クラウドベース(スペクトラム基地)を作ろう

イマイのキャプテンスカーレット・スペクトラム基地(クラウドベース)をカッコよく作ろう、
と思い立ち作業を始めました。
作業日記みたいなもんです。
当初は甲板を延長と下部構造物の再現をメインに
後は簡単に手をいれるだけのつもりだったんですが・・・

あと制作日記ではなかなかネタが続かないので
最近は手持ちのプラモデル、玩具、雑貨、漫画なんかの
紹介もしています。
よろしければコメントなどいただけると
とぉっても嬉しいです。

ヤフオクで
今井科学キャプテンスカーレットマスコットシリーズの
キャプテンスカーレットの原画を落札された方、
お譲りいただけませんでしょうか。
メルアド:tbcsufo-x901999@yahoo.co.jp
出来る限りご要望に沿うようにいたします。
なにとぞよろしくお願いいたします。

今井科学 イージーキットサンダーバード2号(特大2号初版)

8月24日で、ブログ開設10年になります。
そこで今回は3回に分けた記念企画をエントリします。
共通テーマはサンダーバード2号と小松崎茂です。
本来は別々にエントリするつもりの記事でしたが
ちょっとずつ関連するので今回まとめてアップします。
え?クラウドベース??
は、は、は。野暮なこというのは嫌だなあ。


-----------------------------------------------------------------------

大ヒットしたサンダーバードシリーズに対し
今井科学は次々新商品を投入していきます。
その中で人気が高かったのは当然ながらサンダーバード2号でした。
イマイは最初のスタンダードサイズ2号を昭和42年12月に発売した後、
昭和43年6月にモーターライズ版の2号を発売しました。

1 イージーキット サンダーバード2号






今井科学 イージーキットサンダーバード2号。

イージーキットとは、これまでもスペクトラム基地やマイティ号でも説明したとおり
最初からモーターと配線が組み込まれた状態で発売されたプラモデルです。
難しいモーター配線を行う手間が必要ないため
子供にも簡単にモーターライズキットが作れるというのがセールスポイントでした。
2 イージーキット サンダーバード2号








イージーキットであることを強調するために
上箱の右上に小さな小窓があり、モーターが見えています。
箱を開けると、配線済みのコンテナ下部が本体下部パーツにセットされ
専用の保護箱に収められています。

3 イージーキット サンダーバード2号








保護箱のカバーをはずした状態です。

1-1 イージーキット サンダーバード2号




箱側面。
上側には他のキットが紹介されています。
特にパノラマセットは完成写真まで載ってますねえ。
下側は恒例の遊び方紹介。

4 イージーキット サンダーバード2号






パーツを全部出しました。
2号の図解は、後に80年バンダイ再販サンダーバードで
ブラシ画のボックスアートを描いた長谷部政幸さん。
数年前にこの図解の原画がヤフオクに出てたけど、
出品価格が高くて手が出せずにいたら
その後まんだらけの大オークションで
ヤフオク出品価格の1,5倍で売れてた・・・

イージーキット2号はゼンマイのスタンダード2号から半年後に発売されたこともあり
本体のプロポーションが格段に良くなりました。
またサイズも大きいので迫力もあり、こちらも人気キットとなりました。

僕は当時イージーキット2号を買ってもらっていました。
友達の中でもイージーキット2号を持っていた人はあまりいなかったように思います。
当時600円というのはかなり高額な玩具だったからでしょう。
コンテナメカが4号やジェットモグラ、磁力牽引車というのもうれしかったです。
でもコンテナ後部にモーターがセットされていたため
スタンダード2号よりも大きいにもかかわらず
コンテナメカが綺麗に入らなかったのが残念でした。

大学生の時に半分壊れたそのイージーキットを引っ張り出して
プロポーションの良さに驚きました。
実際特大2号は最もプロポーションがいいと言われ
1/350TB2号が出るまでは
これを元に改修した作例記事が雑誌に載ったりしてました。

ただし、コンテナの最頂部が2番目と3番目の溝の間になっているため
やや猫背になってしまうのが難点でした。

イージーキット2号はその後1971年に新生イマイからサンダーバード2号として再販されました。
71年再販電動サンダーバード2号71年再販電動サンダーバード2号71年再販電動サンダーバード2号






