バスフィッシング

2016年07月09日

ブルー系シリコンスカート

毎日毎日暑くて大変なテキサスですが、100F°超え(37.8℃)とかに気温が上昇する昼間はオイちゃん釣りするの非常〜に無理な感じです。

昔は日焼けしたって関係ねーぜ!!って思えたんですが、この歳になると肌へのダメージをまず先に考えてしまいますね。

さてそんな前フリはさておきまして、自分がお気に入りで使うジグやワイヤーベイトって皆さん、そのままパケから出したオリジナルの状態で使うことが多いですか??

オイラの場合はほぼ9割方、自分の好みのシリコンラバースカートに巻き直して使っています。その理由は自分好みなのでバスが釣れそうな気がするから・・・その確証の無い一言に尽きます(爆)。でもこれってバスフィッシングに大事な部分で、自分が投げてるルアーに何かしらコンフィデンスが持てるのと持てないのって、結構大きな差になると思うんですよね(これまた思い込みか??)

で、色んなカラーのスカートを今まで巻いて来ましたが、ここ数年自分の中で使っててしっくり来るのが『ブルー系』。ブルー系と言っても真っ青では無いのですが、他のカラーを適度に混ぜつつ、全体的にブルー系にまとまってるイメージです。

P1040110














P1040107













スーパーマッディでは黒やもっと濃いエレクトリックブルー系の方が、ルアーのシルエットがハッキリしてバスにしっかりアピールすると感じますが、自分が釣りをするクリアー〜ステイン系であれば、この系統のカラーで十分対応出来るかなと。

特にチャタ―ベイト系で釣ったバスはここ数年、このカラーで結構実績出てますので完全に自分の中でコンフィデンス持って釣りが出来てます。


・・・・という釣り好きオイちゃんの激しい思い込み話でした(笑)。



Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月04日

悲しみのモデルチェンジ、我が愛竿 SHIMANO CLARUSシリーズ

えーっと、久々更新になります。ゴメリンコ(・・・って誰が言ってたんだっけ?)。

アメリカは今週末独立記念日で2連休。オイラもちょっと一息ということで久々にブログの管理画面を開いたんですけど、fbに比べるとブログってかなり更新作業が大変な気がします(汗)。

久々更新なんで超大作・・・お時間ある方はお付き合い下さい。

前から書こうと思ってたネタの一つにオイラがここ数年、釣りに行く際に必ず携帯するロッドがあります。その名はSHIMANO CLARUS。まーパッと見、中国製の廉価版バスロッドなのですが、初めてこのロッドを手にした時の第一印象は今でも忘れません。

「あっ、コレじゃね?探してた竿は・・・・」

Bass Pro Shopsのロッドコーナーでホントにそう思いました。全てのアイテムが自分好みでは無かったのですが、とあるスピニングロッドとCSC-X72MHBという7フィート2インチのWORM&JIGロッドがどうしても気になり、その日にジグロッドをお買い上げ。早速フィールドで使い込んでみる事にします。

その用途は『フロッグロッド』として。

20160703_001
























EXTRA FIRST テーパーのアクションの謳い文句通り、フロッグを操作しやすいしなやかなティップを持ち合わせつつ、ベリーからバットにかけては強引なフックセットにも負けないパワーを兼ね備え、多少無理しても折れる気が全くしない安心感もあり、このロッドの虜に・・・45僖ラスのバスなら躊躇すること無く抜き上げ、バスを地面に付けないよう、ロッドに負荷が最もかかる垂直に立てて保持した状態でも今までロッドを破損したことは有りません。(←真似しないでね・・・)

ちなみに過去の経験談では沖合でフロッグに掛けた軽く50UPクラスのバスがランディング中に暴れまくって藻ダルマになり、陸っぱりではランディングが非常に難しい状況でもこのロッドで強引にポンピングして・・・・

