2008年12月12日

みつどもえ:124卵生「サンタが息を殺してやってくる」

年末やら単行本やらの時期での巻頭カラーは大変そうだ……。
表紙は矢部っちへのプレゼント(想像)を持っているひとはサンタ。
扉絵でわざわざサンタの格好をしながらモモ肉を食べている雌豚は何なの?
鹿草次郎が「え、みつばサンタも乗るの?無理無理無理」
と言っているように見えてしまって面白い。

今日はクリスマスイブ。
杉崎の家のクリスマスパーティーに男子も呼ぶことを提案する吉岡。
6対6?え、それって……。
しょうがよね、そういうことに興味が出る年頃だもんね><
いんらんまゆげ……
違うんだ!ミヤシタが、ミヤシタが……合コンなんて言うから!!
みつばが何を持って自信満々でノリ気だったのかが気になるところ。
状況を完全に把握できていないにも関わらず
仲間に入れて欲しいと言った矢部っちにはドンマイとしか。
「矢部っちは…ちょっと節操なさすぎるよ!!(ぷんっ」と言う
いんらんまゆげはかわいい。やっぱりいんらんまゆげだけど。

で、パーティーシーンはカットでおっさん……
ではなく、みつばがパンパンになったお腹をさすり「げふー」と帰宅。
ごめん、やっぱりおっさんだわ。
家に帰るとサンタさんを待つべく早々と床につくふたば。
しかし、草次郎からは遅くなるとの連絡が。おそらく留置所にいます
代役としてひとはが選んだのは矢部っち。
予定も電話番号もクローゼットも願望までも……
矢部っちの全てを把握しているひとはは恐ろしい子ッ!!

枕元にプレゼントを置きに行くも、服を掴まれてしまい
パンツ1枚で逃げ出す矢部っち。4歳のふたばはひ弱な子だったのになぁ。
そんなタイミングで帰宅する草次郎。とっさにこたつの中へ隠れる矢部っち。
そこに草次郎の足が入ってきて……
mitu124
膝枕。
矢部っちのベットに勝手に侵入したり、松岡さんと共犯で服を脱がしたり
自分から手を握ってきたり、ということを頻繁にしているくせに
自分が受身の格好になると、顔を真っ赤にして矢部っちを叩く。可愛らしい。
避難訓練の時は下腹部に顔を押し付けられても、成されるがままだったけど
今回は「ひ、人前でこんなこと…ばかぁ」てことですかね。( ゚ 3゚)∵ ペッ!

ああ、草次郎は娘へのクリスマスプレゼントを買っていたので遅れたのかな。
たぶん、みつばへのプレゼントは新鮮な生肉です。
こたつから出た足に、ひとはへのプレゼントである靴が合わないので
返品してくると言い出す草次郎。ここで口を挟まないみつばがなかなか。
せっかくのプレゼントを自分のせいで取り上げてしまうのは
かわいそうだと思った矢部っちは、草次郎に死を覚悟した命がけの謝罪を決行。
「覚悟」とは!暗闇の荒野に!進むべき道を切り開く事だッ!
矢部っちッ!あなたの命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!!
そして半殺しにされる矢部っち。
うん、矢部っちは悪くないよ。ただ、運が悪かったんだ。
まぁ、娘の将来の旦那をボコボコにするなんて
草次郎は娘の気持ちを理解してるとは言い難い……。
いや、理解したうえでの行動なのかも知れないが。


関連記事
カテゴリー「みつどもえ」





みつどもえ(6)

gofri at 23:06│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 みつどもえ | 週刊少年チャンピオン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒猫   2008年12月13日 01:22
将来の旦那って、矢部っちはまだ10数年は童貞でいないといけないとですか…。
でも三女なら我慢して待つ価値があるかも。
長女なら(以下略)
2. Posted by fri   2008年12月13日 20:51
いずれにせよ、草次郎の眼が白いうちはその道は険しい……。
まぁ、相手が長女なら(以下略)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

先月のおすすめ
漫画感想の一覧はこちら
IIDXについてはこちら

10月に感想を書いた漫画から。
画像はAA、文字は感想記事。

みつどもえ 19 (少年チャンピオン・コミックス)
みつどもえ 19巻 桜井のりお

シャーリー 1巻 (HARTA COMIX)
シャーリー 1巻 森薫

毎度!浦安鉄筋家族 22 (少年チャンピオン・コミックス)
毎度!浦安鉄筋家族 22巻 浜岡賢次
Web拍手


返信なしの一方通行です。
Archives
スポンサーリンク