東京で読書と散歩三昧、時々ウェブ編集

本を一冊もって散歩に出かけませんか?出先の食事や本、散歩した道をご紹介できればと思っています。 ご覧頂いている方は気軽にコメントいただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。 ちなみに海外ドラマもよくみます。 http://blog.livedoor.jp/gogoes-dramaandnewspaper/

【ラスト9/30】蒲田/駅から少し離れた小さな商店街にあるコージーなお店『PhonoKafe』

 お店を知るきっかけって不思議ですよね。twitterで流れてきた情報だったり、雑誌や新聞の記事だったり、もちろん偶然通りがかって入ることだってあります。そのどれもが大切な出会い方だと思います。

 今日ご紹介するお店は、とある本を読んで知りました(本やお店に関する情報は下のほうにまとめたいと思います)。ただ、あまり行かない土地にあったので、ついつい行きそびれていました。いざ行ってみるととても居心地の良いお店でした。本当、気づいたらすぐいくべきだなぁ~と本当に後悔です><ということで、そんな居心地の良いお店の名前はPhonoKafe(フォノカフェ)』です。

20180607_144645

続きを読む

桜新町・駒沢大学/日本の夏と言ったら、やっぱりかき氷!『雪うさぎ』

 世田谷区にある桜新町ってとても良い街ですよね~。渋谷駅から東急田園都市線ですぐ、周辺の大きな駅からもバスでのアクセスが良い。それでいて比較的静かでのびのびした空間がまだまだあります。小さいけどおいしいレストランもあって活気があるんです。

 そんな素敵な桜新町の駅から、駒沢大学駅方面へしばらく歩くとあるのが今日ご紹介するお店、『雪うさぎです。
20180609_144545
(のぼりが反対・・・ですね(-_-;))


続きを読む

【読書】最前線で働く書店員さんの想い、『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない』【感想】

 書店の現場で生まれるベストセラーというのは、出版社が多額の広告費を費やしたり、大手書店がグループ総出で仕掛けるものだけではないという事実。これを知ったときは衝撃的でした。

 特に有名なのは、表紙を隠して、カバー一面に感想をつけて、売り上げを伸ばした文庫Xでしょうか。私もラジオの書評をきっかけに購入した本なのですが、もしかしたらこの時のラジオ番組もこの流れに乗っていたのかもしれませんね。

 それはさておき、今日ご紹介する本の作者もこの企画がなされた書店で勤める書店員さんのものなんです。そして、この方も楽しいイベントやベストセラーを仕掛け続けている方です。本の名前は
『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない』です。




続きを読む

【読書】選挙の舞台裏は想像以上にドラマティックかも!?『当確師』【感想】

 少し前になりますが、選挙コーディネーター(プランナー、コンサル、いろんな呼称がああります)といった職業に注目が集まったことがありましたね。

どういう流れでそういった職業が話題になったのかは正直覚えていません。米国での選挙戦に関するドキュメンタリーだったり、選挙を含んだ政治物のドラマだったかもしれません。もしくは小選挙区の導入後しばらくで選挙システムにも注目が集まっていたころからかも。いずれにせよ日本でもそういう職業が取り上げられていました。

今日ご紹介する本では、まさにこの職業、選挙コーディネーターが主役なんです。ただ、米国の大統領選のように大統領候補とともに長いツアーを展開するようなものではない日本ならではの事情があるようです。そんな選挙コーディネーターが主役の本の名前は
『当確師』です。

当確師
真山 仁
中央公論新社
2015-12-18

続きを読む

雑司が谷/池袋から散歩してお腹が減ったらここでバーガーランチ『BASHI BURGER CHANCE 池袋店』

 池袋は比較的よく行きます。それでも何がどこにあるのか把握しきれていません。・・・というか、この間なんて池袋から新宿のほうへ歩こうとしたのに、雑司が谷霊園をぐるんぐるん回って、結局サンシャインのほうに戻っていったこともありました><。

 まぁ、それはさておき、池袋から歩いていくのは楽しいですよね。以前、このサイトでも東通りを通って雑司が谷にいたるのも面白いと触れました(記事)。今日ご紹介する店は都電雑司が谷駅へと至る東通り沿いにあるお店です。

お店の名前はBASHI BURGER CHANCE 池袋店』です。
20180211_114011


続きを読む
記事検索