20160703_005














20160703_004













もう綱引き状態でしたが、取り込むしか選択肢が無く、何とか無事にバスをキャッチ。このロッドのパワーを痛感しました。

その後、使い込んで行く内にしなやかかつパワーの有るロッドは、自分の好みであるチャターベイトやバド系他各種トップウォーター、そしてクランクやワイヤーベイトの巻物系に非常に使いやすい事が判明します。あっ、ちなみにロッド表記はWORM&JIG用となっていますが、正直ジグ系にはもう少しティップがスティフな方がブレないでしっかりフックセットが決まると思います。

その後、このアイテムを3本常備するようになったのですが、素晴らしい事ばかりでは無く欠点も幾つか有ることが判明。

内、致命的なのがコレ!

20160703_006
























20160703_007













フォアグリップの接着外れ。

このロッドは下側のリールシートをスクリュードアップしてリールをセットする方式を採用しているのですが、フォアグリップ部分のパーツが非常に小さく、その前にこれまた小さなEVAのショートグリップが付いています。

下側からしっかり締め込み過ぎると徐々にフォアグリップに負荷が掛かって、その内接着外れという問題が発生してしまうのです。これで自分手持ちのロッドを2本クレーム交換してもらいましたが、現在他のアイテムはEVAグリップを排除してフォアグリップ前に糸巻き処理をして下からの負荷に耐えれるように改善されたり、大き目のフォアグリップを付けて同クレームが発生しないように対処されているようです。


そしてロッド裏面に付いたフックキーパーにキャスト時ラインが絡むトラブル。

20160703_008













これは特にラインのしなやかさがなくなってコイル状がきつくなった時に絡みやすくなるんのですが、キャストしても飛距離が伸びなかったり、ナイトゲームで知らないうちにラインが絡んでると結構ストレスです。トラブルの元ならいっそ無くても良いのに・・・と思い、フックキーパー自体をカットしたりラインが絡まないように折り曲げています。

とまあ不具合も色々書きましたけど、それに目をつむっても有り余るほど自分に合ってるロッドです。そんなロッドってなかなか出会えないと思いませんか?ちなみに日本に居る時に一番自分の釣りに有っていたロッドはダイワのハリアー21というジグロッド。オリジナルのハリアーも名竿でしたが、オイラはハリアー21の方が好みでした(懐かしい・・・)。

とまあ自分の釣り人生の中で同じアイテムを3本常に常備して愛用してた記憶は無いのですが、このSHIMANO CLARUSシリーズが遂にモデルチェンジに・・・・


今のUSシマノの広告塔と言えばこの方、



お値段は旧モデルと大きく変わりなくアンダー100ドルというアメリカでは多くのアングラーが選択肢として考慮する中級モデルの価格帯。

20160703_010










オイラがトラブってたフォアグリップもEVAのショートグリップから一新されて通常のリールシートにロングコルクグリップ仕様に!(よっぽどクレーム多かったと予想する・・・)

20160703_011
































早速モデルチェンジしたCLARUSを手に一振りすると・・・

「うおっ軽っ!!アレ???」


ロッドティップを曲げてみると

「うえええええっ〜!!!!!」


ブランクスが全くの別物に変貌しておりました。

旧モデルのような適度な肉厚で、鞭のような力強いしなりは消え失せ、強度と引き換えに軽さを得たような・・・・あくまでも個人的な感想なんですが、どこにでもあるようなロッドであのCLARUSじゃ無くなってました(涙)。

まあ自分の好きなモデルがいつまでもマーケットに存在する訳もなく、時代の流れなので仕方ないんでしょうが、オイラがこよなく愛したCLARUSはこれから苦労して探さないと入手が難しくなるのは明白です。


そんな悲しみの今日この頃ですが、皆さんがこよなく愛するバスロッドって有りますか?


Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 12:08|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年05月09日

ZOOM Z HOG Jr.と Z-CRAW

記事のタイトル通りZOOMのワームなんですけど、こちらでバス釣りをすればする程ZOOMの偉大さが身に染みて分ります。

その理由はいろいろありますが、個人的な見解では・・・

‘手のし易さ。
ホントZOOMのワームを置いていない釣り具店とかアウトドア専門店は無いに等しいといっても過言ではありません。あの小売業界の巨人、WALMARTでさえ常時数アイテムは釣り具コーナーに並んでいますから。

▲▲ぅ謄爐遼富さ。
本家のWebサイトZoom bait companyを見てもらうとお分かりのように、あらゆるジャンルのソフトベイトを網羅しつつ、流行のワームも積極的にリリースしています。最近ではRobowormを意識したであろうハンドポワード、3色ラミネートのZ-3 Swamp CrawlerやスイムベイトのZoom SwimmerとかフリップベイトのZCrawなどなどド定番から新作までラインナップされてます。

カラーの豊富さ。
ショップのオリカラまで含めるととんでもないカラーラインナップですが、ド定番、奇抜、他社メーカーのヒットカラーなどなど好みの色が必ず見つかるんじゃないでしょうか?ちなみに個人的にこのワームにあのカラーがあれば最高なんだけどな〜なんて思うことが時々有ります(笑)。あと意外とDicks outodoorで売ってるLimited colorになかなかそそるカラーが有ったりします。

の豹寛然福
いやー基本的にアメリカンルアーは日本製に比べると値段は控えめなんですけど、ZOOMの場合は入り本数に対して定価も非常に良心的です。気兼ね無く買えるワームって釣り人側からすれば非常に心強いですよね。


ということで今回はラバージグのトレーラー用にZ HOG Jr.と新製品のZ-Crawをお試しで購入してみました。

20160427_151356

































20160427_151428











20160427_151445











20160427_151540
































カラーは違う日に買ったのにどちらもCalirfornia 420。ZCrawの方はフリップベイトよりもバジングで使えそうな気がして導入してみましたが、近日中に試してみたいと思います。


Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 15:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年04月25日

次なるターゲットはStrike King

昨年Strike King社からリリースされて一時話題となったビッグクランクベイト、KVD8.0とSeries 10XD。

個人的には全く使う機会が無いと思ってましたが(特に10XDの方は)、先日Academyに行って見ましたらビックリ。

001













CRM-Xと25X CRANKBAIT
ちなみに一番左がレギュラーサイズ



オリジナルブランドのH2O XPRESSから見事にコピークランクが売られていました。しかもご丁寧にシャローモデルとディープダイバーモデルが(笑)。

002













Strike King KVD8.0と比較



003























Strike King Series 10XDと比較


いやー、ボディデザインやサイズ、リップ形状など王者Strike Kingと真っ向勝負です(汗)。

しかしさすがH2O XPRESSブランド。本家のKVD8.0とSeries 10XDが定価$12.99に対して$8.99とクオリティは高い割に価格抑えめですのでこちらを手にするアングラーも多いのではないでしょうか?

ちなみに個人的に気になったのはビッグクランクじゃなくて・・・・

004























こんな新しいクローフィッシュカラーだったり・・・



005























爆安ポッピングフロッグでした(笑)。


いやはや、Academyのコピー商戦、とどまる所を知りませんね。


Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 14:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年04月12日

コンパクトジグのトレーラーに大活躍!

いやー、すっかり最近のテキサスは一瞬の春らしさを通り越してすっかり夏っぽくなってきています。思い返せば今年は大寒波もやって来ませんでしたし、春の訪れを知らせる州花、ブルーボネットも昨年より3週程早く開花して最近ではその姿を消し始めました。ブルーボネットが満開になるとバスフィッシングの本格シーズン開始という気分になります。

なもんで水中の方もすっかりスポーニングは大半が終了してバスのフライ(稚魚)があちこちに見られます。

20160407_150747













みんな元気に育てよ〜!!

