色んな意味で「あんたチャレンジャーだな・・・」と呆れられております。

そんなことはさておき、Blogのタイトルって皆さんはどうやって決めているんでしょうか?自分はかなり悩みましたけど、英語のことわざの一つに、これからの自分にピッタリな言い回しを発見して、それをそのままタイトルにしました。

賽は投げられた模様・・・『THE DIE IS CAST.(賽は投げられた)』

『事を始めたからにはどんな事が起ころうともトコトンやり抜かねばならない、前へ進むしかない事はすでに決まっており、もう後へは引けない』という意味らしく、その後に続く、Now all we can do is wait and pray.(あとはうまくいくことを祈ろう。)という言い回しも嫌いじゃないですし、釣り好きがゆえ″CAST”の文字が入ってると、これまた微妙に落ち着く・・・(笑)。

そんな私ですけど、これから何とかアメリカで生活して行きたいと思いますので宜しくお願いします!・・・ってこれまた誰に言ってるのか定かではないのが妙に不安です。



godspeed_kmt at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑記 
皆さんからのコメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google Adsense