2017年05月26日

ヒメタク 2巻 細野不二彦

スーパーの買い物帰りで、制服姿のヒメがキュートな表紙の第2巻。

とある少年のハードなエピソードである「チャイルド・ロード」。
お風呂で娘の匂いに反応するヒメの眼がなんだか怖い。だがそれがいい。
幼い子どもがいる女性ならではの気遣いで少年を救えたが…話が重い。
「ナマステ」が「気にしない」、「生捨てられない」など、
意味不明な汎用性の高さで笑った。ナマステとアロハは魔法の言葉。
移植用臓器の運搬をする「ドクターズ・ロード」でも「パワーステー」という
文字通り謎のパワーワード。ドクターキリコとか、天の怒りとか、BJっぽい。
めっちゃまともなことを言う猪又社長に泣いた。健康って大事。

「お盆・ロード」では遺産問題で兄弟夫婦のイザコザに巻き込まれるヒメ。
ずっとスマホをいじっている娘は、イマドキの無関心少女かと思いきや…。
死んだおじいちゃんと直前までずっと連絡を取っていた事実にグッときた。
一方で「女子高生・ロード」の少女は「やらずボッタクリ」の名手。
しかし少女も複雑な事情を抱えており。ヒメ一家と触れ合って心機一転、
握り拳を振り上げる決意したようだが…このあとどうなるんろう。重い。
ひなたの笑顔とヒメの寝顔に癒やされる。

あわや遺体遺棄事件の「マーダーズ・ロード」。これは正気でいられない。
さすがにスコップとビニールシートを買って持ち歩くのはどうかと思うが。
「漫画家=億万長者」というベテラン漫画家の定番ネタに笑った。
事件といえばヒメにタクシー強盗の危機が迫る「仁義・ロード」。
ヒメの知らぬ間に、武藤が「凄み」を見せて解決するのがとても気持ちが良い。
介護をする母への贖罪と、世話になっているヒメへの恩返し。かっこいい。

機甲兵士アナスタシオンの篠原るるか役・天地まりりんちゃんに声が似ている
ヒメにアニメオタクの警官・熊坂が惚れてしまう「婚活・ロード」。
パトロール中にうどんを食う警官…なんか似たようなニュースを噂で聞いたな。
珍しく大ゴマを使って、告白→玉砕の流れに笑った。既婚者に悲しむ熊坂だが、
意味深な存在だった三河屋の娘がカトレア学園吹奏部の清涼寺リリィの声に
似ていることに気が付き、めでたしめでたし。なんだそりゃ!
「メリーズ・ロード」ではヒメの旦那の話が…ちょいちょい重い。
一番つらいの自分たちよりもママだと、ヒメを気遣うひなたとはるき。泣ける。
ヒメの前で下ネタを言うおっさん連中。やーね。ヤギといえばパワポケ6。

そして最終回「湯の花・ロード」。業務停止の危機に瀕する児見山タクシー。
タクシーセンターの存在は知らなかった。こういう面白さも職業漫画の魅力。
議員先生のクレームは難癖ではなく、実際に酷い勤務態度だったのが原因。
ムキになって特定の企業を攻撃するのはよくないが、これは弁解できないか。
さらば、児見山タクシー…とはいかず。懇切丁寧に接客するヒメが大活躍。
人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできるヒメに救われた。
地元の名士がもうひと頑張りをして、温泉街の再開発に成功したときには、
エースドライバー・ヒメを擁する児見山タクシーが大盛況するだろう。

ヒメの旦那の真相もそうだが、それも関係なくもっと読みたかった。
あなたの街にもこんな素敵なタクシーが走ってるかも?(とってつけた締め


ヒメタク 1巻 細野不二彦


ヒメタク : 2 (アクションコミックス)
ヒメタク : 2 (アクションコミックス)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画 

2017年05月24日

YAWARA! 6巻 浦沢直樹

全体的に泣いてばかりの第6巻。

さやかと風祭の突然の婚約発表にショックを受ける柔。
しかし再起を誓うジョディと、おじいちゃんの「試合に出るならば
三葉女子短大の受験を許す(入学させるとは言ってない)」の言葉。
泣き顔は何処へ。勉強も柔道も気合を入れ直す。

カメラマン・鴨田もエヴリースポーツのスポーツ担当を喜び涙で卒業。
巨乳カメラマン・邦ちゃんとタッグを組むことになった松田。
邦子のソバージュと男女雇用機会均等法に時代を感じる。
…と思ったが、どちらも時代関係なくちょいちょい見かけるな。
邦子の写真には熱さがない、最高の一瞬を撮れてないと叱責する松田。
泣き出す邦子。厳しさに惚れる邦子。彼女を気取る邦子。