さて、話は変わりまして最近コンパクトジグ(1/4oz前後)のトレーラーに試しで使ってみて非常にバスから好反応だったワームがあります。それはZOOMのリザード。

20160317_154314
























ちなみにレギュラーのリザードもマグナムリザードもさほどボリューム的には変わりませんが、ボディの前側カーリーテールの付け根辺りからカットしたものをジグにセットして使ってみますとフォールにボトムバンプ良し、スイムジグ的に早巻きで使っても良しと思った以上に使えます。

20160325_144451
























20160317_154141














20160324_154853
























リザードって結構色んなカラーを買う割には消費が少ないので(自分の場合)、リザードが結構余っててなかなか使う機会が少ないなって方は是非一度お試し下さい。

ちなみに色々試してみた所、ジグのスカートがカーリーテール(後ろ側両サイド)にあまり干渉しないような長さでセット出来る様にボディをカットするのが良いかと思います。

Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月07日

お勧めPEライン SPIDER WIRE STEALTH GLO-VIS BRAID

ここ数年、スピニングタックル用のラインはナイロンでもフロロカーボンでもなくPEラインを使用しています。PEのメリットデメリットは皆さんご存知の通りですが、オイラがPEラインを選ぶ理由は、

[Δ辰僂蠅中心なので掛けたバスをラインブレイクしたくない。
△海泙瓩縫薀ぅ鵑魎き替えるのが面倒。
ルアーが根掛かりした場合でも回収率が高い。

といったところでしょうか。

勿論PE直結で使う事は極稀で、必ずと言って良いほどフロロカーボンのリーダーを1m弱つけて使用します。(ちなみにリーダーはシーガーのRED LABEL。これはホントに強いラインです。)

だだスピニングタックルの場合、変なPEラインをチョイスしてしまうと糸撚れが酷くて全く使いものになりません。これまではSTRENのMicrofuseを愛用していましたが、どうやら廃盤となったようで店頭からここ数年で全く見かけなくなりました。

で、いろいろとPEを試した結果、入手が簡単で値段も手ごろで糸ヨレもほとんど気にならず、ライン表面のコーティングがしっかりしていて毛羽立ちにくい、そして強度も十分・・・・


これはなかなか良いですよ。スピニングにしてはキャスタビリティを多少犠牲にしても掛けたバスを逃さず、根掛かりを恐れず釣りをしたいので、自分の場合は20Lbとちょっと太めを選びましたが今のところストレスなく使えています。皆さんのお勧めPEライン(スピニング用)が有りましたら、是非教えて下さいね〜!

ちなみにGLO-VISなので夜光るらしいっす。その必要はオイラにはありませんが(苦笑)。

Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 15:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年04月21日

こちらも廃盤・・・BOMBER FAT A

ちと間が開いてしまいましたが最近投げる機会が随分減ってしまったBOMBERルアー。お馴染のAシリーズだとロングAとスクエアAぐらいしか時折ローテーション入りしません。

んで、BOMBERスクエアAは5/8ozモデルのみ廃盤となってしまいましたが、ファットAなんていつの間にか全アイテムがカタログ落ちしちゃってます(悲)。

P1010299













ロングAよりもファットなボディでハイフロートが売りなのですが、このファットA・・・最小モデルの03F(1/8oz)から04F(1/5oz)と05F(3/8oz)が間を埋め、最大サイズの06F(5/8oz)の4タイプがサイズバリエーションとしてラインナップされていました。

06FなんてスクエアAの5/8ozと並べたらボディ形状は瓜二つですからね。

P1010295













ファットA(左)とスクエアA(右)の5/8ozモデル


しかも同じシリーズの中にクリア樹脂ボディとボーン樹脂モデルがさりげなくあったりします。

P1010316













P1010304













最小モデルの03F(1/8oz)

同カラーなのにボディ樹脂が異なってます。


オマケにリフレクター(反射板)が入ったモデルやPro Autographモデルまで・・・・

P1010325













P1010328













こちらはビルダンスのPro Autographモデル
リフレクター入りバスカラー

もうこうなると本気で集めだしたら結構散財しちゃいそうなぐらい混沌としたアイテム展開ですけど、当時のBOMBER開発陣にも何か意図や内部事情があってそれぞれのアイテムがリリースされたのだと想像します。

