2018年12月10日

僕の心のヤバいやつ 1巻 桜井のりお

YYK(やっぱり山田はかわいい)の第1巻。

最初は京太郎が思春期特有の病気を拗らせていて不安に思ったけど、
案外軽症なので本当に殺戮ショーが始まることはない。痛い。セルフ殺戮。
山田は山田でぶっ飛んだやつかと思ったら、年相応な感性も。
図書室の住人としていつの間にかちゃっかり仲良しになっている2人。
おどろおどろしい雰囲気は何処へ。捻ったラブコメに着地。無難。
山田は京太郎のイラストを見て、何を思ったのか。大加点らしいが。

いきなり糞ビッチとして紹介される萌子に笑った。
瞳に星やハートが描き込まれているのがかわいい。計算高そう。
イラつく吉田を「まままま」と抑えるのもポイント高し。
吉田から宮なんとか臭を感じる。かわいそう。
小林ちひろこと彼氏さんことちぃちゃんも良いキャラしている。
ちーちゃんの名を冠するキャラクターにハズレ無し。道具派だし。
原さんがどう見てもブスじゃない…顔が太ってない。読者人気高そう。
ウェストはなかなかのようだけど。ブス専とデブ専は全く違う。
まぁ、ドラえもん体型はデフォルメしている漫画だと伝わりにくいが…。

山田の生理痛という読者サービス。サービス?
お菓子を食べてニヤつく山田をいつも通りと語る京太郎にニヤつく読者。
京太郎くん、ラブコメの主人公らしい唐変木じゃないか。
京太郎と山田のラブコメは完全に売れ線を突いており、強い。
「距離」「変化」「気づき」というキーワードも描けているように感じる。
女性作家の感性で、女性読者も獲得しやすいのではないだろうか。

個人的にはみつどもえの奇跡的なバランスの方が好みだけど、
この作品は確実にもっと売れる。メディア展開もいろいろやりそう。
ただラブコメ押しになるとネタ的に長期連載は難しいか?
10ページ漫画の上にベースが浜岡イズムのギャグだからコマ数多いし、
普通のラブコメとはわけが違う。4巻くらい…なんて無意味な予想。
桜井のりおの作品はいつも想像を越えていく。



僕の心のヤバイやつ (少年チャンピオン・コミックス)
僕の心のヤバイやつ (少年チャンピオン・コミックス)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 漫画 

2018年12月03日

ベルセルク 1巻 三浦健太郎

ダークファンタジーといえばコレな第1巻。

「それは剣というには〜」のくだりはあまりにも有名。
この名文句とドラゴン殺しのインパクトにそそられる。
ファンタジーは好きではないけど、パックが良い味を出している。
こいつがいなかったら読んでないかもしれない。
この手の作品はすぐ人が死ぬのと、すぐ裸になるのはなんだかなぁ。

烙印とか黒い剣士とか、謎の多いガッツ。物騒なことばかり言うが、
パックが感じるように、複雑な感情が入り乱れていることが振る舞いから
なんとなく想像できる。大味なアクションに目がいきがちだけど、
群衆とか武器の数々とか悪霊とか…よく描いたものだ…。

ガッツの戦闘能力てんこ盛りはワクワクする。義手が大砲になるとは。
ガッツはめちゃくちゃ強いけど、最強というわけではないらしい。
気力で押し切っているところもありそう。黒騎士といえば復讐。
「ベヘリット」の登場で次巻へ続く。続きが気になる要素が多すぎる。



ベルセルク 1 (ヤングアニマルコミックス)
ベルセルク 1 (ヤングアニマルコミックス)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 漫画 

2018年11月26日

MAJOR 2nd 16巻 満田拓也

また女の子がいない表紙の第16巻。

関取、強打者の風格しかない扉絵からのセカンド強襲で出塁。
劣勢の中、フォアボールで相手を崩そうとする姿勢が強い。
太鳳の「ユニフォームを汚してみたかっただけ」の台詞がハズい。
睦子の下半身の構図の多さ。野球漫画の新しい可能性だなぁ。
ピッチャーもできるイケメン強打者の沢。肘を痛めた過去が判明。
弱小チームで活躍する「志の低い女」にイラつく道塁。
千里にもいいようにされて、小物っぽい。ヘタレキャラになったか?
肝心な場面で併殺に倒れる大吾。主人公補正がない…。

