前回の記事(リンク)に引き続き、京都の旅です(*´ω`)。ようやく2日目へと入ります。この日、お訪れたカフェの一部はすでに記事としてまとめているのでそれもリンクさせながらまとめていこうと思っています。でははじめまーす(*´ω`)

20181118_085821
(スタート地点はK's Villaです)

では、今日も宜しくお願いします!
   

1. 朝のお詣りをして錦市場の雰囲気を楽しむ


 2日目、起きたのは8時くらい。うだうだと少し布団のぬくもりや準備やらをしていて実際に出発したのは9時なんですけどね(*´ω`)ほーんと、宿はもったいないことをしたかも。値段に対して全くペイしていない感じでした><

 まぁ、それはさておき最寄りのバス停(河原町正面)から繁華街のほうへ。途中、錦市場に立ち寄りたいとの相方の意見をふまえてバスを降りまーす(四条河原町)。降りたら、坂本龍馬・中岡慎太郎の遭難の地の石碑がありました(場所は最後のgoogle mapでご確認ください)。かつては醤油商の近江谷があったところ、現在も京都の繁華街としてにぎわっているんですね~。

20181118_091327

 もともと意図して降りたわけではないのでラッキー、という感じ。ここは何となく通りますよねw私が意図して通ったのは中学生の修学旅行まで遡るかも><もしくは大河で新選組やっていたころかなぁ。。。今も花がささげられているのにびっくりしつつ、市場のほうへ。
20181118_091425

20181118_091715

日中は混んでいる街も、この時間はぎりぎりがらがらでした。何か街が始まる前の風景っていいですよね~。そしてようやく錦通りへやってきました。そして、この通りの始まりにある錦天満宮へご挨拶しにいきます。

20181118_091837


20181118_091901

境内にはいるとすぐいるのが、臥牛の像です。

20181118_091940 (1)

天神の使いとされる牛と道真公の牛にまつわる数多くの伝承とが結びつき、牛を神使とし、勤勉・慈愛・健康の象徴として置かれているものとのこと。
20181118_092441 (1)


20181118_092155 (1)

その後手を洗い、お詣りを済ませます。狭い境内で見所がコンパクトに詰まっている感じ。ぐるっとしたら、社務所で御朱印をお願いしました~。こちらも書置き。一緒にもらった略史には天満宮の歴史やご利益についての詳細な説明があります。こういうのがあると理解が深まりますよね~(*´ω`)

20181213_151553

正式名称:錦天満宮(にしきてんまんぐう)
祭神:菅原道真公(牛頭天王、鬚咫天王)
創建年:1003年

住所:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町537
由緒:平安時代前期、学問の神となった菅原道真公の生家(菅原是善の旧邸菅原院跡地にあった歓喜寺)に創建。その後、旧邸・六条河原院の跡地に移築され、その鎮守社として天満天神を祀っていた。正安元年(1299年)に、時宗六条派本寺の善導寺に寄進され、六条道場・歓喜光寺と名称を改めた。桃山時代天正年間に行われた秀吉の都市計画におり、歓喜光寺とともに時宗四条道場としても有名な「金蓮寺」の敷地に移転し、現在に至る。ただし、歓喜光寺は明治五年の神仏分離令により、東山五条へ(後に山科へ)移されている。
拝観料:-
公式HP:http://nishikitenmangu.or.jp/


その後は錦市場リンク)をぶらり。
20181118_093324
お店自体はあいていたり、しまっていたりするのですが、それ以上に印象的なのは歩きやすいことw日中になると観光客でいっぱいの市場通りもこの時間帯は比較的すいてて快適です(*´ω`)ただ、モーニングだったり、買い物でこんでいるお店もありました。

