前の記事でも紹介したB.A.Pの4枚目のシングル曲が公開されました
シングル発売が4枚目って意外! と思っていたらシングルアルバムとミニアルバムが混在していてるので分かりにくいですが、2012年のデビューから発売したシングル&ミニアルバムは今作入れてると10枚で、それ以外にフルアルバムが1枚発売されています。
2年でシングル10枚って多くないですかカムバックまで半年以上かかるグループもいるのに 
一枚のシングルアルバムに対して1曲のMVと振り付けを作り(ミニアルバムだと2・3曲) しかもそれををコンスタントに出すとなると経費も倍々に....大人ってやーね!ついついお金の計算をしてしまう...w

10390239_648081541944012_775301461193845581_n
損して得とれじゃないけれど、B.A.Pは多くの曲を出しステージをこなすことで今の人気と存在感を獲得したという印象です 
多くの曲が聴けてステージにも立ってくれる ファンにとってこれ以上嬉しいことはないですし 
ステージパフォーマンスに特徴があるグループなのでファン以外へのアピールにもなっていたのではないでしょうか?(実際わたしも新曲が出ればチェックしてしまいます)


どこ?何してる?

”Unplugged”と銘打つだけあって 打ち込みや電子楽器音抜きの楽曲です
カントリーっぽいイントロからのかわいらしいメロディに終止メンバーのほのぼのした歌とラップがのっかり癒される一曲ですギャングスタラップからのこのギャップにファンは燃えるのでしょうね!
あんなにゴリゴリとHIPHOPしていたくせに こんなに普通っぽくてかわいいところを見せられるなんて ここがB.A.Pの魅力ですね特にリーダーのギャプが酷い
ほのぼのと可愛い曲なのですが歌詞をみていみると 別れた彼女を思い出している内容の失恋ソングでした♪

去年のCoffee Shopのお洒落ソングな感じも良かったですが 今回はより親しみやすくファンへ寄り添うような曲作りをしたように感じます
KPOPって歌詞の意味がわからなくても面白いですが 歌詞の内容を理解するとより好きになってしまう魔力がありますよね。魔力というか、大体の歌詞が別れを悔いているか 愛の告白なので聴いている人が自分を投影して妄想できるようになっているんだと思いますw
JPOPはもっと直接的に訴えかける「頑張れ!」的なメッセージ系ソングか「一生一緒にいてくれや」的なラブソングって感じではないでしょうか? どっちが優れてるとかでもないので要は好みの問題ですね。


Coffee Shop
 

 

そういえばB.A.Pヨンジェは元JYPの練習生だったのでGOT7のメンバーとも交流があるようです
77
こっちのヨンジェもヴォーカルでビジュアル担当(I☆GOT7ep1参照)

B.A.PのNo.1お祝いハグです

ちょっと分かりにくいですがJBの笑顔がいいですね

B.A.Pのヨンジェしかり 元JYP練習生の活躍が素晴らしいのですが、機会があればブログで紹介したいと思います