柔が出場する大会に金の力で入り込もうとするさやか親子。
結局失敗するが…。浦沢漫画、絶妙な加減のムカつく人が多い。
松田に抱きつく邦子とその豊満なボディーを見て、イラつく柔。かわいい。
大会当日もカップルで楽しそう(柔目線)な風祭&さやか、松田&邦子。
集中力を欠き、右手を負傷。流れを止めずに片手で一本はさすが。

「(女子大生は)僕の守備範囲にはいってしまう!」の風祭。
何を言ってもさやかの奴隷なのは確定的に明らかなわけだが…。
痛みに耐えながら受験日を迎えた柔に「技あり」の松田。そして合格。
松田と風祭の間で揺れる柔の気持ち…というベタな展開。
邦子やら取材やらの松田の態度にイラつく柔。かわいい。(二度目)

突然おじいちゃんから、いかがわしいビデオの話をされる義娘と孫。
おじいちゃんの特性をよく知る玉緒さんの説得で進路問題は無事クリア。
卒業式当日に無謀な戦いを挑む花園と、ちゃんと付き合う柔になんか感動。
そして舞台は大学へ。聖身女学館に自らの手で柔道部を作るさやか。
なんか主人公みたいだな!金に任せたやり方は悪役のそれだが…。
全日本選手権での再戦を言い渡すも、完全にやる気のない柔に笑う。
独りよがりのさやかが今後どう化けるかも、見どころのひとつではある。


YAWARA! 5巻 浦沢直樹


Yawara! (6) (ビッグコミックス)
Yawara! (6) (ビッグコミックス)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画 

2017年05月22日

ガン×ソード -another- 守屋直樹

チャンピオン版と違い、アニメ設定の短編集。全1巻。
アニメは滅多に見ないけど、ガンソードは視聴済み。前半好き、後半あんまり。
だけどウェンディさんと最終回が気に入っているので、総合的に好き。

「プロローグ」
よくあるオープンニングのソレ。例によってロボットアニメ感はない。

「ヴァン×ウェンディ」
夜の森で倒れていた花嫁を助けたヴァン。花婿の追手から逃げるのだが…。
いろいろな表情のウェンディさんが見れて良い。
童貞の罵り合い。ガンソード、そしてヴァンを語る上では外せないようだ。
ヨロイのアクションが、ちょっとパワー不足。尺的にもネタ的にも仕方ないか。
オチはどんでん返しである。これもまた、ガンソードらしい。
ブリジットはしくじった時点で三流だから、痛い目に遭っても良かった気が。

「カルメン99」
偶然受け取ったディスクから事件に巻き込まれる、カルメン単独のエピソード。
非常にスペックの高いカルメンが活躍する姿は、見ていて気持ちが良い。
ザウリが自らカルメンを追っかけるのは謎だが、展開的に仕方ない。
情報屋という危険の隣合わせの仕事にしんみりするシリアスな場面で、
得られた情報のガッカリ感。ギャグではなく、卑劣な情報だからタチが悪い。

「カイジ」
ウケを狙いすぎ感が半端ないが、ユニークで魅力的な海の男・カイジ。
両親のいない少女とその妹弟に救いの手を差し伸べる。
こちらは本当に大変な生活を強いられているようで、どんでん返しはない。
飄々とした態度からこの豪快さ。うーん、ダンディ。
トイレットペーパーに殺されそうになるカイジに笑った。
ザコタ様とか覚えてなかったけど、そういえばアニメでいたな。
名無しのガールちゃんが6回着替えているのにも注目。

「プリシラ」
B-1グランプリで快進撃を見せたプリシラの、最初の物語。
挑戦、挫折、再起、特訓、再挑戦…と主人公っぽい。あとアレンビーっぽい。
特訓シーンはあっさりしすぎてなぜか若干ギャグっぽく見えてしまうが、
ボコボコにされるブラウニーとプリシラでは一転、リョナってる。
しかしヨアンナと子どもたちの声援から始まる、捨て身の防御からの
蝶のように舞い蜂のように刺す的な展開は熱くて良い。

カバー裏には女性陣の水着姿。出番のなかったファサリナとユキコも。
ファサリナの水着は、水着の形をした薄い布?
全員露出度が高すぎて、スク水ウェンディさんが一番まともに見える。



ガン×ソード another (バーズコミックススペシャル)
ガン×ソード another (バーズコミックススペシャル)


