2010年10月18日

ドル安

先週末の15日に、遂に豪ドルと米ドルがパリティを示現。(81円台で)
「エコノミスト」の「ビッグマック指数」によるとビッグマックの価格は
3.73米ドル、4.35豪ドル、320円。
1ドル、85.79円
1豪ドル、73.56円
いいとこついてんじゃない?

goemon99 at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月31日

だからあ

為替介入以外は何したって無駄だって

goemon99 at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月12日

為替介入

10日に出た日銀とFRBの対応の差もあって、円はドルに対し84円台と15年ぶりの史上最高値圏にきています。
以前から書いているように、日本株にとって最大の変動要因は為替なので、我々株トレーダーにとっても、うんざりする円高です。
で、知人との話で出てきたことをまとめておこうと思います。
日銀、財務省が為替介入を行っていない理由に、「単独介入では効果がない」があります。
確かに、通貨安競争をアメリカもヨーロッパも行っている現状では協力までは見込めません。
しかし、理論的には円売り単独介入は成功するはずなのです(と私は思います)
過去に、「ジョージソロスがイングランド銀行を打ち負かした」等の伝説が有りますが、あれはポンド防衛、つまりポンド買い介入が失敗したのです。
しかし売り介入の場合は、日銀が無限にお金を刷ってドル円100円まではもっていきまーす、とすればいくのです。
株の買い支えは失敗するけど、増資で株数を倍にしますと言ったら必ず下がるのと同じ理屈です。
もしこの介入をすると、ハイパーインフレか日本国債の暴落が起こり得ますが、これだけ長年誰もデフレを退治できない、長期国債が高騰を続け1%割れ、と言う状況では、やる価値はあると思うんですけどねえ。
私が日銀総裁なり財務大臣ならそうします。
この理論、おかしい点があったらご指摘お願いします。

goemon99 at 22:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年03月25日

25日 いい日だった

気分がいいので投稿(笑)

 横綱 ツガミ
 大関 鬼ゴム   クラリオン
 関脇 河合楽器  JUKI
 小結 黒崎播磨  栗本鉄


 本日ツガミが高らかに仕手化を宣言!(俺が決めただけ)
一ヶ月半ぐらい前から知人には
「この株久しぶり(丸山以来5年ぶり)に大変なことになりそうな気配」
と言っていましたが。

本物は1銘柄だけなんですが、7年前のルックの時は、衛星銘柄の内田洋行、日特建等でも結構取れた記憶があるので、その他注目株も挙げておく。



メモ
空売りが多くなりすぎて新規売り停止「売り禁」になる銘柄があります。
そんな銘柄は停止初日にえげつなく上がって、その日のうちに天井をつけることが多いです。
今回興味深いのが、3月8日ツガミがそうなったのですが、売り物で始まったのです。
そしてそれからしばらく調整となり、今日の爆発になるのですが、今思えばあの日上がらなかったことが、8日にぶち上げて終了、とならなかったことが、この株に手が入っていたサインだったのでしょう。



goemon99 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月29日

強気

本日(7月29日)の日経平均の終値 10113円(+25)

まあこの10日ぐらいで1000円ほど上がったところだから、今日明日思いっきり買うわけではありませんが、相場には強気で臨みます。
主な理由はあと1か月後に衆院選が行われるからです。
選挙の結果はわかりませんし(ま、民主党の大勝だと思いますが)どっちが勝ったほうがいいのかも知りませんが、言えるのは、ようやく9月から国民の信任を得た政党が政治を行うようになるということです。
(無論、安倍、麻生は最悪なトップでしたが)問題だったのは、もし彼らがまともな政策を行っていたとしても、国民の信任を得ていないがために政策を実現できなかったことにありました。
小泉首相退任後、2〜3年そういった理由から停滞していた日本の政治は、9月から劇的に良化します。
そういったわけで、ここから1か月、安くなったところは恐れず買いたいと思っています。


今日ドラクエ9クリアしました。感想はやっぱりなんでDSなのかな、と。
それでもいい大人を一気に最後まで遊ばせるのは大したもんですね。
ところで、最近驚異的な閲覧数を叩き出しているのが、ドラクエの極限攻略研究会のサイトです。なんでも、ここのほとんどの人が東大、東大出らしいんですが、たかがゲームとは言えこの人たち凄いんです。

