2016年01月03日

遅れまして「ギロス3 予告」

あけましておめでとうございます。
24日のクリスマスにUPをと考えていたのですが、昨年末もどうにも身体が空かずでした。
結局、元旦の投稿にも間に合わずでしたが本日3日の日曜日にUPがようやく叶いました。

とりあえず「予告編」ではありますが、私の技量をカバーする意味でも
「大画面」「大音量」「イメージ増幅」「大きな心」
でお楽しみください!

自主制作大怪獣活劇「ギロス 第三章」予告
画像クリックで始まります
YOUTUBE用画像002これまでお世話になり、皆さま本当にありがとうございました。

今回は色々な関係で、未完成の(欲を言えばキリがないが)シーンもありますが
本編完成に向けてまだまだ前進してまいりたいと思います。


とにかく2016年ですね!
皆様、健康にはお気をつけて。
本年も頑張ってまいりましょう!!




ご無沙汰気味にはなってしまいますが新企画数種予定中!
可能な限り更新していけたらと思っております。

本年もよろしくお願いいたします!



NB



そして、、、
製作に参加させていただいた遠藤一平監督最新作「プラシーボ」
鋭意製作中です!ご期待あれ!




NB





【プロジェクトG LIVE】へ



〈TOPへ戻る〉




godzilla4 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2015年12月06日

昔の名前で出ています。

皆様、ご無沙汰しております。
 初めての方々は、はじめまして。

すっかり「昔の人」となっていました川ノ中神児丸です。

実に一年半ぶりの投稿となりました。
いかがお過ごしですか?

久々でありながらなんなのですが、私は相変わらず忙しく過ごしております。


いつものように、身体にひびく寒さがありがたくない季節で
いつものように、不具合も多々ありは致しますが、
なぜだか今年はちょっとだけ足取りが軽い気もしなくはないような・・・。

前回の投稿した時期から比べても、格段に睡眠時間は減少している実情ですが
なぜだか眠気も吹っ飛ぶくらい「考え事」が多く、、、。

良くも悪くもですが、それであっても何事「前進」はしている実感が
微量にではありますが、脳内を過る実感を覚えます(自分的には「切れる前の電球と同じ」と診断)。

まあ、実は何がなんだかわからないくらい目まぐるしく慌ただしいだけなのですが
とりあえずなんとか、毎日がありがたく終わってる・・・ただ、それだけの話です。


今年も私も、残り少しのようですし(笑)、私事だべっても世界は何も変わらない気がいたしますので
お久しぶりではございますが、早速本題の方へ参りたいと思います。

とにかくも、皆さま
御身体だけはお大事にお過ごしください!


あー、温泉行きてー。。。。

ひ、ひ、ひぃーぶしぇっ!



NB
続きを読む

godzilla4 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!●つぶやき 

2014年06月16日

劇場映画作品

おひさしぶりです。
早いもので前回の投稿から2ヶ月が経ってしまい、温かくを通り越し、もはや暑くなってしまいましたね。
C360_2014-05-27-10-22-07-940

寒いのが嫌いな訳ではないのですが、身体が寒さを受け付けない私にとっては嬉しい季節なのかもしれません。
皆様 いかがお過ごしですか?

おかげさまで「ギロス3」予告の方もご好評頂き、こと単純に数値だけを数える見解をすれば、約5年程前に志した時点には夢にも思わなかった再生回数が、自身の気の迷いの部分を補ってくれているような気がして勇気付けられている毎日です。

一日も早くちびっこ達の口を開けっ放しにできる日がこれるよう頑張ってまいりたいと思います。

また、ここまでに「各、様々な面」でご協力をいただきました友人たち、何かとご相談をさせて頂いてきた鋼鉄戦士さん、無双を作ってくださったmarchanさん、轟を作ってくださったdoyaさん、違う方面でですが貴重な経験をさせて頂いた遠藤監督はじめ「遠藤組」の皆様方には心から感謝しております。
ここまで本当にありがとうございました。




NB

続きを読む

2014年04月11日

大好きな「春」

皆さん、お久しぶりです。

きちんとしたご挨拶もできぬ状態のお正月からの始まりで、更新もほったらかしのようになってしまっておりましたが、私のキャパを遥かに超える生活のリズムと挑戦の毎日でした。


ブログへの投稿も動画のupも、とにかく ほんのり桃色で ほんのりポカポカな「大好きなこの季節」にと、大事に抱えしまいこんじゃっていました。

毎日多くの方に覗いて頂きながら、本当に申し訳ございませんでした。
お詫び申し上げます。


まだまだ寝る時間も足りない日々が続いてはおりますが、できる限りコンスタントに更新していければと思っております。
皆さんよろしくお願いいたします。

新しい年度です。
皆さんと共に、気持ちよくスタートできたらと思います。

大好きな「春」。

頑張っていきましょう!



