ロングA

2011年09月14日

こんなロングAが・・・・

1週間ばかりご無沙汰してしまいましたが、レイバーデーで3連休と浮かれてたのも束の間・・・その後は昨日までノンストップお仕事ウィークでこちらを更新する余力が残ってませんでした・・・というか晩飯の時にビール飲んだらその後は睡魔に勝てませんでした。


すいまセン(駄洒落オヤジか?)


さて・・・そんなバタバタしてる中、昨日こんなワンダフルな物が日本から届きました。

アワビプレート入りロングAとドライブスティック6インチ

アワビプレート入りロングAとドライブスティック6インチ


送って下さったのはブログでお知り合いになったカフェ202のtei-gさん。

先日キャべラスの50周年モデルのシャッドラップをお届けしたお礼にと、わざわざ送って下さいました。

アワビプレート入りロングA

この輝きがたまりません・・・・

・・・って言うかロングAにこんなモデル有ったんかい〜!!とネットで検索すると、SUPERBUSHさんの別注 限定生産モデルらしく、当のご本人のtei-gさんがご紹介されてました(爆)。

ちょっと今日我慢出来ずに近所の池で投げてみたんですけど、アワビプレート入りですがしっかり浮力もあり、ジャークやトゥイッチを入れた後にポーズを入れると、やや頭を上げ気味に浮いてきます。早くこのロングAでガンガンバスを釣りたいもんです。


ちなみに最近のプラドコで一部のモデルに採用されているこのブロンズフック・・・

エクスキャリバー ブロンズフック

ブロンズカラーのフック搭載!

エクスキャリバーのようにヒネリが入っており、アメリカ製らしからぬフックポイントの鋭さです。

やや軸は細めですけどジャークベイトやクランクベイト、リップレスクランクなど早めの動きでバスを誘う場合には良い仕事をするのでお気に入りなんですが、このフックだけで販売されてるか、ご存知の方がいましたら是非教えてください!

いやーしかし、思いがけないプレゼントが届くと嬉しいもんですね。tei-gさん、本当にありがとうございました〜!!


Clickお願いします<')))><

↓ ↓ ↓

人気ブログランキング



godspeed_kmt at 14:56|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2010年08月06日

今日のお知らせ

昨日から勝手に開始しました「第三回:集まれ疑似餌マニア!珍品ルアー名前当てクイズ」の粗品候補ですが、まず一つ目は以前、ローカルショップで発掘したヒートンモデルのロングA(ボーン樹脂モデル)を1本お届けしたいと思います。


ヒートンモデルのロングA(ボーン樹脂モデル)

これでアナタもマーク・デイビス気分?

シャラシャラと甲高く響くラトル音、そしてテール部が肉厚に設計された事により現行モデルよりも高浮力と言われていますので、来春のウエイキングシーズンにどーでしょうか?

その他の粗品は現在物色中ですので、我こそルアーマニア!と言う方は奮ってコメントお願いします。


さてもう1つ今日のお知らせはUltimate from USAでオイラの寄稿した記事が更新されてます。

バスを貴重な資源として考える国

バスを貴重な資源として考える国

お時間ある方はチェックしてみて下さいね〜!!

そして今週末は酷暑のテキサス州を脱出予定・・・でも釣行は無しですし、行く場所が涼しいとは限りませんが楽しいショートトリップになる事を期待して、明日もう1日お仕事頑張ります(苦笑)。


Clickお願いします<')))><

人気ブログランキング

↑ ↑ ↑ ↑


godspeed_kmt at 15:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年07月11日

久々に掘り出し物・・・・

さて・・・昨日はドッグショーとやらが開催され、土曜日になのにお仕事頑張りまして、やっとお休みであります。

ところで先日のレイクフォーク釣行時にいつも通る道沿いにある気になってたショップに寄り道する事が出来ました(朝早かったり、帰りが遅いと閉まってますので・・・苦笑)

 