写真はヤフオク画像からお借りしました。
「サンダーバード プラモ パーフェクトカタログ」では
71年再販ではゼンマイに改修されたとありますが
実際にはモーター版として販売されました。
写真で見る限りはイージーキットと同じ物です。
ただしイージーキットではなかったはずなので
後輪がどのようなパーツ構成になっていたかは不明です。
なんせこの再販の未組なんて見たことがないので。

そしておそらく74年頃にゼンマイ走行に修正されたと思われます。、
さらに1984年の再販ではコロ走行に改められました。

その後1990年の再販で再度モーター走行になりました。
2度の改修が行われているので
初版とどう変わったのか見てみます。

5 イージーキット サンダーバード2号 電動走行特大2号








初版イージーキットと、92年再版電動走行特大。
箱サイズは特大のほうが少し大きいです。
ボックスアートは共に小松崎茂さん。
イージーキットは1967年、
特大は1971年に描かれました。
その間、4年しか経っていませんが
雰囲気がかなり変わっているように感じます。

8 イージーキット サンダーバード2号9 電動走行 特大 サンダーバード2号






改修が一番大きいのはコンテナ下部となります。
コンテナ内側は初版ではリード線が4か所剥き出しになっていたものが
2か所になっています。
これはスイッチ部が前輪後ろの電池ボックスの前にあったものが
電池ボックスの蓋の横側に移動したためです。

12 イージーキット サンダーバード2号13 電動走行 特大 サンダーバード2号






コンテナ外側です。
初版のスイッチの位置がわかります。
これが特大(写真左)では電池ボックスの上側の溝に付きます。

10 イージーキット サンダーバード2号11 電動走行 特大 サンダーバード2号






モーターボックス。
共に金属製です。
これは形状がほぼ同じです。

6 イージーキット サンダーバード2号7 電動走行 特大 サンダーバード2号








部品パーツ。
特大で、コンテナが部品パーツと一体成型だったことがわかります。
金型修正箇所については赤丸で囲みました。
1は後輪です。
イージーキットでは最初からセットされていたものですが
上にも書いた通り、71年再販時には後輪パーツがどうなっていたかはわかりません。
その後ゼンマイ化されたときに新規パーツとして追加されました。
2と3はスイッチ用パーツとして、90年の再電動化の際に追加されました。
4はコンテナ床の前部ですが、
もともとは配線されていた箇所がそのまま床として利用されていたので
4のパーツはもっと前側だけでした。
しかしゼンマイ化の際に元電池ボックス部がなくなったため
前部床を延長し更に床後部のパーツが新造されていました。
このパーツはディスプレイ版でもそのままでしたが、
再伝動化に際し新たに電池ボックスを作ったので
床後部パーツが削除されています。
(電池ボックスの高さは初版に比べて少し低くなっています)
ゼンマイ化の際になくなっていた5も再電動化のため
改めて電池ボックスの蓋として作りなおされました。

ヤマト、ガンダムの影響でゼンマイのニーズが減ったことと
プラモデルのディスプレイ化がすすみギミックがなくなっていったことから
特大2号もいったんコロ走行になりました。
しかし80年代後半からギミック復活を要望する声が大きくなり
特大2号の電動走行も復活しました。
比較してみて、あまり大きな変更がないので
初版の雰囲気で楽しむことができます。

残念ながら、何故か金型がアオシマに移ってからは一度も再販されていません。
数年前、伸縮脚のパーツを付けて再販する予定があったようですが
結局見送られました。

ぜひともアオシマのラインナップに加えていただきたいものです。

次回は8月21日に更新の予定です。

明石文化博物館 特撮のDNA展 行ってきました。

22日に兵庫県明石市にある明石市立文化博物館で開催されている
「特撮のDNA展」に行ってきました。
特撮のDNA展 パンフレット








全然知らなかったのですが
この展示会は2016年に福島、2017年に佐賀で開かれており
明石で三回目になるそうです。

内容は東宝特撮映画の撮影用プロップやその復元模型など
映画の製作に使われたものを展示しているものです。


展示品は写真撮影OKなので少し紹介します。
展示会場は1階と2階に別れていました。

1 メカゴジラ








入って最初に目に飛び込んでくるのがメカゴジラ。
これは「メカゴジラの逆襲」に使用された
着ぐるみ(スーツ)です。
想像以上に大きくて迫力がありました。
なんというかその重量感に気おされました。
とにかく今後メカゴジラを作るときのために(笑
写真を撮りまくりました。

