クラウドベース(スペクトラム基地)を作ろう

イマイのキャプテンスカーレット・スペクトラム基地(クラウドベース)をカッコよく作ろう、
と思い立ち作業を始めました。
作業日記みたいなもんです。
当初は甲板を延長と下部構造物の再現をメインに
後は簡単に手をいれるだけのつもりだったんですが・・・

あと制作日記ではなかなかネタが続かないので
最近は手持ちのプラモデル、玩具、雑貨、漫画なんかの
紹介もしています。
よろしければコメントなどいただけると
とぉっても嬉しいです。

ヤフオクで
今井科学キャプテンスカーレットマスコットシリーズの
キャプテンスカーレットの原画を落札された方、
お譲りいただけませんでしょうか。
メルアド:tbcsufo-x901999@yahoo.co.jp
出来る限りご要望に沿うようにいたします。
なにとぞよろしくお願いいたします。

ヤフオク 絶版版権キャラプラモがたくさん出品されてたこと

今年に入ってヤフオクで版権キャラプラモの絶版品全然出品ないなー。
もう世の中にあるものは大体コレクターさんの手に渡ってしまって
市場に出ることなんてないのかなー、
なんて思ってたらここ一ヶ月ほど怒涛のごとく出まくってました。
普段はあんまり取り上げるネタではないんだけど
なかなか凄い評価額のものもあり
今回僕が気になったものを少しご紹介します。
基本的には終了日順ですが、一種類だけ最後にまとめています。
昔みくに文具さんがヤフオク終了品を紹介されてたのを楽しみにしていたんですが
最近はされておられないのでちょっと真似してみました。

m G661b 超希少 マルサン トドラ / ウルトラQ ウルトラマン 怪獣シリーズ | プラモデル | 1円〜
マルサン 電動トドラ








終了日8月26日 入札数79 終了価格1,653,000円
初だしのトドラ、しかも美品。
まだこんなのが出て来るんだと衝撃でした。
最近のマルサン電動怪獣の相場から
もっと上がると思ったんだけど。
ショップならもっと強気の値付けになるでしょうけど
ヤフオクではこれくらいが限度なのかもしれません。
本当は入札するつもりだったんだけど
終了直前に↓が出てきたのでそっちに参戦するために諦めました。

イマイ 初版 サンダーバード秘密基地 未開封 未組立 完品
サンダーバード秘密基地




終了日9月1日 入札数122 終了価格414,000円
これも初だし。
出品者のお父様が子供の時に買ってもらったまま仕舞ってあったそう。
箱は経年で湿気を吸ってしまっており痛んでますが。
初版サンダーバード秘密基地の未組自体、
過去に1〜2回くらいしかヤフオクには出てきてないレベルだと思います。


冷凍怪獣バルゴン★日東科学 ゼンマイ プラモデル ガメラ 大怪獣決闘
日東 バルゴン1
日東 バルゴン2






終了日9月2日 入札数59 終了価格61,100円
日東丸マークのゼンマイ歩行バルゴン未組です。
でも写真ではお腹パーツがないように見えるんだけど・・・

絶版プラモデル/キャプテンスカーレット マスコットパノラマセット
キャプテンスカーレット マスコットパノラマ






終了日9月8日 入札数37 終了価格18,320円
一時期4万円くらいまで上がっていたけど
10数年前の価格に戻ってきています。
2010年ごろに絶版プラモがなんでもとにかくあがりまくった時期がありましたが
最近は両極端になってきている印象があります。

イマイ サンダーバード コンテナ No.5 プラモデル 当時価格 100円 初期版
サンダーバードコンテナNo5再販








終了日9月8日 入札数1 終了価格3,800円
昭和46年にイマイ再建後の最初のTBコンテナの再販。
結構珍しいキットです。
おもったほど上がりませんでした。

K113 宇宙大作戦 プラモデル ロケット戦車 ガンマー3号 ミドリSFシリーズ
ロケット戦車 小






終了日9月9日 入札数38 終了価格56,000円
ロケット戦車の小サイズです。
市場に出てくる数としては大サイズよりもはるかに少ないのですが
あまり評価は上がらないですね。
そのデザインの魅力から映画を見た人はあまりいないのに人気の高いメカです。

ΣA2 未組立 イマイ IMAI マイティジャック ハイドロジェット 円谷プロ プラモデル
マイティジャック ハイドロジェット大






終了日9月12日 入札数53 終了価格43,500円
MJ号艦載機(大)の中では一番市場に出にくいキットではあるのですが。
10年くらい前の評価は倍以上していたのに
今回は思ったほどは上がりませんでした。