気になるタックルショップ・・・

SABINE TACKLE SUPPLY

4089 State Highway 69 S,

Greenville, TX, United States‎

(903) 454-2861‎


大きな地図で見る


見た目の外観からは意外と奥が広く、アメリカのショップの中では品揃えが豊富な方でした・・・と言っても日本のプロショップのイメージを持たれてると、ちょっとそのギャップに驚かれると思いますが(笑)。

そして店番をしてたのは多分80歳を超える白人のおばあちゃんとその娘さんでしたが、店の中をくまなく見て回るオイラにも気軽に声を掛けてくれたり、買い物が終わるとソフトベイト素材のザラスプークみたいなルアーを袋に入れてくれたりと、とってもフレンドリーなお店でした。


で、このお店で一番の掘り出し物はコチラ・・・

ただのロングAに見えますが・・・

 

噂のヒートンモデルです(喜)

そう、春のウエイキングミノーとして数年前にトーナメントシーンを騒がせたヒートンテールアイ、ボーン樹脂モデルのロングAが普通に売られてました(喜)。

 

テールの太さが違います。

左:旧ヒートンアイモデル、右:現行モデル

 

現行のボーン樹脂モデルと比較しますと明らかにテールの太さが違うんですねぇ。こんな物がまだまだ探せば普通に売られてるのでタックルショップ巡りは止められません(笑)。

次回の『集まれ疑似餌マニア! 珍品ルアー名前当てクイズ』用プレゼントとしても仕入れておきましたのでロングAマニアの方はお楽しみに〜!

 

Clickお願いしま す<')))><

人気ブログランキング

↑ ↑ ↑ ↑


godspeed_kmt at 23:33|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2009年09月04日

KING OF JARKBAITS

アメリカのトーナメントシーンのおいて今でも現役で活躍するジャークベイトの二大巨頭と言えば皆さんご存知、BOMBERのロングAとSMITHWICHのラトリンログですよね。

ロングAの方はここ数年、マーク・デイビスがFLW戦で優勝し、春先のリザーバーでウエイクベイトとして使うメソッドが注目されてます。(ボーン樹脂ボディのヒートンアイモデル、欲しい・・・笑)

一方ラトリンログはと言えば、ジム・ビッターを思い出しますが、あのKVDもタフなアレゲニィ、モノンガヒーラ&オハイオ・リバーで開催された、2005 CITGOバスマスタークラッシックでのウイニングベイトとして紹介されたりと、今でも現役で大活躍するミノーなのです。


SMITHWICK ラトリンログ

旧モデルとKVDシグネイチャーモデル(いずれも4.5インチ)


どちらかと言うと個人的には安定感抜群のロングAよりも、あの恐ろしくしょぼい作りからは想像出来ない切れの有る動きをするログの方が好きだったりします。(性格か??)

このログにも5インチモデルと4.5インチモデル、さらに小さい2フックモデル(何インチか知りません)、ロングリップモデルなど色々種類も豊富なのですが、主に使われるのは5インチと4.5インチではないでしょうか?

また4.5インチのログにはシグネイチャーモデルが何種類か発売されており、『Jim Bitterモデル』や『Mark Menendezモデル』、そして『Kevin Vandamモデル』などが過去にお目見えしました。

しかもこの4.5インチモデル、最初期の頃はリップが短く、しかも柔らかい樹脂製なので激しいジャークを加えるとリップがしなってイレギュラーな動きをするとかしないとか・・・・

そんなSMITHWICKマニアの心をくすぐる細かいパーツの違いなども有ったりするんですよねぇ。

リップが全然違います・・・

リップがじぇんじぇん違うんですけど・・・・汗

 

あっ!それから日本ではジャークベイトは春がメイン!!なんてイメージが浸透してる気がしますけど、是非是非真夏でも秋でもガンガン投げてみて下さい。

個人的にはグラスエリアでのジャーキングが一番良い思いをしていますので。(⇒自分がヤレ!!ってツッコミは無しで・・・笑)


⇒ログ好きな方はポチポチとご協力を!人気ブログランキング




godspeed_kmt at 14:36|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
皆さんからのコメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google Adsense