今現在、アメリカンルアーと言えども生産国の多くはMade in China・・・・仕上がりは確かにキレイになり、ルアーとしてのクオリティは上がっていると思いますが、アメリカンルアーに憧れてルアーフィッシングを始めた年代としては、どーも今の個性が無くなった新しいルアーに手が伸びないんですよね。

個性が有るからこそ数少ないながらも爆発的な威力を秘めたルアーが有る。そう思うとまたまた手に入りにくいオールドルアーを探してebayをパトロールしてしまう今日この頃です(苦笑)。


Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 15:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年03月16日

2015シーズン開幕!

1月下旬から始った花粉症がまだまだ続く今日この頃ですが、3月中旬にてようやく今年の初釣行です(喜)。

基本的に休みは日曜日しか無いので家族との予定が入っている事が多いのですが、嫁さんと娘が買い物をしている間の2時間だけでも「釣りに行って来たら?」と言われたら「行くしかねー!!」っしょ(笑)。

という事で久々にローカル河川釣行だったんですが、自分の春めいた気持ちとは裏腹に非常にバイト無し・・・DシャッドやPOWER DUNKのシャッド系、ジャークベイトにミッドクランク、あとはシャローフラットに春ポッパーをキャストするも完全無。後は試したかったシザーコームのドロップショットを合間でキャストしますがバスからの反応は有りません。


焦るワシ・・・・


こうなったらアレしか無いと結び変えたのはPhenix Vibrator Jig 5/8ozにZ-Man/DieZel MinnowZのコンボ。

P1010417













バスがステージングしていそうなやや深場を、ブレードの振動が感じられる程度にただ巻きを繰り返していると突然違和感が!!思いっきりフッキングするとグワン、グワンと首を振ってる感覚が伝わって来ます。

P1010411
























P1010414














P1010415














豪快な突っ込みを何度か楽しんでガッツリ掴んだ下あごは、軽く50up、2kgオーバーのバケットマウスでした。2週間前に大寒波に襲われたテキサスですけど、やはり3月中旬・・・もう春なんですね〜

ここ数年2.5mほど水位が減水していて釣りにならない近所のレイクレイハバードには全然行ってませんが、あちらもそろそろチェックしておかないとなりません。



Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 20:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年03月07日

久々追加、溺愛!一軍登録ルアー達 Phoenix社VIBRATOR JIG

その昔、『溺愛!一軍登録ルアー達』なーんてカテゴリーを作ったんですけど、今迄4つしかルアーをピックアップしてませんでした。勿論一軍ルアーと呼ぶからには、そんなに沢山ある訳無いのですが

「少なっ!!もっとあるだろ〜!!」

って事で先日の記事に登場したPhoenix社のVIBRATOR JIGを追加します。

P1170222























Phoenix VIBRATOR JIG


元祖チャターベイトがブレイクした後、各社より同じようなコンセプトのルアーがフォロワーとして発売されましたが、このPhoenix社のVIBRATOR JIGは自分が何時どこで買ったのか全く記憶に有りませんでした。


ただ数年前から使い始めて「あれ?何かこのチャター結構釣れるな・・・」という印象でしたが外見的はさほど特徴も無く、いたってシンプルなチャターベイトです。

残念ながら現在は廃盤で入手は困難ですが、日本にも輸入されてましたので見かけたら是非試してみて下さい。

P1010235













自分が実際入手出来たのは3/8oz、1/2oz、5/8ozの三種類で、カラーによってシルバー、ゴールドブレード(共にフロント側はホログラムシールが貼ってあります)とブラックのブレードが組み合わされて販売されています。シンプルなアーキーヘッドにMustad社のUltra Point Hookを採用(ブロンズとブラックの2種類)。ぶっちゃけカラーはスカートを自分の好みに巻きなおすので何でも良いのですが、重要なのはウエイトで5/8ozが自分の釣りに非常に合っているという結論です。