〓再出品!追記画像あり マルサン プラモデル ウルトラQ カネゴン ウルトラマン怪獣 ξ
マルサン 電動カネゴン






終了日9月13日 入札数87 終了価格1、003,000円
マルサン電動怪獣のカネゴン。
さすがの3桁万円超えです。
恐らく開梱品で再梱包されているのではと思いますが
このクラスのプラモの評価には
あまり関係はないのでしょう。
ちなみにこの数ヶ月でショップも含めて電動怪獣がかなり出ました。
お金さえあれば一気にコレクションできる機会でした。
(家を買うくらいの資金が必要でしたが)

μC21 未組立 マイテイジャック ダブルセット ミニエキゾスカウト ミニビブリダー 円谷プロ イマイ ヴィンテージ プラモ 付属品有り 当時物
マイティジャック ダブルセット






終了日9月12日 入札数21 終了価格43,400円
MJシリーズの中では比較的入手しやすいキットです。
評価額も十年以上安定しています。

ΣC1 未組立 イマイ IMAI マイティジャック ジュニア ハイドロジェット プラモデル

マイティジャック ハイドロジェット小






終了日9月15日 入札数38 終了価格37,500円
上のダブルセット以上にこれまで安定価格だったんですが、
今回これまでになく上がりました。
年に1〜2個は出てくる印象なんですが。

μG7 未組立 ウルトラセブン ウルトラホーク2号 マルサン ヴィンテージ プラモ 付属品有り 円谷プロ 当時物

ウルトラホーク2号B 2






終了日9月16日 入札数78 終了価格520,000円
マルサンのウルトラホーク2号B。
僕はヤフオクで初めて未組を見ました。
子供の頃持っていたので是非とも欲しかったのですが、想像通り高額となって諦めました。

☆1円スタート〜 キャプテンスカーレット 強力装甲車 プラモデル

強力装甲車 大








終了日9月16日 入札数42 終了価格50,300円
これも年に一回くらいは見かけるキットです。
ただジワリと評価が上がって来ています。

♪ イマイ IMAI サンダーバード イマイ宇宙科学シリーズ UFO 秘密ドーム No.5
UFO秘密ドームNo5








終了日9月16日 入札数41 終了価格57,000円
再販は割と見かけるのですが、初版はほとんど見かけません。
中央司令基地や秘密ドーム中央指令基地なんかのほうが時々出てきます。

♪ 1円スタート イマイ IMAI ミニ宇宙科学隊 宇宙攻撃隊 プラモデル

ミニ宇宙科学隊 宇宙攻撃隊






終了日9月16日 入札数29 終了価格12,000円
秘密ドームのメカだけのセット。
 「宇宙特別機動隊」( シャドーモービルの絵)の方は時々出てきますが
こちらは箱だけでも割と珍しいです。

μG3 未組立 ウルトラマンセブン マグマライザー(B) マルサン ヴィンテージ プラモ 付属品有り 円谷プロ 当時物
マルサン マグマライザーB






終了日9月16日 入札数138 終了価格271,000円
人気のマルサンウルトラメカですが、マグマライザーBも一時期よりは落ち着いた感じがします。
でも相変わらずの高額評価ですね。

μG19 未組立 ガンマー3号 ロケット戦車 宇宙大作戦 ミドリ ヴィンテージ プラモ 付属品有り

ミドリ ロケット戦車 大






終了日9月16日 入札数91 終了価格267,600円
上に出たロケット戦車の大サイズ。
評価も10年くらい安定しています。
小サイズでも書いたように大サイズの方が出てくる数は多いのですが
やはり大きさの迫力でしょうか、
こちらの方が評価が高いです。

☆1円スタート〜 21世紀ランドシリーズNo.5 スティングレー基地 サブマリン Pランド3P プラモデル
イマイ Pランド3Pスティングレー基地サブマリン








終了日9月16日 入札数49 終了価格39,500円
子供の時に欲しかったプラモですが、
結局シリーズがどれくらいあったのかよくわかっていません。
これはドームが3つ付いてるセットのようですね。
Pランドは10年ちょっと前は数千円で買えたようですが
2010年頃の絶版版権プラモの高騰以降
評価が上がったプラモです。

μG11 未組立 ウルトラセブン ウルトラホーク1号 ブルマァク ウルトラ警備隊 超高速大型ジェット機 ヴィンテージ プラモ 円谷プロ
ブルマァク ウルトラホーク1号






終了日9月16日 入札数87 終了価格127,000円
ブルマァクのホークは全然わからないのですが
宇宙ビートルやホーク3号、ポインターに比べて見かけない印象です。
これはマルサンの再販?
それともブルマァクの新規金型品?