僕はメカゴジラの玩具は1980年代のバンダイのソフビと
90年代の復刻版ブルマァクのソフビしか持っていないのですが
これまでのメカゴジラの玩具って硬質感がありすぎて
着ぐるみがもつ質感が感じられないのが残念です。
この感じを再現した玩具ってでないかなあ。

2 スピップ号3 JX-1 隼号4 P1号








左からスピップ号、JX-1隼号、P1号です。
これらは撮影用模型を復元したものだそうです。
隼カッコいい!
一緒に行った友人はスピップ号が気に入ってました。

5 怪獣大戦争 ヘルメット6 怪獣大戦争 小道具






左は怪獣大戦争で使われた宇宙服のヘルメット、
右はX星人のメガネと頭部マスク、浪川のミステロンガン、    
ミステロンガン欲しい!!

7 海底軍艦轟天号8 海底軍艦轟天号 ドリル






右は海底軍艦轟天号の一番小さいサイズの復元模型
右はドリルの本物。
ドリルは先端の衝が前後するギミックがなんとなく見て取れます。
轟天号といえばドリル先端の前後可動がむちゃカッコいいのですが
新世紀合金の轟天号はちゃんと前後してましたねえ。

9 ムーンライトSY-3








ムーンライトSY-3
これも復元模型です。
めちゃ大きいです。
以前にも書いたけど
SY-3といえばやっぱりロケットブースターがないとね。

10 ジェットジャガー頭部11 ジェットジャガー








左、ジェットジャガーの頭部プロップ。
右 ジェットジャガーの飛行ギニョール、再現模型です。
東宝特撮の中ではいろいろ言われてしまうジェットジャガーですが
撮影用のヘッドが残っていたよかったです。
飛行ギニョールは再現模型とのことですが
どう見ても劣化具会が本物に見えるんだけど。

12 バラン






大怪獣バランの飛行ギニョール。
当時バランを作った方により同じ材質で再現された復元模型です。
とはいえ、以前から疑問だったんですが(なら調べろよ)
「大怪獣バラン」での飛行形態は
このギニョールのように両手足を広げていたと記憶しています。
ところが「怪獣総進撃」のバランは両手の脇を絞めた状態になっています。
「怪獣総進撃」では倉庫に残っていたギニョールをそのまま使ったと認識しているのですが
そのバランはどのシーンで使われたのでしょうか。

13 ヘドラ目






ヘドラの目
どうせなら光らせて欲しかった。

14 流星人間ゾーン15 流星人間ゾーン






流星人間ゾーン
撮影用の小道具が結構残っています。
これらはこれまでのDNA展では展示されず
明石で初めて展示されたそうです。
ゾーンの人形はタカトクの玩具を改造して使ったそうです。
ほかにもガロガのヘッドとかありました。

24 ガンヘッド モゲラ






ガンヘッドとモゲラ
こちらも撮影用のプロップ。
平成モゲラはデザイン的にはあんまり好きではないのだけど
ガンヘッドはなかなかカッコいいと思っています。
ただし映画の出来が(r

1階には他に超星獣シリーズの小道具がたくさんならんでいましたが
全然わかりませんでした。

昔のワンフェス?とかでは
メーサー車(小)や海底軍艦(小)のプロップなんかも展示されていたはずですが
今回はありませんでした。
処分されちゃったのかなあ。

2階は主に平成ゴジラの物を中心に展示されていました。
その中で気になったもの。

17 84ゴジラヘッド メカ






84ゴジラの頭部メカ
空気圧で口が開いたり目が動いたりするようになっていたようです。
骨格みたいでちょっとグロ。

16 ビオランテ触手






ビオランテ触手。
撮影に使われたものです。
これも再現模型にはない迫力がありました。

19 ゴジラ雛形






展示場の中央には、ゴジラの雛形がたくさん並んでいました。

18 カメーバ






ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOSのカメーバの死体。
大きくてインパクトがあります。

20 大怪獣総攻撃 アンギラス20 大怪獣総攻撃 バラゴン21 大怪獣総攻撃 バラン






護国三聖獣のアンギラス、バラゴン、バラン。
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃での雛形粘土模型。
狛犬をイメージした三匹はなかなかいいです。
結局バラゴンのみ残り後の二匹は出ませんでした。
なんでもいいからモスラとかいうのは安直だと思います。