NB



おかげさまで「ギロス3 予告◆廚虜得顕鷽瑤2000回を突破いたしました。
ありがとうございます。
自身のブログ以外、無告知でのこの再生回数は、私にとっての宝物です。
本当にありがとうございました。
まだまだ頑張っていきます。

自主制作大怪獣活劇「ギロス 第三章」予告

【プロジェクトG LIVE】へ


〈TOPへ戻る〉



2013年09月26日

「DT」 登場予定「川ノ中ウェポン」

お久しぶりです。

ちょっと更新を滞ってしまいました。

皆さん、お元気でしたか?


「MG 轟」が発売になり、、、早いもので9月も終わりですね。
こちら「MG轟」、売上はすこぶる好調のようです。
★MG 轟

そんな「MG 無双」「MG 轟」の好調な売れ行きとは裏腹に、私にとって「地獄」とも言うべき「月末から月始め」が始まろうとしています(笑)。
といっても、大人だったら「同じ境遇」な方も多かれ少なかれいらっしゃるかもしれませんが、今の私は「輪をかけて」かなり「地獄」です(笑)。

笑って言っている場合ではないのですが「価値のある 軽いもの」って、本当にかるくて、すぐ何処かに飛んでいってしまいまして・・・・・。

乗り物の大好きな私ですが、できることなら「火の車」には乗らずにいたいものでございます(泣)。


って訳で、、、、
泣いても笑っても同じなら、いっそ 笑って いきましょう!




前回の更新でお話いたしました、遠藤一平監督の映画「DT」。
そちら「DT」に登場予定でございます「パンツァーファウスト3」の方なのですが、制作の詳細を随時こちらでご報告をと考えていたのですが、何分「価値ある 軽いもの」と同じくらい「時間」も何処かへ飛んでいってしまうのが早くて早くて・・・そうする余裕がなかなか作れませんでした。

楽しみにされていた方々には、本当にご迷惑をおかけしております。
申し訳ございません。


実はと言うますと「パンツァーファウスト3」は既に完成しておりまして、無事に遠藤監督のもとへ輸送が済んでおり、あとは「映像」として皆さんの前に現れる日を待つばかりという状況でございます。

後程、細かくお伝え致しますが、このような感じで製作を進め、、、、
DSC_0154DSC_0214

DSC_0223DSC_0439

このような形になりました。
DSC_0459

完成体は次回お伝え致します。
楽しみにしていてください。


実在兵器に詳しくなかった私でしたが、今回「DT」の制作にご協力させていただくことで、めっきりそちらの方面にも興味をそそられてしまっている私です。

「パンツァーファウスト3」と並行し、「F-15 戦闘機」も作らせていただいたのですが、現在は「アパッチ 攻撃型ヘリ」の米国製の玩具を「陸自仕様」のロングボウタイプに改修する工作を進めています。
DSC_0336DSC_0709

こちらの方も機会を見て御報告していけたらと思っておりますので、皆様楽しみにしていただけましたら嬉しいです。

できるだけ更新の方をしていけたらと思っていますので、今後共よろしくお願いいたします!


NB



おかげさまで「予告◆廚虜得顕鷽瑤1500回を突破いたしました。
ありがとうございます。
2000回を越えた頃には、新作の「予告」でもUPできたらいいなと思ってます。

自主制作大怪獣活劇「ギロス 第三章」予告

【プロジェクトG LIVE】へ


〈TOPへ戻る〉



2013年07月12日

Just one!

暑いですね。
皆さん、熱中症対策は万全ですか?

