2016年06月24日

はじまりはヒップホップ

https://youtu.be/7OdDlNHR4oI

今 一番 気になるの映画。

平均年齢83才。
ラスベガスへ向けて 頑張る姿を 見たいね。

gogo_amy at 11:19|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年06月20日

おかしいと思ったら病院へ行くようにする。事を学びました。

いやいや 6月に入ったら・・・
いつもより 疲れ方が酷くて 朝昼晩「アミノバイタル」を
摂取しなければ一日 仕事ができない状況でした。

と同時に・・・トイレの回数が増え始めた。

排尿時 痛みを感じるようになる。
今思えば 「膀胱炎」だったんだと 思う。
この時点で 病院へ行けば 良かったと 今更ながら思う。

6月6日からは 函館大会に向けて 練習開始!
たった30分の騎乗で ゲンナリ疲れる。
で!アミノ酸ゼリーを かっくらう。

6月7日 極秘練習。からの お休み。
トイレに行った先から トイレに行きたくなる。


6月8日 乗馬中 足の踏ん張りがきかない。異常に 踏ん張りの継続が出来ない。
今までの 怠慢生活を後悔していた。 落馬した。
矢拾いの為 馬から降りた瞬間 足に力が入らず 背中が激痛。
落馬のせいだと思った。
にしても・・・これだけ 体力低下はおかしいと頭の片隅には思っていた。
函館大会終了翌日 病院で検査をしてもらおうと 密かに思っていた。

夜 ダンス練習。
一曲 踊っただけなのに まるで サウナに入った時なような汗のかき方。
汗が止まらない。滝のように流れる汗だった。

体の変化は 確実だと思った。

9日
背中 腰が 痛い。雨のため 乗馬はお休み。 
 200メートルも歩くと息が上がる。 モミ医者に行く。
疲れが 取れないせいだと 思っていた。
モミ医者からは 背中と腰の張りは 打ち身じゃないと診断。病院へ行くように進められる。
月曜日 行こうと決心した。

これまで 毎日「速攻元気」を 朝昼晩 飲んで
それでも 足りなくて 粉末のアミノバイタルまで 薬のように飲んでいた。
そのお陰なのか・・・食欲も無く お米が受け付けない。

10日 夜 明日の会議資料をまとめていた。深夜2時までかかっていた。
布団に入ったと 同時に寒気が・・・・全身が震える。立ち上がれない。
電話も取れない。。。。。一時間後 前進が焼けるように熱くなる。
もう どうにもならない。寝付いたのは あさ 5時だった。

8:00 重い体を起こし 会議に向かう。
熱があるのは 知っていたが・・・
体温計で熱を見ると 精神的にもやられるので 体温計は測らなかった。

9:30 会議
10:30 会議終了 同時に 現場を見学と言われるが 立っていられない。
トイレに行くと吐く。 トイレで重い体をなんとか起こし 車で待機。もう限界だった。
そのまま VIPを車に乗せて運転したが 10分ほどすると 意識が時々飛ぶ。
VIPに 今日の体調の悪さを伝え 運転を交換していただく。
13:00 やっと VIPから解放され 病院に向かう。

病名 腎盂腎炎 だった。熱は39度あった。

疲労感、背中と腰の痛み、残尿感、排出後の痛み 熱 吐き気 嘔吐 食欲不振
これらは 腎盂腎炎からだと言われた。
入院を進められるが、

明日からは 函館・・・・入院を断り
とりあえず 函館へ行く事にした。

いざという時の対処方法を 先生に指導してもらう。

函館では 寒気と暑さが 交互に押し寄せる二日間。
背中も 腰も 痛い。
時々 心の中で 助けてくれ〜〜と思うほどだったが
一緒に行った仲間が楽しくて優しく気が紛れた。

土曜日 馬には乗らず
見学。
全体的に馬が落ち着いてたので 一安心した。

日曜日は 流鏑馬大会に出場しない訳には行かないと
朝の試走で 騎乗。
やはり 足腰に力が入らない。背中の痛みで 弓を持っていられない。
騎乗スタイルを変更して 取り敢えず 消化試合と気持ちを切り替える事にした。
背中の汗が 尋常じゃない。
車の中で 30分ほど 横になった。開会式は 休ませてもらった。

本番 痛みや具合の悪さが 消えた。びっくり。
ただ 一の的を打ってから 足の踏ん張りが利かない。
脱力感が出る。
気になるのは 鐙の踏み込みだけ。 乗り方を 変えた。