なんで水着姿で野球をしてるんですかねぇ。睦子の水着の過激なこと。
タイムリーヒットでドヤ顔の太鳳があざとかわいい。
大吾相手にオーバースローを解禁する道塁だが粘られて逆転打。
セーラー服姿の道塁が新鮮。男とのフィジカルの差は…。
本当にこれまで打たれてなかったなら、まだなんとかなりそうだけど。
最終回。あと一人まで追い込むも沢の様子がおかしく。
太鳳しか気づいていない。大吾…。流れ的には負け確定。
大ゴマ連発でも回想連発でもないのに展開が少し遅いな。尻連発のせい?


MAJOR 2nd 15巻 満田拓也


MAJOR 2nd(メジャーセカンド) (16) (少年サンデーコミックス)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド) (16) (少年サンデーコミックス)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 漫画 

2018年11月19日

ポケットモンスタースペシャル 1巻 日下秀憲・真斗

長期連載ポケモン漫画の金字塔。掲載誌が複数で何度も変わったり、
各シリーズの都合で単行本発売の順番がややこしい漫画。

真斗のやわらかい絵柄、トレーナーやボールを攻撃する手法がよく話題になる。
ちなみに金銀シリーズ途中の10巻から山本サトシに作画が代わるも、
その後の40巻以上続いているので、読み進めるとあまり気にならない。
開始早々、女児がかわいい。今後登場する青とか黄もかわいいので要注目。

第一話で早速ミュウと一戦交えるグリーンとレッド。
それにしてもロケット団員の制服、日中は目立ち過ぎである。
ポケモン図鑑、いま見ると野暮ったいデザインだ。モニターが小さい…。
キョウとかアレとかアレがロケット団員なのがこの作品の特徴。
膨大なキャラクターの多さ、設定量を活かした意外な展開が魅力的。

生意気なピカチュウ。今後、あっさりデレるわけだが。
結果的に瞬殺されるタケシが悲しい。最初一瞬だけ輝くのが通例。
おてんば人魚のカスミ。今後、あっさりデレる(以下略
ポケモンタワーのコダックは、幼い少年少女読者にはトラウマものだろう。
真っ二つにされるアーボックもなかなかエグい。



ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)
ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 漫画 

2018年11月12日

うちのメイドがウザすぎる! 1巻 中村カンコ

腹筋バキバキの美女が白人美幼女を愛でる漫画の第1巻。
プロは美女と美女児、美少女と美幼女で使い分けをする。プロ?
最近、女性作家による20代女性が一桁女児に興奮する漫画が多いような。
たまたま目に付いてるだけ?男児のパターンも増えてるような。

イカ腹とシックスパックのコントラストに震えろ。
どストレートな「女のロリコン!超きもい!」に笑った。
洗濯するんだからパンツのチェックはしょうがないよね。
自分なら代わりに拭いてあげると思う。超きもい。
これ、お母さんが死んでいる必要ありますかねぇ…。
学者や外交官として海外を飛び回るご都合設定もあるじゃないですか!

学生時代から初潮を過ぎた子に興味が無いつばめはレヴェルが高い。
一桁女児に萌える女性はメンタルが強い。そしてヤスヒロの評判は地に落ちる。
あ、これはメンタルが強いのではなく、何も考えてないだけ…。
筋肉の塊と化した下半身に「この夏も足は出せそうにありません」という
乙女な感性も持ち合わせているようだが。

拉致キャンプ後のミーシャのテンションの高さにニヤる。
鎖骨とへその描き込みに抜かりなし。基本を押さえている。
周囲の悪意がない不登校の故に、つばめの想い…ストーカー…が伝わり、
割とあっさりと学校へ行く。鷲崎みみかもつばめにやられる?鷲なのに。
筋肉女子に吊りスカは似合わない。あと主人に忠実なクマゴローがかわいい。



うちのメイドがウザすぎる! : 1 (アクションコミックス)
うちのメイドがウザすぎる! : 1 (アクションコミックス)


gofri at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 漫画 
先月のおすすめ
漫画感想の一覧はこちら
IIDXについてはこちら

先月(10月)のマイブーム
ギャラリーフェイク (34) (ビッグコミックス)
ギャラリーフェイク 34巻 細野不二彦
Web拍手


返信なしの一方通行です。
Archives
スポンサーリンク