実は今日、私は、ちょっとやられてしまいました。
ひどい頭痛に見舞われ、一時間ほど横になっていたらなんとか立ち直れた程度でしたので良かったのですが・・・。
いやはや、暑さのなかでの作業は馴れてはいるはずなのに、これまで「熱中症」といった向きで寝かされることはなかったのですが・・・・。

尋常ではない暑さが続いていますので、本当に皆様 ご注意なさってくださいね。



さて。
私にはちょっと珍しい「続投」ですので、皆様 不思議 に思われているかもしれませんが(笑)、ケジメる時のような気がしました。

marchanさんの「無双」。
doyaさんの「轟」

それぞれに込めてくださった御二方の「お心」 
しかと受け取らせていただき「構想」する力に代えさせていただいている毎日です。

いつか必ず来るであろう「無双」「轟」の大暴れする姿、楽しみにお待ち頂けたら嬉しいと思っています。

とりあえず二機とも「MG化」できましたので、良かったなって思っています(笑)。
ここまで本当にありがとうございました。



marchanさん、そしてdoyaさん

今まで「ギロス」を展開するにあたり、ずっと一人でやってきた私でしたが、御二方がご協力を了解くださいましたことで、更に今までになかった新しい発想や展開を引っ張り出していただき「それを形にする前進」を続けてこれた気がしています。


そしてもう一人、「ギロス」がここまでくるにあたり、欠かすことのできなかった方がいらっしゃいました。

こちらの動画は「ギロス3」の劇中の重大なシーンを仮に編集したものですが、エンドロールのクレジットを良く御覧ください。


いかがでしたでしょう。
おわかりになりましたか?
わからなかった方はもう一回観て、よ〜く確認してみてください!

「ギロス」発生の地でもあります私のブログ「プロジェクトG」でも語ったことがあります。

鋼鉄戦士

劇中であれば「六型 無双」「新世代機 轟」の間に位置する「鋼式 七型 機動要塞」の名称でもあります。

もう何年前かもちょっと思い出せませんが、ミュージシャンでもありアーティストでもある その「鋼鉄戦士(さん)」と約束を交わしたことがございました。

「ギロス 完結章のイメージソングは鋼鉄戦士さんに歌ってもらいたい!」



marchanさんdoyaさんが約束を果たしてくださり、「無双」、そして「」という「機動要塞」が動き出しました。
そして鋼鉄戦士も、その約束を果たしてくださったのです。




ギロスがここまでこれたのは

楽しみにしてきてくださった皆様。
背中を押してくださった方々。
手を差し伸べてくださった方々。


そして「約束を果たしてくださった方々」

皆様の「想い」の結晶だと、私は思っています。




今、私はパンツァーファウスト3という実在兵器を作っています。
PS3

実は、今は削除されてしまいオンラインで観ることができないのですが、二年半程前に「ギロス2」のPVを公開した時、一人の映画監督さんとやり取りをさせていただく機会がございました。

 
「遠藤一平 監督」

今乏しいと感じる邦画のSF(VFX)映画の中で、他にない表現を追求しながらも斬新な映像で具現化されていらっしゃる、まさに一線で活躍されている映画監督さんです。

監督が自主制作で進められている「DT」という作品の制作にお手伝いさせていただけるという「夢のような話」でした。

しかし、その当時の私は「東日本大震災」の影響で、やらなければならないことが後を絶たない状況であったと同時に、その頃異常なまでに感じていた劣等感や自己嫌悪感、また未完成でもあり不安定でもあった考え方とか心の部分を抱えながら安易に身を投じさせていただくことがどうしても後ろめたく 、その「ありがたすぎるお誘い」にお応えすることができませんでした。


あれから2年半程。
今私は、遠藤監督の「DT」の制作に、ミニチュアやそうした造形、CGの分野で参加させていただくことになりました。

監督曰くパンツァーファウスト3のモデルアップは、おそらく史上初!」とのことです。
それまで実在兵器に詳しくなかった私ですが、その「史上初」に挑戦しています。


こんな私を見つけてくださり「魔法の紙と鉛筆」を与えてくださいました遠藤監督には、私の「描くもの」、そして「最高の DTにしていくことでお返ししなければなりません。

そしていつか必ず完成するであろう「最高の ギロス」
その「最高の ギロス」を観ていただけたらって思ってます。

遠藤一平監督作品「DT」
「ギロス」と並行し、私も非力ながら全力で制作にご協力させていただいています。


こちら、DTの制作の方も、今後は皆様にご報告させていただきます。

私の作ったパンツァーファウスト3など「命を奪わず、夢を発射する兵器」や、「DT制作スタッフさん達の想いの結晶」が「夢を大爆発」させることと思います。

皆さん、応援よろしくお願いいたします!








