茶沢通りという言葉が浸透しているかどうかはさておき、今日ご紹介するお店はそんな茶沢通りの下北沢側始点のすぐそばにあります。茶沢通りはいつも賑やかで色んなお店で賑わっていますが、一つ道を入ると意外と静かですよね。訪れたお店もそんな一本入ったところにお店を構えています。周りにはカフェや飲食店がありますが、静かで落ち着いている雰囲気が漂います。

そんな落ち着いた雰囲気のお店の名前はアールビーエル Cafe (RBL Cafe)』です。
20180503_131127

お店を訪れたのは週末13時過ぎです。

20180503_140956

このお店はクイズ作家の仲野隆也さんが経営されているそうです。この日もご自身でコーヒー等をサーブされていました。細身でメガネが似合う静かな方です。
20180503_131920

20180503_132107

 店内を見渡せば、両面に端から端まで本棚が置かれていて、いずれの棚も本でぎっしり。ただ、このお店、他のブックカフェの蔵書とは一線を画しています。他のブックカフェは小説や写真集がメインだったりすることが多いと思うのですが、そういう本は非常に限られています。メインは○○入門だったり、○○大全といった、知識がぎっしり詰まった本が太宗を占めます。なぜならこれらの本は、店主さんが実際にクイズ問題製作の際に使う本だからです。

お店の名前のRBLも"Reference Book Library"の略で色々なものの参考図書が多くあります。

20180503_132740

この日、私が座ったのは入り口すぐ横の席。目の前の棚にはお菓子やパンに関する本が多くありました。歴史、呼称の由来、使われる素材や作る工程等々。知らない分野なら知識が一気に入ってくる感じがしますし、知っている分野であれば改めて自分の知識を整理できる、そんな棚になっています。
20180503_131853
(本を借りる際にさしこむボード。手順も書かれています)

ちなみに本を見る際にはルールがあります。本は分野ごとにきれいに所蔵されています。少しくせがある並び方かもしれませんが、それは店主さんの方法です。それを崩さないよう、一枚のボードを貸してくださいます。借りる際は、それを使い、読み終わったらそのボードの場所に本を戻し、ボードを回収。2冊目以降も同様です。それを守れば色んな本を読むことができます。もちろん、他にもお客さんはいるだろうから、座る前に自分の知りたい分野を決めておくと良いかもしれませんね(*´ω`)

暫くして店主さんがブレンドと焼き菓子を持ってきてくれました。
20180503_132801(0)

しっかりとした味のするコーヒー。調べる際は苦みと渋みに力のあるコーヒーがあいますが、このコーヒーもそんな感じ。そして少し文字疲れしたら糖分チャージにも最適な焼き菓子。

20180503_132026
振り返るとこのお店のコンセプトが書かれている看板がありました。そこには"THE SHOP FOR PEOPLE CAN'T LIVE WITHOUT BOOKS AND COFFEE(本と珈琲なしでは生きられない人のためのお店)"という文言がありました。確かにそんな雰囲気を感じられるお店でした。座り心地の良いソファー席はお店中央や外を向くではなく、本棚に向けられています。それは心行くまで本や人間の知恵と向き合ってくださいといっているようでした。そんな中、コーヒーを飲みながら読む本は格別以外の何物でもありません><

そういえば、このお店のホームページをみて心がジーンときたことが・・。それは"RBL"には"Reference Book Library"という意味のほかに、"Read Between the Lines"という行間を読むという慣用句にも通じていて、色んな"間"となるような空間でありたいという想いも込められているそう。

こういう文脈を大切にされているお店、個人的には大切にしていきたいと思っています。また下北沢を訪れた際は時間を作ってでも立ち寄ろうと思います(*´ω`)


関連ランキング:カフェ | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅

 

■雑な閑話休題


正直、私の家から下北沢へのアクセスは良いというわけではありません。直線距離だとそんなにかからないと思われるのに、乗り継ぎがやっかいなんです。私がフォローしているtwitterで良く表れる参宮橋や代々木上原等もそう。馴染みはあるんですが、そうそう行く場所ではなかったんです。でも、ここ最近再び訪れるようになるとその地ならではの出会いや発見があって本当にすきになっちゃいますよね~。

久しぶりのマイ下北ブーム再来の予感です(*´ω`) 

 
参考になるかもしれない情報
RBL CAFE 公式HP:http://rblcafe.jp/
Facebook site:https://ja-jp.facebook.com/rblcafe/
twitter account:@RBLCAFE

HPでは店内を360°で観ることもできますし、メニューも掲載されているので興味を持った方は一度HPをご覧になってみてください。また、貸し切りやイベント等の情報も掲載されています。仮にここでイベントを開きたいと思ったら、使用できる椅子やテーブルまでチェックすることができる親切なHPです(*´ω`)




最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになりますm(__)m


  にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