〓19)激レア!! 未組立 イマイ/今井科学 マイティジャック イージーキット マイティ号 箱・取説付き プラモデル IMAI 管)NST
イマイ イージーキットマイティ号






終了日9月17日 入札数154 終了価格264,000円
いわゆるビックマイティ号初版。
15年くらい前には良く見かけましたが
最近はあまり見ないです。
でも今年(去年?)くらいにも一度出品がありました。
評価も10年くらいは安定しています。

μC27 未組立 マイテイジャック エキゾスカウト 円谷プロ イマイ ゼンマイ動力で走ります。 ヴィンテージ プラモ 付属品有り 当時物
イマイ エキゾスカウト大






終了日9月17日 入札数65 終了価格241,000円
いやいやいやいや、眼を疑いました。
エキゾスカウト大は2003年頃にデッドストックが大量にでたので長らく3万円固定評価だったのに。
確かに最近の評価が7万円を越えて上昇気味だったけど、いきなりの高評価に驚きました。

μC9 未組立 帰ってきたウルトラマン 空とぶウルトラマン マルイ 怪獣カード入り ヴィンテージ プラモ 付属品有り 当時物
マルイ 空とぶウルトラマン






終了日9月17日 入札数67 終了価格172,000円
マルイの帰ってきたウルトラマンシリーズでは唯一再販されていないので
当然の評価だと思います。

αA7 未組立 マルサン ウルトラセブン ウルトラホーク2号 ヴィンテージ プラモ マルザン 789:050
マルサン ウルトラホーク2号A






終了日9月18日 入札数113 終了価格112,000円
マルサンのウルトラホーク2号C。
これもあまり見かけないプラモです。
数年前に1個出たのでBよりも安かったのかも。

αE12 未組立 マルサン 超高速大型ジェット機 ウルトラホーク1号 プラモ ウルトラセブン 円谷プロ
マルサン ウルトラホーク1号A






終了日9月20日 入札数23 終了価格54,000円
マルサンウルトラホーク1号C。
ホーク1号CはCシリーズの中でも比較的出てくるほうです。
これも持っていたので欲しいと思いつつ
微妙に手を出しにくい価格になるんですよね。

αF2 未組立 イマイ IAMI サンダーバード バージル レトロ プラモデル 箱付き
イマイ サンダーバードバージル






終了日9月21日 入札数51 終了価格92,000円
サンダーバードマスコットを揃える上での鬼門とも言えるのがバージルです。
人気の高さから2号関連の初版キットはどれも残存数が少なく入手難ですが
マスコットバージルも過去ヤフオクには3個くらいしか出てないはずです。
今回は若干評価が低かったのですが
箱痛みが大きいのが影響したのでしょうか。

未組立 希少 イマイ 追跡戦闘車 宇宙科学シリーズ NO26 今井 プラモデル 部品完揃い 帯未外し キャプテンスカーレット初版より珍しい
イマイ 電動追跡戦闘車 再販






終了日9月25日 入札数1 終了価格100,000円
電動追跡戦闘車の70年代再販物。
出品タイトルにあるように、初版電動よりも珍しいです。
過去出品は多分2〜3個レベル。
初版イージーキット並みです。
今回は終了まで1日だったこともあり
これまでよりも低評価でした。
参戦しようか迷ったのですが考えるところもあり見送りました。

〓06)激レア!! 未組立 イマイ マイティジャック 秘密基地 箱付き 箱絵・小松崎茂 プラモデル 管)NST
イマイ マイティジャック秘密基地2






終了日9月13日 入札数203 終了価格1,233,011円

【同梱不可】IMAI/イマイ マイティジャック秘密基地 モーター動力 プラモデルキット 未組立 内袋未開封 ※ジャンク扱品一部パーツ外れ※
イマイ マイティジャック秘密基地