21 大怪獣総攻撃 キングギドラ






その時の雛形粘土模型のキングギドラ。
確か上の三匹の後に出てくるのがキングギドラとかの設定じゃなかったかな。

22 ゴジラ モスラ ジオラマ






ミレニアムゴジラとモスラ3のモスラ。
ジオラマ展示されていて、一緒に写真をとってる人がたくさんいました。

23 マルザン ムーンライトSY-3 復刻ポスター






物販コーナーもありまして、
このポスターが欲しい!
と思ったんだけど
ポスターなんてどこに置くねん、と冷静になってしまい買いませんでした。

あと、明石開催ということで、オオダコのフィギュアとクレクレタコラの人形が売られていました。

友人に誘われたりしたので2回いきました。
この手の展示会は例えば数年前のウルトラマンやウルトラセブン、
サンダーバード博なんかも見て楽しめるものがあまりなく
それほど長く会場にいたわけではないのですが
今回は普通に2時間もいてました。
やっぱり本物の魅力というのは替えられないものがあるなあと感じます。

なかなか難しいとは思うけど、
かつての映画や番組に使用された物も文化遺産として保全して
常設展示してくるような所が欲しいです。
(そういやペルミダー2世は太秦に今でもあるんだろうか)

ハリウッド版ゴジラ 新作トレーラー公開 作品タイトルは「Godzilla King of the Monsters」

2014年に公開されたワーナーゴジラの続編のトレイラーが公開されました。

 

 タイトルは「Godzilla  King of the Monsters」
あの第1作ゴジラのアメリカ版タイトルを使用しています。
またこのタイトルは同じ世界観で作られている
「キングコング: 髑髏島の巨神」と対比させているのだと思います。

そしてかねてからの情報のとおり、モスラ、ラドン、キングギドラが登場するようで
今回はまさにKing of the Monstersとしての存在を見せてくれるのでしょうか。

スマホとかだと動画を再生するとパケット容量がかさむので
見やすいように気になったシーンをキャプチャーしました。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 -1




冒頭、破壊される街を見る少女が写ります。
(少年かと思った・・・)
まさかとは思うけどガメラや後期ゴジラのような
ガキンチョがやたら目立つ映画じゃないですよね?

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 2




前作に続き登場の芹沢博士。
演じるは渡辺 謙さん。

トレイラーの人間部分は紹介しても
内容も人物もわからないので、以降は割愛します。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 3




氷漬け?なキングギドラのシルエット

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 4




なにかと触れ合う少女。
これってモスラ幼虫?
それとも現在明示されていない
もう一体の怪獣?

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 5




熱線を吐くゴジラ。
体中から光線を出したりはしません。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 6




ゆっくりと翅を広げるモスラ成虫。
翅の模様がオリジナルに近い感じがします。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 7




火山?から飛び立つラドン。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 8





街の上空を飛ぶラドンのシルエット。
「空の大怪獣ラドン」で
阿蘇山で新婚さんを襲ったシーンが思い出されました。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 9





攻撃する戦闘機を脚で蹴り飛ばすラドン。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 10




全身が燃えるように赤く輝き飛行するラドン。
火山から登場するようだし
まさに紅蓮の怪鳥。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 11




そして羽根を広げ登場するキングギドラ。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 12




さらに暴れるラドン。
予告ではとにかくラドンがよく映っています。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 13




ゆっくり姿を現すゴジラ。

Godzilla  King of the Monsters - Official Trailer 1 - 14




最後にタイトル。
うしろにカタカナでゴジラと書かれています。

上にも書いたように、ゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラ以外に
もう一頭怪獣が登場するようなことが公表されています。
それは既存怪獣なのか、それとも新怪獣なのか。

公開は2019年5月の予定。
東宝は今後、日本とアメリカで交代で毎年ゴジラを公開することで
ゴジラというコンテンツを常に提供していき
マーケティングにつなげたいそうで
2020年に日本で新作をつくるとしています。
そして2021年には今作のゴジラと「キングコング: 髑髏島の巨神」に登場した
キングコングとゴジラが戦う映画の制作が予定されています。

個人的にはシン・ゴジラがまったくダメだったので
ハリウッドの展開に期待してしまいます。
とりあえず来年が楽しみです。

マルサン(マルザン) キケロ星人ジョー キャプテンウルトラマスコットシリーズ

記憶の中では、中学生のころまで
家にキケロ星人ジョーのプラモデルがありました。

高校生の時、スターログや宇宙船の懐かしプラモ特集を見て
子供の時のおもちゃ箱をあさり
壊れたプラモを引っ張り出しました。
その中にはミドリのエンタープライズ(中)
イマイのサンダーバード1号なんかもでてきました。
でもキケロ星人ジョーについては足首しか残っていませんでした。