へた糞にも程があると
恥ずかしい限りだった。

本番 一回目が 終わり 馬から降りた瞬間
背中に 滝のように流れる汗、、、、背中 腰が痛い。と同時に 寒気が、、、やばっ。

ところが 熱が上がると 身軽になるような気になって来ていた。
ナチュラルハイ状態。

最後は とにかく 落馬しないように乗る事だけに 気を付けて
なんとか 日曜日は終了。

月曜日 病院へ 数値が下がってない。

ただ 熱は37度内で収まるようになっていたので
生活は楽になっていた。

毎日 点滴生活。どんどん 体調が戻ってくる。

土曜日
乗馬倶楽部フェスタリハーサル。
この日は これまでの治療のお陰で
熱が上がらない手応えを感じていたが、明日に備えて極力動かない事にしていた。

迎えた乗馬フェスタ。
今回は何も出演しない。
司会者とマイクを持って場内を歩く。
皆さんから パワーを頂き 元気になりました。


通院は もう少し 掛かりそうですが
一週間たった 朝の目覚めは ここ3ヶ月以内 初めてスッキリした 目覚めだった。

もう 二度と こんな体験は嫌ですね。
排尿時に 異常を感じたら 恥ずかしがらずに 即 内科の受診を お勧めします。



gogo_amy at 14:13|PermalinkComments(4)mixiチェック

十和田乗馬倶楽部フェスタ2016 終了


P1010302

昨年は どしゃ降りで 馬もバイクも中止で 舞台部門だけでしたが
今年は 久々に十和田乗馬倶楽部チャリティーフェステバルが 出来たように思います。

実は 震災の年に 青森県が 十和田湖に福島の家族を受け入れる
サマーキャンプを行っていた。
我が十和田乗馬倶楽部も そのイベントに参加した。

あるお婆さんは 孫が馬を追いかけて走り回る姿を見て 泣いていた。
ある母親は 子供と一緒に芝生に大の字になり 涙を溢していた。

その姿を見て もらい泣きしそうになりながら 同情するしか出来ない私がいた。

P1010335


翌年 3・11追悼イベントに 若柳尚永先生から誘われ参加する事となった。
そこで出会ったのが 矢沢あいささんだった。
彼女は一人 福島の問題を カラカラと明るい声で 訴えている行動に心動かされた。

13445585_1161062287278214_2944551464555769866_n


そして
NPO法人 みんな地球のこどもじゃん 代表の木村さんを紹介して頂きました。
木村さんは 福島への直接的支援活動を行ってる方で
早口で説明された福島の現実問題。
早口なのに 淡々としてるのに 言葉は熱気があった。
そして 木村さんがやりたい 地についた 支援活動に 協力出来ないものかと思うようになった。

13346635_1161061477278295_6354778809418175245_n
その気持ちを 十和田乗馬倶楽部スタッフ 大手スポンサー東奥商事
アイアンホースパレード実行委員会の皆さん カントリーダンサーの皆さんへ
相談し 今の十和田乗馬倶楽部チャリティーフェスタとなってます。

今年は 昨年の反動もあり 思いっきり楽しんで 次に繋げよう。
そんなイベントを心掛けしました。

所々 反省点はありますが、、、、、
P1010488

今年も 多くの気持ちが 集まり 形となったように思います。
協力頂いた皆さん ありがとうございましたm(__)m

gogo_amy at 13:37|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年06月18日

明日は 乗馬倶楽部フェスタ。

image

いよいよ明日は 乗馬倶楽部フェスタ。

先週 体調を壊し
その治療を この一週間してきました。
今日は 皆さんのリハーサルを見学。

この日の為に 頑張って来ました。
明日 お天気 良さそうです。
image


gogo_amy at 20:26|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年06月14日

函館大会へ

0412031b.jpg
週末は新幹線で 函館まで行って来ました。
もちろん 流鏑馬大会さ!
強風×強風+寒さ=めちゃくちゃな流鏑馬内容

結果は3位だったものの
中身が充実してなくて
正直悔しさが 乗ってます。

チキショー。自分。


しかし 新幹線は 楽でしたよ。
あれなら日帰り 出張出来ますね。


gogo_amy at 16:03|PermalinkComments(5)mixiチェック

2016年06月05日

桜流鏑馬 内閣総理大臣賞を祝う会 

P1000814


P1000819
昨日は お忙しい中 桜流鏑馬・内閣総理大臣賞を祝う会に
ご出席いただきありがとうございました。

多くの心温まる お言葉 祝電 お花 お酒 スイーツ
笑顔・・・ありがとう ございました。
P1000752

そして 何より、この会を行おう!とこぶしを上げて
準備、運営を行って頂いた
発起人の皆様 お疲れ様でした。ご苦労様でした。
このような機会を設けてい頂き有難うございました。

P1000763
やっと 流鏑馬競技が日の当たる場所に
出て来たんだと 感慨深い時間を過ごさせて頂きました。
今までは スタートラインに立つ事も出来なかった
女性の流鏑馬騎手が 色々な意味で
スタートラインに 立つことが 可能となったのではないかと
夢を持てる時間でございました。

これも 諸先生方
地域の皆様 馬関係者 行政機関 北里にんじんサークルの皆さん イベントを支えて下さい ボランティアスタッフの皆さんのお陰です。

 粛々と精進しながら 邁進していこうと思います。
 これからも 応援よろしくおねがしますお願いします。
P1000811


写真提供:中野守


gogo_amy at 23:17|PermalinkComments(5)mixiチェック

2016年05月31日

素敵な信頼関係

http://www.wideopenpets.com/might-bombproof-dressage-horse-ever/?utm_source=facebook&utm_medium=partner&utm_term=ha&utm_campaign=ha




gogo_amy at 09:15|PermalinkComments(0)mixiチェック