旅日記2014年冬:喜如嘉の芭蕉布と自然布ツアー 旅の後のおまけ(2)



2014年1月下旬に参加した「喜如嘉の芭蕉布と自然布ツアー」にて、
昼休みに集落の売店に行って入手した「まるたマイルド」。

  沖縄県酒造組合HP 「泡盛百科:まるたマイルド」
  http://www.okinawa-awamori.or.jp/product.php?id=510

sDVC00455



















本島北部の泡盛といえば、
名護でよく見かける
今帰仁の「美しき古里(うるわしきふるさと)」の20度も飲みやすくて好きだ。

いずれも度数が低いからかなぁ・・・。
(ってことは、30度がきつい時は、もう少し薄めたらいいのかな?)

  
  沖縄県酒造組合HP 「泡盛百科:美しき古里 20度」
  http://www.okinawa-awamori.or.jp/product.php?id=552

(あぁそういえば以前、出張の時長野県内で、
 このお酒の30度が、コンビニに地酒[日本酒]と一緒に並んでいたときは驚いて、
 思わず買ってしまったことがあったな[笑])



まるたマイルドは、
ツアー初日のウェルカムパーティーで飲んだら、とても飲みやすく、
気に入ったのだった。

ホテルのスタッフさんに「美味しい!」とフィードバックしたら、
喜如嘉と同じ大宜味村の酒造のお酒で、
「なかなか地元以外で手に入らない」とのことだったので、購入した。

一升瓶の方が割安だけれど、
持って帰れないし、送るにしても不便だと思ったので、
4合瓶を2本買って他の荷物と送った。

するする飲めて、もう、あっという間に1本目がなくなりそうだ(笑)



先日、「沖縄の染織展」を見に銀座まで出かけた時、
銀座わしたショップに寄ってまるたマイルドを探してみたが、置いてなかった。

「買ってきてよかった!」と思った。

泡盛はネットでも取り寄せられるけれど、地元の売店で地元価格で購入し、
他のお土産や荷物などと送ってしまうのが旅の土産らしくていいのだ(^o^)