これで「約束」が出揃いました。


次は私が約束を果たさなければなりません。





「約束」「夢」「挑戦」「諦めない」「一生懸命」・・・

なんだか今になって振り返ると、自分自身が「プロジェクトG」の方で、これでもか!ってくらいそんなことを叫んでたと気が付きます。

その「プレジェクトG」を開始した頃だと記憶しています。
私の娘「るびこ」は、笑うことすら上手にできない時期がありました。

その彼女も今は「約束」を守り、笑顔を取り戻してくれました。

るびこは今、とびきりイカした笑顔で、「子供たち」を「とびきりの笑顔」にしようと歩み出し頑張っています




そんな頃

私も「ひとりのひと」に、いくつか「約束」をした事がありました。

そのうち何個かは、とりあえず果たせたつもりでいるのですが、まだ果たせていない「約束」があります。

「世界中の子供たちの口を開けっぱなしにする」

もちろん、「笑った口」で。


それを叶えることが、「そのひと」への「ありがとう」
そう思うことで、私は前進できているのだと思っています




「皆が夢を描ける世の中」

そうなるといいな・・・  って、私は思ってます。


きっと・・・
「心に描けば 必ず叶う」かもしれませんから。


頑張っていきましょう!


NB



おかげさまで「予告◆廚虜得顕鷽瑤1500回を突破いたしました。
ありがとうございます。
2000回を越えた頃には、新作の「予告」でもUPできたらいいなと思ってます。

自主制作大怪獣活劇「ギロス 第三章」予告

【プロジェクトG LIVE】へ

PS3

2013年07月10日

1/144 MG「轟」 遂に発売!

皆さんお久しぶりです。
ご無沙汰しているうちに梅雨が明け、ずいぶんと熱くなってしまいました。

いかがお過ごしでしたか?


doyaさんの力作「機動要塞 轟」が到着し、早いもので一ヶ月半程が経過いたしておりました。
ご丁寧な工作を報告していただいてきたdoyaさんの後ろからガンプラ(さん)」の記事からも予想はしておりましたが、手にとって染み染みと「流石doyaさん!」といった出来栄えを堪能させていただきました。

marchanさんが建造してくださった「無双」が届いた時も同じことを感じましたが、「何故に今まで、これほど大切な機動要塞たちを我が手で作ってきてしまったのだろうか・・・」と、自分自身の工作技術のお粗末さに凹むほど、御二方の模型工作技術のレベルの高さを痛感させられました。

しかし、その「無双」といい、この轟といい、私にまったくもって休む暇さえ与えてくれないほどの「構想」を生む原動力となってくださっているありがたい存在であことも動かぬ事実。
何よりそれを形にしようとしている私自身が向かうハードルを高くしてくださる存在なのでございます。

学びながら、考えながら、試行錯誤しながら、、、そんな私なので、何事ちょっと時間が必要な状況ではございますが、かかった時間は必ず「とんでもなく凄いギロス」のご披露で表すことができたらと思っています。
皆さん、楽しみにしていてくださいね。



そこで大ニュース!
遂にというか、来たか!というか、「ギロス」シリーズのMGモデルVol.2「轟」が発売決定いたしました!!!!!
1/144轟
先に発売した「MG 無双」と同じ大きさではありますが、どうやら最近流行の横置きスタイルのパッケージでの登場となったようです。

は、これまでの機動要塞「鋼式(はがねしき)」の発展型とも言うべき機動要塞で、「鋼式」の究極体であった「七型 鋼鉄戦士」の良点を最大限に活かす方向で開発・建造された「機動要塞」初のプロダクトモデル。

言うなれば次期の「主力機」といった位置付けの「最新型機動要塞」なのです。

型称も「鋼式機動要塞」ではなく「轟式機動要塞」となり、日本固有の防衛兵器「機動要塞」の新時代の幕開けをも感じさせられる機体となりました。


いかがでしょうか。
「ギロス」のプロジェクト

詳しくは次回お話いたしますが、休んでるようでもきっちり進めております(笑)。


皆さん
日に日に温度が上昇しています。
くれぐれも「熱射病対策」を怠らず、その上で頑張ってきましょう!