3 マルサン キケロ星人ジョー マスコット








マルサン キャプテンウルトラマスコットシリーズ キケロ星人ジョーです。

キャプテンウルトラの頼れる相棒が
キケロ星人のジョーとロボットハックでした。

キケロのジョーは異星人であり
自らの体を硬質の貝と化し身を守ることができます。
そしてシュピーゲル号の2号機のパイロットでもありました。

小林稔侍さんが演じていたことはあまりにも有名ですね。

残念ながら第1クール終了と共に
キケロ星に還るという形で降板してしまいます。
これはアンケートにより、体の突起や貝への変身が
子供に気持ち悪いという結果が出たためだそうです。

小林稔侍さんは、当時仕事がなく毎週のレギュラーは大変ありがたかったので
降板は残念だったとおっしゃっているそうです。

僕も子供の時には正直言ってジョーはけっこう気持ち悪かったと感じていました。
でも第1クール終了と共に母星に還ってしまいいなくなったことには
結構違和感を感じていました。

ジョーがいなくなった第2クールは
アカネ先生がメンバーとなりました。
大学生以降にきちんと見直すまでは
アカネ隊員の方が作品に合ってると思っていました。

元々キャプテンフューチャーから設定を取ってきていることもあり
万能で頼れるリーダーのキャプテン
完璧な防御を持ち戦闘では無敵のサポート役のジョー
万能の解析力と重火器を内蔵するハック
の三人はうまくバランスが取れていたと思います。
アカネ隊員は紅一点で変装の名人ということで、
チームバランスとしては悪くないのですが
見直したらやっぱりジョーがいた第1シーズンの方が
チームワークがとれているように思います。

城野ゆきさん演じるアカネ隊員は
元々先生であり学者でもあるという設定のためでしょうか。
とても知的な印象を与えています。
子供の頃にはヒロインなんてあんまり興味はありませんでした。
ビジュアル系SF雑誌でヒロイン特集が組まれ
一つのジャンルとなりますが
大人になってから改めて見直してみて
個人的にはウルトラセブンのアンヌやウルトラマンのフジアキコよりも
魅力的だと思いました。

ずっと、なんでそんなに好きでもなかったジョーのプラモデルが
家にあるのか不思議だったんですが
マルサンのキャプテンウルトラマスコットシリーズは
1、キャプテンウルトラ、バンデル星人、シルバースター
2、ロボットハック、キケロ星人ジョー、シュピーゲル号
の二つのセット売りだったそうです。
思い起こせば確かにウチにはハックとシュピーゲル号もありました。
ハックは小学校のうちになくなりましたが、シュピーゲル号は
欠品・破損状態ながらいまでも手元にあります。
つまり、セットを買ったからジョーも持っていたんですね。

足首をみつけたもののそれだけあっても仕方ないとは思ったのですが
捨てるのもなあ、と思い、ずっと持っていました。

先日ヤフオクで、なんと右足首欠損のジャンク品が出品されているのを見つけました。
もうこれは、僕のための出品だ!と確信し(笑
落札しました。

落札価格は以前の塗装済み品ジャンクの倍でという予想外の高額となってしまいました。
でも、自分の右足首を生かしてやるためにも後悔はしていません。

2 マルサン キケロ星人ジョー マスコット








右足首です。
この状態で40年間は持っていたことになります。

1 マルサン キケロ星人ジョー マスコット








落札したジャンク品です。
埃まみれで汚かったけど、水とブラシで洗ったらそれなりに綺麗になりました。

3 マルサン キケロ星人ジョー マスコット








改めて足首を付けた状態です。

4 マルサン キケロ星人ジョー マスコット








背面からです。

特に下半身に、接着剤が付いた痕が残っています。

6 マルサン キケロ星人ジョー マスコット5 マルサン キケロ星人ジョー マスコット








自分の記憶の中では、ジョーはよくできたプラモだった印象がありました。
今、こうやって見てみると
顔はやや丸顔ではあるけれど結構写実的です。
プロポーションもリアルな人間体型で、手の造詣がやや甘いとはいえ
かなりの完成度だと思います。