自分はかなり株の上手な人間、天才かなとも思った時期さえありましたが、それはたまたま自分にマッチした時期もあるだけだということが最近わかりました。
少なくとも100人1000人に一人の天才ではないと。
100人か1000人に一人そういう異才を持った人が居るんだろうけど、上記の極限攻略の人が、ドラクエと同様に株に力を入れたら、そういう環境にいさせてあげたら、恐ろしいパフォーマンスを叩き出す「天才」になるんだろうなって思いました。


goemon99 at 23:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月10日

大ヒット御礼

随分とブログを更新していませんでしたが、この間、よー儲かってました。
4月上旬のカルソニックカンセイに始まり、5月下旬のインプレス。6月入ってゴールドウィン。そしてここにきて兼松日産、シルバーオックスのストップ高2連チャン!
自分の相場が来た時にしっかりモノに出来ました。


goemon99 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月30日

30日

株の話ではないんだが、ほんの偶然から、見えてなかったものが見えたということが今日あった。
今日起きたことは偶然だが、わざといつもと違うことをすれば、いつも自分が思いこんでいたことと違う事が時に見えるかもしれない。
株でもあるだろう。


goemon99 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月24日

3月24日

久しぶりに鳥肌がたつぐらいの喜びを覚えたWBC。
最後の最後にイチローがやってくれました。

私が感じたことは積み重ねることの大切さです。
今大会でのイチローの不振は目に余るものがありました。
他の選手ならスタメンを外される、もしくは8番か9番に下げられる成績、内容だったでしょう。
でも、そうはならなかった。それはメジャーで8年連続200本安打という積み重ねた圧倒的な実績があったから。
将棋の羽生名人もよく積み重ねることの大切さを口にします。
トレードも正にそう。
わたしも去年の10月には派手にやられましたが、それまでの積み重ねがあったから、その後も運用資産を落とさず戦うことが出来、また今年に入り資産最高値を更新するに至りました。
ちなみに前回書いたアメリカの銀行株。
2週間足らずで倍以上にして利食うことに成功しました!
さすがに率で言えば過去最高のパフォーマンスです。
続けていればこんな満塁ホームランを打つこともあります。

goemon99 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月10日

久しぶりに投稿

トレードに関しては去年はあまりいい年ではありませんでしたが、
一転年が変わってからは好調が続いています。
取れているのは空売りばっかですね。
戻り売りの相場に決め打ちし、
以前だったら「ここ抜けたら買いだ!」と攻めていたところで売ると良く取れました。
パニック的な売りが見られるまではそんな感じかな。
ま、あんまり売る銘柄について書きたくもないので、最近買った銘柄の話。
ニューヨーク市場の
シティグループ(C)を1.2ドル
バンクオブアメリカ(BAC)を4ドル
ウエルズファーゴ(WFC)を8.6ドルで買いました。
普段のトレードとは違う長期投資です。(たいした額ではありません)
といっても一貫して弱気で見ている米国株について強気転換したわけではなく
6500ドルまで下がったと言っても
これは1996年末にグリーンスパンが「根拠なき熱狂」と言ったぐらいの水準ですから、ここから暴落があったってなんら不思議ではないと思っています。
でも上記3銀行株はおいしく見えた。
仮に一つ潰れたとしても残り2つが3倍になれば全体は倍になるわけで
みずほ銀行も一時は安値から10数倍になったことを考えればある話でしょ。




goemon99 at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月16日

寝てる間に資産が増えてる

年が変わっても円高傾向は変わっていません。
輸出で稼ぐ日本企業の株価はこの為替に最も影響を受けますから、このトレンドが転換しない限り日本株の本格的な上昇はないでしょう。
というわけでなかなか明るい話は聞こえてきませんで、じゃあ上記のタイトルは何?ってことになりますが、ある程度のキャッシュポジションを持ってる日本人なら皆そうなのです。外貨に対する円の価値がどんどん上がっていってるんですから。
ただ上記のタイトルのような考えになるには、私と同じ投資ビジョンを持つことが必要でしょう。去年もだいたい同じような事を書きましたが
「円キャリートレードの巻き戻しで一時的に円高が進行するが、人口の減っていく日本の通貨の価値が将来的に上がるわけがない」です。
一週間程前にジムロジャースが同じ様なことを言ってたのを目にしました。
「円キャリートレードの巻き戻しは再開する。円高は2〜4年で1995年につけた79円台水準まで進み、これを超える可能性もある」
ただ、長期的な日本の経済見通しには悲観的で、
「巨額の財政赤字、人口減少という深刻な構造的問題が山積み、私が10才の日本人なら革命を起こすしかない」と懸念を示しています。

あと2〜4年待たなくてはいけないのなら気が遠くなりますが、私はそこまでは待たなくてはいいと期待しています。
今は言うなれば、円の暴落に向けて弓を引き絞っている状態。確かに79円までいくかもしれませんが、めいいっぱい引き絞られた弓矢は、いざ放たれれば140円とか150円とかまで飛んでいくでしょう。
私はその来るべき日を、キャッシュポジションを維持して、まあちょこちょこデイトレでもしながら、タイトルにもあるようなゆとりのある気持ちで待っています。
え?やっぱり金持ちしか参考にならないじゃん、って?
そこはしばらくは歯を食いしばって働いて金貯めとこうよ。
ジムロジャースはまだ2〜4年かかるって言ってるし!


あと、今は世の中真っ暗ですが、景気はバブルと崩壊の繰り返しやから、絶対にバブルはまたきます。世界中の超低金利はせっせとその種を蒔いているわけで。
問題は次のバブルは何か?という所だけど、私は一つは戦争、もう一つは今日書いた円安だと思っています。

goemon99 at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)


月  別
----------------