5/8ozというとちょっと重いイメージですが、実際それより軽いウエイトではかなり意識して引かないとチャターベイトが浮き上がりやすく1m以上のレンジをスピーディに探るのは不向きだと感じます。逆にシャローフラットを釣るのであれば1/2oz辺りでも使いやすくなりそうですが、浅めのレンジに絞って釣るなら5/8ozでもセットするトレーラーと巻きスピードで対応出来るので5/8ozが有れば良いかと。

ちなみにトレーラーはシャッドテールワーム(オイラはRAPALAのTRIGGER XのSLOP HOPPERやNET BAITのシャッドテールを愛用)。それ以外では以前一緒に釣行した際にMANNYさんが使っていたので真似してみたZOOMのSPEED CRAWも結構好反応です。

a-trg002














P1260541














使い方はいたってシンプルでややスピードを意識したただ巻き・・・これが一番バイトが多いです。次にグラスや障害物にコンタクトしたらメリハリ良く外してフォールを入れます。この途中でフォールを意識するかしないかでバスからのバイト数が変わって来ますので、ただ巻きの合間にフォールを交えてみるのが重要です。そしてこのフォールをさせる時に『5/8ozという重さ』がルアーの動きに緩急を与えてバイトを誘うのではないかと・・・(妄想)

またキャスト後のイニシャルフォールもかなり重要で、着水後にフォールさせて巻き始めるとバスが食ってる事は何度も体験済です。つまりロングキャストで広範囲を探るルアーなのですが、バンクやストラクチャーの際、グラスの生え方が変化する場所、カレントの変化がある場所など、着水する場所やプレゼンテーションも考えてキャストすると釣果が変わるルアーでもあります。

P1170229























P1260531























P1170219












P1000584























20140615_010619

























20140615_003643



























・・・とまあ好き勝手に色々書きましたが、別にこのバイブレータージグじゃなくても他のチャターベイトでバスは釣れる訳ですし、自分の釣りに合っているから『使う回数が増える=釣果に恵まれている』たけかも知れません。

ただバスフィッシングはメンタルの部分も非常に大切ですので、こういうルアーが手持ちの駒の中で一つでもあれば心強いのは間違い有りませんね。


Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月03日

Z MAN ElaZtech Plastics Baits

先週は月曜日から大寒波襲来で路面凍結、積雪など大荒れのテキサスでしたが、今週も水曜日にもう一発寒波が来るらしくアイスバーンになったインターステートをノーマルタイヤで通勤しないといけないみたいです。

P1010163














P1010165













先週のダラス近郊もカッチカチでした・・・


ホント毎年1度はこんな極寒荒れ模様に見舞われますけど、ノーマルタイヤで爆走するアホなテキサンも必ず居ますので洒落になら無いもらい事故には要注意です。

さて・・そんな寒い日が続きますが今週から3月です。そろそろ春のバスシーズンに向けて準備を進めておかなければなりません(釣りに行けるかどうかは別として・・・)

という事で今季新に投入するのはオリジナルチャターベイトでお馴染のZ-MANからリリースされているエラストマー素材のソフトベイト2種。





DieZel MinnowZはチャターベイトのトレーラーとして、Turbo CrawZはジグトレーラーに使ってみて、使い勝手がよければ本格採用したいと思っとります。

今までチャターベイトのトレーラーはラパラのTRIGGER X SLOP HOPPERを愛用していたのですが、ここ最近店舗で販売されているのをすっかり見かけなくなりましたので廃盤になったかもしれません。そこで代替のシャッドテールを色々物色していたのですが、意外とトレーラーの消耗が結構激しいチャターベイトの釣りで、エラストマー素材でしっかりアクションするシャッドテールなら使えるんじゃないかと!

Turbo CrawZは可も無く不可もないシェイプのクローワームでしたのでお試しで一緒に購入してみましたが、良い仕事をするか否かは次回の釣行でチェックしてみたいと思います。



Clickお願いします<')))><
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
皆さんからのコメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google Adsense