お楽しみはまだまだこれからです。
次回も 凄いの お届けします。



NB



おかげさまで「予告◆廚虜得顕鷽瑤1500回を突破いたしました。
ありがとうございます。
2000回を越えた頃には、新作の「予告」でもUPできたらいいなと思ってます。

自主制作大怪獣活劇「ギロス 第三章」予告

【プロジェクトG LIVE】へ




〈TOPへ戻る〉


2013年05月22日

轟 到着

昨日、遂に「新型機動要塞(現・仮称) (紺+白)が到着しました。
doyaさん、長い間本当にお疲れ様でした。

DSC_0216

その「轟」を待ってましたとばかりに出迎えたのは、今回の「第三章」に至るまでに「物語そのもの」に大きく影響を及ぼしてきた「鋼式七型機動要塞 鋼鉄戦士(銀鉄色)「鋼式機動要塞型強襲兵器 射‐爪(黒+ピンク)昨年末marchanさんが完成させてくださった「鋼式六型機動要塞 無双(緑+白)です。

今回の「ギロス 第三章」では、それぞれの誕生秘話や建造経緯等が大きく関わってきます。

今後は、「機動要塞」達の制作エピソードや工作内容、音楽や映像等を軸にしつつ、皆さんに「ギロスの物語」や「Gのプロジェクト」そのものについてご理解していただけるような展開をしていこうと思います。

楽しみにしてきてくださった皆さん。
「お楽しみ」はこれからです。


NB


自主制作大怪獣活劇「ギロス 第三章」予告

【プロジェクトG LIVE】へ




〈TOPへ戻る〉





2013年03月03日

オスグッド病対策用「ハイテクギブス」

皆さん、お元気ですか。

少しですが寒さも力を緩めてきてくれたかなといった感じですかね。

私はほんのり暖かさを感じ出す季節「春」が大好きです。

この季節になるといつも言っているかもしれませんが、すごく大好きなんです。

私にとっては
なんか嬉して幸せな気持になれることが始まりそうな季節。
身も心もそんな気持ちにさせてくれる季節。
そんな季節「春」が好きなのです。

早く桜の花びらで桃色に満たされた町々になるといいなって思います。

そんな大好きな春先ですが、意外と私の仕事はこの時期多忙だったりします。
DSC_2975

NB


続きを読む

2013年02月20日

「プロジェクトG」連携企画 弐-「謎のメカニック」

お久しぶりです。
お元気ですか?

前回の投稿「MG 無双」で誤りがありました。
「スケール」について、タイトルに「1/72」と掲載してしまったのですが、正しくは「1/144」でございました。

まずはそういったことで前回のお約束
「MG 無双」のBOXアートをちょっとだけ詳しく!
BOXメイン 完成のコピー
こういった感じです!
価格3675円!おぉ・・・カッコイイ!!!!!べ? いや、もとい でしょ?
(元画像は、marchanちゃんさんのブログ「おもちゃのマーチャン」さんでご確認できます。)。

NB

続きを読む

2013年02月09日

1/72「MG無双」発売決定! 「PG」連携企画 弐-

ご無沙汰しております。
「ギロス3」の予告、ご覧になっていただけましたか?

仕上がり云々は別問題として、あんな感じで怪獣や機動要塞が活躍する活劇です。

最終的にどれだけの物に仕上げられるかは未知数ですが、様々な面で 構想し、思考し、挑戦し、試行錯誤を繰り返しながら制作進行中です。

何にしても、どのような形であれ「天晴れ!」といった形でプロジェクトを閉幕できるよう、とにかく楽しんでいけたらなって思っておりますので、もしご興味を持たれた方はよろしければ引き続き覗いてやってください。
皆さんとご一緒に楽しんでいけたら幸いです。



そんなこんなでちょっとあくせくした生活が続いる私なのですが、「良いニュース」もちゃんと訪れてきてくれています。

まずは一つ目。
お忙しい中、当プロジェクトにご協力をいただきましたdoyaさんのブログ「後ろからガンプラ(さん)にて、いよいよ「新たなる戦士」がその勇姿をひっさげ登場したみたいです!