終了日9月19日 入札数9 終了価格822,111円

※※超貴重品※※ イマイ マイティジャック秘密基地 (当時物 プラモデル 極美品)
イマイ マイティジャック秘密基地3






終了日9月24日 入札数346 終了価格1,200,000円

マイティジャック秘密基地三連発。
いや驚きました。
三連発出品もそうですが、
15年くらい前で大体24万円くらい。
近年あまり市場にでることはなくなっていたけど
去年か一昨年で50万円くらいだったように思います。
それが三桁万円超え連発。
ベースがロボダッチ海賊島になってしまい
再販されていないというのが大きいのでしょうけど
マイティジャック自体が地方局で放送されていないのに
当時そんなことを知らない地方の玩具店が仕入たこと、
さらに低視聴率で人気が低かったこともあり
大量に残ってしまいました。
秘密基地は高額だったので仕入店が少なかったこともあり
MJ号や艦載機ほどには出てこないけど
それでもTB秘密基地に比べたら数年に一度はヤフオクにも姿を現します。

ちなみに一番上のは取消し再出品(1,003,001円)でさらに取消しで現在出品中、
二番目のも取消しで現在再出品中です。
なにがあったかわからないけど、繰り返しの再出品は嫌がられて入札がへり、
終了価格も下る傾向にありますが、さて。

洋泉社 特撮秘宝No8 発売中です(資料提供しました)

洋泉社から「特撮秘宝」No8が発売されました。

特撮秘宝No8









なぜご紹介させていただくかというと、
なんと資料提供させていただいたからです。

提供しているのはみくに文具さんが執筆されている
「絶版特撮プラモ研究 ぼくらの日東ガメラ」の
21ページのハンドコントロールの写真です。
1枚だけなんですけどね。

元々
日東 ウルトラ怪獣シリーズ(ゼンマイ歩行) ガメラ初版後期 バルゴン初版
で紹介していた物です。

内容はみくに文具さんらしく、ゼンマイ歩行ガメラを
カラー3ページ、モノクロ6ページと
これでもかというくらい詳しく解説されています。
知らなかったこともあってめっちゃ参考になりました。

「特撮秘宝」自体は読んだ事なかったんですが
「映画秘宝」同様の構成で
かつての「宇宙船」の雰囲気を持った雑誌でした。
あまりに濃いのでまだ全然読めてません。
これからじっくり読み込んでいきます。
(というか濃い過ぎてついていけるかなー)

今井科学 サンダーバード2号 ボックスアート原画 小松崎茂

本日、ブログ開設10年を迎えることができました。
飽きっぽい性格にもかかわらずこんなに長く続けれたのは
ブログに来てくださる多くの方と
いただけるコメントに力をいただきました。
相変わらず更新頻度は少ないですが
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今回は3回に分けた記念企画をエントリしています。
本日はその3回目になります。
共通テーマはサンダーバード2号と小松崎茂です。
本来は別々にエントリするつもりでしたが
ちょっとずつ関連するので今回まとめてアップしています。
え?クラウドベース??
は、は、は。野暮なこというのは嫌だなあ。


-----------------------------------------------------------------------

今回はブログ開設10周年ということで
僕の持っているものの中で
おそらく最も貴重な物のご紹介となります。

以前も一度とりあげてはいますが
考えるところがあって入手自体は曖昧にしていました。
改めて今回は原画自体を紹介します。

1 サンダーバード2号原画






小松崎茂さんの今井科学 サンダーバード2号のボックスアート用原画です。
2003年のイマイ清算時に流出した原画です。

この絵は昭和49年(1974年)にヤシの木付シリーズ用として
1号、4号、5号と共に描かれました。
その後、同年に再販されたスタンダード2号の箱絵としても使われました。
スタンダード2号としては1993年頃のツインコンテナまで使われたので
むしろそちらでご存知の方が多いと思います。

原画の大きさは29cm×44cm。
製品と並べるとこんな感じになります。
1 サンダーバード2号原画 特大サンダーバード2号






製品に比べて落ち着いた色あいです。
特に空の青色が透き通るような印象を与えます。


構図としては、初版スタンダード2号、BB2号と同じです。

BBサンダーバード2号




BBシリーズサンダーバード2号
BB2号は2号自体が妙に太いのでちょっと残念です。

初版 サンダーバード2号






初版サンダーバード2号
初版2号は噴煙から音や臭いを感じるような荒々しさが大変魅力なのに対し
ヤシの木2号はどこか静かというか、静寂を感じさせるような気がします。
その理由は雲の描き方にあるのではと思います。