7 マルサン キケロ星人ジョー マスコット








しかもちゃんと二本足で自立します(驚

高さは15cm
イマイのキャプテンスカーレットマスコットが約8cmなので
かなり大きいですね。

8 マルサン キケロ星人ジョー マスコット






イマイのスカーレットと。

こうやって手元に来て眺めていると
ハックも欲しくなってきます。
ハックは頭の横の突起(アンテナ?)が大抵折れているので
完品はなかなか出てこないのですが
機会があればがんばってみたいです。

ジェリー・アンダーソン コミカライズ大全という漫画が発売されます 

講談社KCデラックスレーベルで、
「ジェリー・アンダーソン コミカライズ大全」という本が出版されます。
現在のところ、3巻まで告知されています。

収録内容と発売予定日は以下。

第1巻 6月28日
『サンダーバード』(幼稚園/66年9月号〜67年3月号、小学一年生/66年9月号〜67年3月号)、
『海底大戦争』(少年マガジン/64年39号〜65年10号)ほか。

第2巻 7月26日
『サンダーバード』(小学四年生/67年11月号〜68年2月号)、
『ジョー90』(たのしい幼稚園/68年12月号〜69年5月号、ぼくらマガジン/69年1月号〜6月号)ほか。

第3巻 未定
『サンダーバード』(少年マガジン/67年36号・図解)、
『謎の円盤UFO』(ぼくらマガジン/70年38号〜71年13号、たのしい幼稚園/70年11月号〜71年3月号)

大学生のころ、
立風書房の超百科「サンダーバード」「キャプテンスカーレット」で
漫画があったことを知りました。
思い出せば子供のころ、家にあった少年サンデーでスカーレットを、
ぼくら付録でジョー90を読んだことを思い出し
いつかこれらの漫画を全部読んでみたいと思いました。

そしてほぼ20年前からアンダーソン関連のコミカライズの収集をしていました。
ですので正直言って、
まさかこんな本が出版されるなんて思いもしませんでした。
めちゃうれしいけど、売れるのかが心配になります。

サンダーバードのコミック化権は当時小学館の独占契約でした。
学年誌では小学1年生と小学4年生での掲載だったので
その両方が収録されるようです。
海底大戦争スティングレイ、ジョー90、謎の円盤UFOは
講談社の独占契約でした。
なので、今回の収録では出版社に残っている保存用から
スキャンしているものと思われます。

海底大戦争は前半は遠藤昭吾さんの絵物語、後半が藤田茂さんの漫画となります。
僕の認識では65年の8号で連載は終わってると思っていたんだけど
思い違いかなあ。

ジョー90の「ぼくらマガジン」というのは記載ミスです。
掲載誌は月刊誌の「ぼくら」で
「ぼくらマガジン」が創刊されるのは69年11月です。

「ぼくらマガジン」の謎の円盤UFOは漫画ではなく写真コミックスという
テレビのスチール写真にセリフや効果音、説明文を入れたものです。

サンダーバードの漫画は他にもありまして、
小学館ブック、小学館コミック、TBSコミック増刊で連載されています。
そして僕が未だ未読なのが
朝日ソノラマの「ウルトラブックスサンダーバード6号」に掲載された
映画サンダーバード6号のコミカライズです。
今回の収録内容で、1巻と2巻に「ほか」とあるので
その辺が収録されるかどうかが気になります。

それと、キャプテンスカーレットが一切収録されていないようですね。
スカーレットのコミカライズは膨大な量となります。
通常の単行本ページ数であれば
スカーレットだけで4冊か5冊になります。

スカーレットは小学2年生の68年6・7月号であすなひろしさん、
小学5年生68年4〜7月号に宮谷和彦さんが描いているというだけでも
漫画ファンとしては読んでみたいんじゃないでしょうか。
また小学3年生では平井和正さん、6年生では梶原一騎さんが
ストーリーを担当しています。

ここまで文字ばっかりなので。

僕は1998年ごろからアンダーソン作品のコミカライズを集めていました。
2003年に開かれたのITF第5回板橋オフ会で
コミカライズに関する冊子を作り配布しました。

1 マンガ世界のサンダーバード 漫画で見るアンダーソン作品








マンガ世界のサンダーバード 漫画で見るアンダーソン作品
表紙の絵は「TBSコミックス増刊サンダーバード」から
絵は井上英沖さんです。

2 マンガ世界のサンダーバード 漫画で見るアンダーソン作品








裏表紙は、
「ぼくら」ジョー90 一峰大二さん
「小学一年生」サンダーバード 井上英沖さん
「少年ブック」キャプテンスカーレット 旭丘光志さん
「小学館ブック」 西はじめ(中城けんたろう)さん