難しい設定を裏付けしお願いしてしまった部分もあり、何かとご面倒も付きまとってしまわれたかと思いますが、凛々しい姿の機体に仕上げてくださってます。
先が楽しみでなりません。
本当にありがとうございます。
doyaさんのブログ「後ろからガンプラ」へGO!


それと、もう一つ。
な・・なんと・・・、当「ギロス」シリーズに登場する「鋼式機動要塞(はがねしききどうようさい)」と呼ばれる「陸上自衛隊」保有の「特殊戦略用(試作)兵器」のプラモデルが発売決定となったようです!!!!!
 くれぐれも文末の「注意書き」と合わせお楽しみになってください。

シリーズの初陣を飾るのは、marchanさんとご子息様方が長きに渡り開発と建造をお受け持ちになってくださった「鋼式六型機動要塞 無双」

後ほど、各機動要塞達の設定は「正式資料」にて明らかになってくるかとは思いますが、この「無双」「G5」という特殊鉱物を機体素材に用い、「AWS(エンジェルウィングシステム)」と呼ばれる「飛行型目標追尾システム(参考文献:ブログ「おもちゃのマーチャン」内 【「AWS」とはなんぞや?】より)を標準装備した他、その名が示す通り「あらゆる面」で「それまでになかった=唯一無二」の「鋼式機動要塞」です。

が故に、完成はしたものの、その「強靭さ」が仇となり一時封印されてしまったほど凄まじく恐ろしいまでのパワーを秘めた「破壊兵器」にも成り得る機体でもあります。

果たして詳細はどのようなものなのでしょう!?


とりあえず今回は、私の手元に届いた「キット 第一号」をちょっとだけご紹介いたします。
MG無双

え?もっとハッキリ見せろって?

ど〜しよっかな〜・・・・

では次回、詳しく(笑)。




とにかく皆さん。
とことん「模型工作」を楽しんでいきましょう!

注意書き
今回の投稿記事には、一部「フィクション」が含まれています。
くれぐれも「この大嘘つきめ!」などと仰らないでください(笑)。

それとmarchanさん・・・画像、引用してしまいました・・・。
ごめんなさい(泣)。







自主制作大怪獣活劇「ギロス 第三章」予告


NB




2013年01月13日

「ギロス3」予告◆ 屮廛蹈献ДトG」連携企画 弐-  

遅くなってしまいましたが謹賀新年です。
   本年もよろしくお願いいたします。

ようやく「ギロス3」の予告PV第二弾ができました。
詳しいことは次回といたしまして、とりあえず見てやってください。
G3S2「プロジェクトG LIVE」へ
ご協力くださった皆様。楽しみにしていてくださった皆様。
ここまで本当にありがとうございました。


注:すぐ終わっちゃいますので「目を点」にしてご覧下さい!


NB



2012年12月23日

「プロジェクトG」連携企画 弐-─嵬義弌

先日「鋼式六型機動要塞 無双」が輸送されてきました。

「開発・建造」を担当してくださったのは、ブログ「おもちゃのマーチャン(さん)を運営されているmarchanさん

ここまでの軌跡
一言や二言で語り尽くすことは難しいのですが、marchanさんと私の「合致した部分」が事を運び、「marchanさんの信念」が作り上げた「賜物」
それが、この「無双」です。
「無双 開発・建造記」はこちらから⇒ジャンプいただけます。)

本当にお疲れ様でした。




「自主制作大怪獣活劇 ギロス〜第三章」
大幅に遅れをとってはおりますが、制作・撮影・編集も順調に進んでおります。
(「睡眠不足」が今の私の「すべて」を妨げ、手も足も後ろ髪も引っ張りっぱなしのような気もしなくはないのですが・・・。)

まずはその中の「仇役怪獣(現・非公開)との決戦シーンから抜粋した1カットをピンナップにし「ポストカード調」にしてみました。

皆さんに良いクリスマスが舞い降りますように・・・。
メリークリスマス


「美月&無双 迎撃シーン」から
無双 P1


クリック
NB








チョコ チョコ チョコ「チョコ チョコ チョコ」
『裏プロジェクトGだヨん』



ゴジラ街道更新怠慢気味

「ゴジラ街道」へGO!



