内容(「BOOK」データベースより)

ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。第8回『このミス』大賞受賞作品。



うーん、面白そうにみえてモヤモヤさせる話でした。
序盤はとても読みやすくて面白かったです。遥と従兄弟の関係とか、祖父の言葉とか家族関係が面白くて、これは期待できそう!って思うんですが、火事が起きてからのスポ根ピアノレッスンと、肝心のミステリーの部分が、いまいち。
音楽描写が丁寧だし迫力があるので、殺人事件を起こさないほうがよかったかな、と思います。
正直、殺人事件のことが気になって、音楽コンクールどころじゃなかったので。笑
そしてピアノ教師の岬さんも、イケメンで人格者で欠点が無さすぎて、やっぱり穿ってみてしまって、絶対裏あるだろ、あるだろ?!って思いながら読んでいたのであまり楽しめなかった。^^;
なんていうか、ミステリーにしないほうが絶対よかったと思うんです。
クラシックと、それに携わる者の努力と、魅力的な家族っていうストーリーの方が良かったなー。