冊子の内容は
テレビ作品別漫画解説
雑誌解説
作家解説
出版社解説
コミカライズ一覧(雑誌掲載リスト)
という構成にしていました。

作成から15年がたっているので
その間に入手した資料が載ってなかったり
新たに分かったことなんかもありますが
この冊子をまとめたおかげで、
今でもすぐにアンダーソン作品コミカライズについて
確認できます。

ついでに冊子中に載せた画像ページです。

3 漫画で見るアンダーソン作品 海底大戦争スティングレィ








海底大戦争(スティングレイ)
遠藤昭吾さんの絵物語は
DVDの付録として完全収録されてます。

4 漫画で見るアンダーソン作品 サンダーバード






サンダーバード 1
メカとキャラを中心に集めました。
小学館「幼稚園」がこの時点で未入手だったため
画像にはありません。
またウルトラブックスの漫画を知ったのは
つい数年前のことなので
これも載っていません。

5 漫画で見るアンダーソン作品 サンダーバード






サンダーバード 2
漫画に登場した怪獣を集めています。
怪獣や悪人と戦うのがいかにも時代ですね。
ほかに「ウルトラQ ペギラが来た!」のストーリーを
そのまま丸パクリしたのもあったります。

6 漫画で見るアンダーソン作品 キャプテンスカーレット






キャプテンスカーレット
おそらく日本で初めて放送前から雑誌タイアップという
メディアミックスを行った作品です。
そのため掲載誌も作家も多数に上り
とてもじゃないけど全部は収録しきれませんでした。
総じて劇画系の絵のしっかりした方が描かれています。

「少年サンデー」の江波譲二さんのは、最初は面白いのですが
不人気から途中で2ページに減らされてしまいました。

一番読みごたえのあるのは
集英社「少年ブック」の旭丘光志さんのものだと思います。
少年漫画SF作品としてすごい結末となっています。

少年ブック 昭和43年1月号 キャプテンスカーレット 第1話前編 旭丘光志

少年ブック 昭和43年2月号 キャプテンスカーレット 第1話後編 旭丘光志


7 漫画で見るアンダーソン作品 ジョー90 UFO








ジョー90 謎の円盤UFO
この時点で、久松文雄さんのジョー90と
一峰大二さんのUFOは未入手でした。

一峰大二 ジョー90 第一話 講談社ぼくら昭和44年新年号付録


一峰大二 ジョー90 第二話 講談社ぼくら昭和44年2月号付録


たのしい幼稚園 なぞのえんばんUFO 一峰大二


3冊出版された時点で、改めて収録内容や未収録作品について
まとめてみたいと思っています。
記事検索
Recent Comments
Archives
livedoor プロフィール

godzitoraman

Links(趣味のお友達)
ITF21 ブログ
僕も参加しているアンダーソン作品ファンオフ会のスタッフがみんなで書き込むブログです。
ぜひご覧ください。


たぼの色々
ITFのお仲間、たぼさんのブログです。
特撮・アニメ関連の話題が満載。あとグルメはもっと満載。


mameoのサンダーバード・コレクション
ITFのお仲間、mameoさんのホームページです。
サンダーバードをはじめとするアンダーソン関連グッズや円谷特撮作品の関連グッズなどが展示されています。


みくに文具
大変お世話になっているブログです。絶版キャラプラモについては間違いなく日本一詳しいサイトです。とにかく情報量がすごい!


タケナカ参謀の部屋
友人が開設した、プラモデルの制作記のブログです。
バンダイウルトラメカの組立とそれを使ったジオラ製作が中心です。あとその他特撮等に関する話題を扱っています。


SENSE OF WONDER
青の魚座様のSFファンサイトです。
イマイのスペクトラム基地をリファインするという
僕のしたかったことをきっちり仕上げておられます。

Links(その他のお友達)
Yonkai Band
以前勤めていた会社の人たちが組んでいたバンドのHPです。
みなさんお元気そうでなによりです。



メール
tbcsufo-x901999@yahoo.co.jp
メルアドはyahooのセーフティアドレスです。 バルクが増えたら変更するかもしれないので ご注意いただきますようお願いいたします。)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