2007年11月18日

目標は出場権獲得?それともメダル獲得?3

W杯女子が昨日終了しましたね。全日本は6勝5敗で7位で、過去最低の成績になりました。

イタリアに負けた試合を観た時点で、今回は7位ではないかと予想していたんですが、当たってしまいました、予想が

最新の世界ランクでは8位だそうですが、実際の強さで行くと世界のベスト10に入らないかもしれませんね。それくらい弱かったです、今回の全日本も

今回優勝したイタリアはそれほど背も高くないし、アゲロ以外はそれほど跳ぶというわけでもなかったです。しかし、それでも優勝した。世界最高峰のリーグがある国が世界最高峰のナショナルチームであるというきわめて明瞭な結果となってしまいました。

逆に、日本はイタリアから学ぶべきところが沢山あるのではないでしょうかしかし、その見習うべきイタリアには年を重ねることに差がついていっている気がします。


全日程を終えて個人的な今後の全日本への要望を書きたいと思います。がその前に、一つ確認しておきます。

全日本女子は五輪出場を目標としているのではない。メダルを獲得することが目標であるということですこれは別に僕が決めたわけではなくて、監督がいっているのだから、協会の考えでもあるでしょう

このことを明確にした上で語ります(長くなります)。


それなのに、7位と結果を受けて、「課題が見えた」だの「世界との差を感じた」などと言っている監督や選手の感覚を疑ってしまいます。五輪まで1年を切っているのに、W杯で7位ですよ。しかも、中国やロシアなどの強豪国は出ていない上に、今大会ベスト3のチームには3位ブラジルに1セット取っただけ…

どう考えても、北京でのメダルなんて無理だと思うのですが中国が開催国なので、最終予選には出てこない。さらにシステム的に「出場権獲得できず」ということにはならないと思いますが、本大会ではベスト8も厳しいと考えるのが普通かと。

これでメダル取ったら、柳本監督は相当な策士ですよ…


これまで散々書いてきましたが、やっぱり背の低い選手が多くては世界のトップはとれない『そんな事はない。竹下選手や高橋選手は世界に通用している。』という意見の人も沢山いると思います。もちろんそれを完全否定することはしません。高橋選手はスパイク決定率11位に入っているわけですから。

でも、彼女たちは世界トップの選手ではない。総合的に観たら世界では普通の選手です。トータルで観てトップ6に入る選手でないと世界トップに君臨することは出来ないはずです。

で、今後全日本に求められる選手を考えると、

.札奪拭爾惑悗高く(最低でも170cm、できれば175cm以上)、自分のチームでの生セッターであることはもちろんのこと、3年くらい勝敗関係なくナショナルチームで起用し続けて成長が期待できる選手を発掘する。

▲汽ぅ疋▲織奪ーは185cm以上で、サーブレシーブと速い攻撃が出来る選手を4人(サブに2人欲しいので)育成する。もちろん、スパイクジャンプは310cm以上。

ミッドブロッカーはブロックができ、クイックがうち切れる選手を育成する。移動攻撃は二の次でいいと考え、とにかくパワー重視。スピードに特化した選手は高さがなければ×。

ぅポジットは180cm以上でブロックの出来る器用な選手を育成する。左利きであるならば、なおよし。

と言うのが僕の考える理想の全日本です。

もちろん、この考え方だと、とにかくセッター以外は180cm以上で固める必要があるので、高身長の選手の獲得が必要不可欠です。さらに、北京に照準を合わせるのではなく、ロンドン、またはその次の五輪メダル獲得を目標としています。

それを踏まえて、

,砲弔い討蓮△發γ櫺質手からそろそろ脱却するためにも、10代後半の有能な選手を発掘し、3〜6年くらいかけて育てる以外世界に通用するセッターは日本からは生まれないでしょう。できれば高校生あたりから、強豪校で170cm以上のセッターを育成して全国大会で優勝に絡むチームがいくつか出てくるような状況にならないと厳しい。

△聾什澆侶原、大山選手は年齢的にまだ伸びる可能性はあるので、とにかく怪我のしにくい丈夫な体づくりをしてもらって、サーブレシーブとスピードを身につけて欲しい。そして、それ以外に国内で3,4人同じような力を持った選手が現れる必要があるでしょう。その中で、まず相手国ではなく、国内での選考争いが激化することが大切になってくると思います。怪我して手も選ばれる現状は非常に全日本のあり方を歪めていると思います。

はとにかくミッドブロッカーは世界の高さに対してブロックが出来ること。クイックをブロックの上からうち下ろせる高さまたはスピードがある必要があります。23-24でもクイックに上げられるセンターが必要です。

い蝋盒響手を一回り大きくした選手が現れる以外世界相手には厳しいかと。その上で左利きなら、現在左利きでの世界的プレーヤーはほとんどいないのでかなり通用するのではないかと…

まぁ、こんなのは完全に理想論なので難しいかもしれませんが、セッターとサイドアタッカーだけは何とかしないとメダル圏内には入っていかないでしょう。

180cm台の選手がスタメンに名を連ね、サブに、高橋選手のような流れを変えられる選手が1,2枚いたら本当に強い日本になると思うのですが。

頑張っても、けが人が選ばれるような選手選考も問題です。TVで平気で「足がしびれています」なんて言われている選手しか本当にいないのなら、もう日本バレーは終わりです。選考されなかった選手も、腐りますよ。少なくとも怪我してても大会終わるまで隠すのが当然の行動だと思うのですが。相手に弱点をみすみす教えてどうするんですか?それとも負けたときの言い訳づくりですか?

「究極の勝利」と言って勝ちにこだわっているのなら、もっと勝負に徹する必要があるのではないでしょうか残念ながら今大会ではそれが全く感じられませんでした。

これで最終予選に回るわけですが、またフジテレビでの放送あるんですかねぁこれでまた、怪我していたとしても大山選手は選考されるんでしょうね。五輪にはメグカナでいきたいというのが見え見えですから。

期待のもてる大型エースではありますが、やはり国内に選手は沢山いるんだから、もっと広い視野で選考して、多くの選手にチャンスをあげて欲しいものです。

協会の体制が変わらない限り、ずっとこんな感じで進むともいますが、バレーファンがもっと、厳しい目で全日本を応援していく必要があると思います。今大会を「感動した」「頑張った」という雰囲気がある限り、選手は強くならないし、全日本の本当の重みはバレーにはないような気がする。野球やサッカーの方がよっぽどその重みを感じてプレーしている気がしてなりません。残念ながら…

さて、今日から男子の開幕です

これまでバレー人気を女子に持っていかれがちでしたが、実力で6位以上を勝ち取って、男子の実力回復を印象づけて欲しいです。なにせ、中学校では男子バレー部が軒並み潰れ、競技人口も減っていますから…

がんばれ日本

他のバレーブログはこちらでクリック↓してください
blogランキング人気blogランキングへ

バレーシューズの決定版予約開始です。
【12月中旬納期!予約受付中】優れた反発性がさらなる高さへとスパイカーを導く☆20%OFF!【12月中旬納期!予約受付中】2007〜08年秋冬モデル!アシックス バレーボールシューズローテ サイバーゼロ【12月中旬納期!予約受付中】優れた反発性がさらなる高さへとスパイカーを導く☆20%OFF!【12月中旬納期!予約受付中】2007〜08年秋冬モデル!アシックス バレーボールシューズローテ サイバーゼロ


goforit53 at 08:55│Comments(0)clip!スポーツ関連 | W杯2007

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