プロジェクトG「プロジェクトG」

【ギロス 第三章】告知


公開中





<TOPへ戻る>




2012年12月06日

「プロジェクトG」連携企画 弐-А崙罎離瓮ニック」

皆さん、いかがお過ごしですか?
本当に寒くなりました。
風邪などひかれぬよう、お気を付けくださいね!


しばらく続いた「作品紹介」。

今回から久々の「制作記事」開始です。
「このせわしい時期にきて制作記事!?」とも感じますが・・・・・。

未完成の物で山積みな「我、工房」ではありますが、順を追って「これまでに進めてきたこと」を一個有づつ公開させていただく形となります。
(前回の予告にありました「ギロス」についてを楽しみにしていた方々。 とりあえずお待ちください。)



「空白の数年間」

「ガンプラ街道」が途絶えた後に購入したプラモデルはと言いますと、、、
「ギロス」シリーズに使用したメカニックのベースとしたガンプラ、marchanさん、doyaさんのお手元にお送りした「無双となるべくドライセン」「となるべくヅダ」それぞれ。
そして「獣王」「剛力」となったそれぞれ。
あとは「隠し玉」として進めているユニットのベースとなった「アイツ」
「シークレット」として隠している「アイツ」

という「そんなもん」といった具合。

それまではあれほど買い込んでいたというのに・・・。

まるで別人です。

メーカーさん、ごめんなさい。


しかしまぁその間、、、、、RGというブランドまで勃発し、今はそれらが巷を賑わしているご様子ですね。

「おーーーーーい! MG〜   どこ行った〜〜〜〜?」という感じの、なんとも寂れた賑わ・・・・・・・・失礼。

「昔はな・・・・・」と、ソファーに深〜く腰掛け、かつての「300円ガンダム」の箱を手に取り、複雑な思いにふけながらそのまま永遠に眠ってしまいそうになるくらいいつしか「大人」になってしまったようでして・・・何故かなんとも「お腹いっぱい」、、、はちきれそうな具合でございます(汗笑)。


さてさて、キットも私も眠っちゃう前に一仕事。
何事「やろうとする人」がやらねば、きっと「これから」は始まりません。

謎のメカニック
今回はコレとコレを使って出来上がる「謎のメカニック」の製作記事を扱っていきたいと思います。

「伝説巨神イデオン」に登場した「重機動メカ」と呼ばれる、言ってみれば「敵メカ」なのですが、それらの中でも折紙付きの「ロボ離れ」したロボ(的存在)の中の「ギド・マック」「アブゾノール」の二機をベースとしてチョイスしました。

無双でお世話になっているmarchanさんが、ご子息様(私曰く「最年少イケメンスタッフ」)の制作された「ドグ・マック」を公開された時、本当はコメントさせていただいた文面以上に嬉しかったのですが、実は「一歩先行かれた!」と悔しさも覚えたという、なんとも大人気ない一面を持つ(全面だろよ・・・)「私4○歳(!)」でもあります。
(逆言うと「最年少イケメンスタッフ」が「もの凄くハイセンス」という、隠しようのない事実を立証してしまった訳で・・・・・・。)

と、、、、、イデオンを話せば長くなりそうなのでここら辺で止めますが、私と(ご存知)Mr.Kがやはり「幼き頃」共に夢中になった、私にとって「神話」とも言うべき作品が「伝説巨神イデオン」なのです。

その中でも「異質なロボ」の部類に入るこの二機!(きっと「モビルアーマー」っぽいテイストだったんでしょうね)。

いったいどんなメカニックが完成するのでしょう。

お楽しみに。

クリック
NB








チョコ チョコ チョコ「チョコ チョコ チョコ」
『裏プロジェクトGだヨん』



ゴジラ街道更新怠慢気味

「ゴジラ街道」へGO!



プロジェクトG「プロジェクトG」

【ギロス 第三章】告知


公開中





<TOPへ戻る>




索引