9 サンダーバード2号原画








上の初版2号が描かれた67年頃に比べて
BB2号や前回取り上げた特大2号、
そしてこの2号の絵は印象が違うように感じます。

初版絵では雲は背景のずっと遠方にあるように見えます。
しかし新生イマイになってから描かれたBB、特大、そしてこの絵の雲は
2号の噴射煙と一体となり、
雲は2号を包み込んでいるように感じられます。
それが2号の浮遊感を強調しているように思います。

10 サンダーバード2号原画11 サンダーバード2号原画








その煙のアップです。
筆使いがよくわまります。
また鉛筆でアタリをとっているのがわかります。
この鉛筆の下書きは絵の各所で見られます。

それと他の気になった箇所もちょっとご紹介。
8 サンダーバード2号原画








2号機体後部。
2の数字がわざと一部剥がれたような表現がされています。
使い込まれた機体を表現しているのでしょうか。

6 サンダーバード2号原画7 サンダーバード2号原画








左右の着陸灯。
製品では本当に光っているようにも見えますが
緑とオレンジをうまくぼかして表現しています。

3 サンダーバード2号原画 ファイヤーフラッシュ






ファイヤーフラッシュ号。
絵は14,2cmです。
こんな小さいのに精密に描かれています。
ここだけ切り取って単独でプラモの箱に使えそうです。

2 サンダーバード2号原画






その下の小松崎さんのサイン。
キャンバス上でどのように描かれていたのか
よくわかります。

4 サンダーバード2号原画 ロンドン空港








ロンドン空港の建物。
こちらも9cmの中に形状の違う飛行機が細かく描かれています。

4 サンダーバード2号原画 サンダーバード1号






サンダーバード1号は12,8cm。
こちらも精密ですね。

ところで
4 サンダーバード2号原画






赤の矢印の先に黒い線があるのがわかるでしょうか。

5 サンダーバード2号原画






長さが1,1cmくらいですが
これは筆の穂から抜けた毛なんです。
オークラ出版のサンダーバード画集でもよく見ると写っていますが
原画を見ないとなんなのかは判りませんでした。

ちなみに原画にスケール表示を追記するのは
みくに文具さんが以前されていたのを参考(真似)させていただきました。

15 サンダーバード2号原画裏








原画の裏には謎の数字が書かれています。
なんの数字なんでしょうね。

14 サンダーバード 原画


前回紹介した複製原画と。
揃うとまるで展示会みたい(笑

ところでこの原画を購入したのは2015年でした。
で、その時ふっと
「オフ会の記念品にできないかな」
と思ったのです。

ITF21会員掲示板で相談したところ
「Nさんなら印刷関係強いから相談してみては?」
とのアドバイスをもらいました。
メンバーのNさんは印刷関連を仕事でも趣味でもしておられるのでメールをしたところ、
自分のところで高精細でスキャンから印刷まで可能、との回答をもらいました。
その後、京都ヨドバシで何度かお会いして打合せをし
最終的に完成したのが

12 サンダーバード2号原画 複製原画






複製原画と原画です。

Nさんは印質、特に色の再現に徹底的にこだわってくれたので
おどろくほど綺麗なものが仕上がっています。
アップで見たときには原画の絵具の質感の違いが判りますが
タッチや色合いは再現できています。
よく見ないと違いは判りません。

そしてその年のオフ会で参加者の皆さんに配布し、
なんせ展示会とかでは見ることができない絵ということもあり大変好評をいただきました。

僕も原画自体は変色しては大変なので
普段、部屋にこの複製を飾っています。

13 オフ会記念品プレートロットNo1は製作者権限で
僕がもっています(笑






パネルの裏に参加記念プレートシールを貼って配りました。

ITF21オフ会は参加費とは別に
こういう個人製作の記念品が配られることがよくあります。
費用は製作者の個人負担で
これはもう、こういうものを作るという自己満足だけですね。

エンゼル1号機原画のところでも書いたように
また眠田直さんが書かれているように
こういう物は本来永続的に保管・管理できるところに所蔵してほしいと思っています。

しかし日本では美術館、博物館等を含めて
商業美術を収蔵しているところはないそうです。
開田あやさんがtwitterで書かれていましたが
生頼範義さんの絵の寄贈ですら、収蔵スペースがないとの理由で断られているそうです。

