きんいろカルテット作中曲、演奏動画を探してみた


きんいろカルテット

きんいろカルテットの作品を読んでいると、様々な吹奏楽の曲が出てきます。
巻末に作中局の一覧も出てくるのですが、どういった曲なんだろう、と思いませんでしたか?

やっぱり音楽を題材にした作品は、作中曲が聴けたほうがイメージ膨らんでいいですよね。

そんなわけで、きんいろカルテットの曲をYoutubeとニコ動で曲を探してみました。
そして、選曲が合っているか、遊歩新夢さんに直接ぶつけて聴いてみました!

先に自分で調べてみたんですが、「ええ、これは違うの!? 紛らわしい……!」というのが多かったです。
同じ名前で、作曲者が違ったりとか、番号が違ったりとか、ややこしーんですよねえ。

さらに「ちょっと演奏が」とか、「音質が……」という遊歩新夢さんからのダメ出しを戴きつつ、最大限選曲しました。

フィリップ・ジョーンズ・ブラスアンサンブルのような有名バンドから、無名の人まで演奏者もレベルも様々ですが、こんな感じと把握していただく分には良いのではないでしょうか。


まずは一巻からです。

紹介するディヴェルティメントとタイムピースは、著者にしてユーフォニアム奏者である遊歩新夢さんも演奏されている曲です!

ディヴェルティメント


タイム・ピース


「空想、夢、おもちゃ」



こちらはオーバーラップ文庫さんが投稿元で、著者本人が演奏している動画がありますw
曲順が違うのと、以前お話した際の発言によれば、遊歩新夢さんはたしかトロンボーン担当のはずですw

ユーフォニアムじゃないのかい!!
(ちなみに、ユーフォニアムとトロンボーンは、主とする音階が同じです。しかも、吹奏楽の合奏中にはメインパートはトロンボーンに奪われるという悲しい経験をユーフォ奏者なら誰もが経験したはず)
 

パントマイム


  
演奏者の外囿さんは元航空自衛隊出身、
下にも挙げているスティーブン・ミード氏にも師事していたそうです。

遊歩新夢さん推薦、スティーブン・ミード演奏
 

こんなのエイジから聴かされたら、そりゃ惚れますよw


きんいろカルテット二巻の演奏曲


ファースト・カルテット・フォー・ブラス


発見できず。

肥前
「こんなマイナー曲ばっかり持ってくるなんて酷い人やでえ」
マイナー編成&マイナー楽曲普及委員会なのだw
とのこと。
まあ、その精神は大切だけど。
今回探した身としては少しも擁護できないんです(´・ω・`)

アンダンテとスケルツォ


発見できず。
アンダンテ~はそもそもCDの音源すらないレア曲なのですよ。。。  
とは、作者の遊歩新夢さんご自身の発言です。
Youtubeはもちろん、音楽アップロード系のサイト渡り歩いて必死に探したのに、酷い!(;・∀・)

トロンボーン小協奏曲

 

ホイールウインド―つむじ風―(00:50~演奏)


 

オーストリアのユースの演奏だそうで、作中と微妙に年齢が合っているかもしれませんね。
この年でこの技量……恐ろしい。

ソング・アンド・ダンス


 

イーナのための歌


 
 

真夜中のユーフォニアム


 

きんいろカルテット三巻の曲

戦いの組曲

 

ニコニコにもあったので。こちらはフィリップ・ジョーンズの音源だそうです。

3匹の猫~もう1匹の猫~

   

金管五重奏曲 第一番

 

デュオ・コンチェルタンテ

Part1(00:27~演奏)
 
 
Part2(00:07~演奏)
   

Duo Concsertante はトランペットでこれ吹ける人探すのが大変。
最後両方ともHigh E♭なんですが、ライブだときついので回避することも多いですね。
来年関東でユーフォ二本でやろうかという無謀な計画はあるのですがw


さて、作中曲の紹介は以上になります。
皆さん音楽を聞いて、興味を保たれた方は、ぜひご一読を。

すでに読まれた方は、もう一回小説を読み直してみてはいかがでしょうか?
作中での描写の意味がわかると、楽しさも倍増ですよ?

最近では、きんいろカルテットの文庫本を手に入れるのが難しくなってます。

そこで、AmazonのKindle版が出ているので、まだ読んでない方はぜひどうぞ。

きんいろカルテット! 1 (オーバーラップ文庫)
きんいろカルテット! 1 (オーバーラップ文庫) [Kindle版]


さて、最後に遊歩新夢先生が動画で登場しているものをご紹介して終了しましょう。