内容紹介

★【TVで話題沸騰!】たちまち16万部突破!! 売行きNo.1のマインドフルネス入門書!
★イェール大で学び、精神医療の最前線・米国で18年診療してきた医師が語る!
★「脳疲労」がすぐ消える「科学的に正しい」脳の休め方とは?

◎何もしなくても「脳」はどんどん疲れていく…
脳の消費エネルギーの60~80%は、
デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。
DMNとは、脳が意識的な活動をしていない
アイドリング状態でも動き続ける脳回路です。
この回路が働き続ける限り、ぼーっとしていても、
脳はどんどん疲れていくわけです。

◎いくら身体を休めても、「疲れがとれない」のはなぜ?
「何もしていないのに、なぜか疲れが取れない」という人は、
このDMNに過剰な活動を許してしまっているのかもしれません。
つまり、DMNの活動を抑える脳構造をつくり、
脳にたしかな休息をもたらすことこそが、
あなたの集中力やパフォーマンスを高める最短ルートなのです。

◎脳には脳の休め方がある
著者は精神医療の最先端イェール大学で学び、
ロサンゼルス郡でクリニックを開業した精神科医の久賀谷亮氏。
先端脳科学に基づいた「TMS磁気治療」などと並んで、
科学的な脳の癒し方として注目を集めているのが、
瞑想やマインドフルネスです。

世界的に有名な企業や経営者・アントレプレナーたちも、
こぞってこの方法を取り入れ始めているのはなぜなのか?
それは、瞑想が単なるリラクゼーションメソッドから、
「脳科学的に実証された休息法」へと進化しつつあるからです。

マインドフルネスは脳科学の最前線とどう接触しているのか?
イェール大学を舞台にしたストーリーを楽しみながら、「科学的な脳の休め方」がわかる一冊!!



Amazonの説明、長いなー。笑
冒頭にマインドフルネスのメソッドが7つ紹介されており、
残りの約200ページはそれを取り入れた小説仕立てです。
普通のハウツー本より読みやすかったです。

アメリカではうつ病患者に投薬治療をほとんどしないらしいですね。磁気治療などで副作用なく効果が現れたりするそうで。日本ではほぼ薬ですよね、大丈夫なのかな日本の医療現場は。
スリランカでも、西洋医学よりハーバル治療(アーユルヴェーダ)の病院がほとんどらしいです。スリランカで話した現地の人も言ってました。
ちなみにマインドフルネスも、イギリス統治時代のスリランカから西洋に持ち帰ったらしいです。
うつ病など精神疾患になったらアメリカに行きたいな〜なんて思いました。治療費高そう。

マインドフルネス本は初めて読みました。
普段ホットヨガにミーハー的に通っている私としては、初耳!という感じでもなく、確かにヨガをすると頭と体がスッキリすることは身をもって感じていたので、とっつきやすかったです。

それでもこの本を手に取った理由としては、やっぱり普段雑念に囚われまくっているからです。
週1のヨガじゃ足りないのかな・・・。
毎日10分の瞑想、初めてみようかと思います。
その後自分の体と心がどう変化したかは、またブログでレビューさせていただきます。
そういう意味ではこの本のレビューは、まだきちんと出来ないですね。
とりあえず、読後の感想でした!