説明するまでもなくこれ以上ないというくらい貴重な物ですが
いつまでも持っていられる物でないなあ、と思っています。
エンゼル1号機CSマスコットシリーズも含めて
将来的にこれらの原画をどうすればいいのか、かなり真剣に悩んでいます。


-----------------------------------------------------------------------
これで今回の10周年企画は終了です。
相変わらず更新頻度は少ないですが
まだまだ続けていきたいので
これからもよろしくお願いいたします。

小松崎茂 今井科学サンダーバード複製原画2種

8月24日で、ブログ開設10年になります。
そこで今回は3回に分けた記念企画をエントリします。
共通テーマはサンダーバード2号と小松崎茂です。
本来は別々にエントリするつもりでしたが
ちょっとずつ関連するので今回まとめてアップします。
え?クラウドベース??
は、は、は。野暮なこというのは嫌だなあ。


-----------------------------------------------------------------------



2000年頃でしょうか。
小松崎茂さんの画集のような本が何冊も出版された時期がありました。
でもその頃は、それほどボックスアートに興味はありませんでした。
友人がアンダーソン物のプラモを買う理由の一つとして
小松崎さんのボックスを集めたい、と言ってるのを聞いても
ふーん、て感じでした。

しかしキャプテンスカーレットのプラモデルBOX用原画を入手してからというもの
プラモデルBOXアート原画に惹かれています。

1 サンダーバードパノラマセット サンダーバード2号特大 複製原画




小松崎茂さんの「サンダーバードパノラマセット」と
「特大サンダーバード2号」の複製原画です。

以前から欲しかったのだけれど、
この2枚の複製原画はなかなかヤフオクや通販サイトに出てきません。
先日2枚セットで出品されたので購入しました。

パノラマセットは、2003年の「サンダーバードモダン展」で
特大2号は2006年の「ぼくらの小松崎茂展」で販売されたものです。
2 サンダーバードパノラマセット 複製原画






サンダーバードパノラマセットA 複製原画です。

できれば商品と並べて大きさ比較をしたかったのですが
パノラマセットはもってないので。
元々が大きな原画なので製品でサイズがどれくらい変わっているのか
興味があります。

この複製原画はモダン展で売っていたのはみましたが
当時の僕には購入するには金額・保管場所の問題から躊躇われました。

その後キャラアートやキャンバスARTSという商品名でも販売されたのですが
これらは複製原画というよりも、原画を基にしたアート商品
(サイズが違う、印質を変えている)だったので
購入しませんでした。

小松崎さんのサンダーバード絵の中で
1号から5号までが並列に描かれているのは
このパノラマセットAのみになり
その迫力で人気の高い絵となっています。

数年前にタカラトミーがトミカでサンダーバードを出した際にも
3個買ったら貰える特典として配布されていました。

子供の頃、大阪天満の松坂屋の玩具コーナーで
このパノラマセットが売られているのを見ました。
大きさと迫力で凄く欲しかったのですが、
すでに電動1号、ゼンマイ2号、電動5号&3号、マスコットスコットは買ってもらっていたこともあり
また、当時価格1800円は子供に買うおもちゃとしては高額だったこともあり
買って貰えませんでした。

先年ヤフオクに出たときには3桁万円になってしまい
やはりパノラマセットAは僕にとっては幻です。

3 サンダーバード2号特大 複製原画






特大サンダーバード2号 複製原画です。

2006年頃に「ぼくらの小松崎茂展」が開催されていましたが
まだ子育てなどに忙しかった時期であり
イベント自体に気づいていませんでした。

僕はサンダーバード懐古模型さんのところでこの複製原画を知りました。

5 サンダーバード2号特大 複製原画








特大2号と。
原画の魅力はやはりその大きさと
通常の印刷物にはない色彩の鮮やかさです。
特大2号の絵は飛翔(着陸)する2号の前に
磁力牽引車、ジェットモグラ、4号が配置されるという構図です。
大きい原画だと、その迫力が製品に比べて際立ちます。


4 サンダーバード2号特大 複製原画






この絵を見ていて思ったのですが、オークラ出版の「サンダーバード原画集」の絵に比べて
2号の色が明るい少し黄色が強い緑色になっています。
原画集は割りと原画に近い色に調整されているという印象を持っていたので
色の違いに戸惑っています。
どちらが原画に近いのか、原画自体を見てみたいのですが、
どうも特大2号の原画は東北新社ではなく、個人の所蔵のようです。
ホビーショーで展示されたりしていたみたいではありますが
数年前のサンダーバード博には展示されていなかったし
ちょっと確認は難しそうです。