途中、少し小腹が減っていたところに煮物の良い香りがしてきたので何だろうと思っていたら、煮だこといかでしたw
20181118_093406
ちなみに向かいのお店と価格競争が繰り広げられていて、そんなのにもちょっと驚きつつ、購入。少しお行儀が悪いですが、食べながら朝食の場所へと進みます(*´ω`)ほのかに温かい周りの具と中に忍ばされた甘い煮卵がおいしくてちょっと幸せな気分になりました~。

BlogPaint

20181118_093740
(ごみはきちんとエチケットバッグにいれました~。ごみ箱は周囲にないので注意です)

そして、錦市場に別れを告げてモーニングです(*´ω`)この日のモーニングはイノダコーヒーです。

BlogPaint

錦市場を巡り、少しお腹をすかせたところでのモーニングだったのでよかったです(モーニングの様子はこちらへ→)♪お店の中ではこの日の計画について再度話し合い。当初予定していたのは、ここから下賀茂神社へというルートだったんですが、その途中に私が行きたい本屋へ二人で行くことに。さらに下賀茂神社の道中にある和菓子にも立ち寄ろうというふうになりました~(*´ω`)うーん、この旅は相方に感謝しかありません><

ということで、ようやく本格的な今日の観光へレッツゴーです ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

■参考サイト:

錦市場:http://www.kyoto-nishiki.or.jp/
イノダコーヒー:https://www.inoda-coffee.co.jp/


2. 色んなおしゃれなお店がある京都市街地から再び本屋に立ち寄る



BlogPaint
(次回は立ち寄りたいFRANZE & EVANS LONDON 京都三条店(リンク))

 今日のコースの大まかな合意を得たところで、少し巻きにかかりますwというのも本屋によるのであれば、時間がないんですよね~。
BlogPaint
(和風なポールスミス。少し惹かれたけど、まぁ、この日はパス)

20181118_113129
(フライングタイガー、実は行ったことないんだなぁ・・・)

途中、立ち寄りたいお店もちらほら。東京にもあるお店だったりもするのですが、これらが近場に集まっているのはいいですよね~。


河原町三条のバス停から河原町丸太町までバスで進みます。前回宿泊したホテルから離れていなかったことに気づき、前回訪れていなかったことを後悔(それでも来たかもしれない場所なわけなのですが、心の余裕が違います><~)。


ということで、やってきました、誠光社リンク)です。
20181118_114305

20181118_120330

店内は比較的こじんまりしていました。入ると新刊や特集本の平台。左右には高さいっぱいまで続く5つくらい左右に続き、真ん中には目線よりしたくらいの棚に文庫本や文芸書が多く、棚をにぎわせていました。

左右を気にしながら中腰になりながら本を手に取ってみたり、本をとりにくい冗談にも目を向けていいなあと思う本もたくさん。個人的には欲しい本がいくつもあったのですが、都内の書店で見たことがあるものは少し脇へ。そしていくつかを奥のレジへ♪

20181214_142357
土曜社の本(リンク)はどこでみかけても目立ちますね~。そして、この日は不在だった堀部さんの本も購入しました。

 この間、相方を少し手持ち無沙汰にさせてしまい、再び反省。今考えると近くのカフェ、特にかもがわカフェ
リンク)や喫茶いのんリンク)でゆっくりしてもらうか雑貨に行くのも良かったかもしれません。今お店のサイトをみると恵文社同様に近辺のお店を特徴をとらえて紹介してて、次回訪れる際は参考にせねば、って思っちゃいました(*´ω`)→お店リンク

20181118_122316

お店を出たら、河原町通りを北上。自転車も歩行者も少なくても本当に気持ち良い散歩となりました♪様々な素敵なお店があるのですが、まさかここを歩くとは思わず、少し予習不足。ちなみに途中にはKAFE工船リンク)やLIGHTUP COFFEEリンク)等がありました(*´ω`)

 次はいよいよ和菓子を買いに行列に並びます。。。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


3.いつも行列の出町ふたばで豆大福を買う


20181118_122359
(お店の前はすごい混雑。店員さんが常に列を整えていました)

