2010年02月26日

みつどもえ:178卵生「ギヌロ革命!!」

今週のみつどもえは題名の元ネタがなんだか分からずに
ショパンの練習曲第12番が頭の中で流れ続けたが……リベロ革命か。
そしてこの扉絵、発禁寸前。スカートのホックを外してまで食べる雌豚。
ふたばさんを生クリームまみれにしたいよー(下ネタではない)

「バレーボール…またひとつ無意味なものリストに追加されたよ」
相変わらず運痴なひとは。俺も団体球技は無意味だと思う。
ボールになるとひとはとキッスの練習ができるそうです。
ここから先は……言うまでもないな?そしてみつばに座られて
徐々にしぼんでいく、と。そんな人生を送りたい、なんて私は思わない。
どうせならふたばさんに思いっきり蹴られて破裂(以下略
男女対抗戦を提案する矢部っちとのイチャコラを挟みつつ
チームみつばによってバレーのコツ、楽しさを教えられるひとは。
妹思いの姉2人による相撲に笑った。特に上手投げの「でぇい」あたり。
宮なんとかによってDクイックの才能に目覚めたぞ!(適当)

「まずはなによりやる気を引き出さないとダメだと思うの」
吉岡はパーカーのボタンを第3ボタンあたりからかけて
いんらんアピールができる着こなしをすると良いと思うぞっ☆
バレーへのモチベをあげるために恋愛漫画を持ってくる吉岡……
三女さんはすでに恋する乙女だから、無意味だし不必要だよ><
矢部っちのハートへアタック!うまい!いや全然うまくない。
そして変態ピロリロリン女であることを除けば意外とデキる女、
杉崎が指導をする番。ブロックをしてみたいとおっしゃるひとは。
なぜブロックを?ああ、矢部っちにアタックする女性をブロックしたい、
そういうことですね。へーい へーい。俺も宮下を蹴りたい。
杉崎の肩車ブロックによってふたばさんのスパイクを止めるひとは。
恐怖のあまりギヌロしてしまう欠点を、相手アタッカーに見せることで
利点へと変化させる。これぞギヌロ革命!

「止めたわ!!」 「お…おろして…」 「忘れた頃に高所恐怖症になるな…」
忘れた頃にSになったり、病弱になったり、忙しい姉妹である。
友人と協力をしてバレーボールに対する自信をつけたひとは。
そしてあの矢部っちのあたたかい視線である。イ、イケメン……!
はい!ひとはの「怖かったけど…よかった…」入りましたー!!
ひとはの(ブロック)初体験もうまくいったところで、当初の予定である
男女対抗試合を始めるはずだったのだが……
mitu178
長女の見事な上手投げに感化された男子一同。
「ただのカマボコ(体型的な意味で)かと思ってたのに…」
「出て来やがるんだよなー…何年かに一度桁が違う(体重的な意味で
逸材ってのが…間違いねぇ コイツは番付を駆け上がるぞ…」

そういえばこの前、ちゃんこ鍋のスープ的な商品のパッケージで
見る角度によっては「ゃ」が見えないものがあった。
思わず「これをみっちゃんに見せたらどう反応するのかなぁ」と
ニヤニヤしながら考えてしまいました。嘘です。一瞬ニヤッとしただけで
別にずっとニヤニヤはしていません(どっちにしろ最低)



佐藤姉→の名前とは?―みつどもえ:177卵生「みちでの遭遇」


gofri at 14:17│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 みつどもえ | 週刊少年チャンピオン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

漫画感想一覧
漫画感想の一覧はこちら
IIDXについてはこちら
Web拍手


返信なしの一方通行です。
Archives
スポンサーリンク