これらは複製とはいえ、おおきくてとてもいいです。
僕には絵画を見る目がないので、複製なのか原画なのかを問われても
ぱっとみただけではわからないので十分満足です。

とはいえ、家で飾る場所はないし、
あってもカミさんが絶対許してくれないしなあ。


次回は8月24日更新予定です。

今井科学 イージーキットサンダーバード2号(特大2号初版)

8月24日で、ブログ開設10年になります。
そこで今回は3回に分けた記念企画をエントリします。
共通テーマはサンダーバード2号と小松崎茂です。
本来は別々にエントリするつもりの記事でしたが
ちょっとずつ関連するので今回まとめてアップします。
え?クラウドベース??
は、は、は。野暮なこというのは嫌だなあ。


-----------------------------------------------------------------------

大ヒットしたサンダーバードシリーズに対し
今井科学は次々新商品を投入していきます。
その中で人気が高かったのは当然ながらサンダーバード2号でした。
イマイは最初のスタンダードサイズ2号を昭和42年12月に発売した後、
昭和43年6月にモーターライズ版の2号を発売しました。

1 イージーキット サンダーバード2号






今井科学 イージーキットサンダーバード2号。

イージーキットとは、これまでもスペクトラム基地やマイティ号でも説明したとおり
最初からモーターと配線が組み込まれた状態で発売されたプラモデルです。
難しいモーター配線を行う手間が必要ないため
子供にも簡単にモーターライズキットが作れるというのがセールスポイントでした。
2 イージーキット サンダーバード2号








イージーキットであることを強調するために
上箱の右上に小さな小窓があり、モーターが見えています。
箱を開けると、配線済みのコンテナ下部が本体下部パーツにセットされ
専用の保護箱に収められています。

3 イージーキット サンダーバード2号








保護箱のカバーをはずした状態です。

1-1 イージーキット サンダーバード2号




箱側面。
上側には他のキットが紹介されています。
特にパノラマセットは完成写真まで載ってますねえ。
下側は恒例の遊び方紹介。

4 イージーキット サンダーバード2号






パーツを全部出しました。
2号の図解は、後に80年バンダイ再販サンダーバードで
ブラシ画のボックスアートを描いた長谷部政幸さん。
数年前にこの図解の原画がヤフオクに出てたけど、
出品価格が高くて手が出せずにいたら
その後まんだらけの大オークションで
ヤフオク出品価格の1,5倍で売れてた・・・

イージーキット2号はゼンマイのスタンダード2号から半年後に発売されたこともあり
本体のプロポーションが格段に良くなりました。
またサイズも大きいので迫力もあり、こちらも人気キットとなりました。

僕は当時イージーキット2号を買ってもらっていました。
友達の中でもイージーキット2号を持っていた人はあまりいなかったように思います。
当時600円というのはかなり高額な玩具だったからでしょう。
コンテナメカが4号やジェットモグラ、磁力牽引車というのもうれしかったです。
でもコンテナ後部にモーターがセットされていたため
スタンダード2号よりも大きいにもかかわらず
コンテナメカが綺麗に入らなかったのが残念でした。

大学生の時に半分壊れたそのイージーキットを引っ張り出して
プロポーションの良さに驚きました。
実際特大2号は最もプロポーションがいいと言われ
1/350TB2号が出るまでは
これを元に改修した作例記事が雑誌に載ったりしてました。

ただし、コンテナの最頂部が2番目と3番目の溝の間になっているため
やや猫背になってしまうのが難点でした。

イージーキット2号はその後1971年に新生イマイからサンダーバード2号として再販されました。
71年再販電動サンダーバード2号71年再販電動サンダーバード2号71年再販電動サンダーバード2号






写真はヤフオク画像からお借りしました。
「サンダーバード プラモ パーフェクトカタログ」では
71年再販ではゼンマイに改修されたとありますが
実際にはモーター版として販売されました。
写真で見る限りはイージーキットと同じ物です。
ただしイージーキットではなかったはずなので
後輪がどのようなパーツ構成になっていたかは不明です。
なんせこの再販の未組なんて見たことがないので。