全1巻の作品の感想を書こうとしてたまたま目に付いたので感想を書いたけど、
つい最近、Blu-ray BOXの発売や一挙放送があったらしい。すごいタイミング。

TVアニメ「ガン×ソード」Blu-ray BOX (完全限定盤)
TVアニメ「ガン×ソード」Blu-ray BOX (完全限定盤)

gofri at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画 

2017年05月20日

からかい上手の高木さん 5巻 山本崇一朗

問題作「想い出」から始まり話題作「クリティカル」で終わる第5巻。

開始早々、子どもが可愛すぎて死ぬ。強奪防止用の罠とは隙きがない。
オチでまさかの読者にニッコリ微笑む西片もとい高木さん。最終回かな。

通常本編も西片抜きで始まったが…西片のことばかり考えている高木さん。
想いが通じて出会うことに成功。西片の心も読んで会話できるし、
その意志は高木さんが操作している。結果、幸せな家庭を築くようだけど。
せっかくの水着(を選ぶ)回なのに、真野も胸元がさみしい…。
精神的にボコボコにされる西片が笑える。身も心も強くなっていく。

このカップル、自販機大好きだな!自販機セレクションでコンビニ本を出そう。
北条さんは占いの回の扉絵で見切れていた人かな。これは遊んでいる顔ですわ。
「明日は土曜日」でも、コーヒーと台風のネタがあったけど、
同じ中学生の括りでも、キャラクターが違えば反応も変わってくる。
高木さんのテンションが高かったのは、決して台風のせいではなく、
合法的に西片と一緒に歩くことで青春ポイントを稼げるからだろう。

ホラー回で夜に先制攻撃を仕掛けたのは、動画を回避するため?
送られてきたら、むしろ夜通し電話をする口実になると思うが…。
そういう弱みを見せるのは高木さんの美学に反する、と解釈した。

そして「クリティカル」の扉絵。1人でニヨニヨしている高木さん。
これが本当の最後のコマのようで。西片には刺激が強すぎて見せられない。
西片の「カワイイね」が決まれば、一撃必殺逆転KOもありえる。


からかい上手の高木さん 4巻 山本崇一朗


からかい上手の高木さん(5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
からかい上手の高木さん(5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画 

2017年05月18日

インベスターZ 2巻 三田紀房

世界征服してるっぽい表紙の第2巻。
確かに世界の経済、トレンド、つながりを理解していないと厳しいだろう。

利食いと損切りの決まりに従って、株の売却を促す先輩一同。
確かに結果として数字が出たなら、それからやることは一つしか無い。
ましてや利益を出すことが必達の道塾投資部なら当然。
財前は指示を無視して数日間、値上がりを期待するも…現実は甘くない。
しかし塩漬けさせることなく、利益のあるうちに売る決断力を見せつける。
この度胸の良さ、図太さが財前の強みだろう。

投資部が授業中に売買をする場合は、ゼンさんにメモを渡すという
ルールだが…これはさすがに。絶対に他の人が気がつくだろう。
中等部なら定番の「手紙を回している」で許されるかも。いや許されない。
つまらない映画を見せて、何分で作品を切れるか試すテストがおもしろい。
テストの内容ではなく「感動作」を皮肉っているっぽいところが。
自分はなんだかんだ全部見て、面白いところを探すだろう。向いてない。

財前が徹夜で作った投資のレポートを速攻で捨てる神代。
未来を予測するために過去から学ぶのは必要なことだが…。
過去の事象だけを並べて、次はこうなると決めつけるのがよくない。
先々まで見据えて、こうなったら次はコレ、その次はコレ、と自分で
説明できる法則を考えることが重要。なにより思考は他に応用が効く。

18歳の神代が「若いうちにしっかり運動して体を鍛えておけ」というのが
なんだかおもしろい。気づくのはもっと年齢がいってからだろう。さすがだ。
しれっとゴルフをやっている安々平先輩。貧乏人にはわからない世界だな…。

ゴールドラッシュで稼いだのは、そのブームを利用して商売をした人。
この発想、当たり前のことではあるけど、実際に最初に行動した人はすごい。
株式でも値上がりそうだから買う、では遅すぎる。うまくいかない。

財前は荒野を切り開くヒントを見つけ出そうと、未開の地である北海道に
道塾を創った開拓者・藤田金七を知るために休日に投資部の古い書庫へ。
しかしそこで出会った強気な少女・藤田美雪に「コンサバ」扱いされる。
「コバマサ」なら幕張の防波堤、「コバヒロ」なら実は西武で引退、だが…。
「コンサバ」とは?次巻へ続く。


インベスターZ 1巻 三田紀房


インベスターZ(2)
インベスターZ(2)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画 
マイブーム
漫画感想の一覧はこちら

IIDXについてはこちら

おねがいマイメロディ くるくるシャッフル Melody.1 [DVD]
おねがいマイメロディ くるくるシャッフル Melody.1 [DVD]
プライムビデオで。
Web拍手


返信なしの一方通行です。
Archives
スポンサーリンク