LIGHTUP COFFEEの斜め向かい鴨川デルタの近くにあるのが和菓子屋さん、出町ふたばリンク)です。実はこのお店を知ったのも以前紹介した堀部さんの本のおかげ。その後、調べたら全国的に有名なお店ではあったのですが、それでも和菓子好きの人か、きちっとガイドブックや食べログを調べている人じゃないとわからないですよねwそして、到着するとその盛況さに驚きです。すでに列が2重にも3重にもなっていました(;'∀')

私たちも意を決して行列の最後尾にならびます(*´ω`)
BlogPaint
 列に並んでみると本当にすごいんです。これ、一見して無秩序のようにみえますが、蛇行しながら受付のほうへきれいな一列になっているんです。これも店員さんが定期的に列のメンテナンスをしている賜物なんでしょうね(*´ω`)

20181118_125304

20181118_125313

20181118_125344

少しずつ前進すること20分(12時半から並んで購入できるまでに20分くらい)、ようやくレジまで到着しました~。どの商品もおいしそうに展示されています。しかも商品の回転が速いため、どれも新鮮なんです。大福やお餅はおいているとどうしても硬くなってしまうので回転も重要ですよね~。

20181118_125642

ということで、少し迷いつつも欲しいものを店員さんに早口で言い、包んでもらいます。そして会計へ。店員さんとお客さんが少しずつ左に流れていくのは何か笑っちゃいます(*´ω`)食べたい気持ちを抑えつつ、鴨川方面へ(*´ω`)道路を挟んで向かいをみると少しだけ列が伸びたかなってかんじ。


 あっ、でもこのお店、5つ以上をオーダーする場合は予約を受け付けてくれます。予約した場合は列に並ぶことなく対応してもらえるので、確実にここを訪れるのが決まっていて、5個以上をオーダーする場合は予約がおすすめです♪
20181118_130041


さて、鴨川デルタ地帯へ進み、ベンチをみつけます。ここで戦利品をチェックします。購入したものの、各々シールが貼られているんですね~。今回は本ヨモギや豆もちを購入したのでそのシールが貼られています。 
20181118_130127

包みを開いてみると、美味しそうなお餅が姿を現します♪
20181118_130225

まずは二つ買った豆餅を一つずつ食べます。

20181118_130431

口に含むととても柔らかい皮とていねいに濾されたあんがちょうど良い具合です。しかもあんは濾しているのにも関わらず、新鮮な大豆を感じるほど素材の味が活かされています。しかも皮に含まれている豆の塩加減で、口の中では様々な味が混ざって奥行きを感じることができました。

20181118_130608 (1)

まぁ、とにもかくにも美味しいお餅と鴨川というシチュエーションは最高でした(*´ω`)。時間があれば、ここで1時間でも2時間でも過ごしたかったです。その際は近くのコーヒー屋さんで魔法瓶にコーヒーをいれてもらうとかってのも良いですよね~。うーん、いつか実現したいものです♪
20181119_220430

あっ、おまけとしてその日の夜に食べた赤飯。こちらは栗がゴロゴロ入って、そして粘り気のあるもち米と香り立つ豆がとても印象的。やっぱり赤飯は和菓子屋さんのものにはかないませんね~。最後に、出町ふたばの豆餅は東京の一部のデパートでも入手できます。ただ、こちらは激戦っぽいです(リンク)><

ちょっと長くなってしまったので今日はここまでで、やめておきたいとおもいます(*´ω`)
あと、1・2回で京都旅も終了だと思うので引き続きお付き合いくださいませ~。


目次にもどる


■4.コース概要(google mapを使って)




(google mapへのリンク。このgoogle map内では事前に面白そうだなぁと思っていたお店にもチェックをつけておきました。訪れてないところは私にとっての宿題です(*´ω`)) 


あっ、最後に下のクリック頂けると今後の励みになりますm(__)m !

 にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 本ブログへ


目次にもどる