そしておそらく74年頃にゼンマイ走行に修正されたと思われます。、
さらに1984年の再販ではコロ走行に改められました。

その後1990年の再販で再度モーター走行になりました。
2度の改修が行われているので
初版とどう変わったのか見てみます。

5 イージーキット サンダーバード2号 電動走行特大2号








初版イージーキットと、92年再版電動走行特大。
箱サイズは特大のほうが少し大きいです。
ボックスアートは共に小松崎茂さん。
イージーキットは1967年、
特大は1971年に描かれました。
その間、4年しか経っていませんが
雰囲気がかなり変わっているように感じます。

8 イージーキット サンダーバード2号9 電動走行 特大 サンダーバード2号






改修が一番大きいのはコンテナ下部となります。
コンテナ内側は初版ではリード線が4か所剥き出しになっていたものが
2か所になっています。
これはスイッチ部が前輪後ろの電池ボックスの前にあったものが
電池ボックスの蓋の横側に移動したためです。

12 イージーキット サンダーバード2号13 電動走行 特大 サンダーバード2号






コンテナ外側です。
初版のスイッチの位置がわかります。
これが特大(写真左)では電池ボックスの上側の溝に付きます。

10 イージーキット サンダーバード2号11 電動走行 特大 サンダーバード2号






モーターボックス。
共に金属製です。
これは形状がほぼ同じです。

6 イージーキット サンダーバード2号7 電動走行 特大 サンダーバード2号








部品パーツ。
特大で、コンテナが部品パーツと一体成型だったことがわかります。
金型修正箇所については赤丸で囲みました。
1は後輪です。
イージーキットでは最初からセットされていたものですが
上にも書いた通り、71年再販時には後輪パーツがどうなっていたかはわかりません。
その後ゼンマイ化されたときに新規パーツとして追加されました。
2と3はスイッチ用パーツとして、90年の再電動化の際に追加されました。
4はコンテナ床の前部ですが、
もともとは配線されていた箇所がそのまま床として利用されていたので
4のパーツはもっと前側だけでした。
しかしゼンマイ化の際に元電池ボックス部がなくなったため
前部床を延長し更に床後部のパーツが新造されていました。
このパーツはディスプレイ版でもそのままでしたが、
再伝動化に際し新たに電池ボックスを作ったので
床後部パーツが削除されています。
(電池ボックスの高さは初版に比べて少し低くなっています)
ゼンマイ化の際になくなっていた5も再電動化のため
改めて電池ボックスの蓋として作りなおされました。

ヤマト、ガンダムの影響でゼンマイのニーズが減ったことと
プラモデルのディスプレイ化がすすみギミックがなくなっていったことから
特大2号もいったんコロ走行になりました。
しかし80年代後半からギミック復活を要望する声が大きくなり
特大2号の電動走行も復活しました。
比較してみて、あまり大きな変更がないので
初版の雰囲気で楽しむことができます。

残念ながら、何故か金型がアオシマに移ってからは一度も再販されていません。
数年前、伸縮脚のパーツを付けて再販する予定があったようですが
結局見送られました。

ぜひともアオシマのラインナップに加えていただきたいものです。

次回は8月21日に更新の予定です。
記事検索
Recent Comments
Archives
livedoor プロフィール

godzitoraman

Links(趣味のお友達)
ITF21 ブログ
僕も参加しているアンダーソン作品ファンオフ会のスタッフがみんなで書き込むブログです。
ぜひご覧ください。


たぼの色々
ITFのお仲間、たぼさんのブログです。
特撮・アニメ関連の話題が満載。あとグルメはもっと満載。


mameoのサンダーバード・コレクション
ITFのお仲間、mameoさんのホームページです。
サンダーバードをはじめとするアンダーソン関連グッズや円谷特撮作品の関連グッズなどが展示されています。


みくに文具
大変お世話になっているブログです。絶版キャラプラモについては間違いなく日本一詳しいサイトです。とにかく情報量がすごい!


タケナカ参謀の部屋
友人が開設した、プラモデルの制作記のブログです。
バンダイウルトラメカの組立とそれを使ったジオラ製作が中心です。あとその他特撮等に関する話題を扱っています。


SENSE OF WONDER
青の魚座様のSFファンサイトです。
イマイのスペクトラム基地をリファインするという
僕のしたかったことをきっちり仕上げておられます。

Links(その他のお友達)
Yonkai Band
以前勤めていた会社の人たちが組んでいたバンドのHPです。
みなさんお元気そうでなによりです。



メール
tbcsufo-x901999@yahoo.co.jp
メルアドはyahooのセーフティアドレスです。 バルクが増えたら変更するかもしれないので ご注意いただきますようお願いいたします。)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