今井科学 サンダーバードマスコットシリーズスコットです。
サンダーバードスコット箱絵












放送当時、子どもにとっては
200円以上するプラモデル
そう簡単には買えるものではありませんでした。
誕生日かクリスマス、あるいはお年玉をためたりなど
イベントでもないと手に入らないのが普通でした。

イマイは昭和39年ごろから
漫画キャラクターフィギュア化した
マスコットシリーズを発売しており
かなり売れていたそうです。
サンダーバードマスコットシリーズもその流れの中にありますが
何と言っても50円という
子供のお小遣いでなんとか買える値段で
しかもサンダーバードメカが付いてくるという
とてもお得なキットだったのです。


サンダーバードスコット箱横



マスコットシリーズなので商品名は
「サンダーバード スコット」なのですね。
どこにもサンダーバード1号とは書いていません。
わずかに箱の横の遊び方の説明に
1号という記載があるだけです。


サンダーバードスコット中





サンダーバードスコット箱裏

箱の裏の組立説明図と中身。
子どもでも簡単に組み立てられる物でした。
初版のみデカールが付いています。
目がなんとなくコワイ(笑








この模型のいいところは1号の発射台が
実際の1号の発射台であるプールの形をしている事です。
子どもたちはこの1号を発射させるときには
テレビで1号がプールの下から
飛び出していく様を思い浮かべていました。
(少なくとも僕はそうでした)
買いやすかったので再販も含めて
このプラモデルは何個もつくりました。