June 05, 2011

エルモシャツ

ハネムーンから帰ってきた弟夫婦。ハワイのお土産を送ってくれました。

セサミストリートファンのケイくんを興奮させたのが、兄弟でおそろいのエルモのTシャツ。そういえば、これのクッキーモンスターバージョンを着ている中年女性を、アメリカのモールで見たことがあるなぁ。真っ青なTシャツがとても印象に残った。

パッケージを開けるなり、早く着せてとせがむケイくん。お風呂の後はパジャマを嫌がり、ランドリーバスケットからエルモのシャツを探し出し、これを着ると…パジャマは頑なに拒否。泣きながらモーレツに拒否…。

次の日も、寝起きからそのままエルモシャツ。ご飯タイムにスモックを着せるのですが、食べ終えてしばらくすると「エンモ、ない!エンモ、ない!」と食事用スモックを指さす。下に着ているよとスモックをめくってあげると怒り顔からにっこり顔へ…。

これいつまで着るんだろう…。





IMG_9977


gogoyokei at 22:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Kids 

May 29, 2011

九十九里の被害

バンちゃんは次男坊ケイくんを連れて千葉のお家へ行ってます。

ヨウくんは金曜日から風邪っぴきになり、週末は私と留守番。熱も下がって元気なのですが、一応安静にしていようと外出を控えています。病み上がりだけど、家の中でパワー全開というパターン。これが結構大変なのです。ま、しゃーない。

千葉の九十九里にあるお家ですが、3月11日の地震発生から数時間後に津波が到達しました。

海岸から家までの距離は600メートル位でしょうか。ご近所さんの話だと、津波到達時、近辺での水深は40㎝まであったそうです。幸いにして駐車場から家屋まで少し勾配があるのと、家までの段差があって、ギリギリ浸水は免れました。


到達するまで時間があったのと、すぐに避難命令の放送が流れたので、周辺の方々は近くの避難所へ逃げ、そこで一夜を明かしたそうです。


私達がやっと家の様子を見に行けたのは、4月に入ってすぐ。家の中は被害が見られなかったのですが、少し近所を歩いてみると、津波の恐ろしさを目の当たりにしました。


海浜公園の駐車場には驚くほどの瓦礫の山。大量の木材、畳、壊れた電化製品や家具が仕分けされていました。防災放送用スピーカの柱もなぎ倒され、フェンスも壊れ、歩道も崩れ、多くの魚の死骸。崩壊後、すぐに建て直したと思われる新築の家もポツポツありました。

東北地方に比べたら、ここでの被害は小さい方なのかもしれませんが、それでも被害が大きかった地域では、建物の全崩壊、床上浸水、田畑の被害、更に亡くなった方もいるそうです。

それが道路を隔ててすぐ向こうの事だったりするので、海からの水の流れ方や、近くの川や運河までの距離などの環境で被害が大きくなってしまったのかもしれません。



DSC03166

DSC03149

DSC03171






gogoyokei at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 27, 2011

Happy Wedding

弟の結婚式がありました。

お嫁さんになった方というのが、本来は亡くなった私の母が知っていたお嬢さん。「息子のお嫁さんになって!」とアピールをしていたそうなのです。

2人を中々会わせるチャンスもないまま母の病気が悪化。母としてみれば、自分が逝く前に何としてでもお見合いをさせねば…という気があったのでしょう。

彼女が母のお見舞いに病院まで来てくださった日に、自ら息子を呼び、そこでご対面させたそう。酸素マスクを付けている状態にもかかわらず、「こ、こちらが息子です…」と紹介。その数日後に母は天国へ…。

そんな出会いからお付き合いが始まり、結婚までゴールインしたのでした。

バンちゃん、怪獣君2人と家族で出席した結婚式。バンちゃんは余興として、津軽三味線でご祝福。相当緊張していたせいか、自分の出番までに日本酒をガブガブ。お陰で、「楽しく毎日を過ごしてください。あ、えっと、そうそう、いつまでもね!!」などとスピーチも上機嫌でリラックス。

息子達は美味しい食事や楽しい雰囲気に興奮度もアップ。マイペースで自分の食事を食べるヨウくん、対照的に好きなものを急いで食べて、残りをパパッとたいらげる次男坊のケイくん

自分は完食したのに、隣でまだのんびり味わいながら食べているお兄ちゃんをうらやましそうにジーッと見ている事は気づいていました。

その後ケイくんは、キャンドルサービルやお色直しなど、部屋が暗くなる度にヨウくんのお皿に手をのばし、メロンやらイチゴを食べているのを発見。しかし何も気づかない長男。あちゃ~~。

味をしめたのか、最後の両親への手紙の際に真っ暗になった時もゴソゴソ…。静かにすすり泣く声も聞こえるなか、「僕のからあげ、返しなさい!」と、やっと気付いた長男さん。次男は「マイン!」と、自分のものだと主張。ゆっくりできないとは思っていましたが、まさか食べ物のバトルに展開するとは…。

何はともあれ、無事に式が済んでよかったよかった。

keiyo may22 2011





gogoyokei at 16:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 11, 2011

2か月ぶりの更新

約2カ月ぶりの更新です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

こんな放ったらかしブログでも、訪ねて来てくださる方がいらっしゃるようで、それがとても嬉しく、そして更新が滞ってしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。

4月から我が家の長男は幼稚園に通っています。入園式にかけて、アメリカに住むバンちゃんの両親が来日する予定でしたが、震災の影響で旅行はキャンセルとなりました。

先月末に長男は4歳になり、そしてもうすぐ次男のケイくんは2歳になります。本当に早いものです。慎重派のヨウくんに対して、やんちゃで何でも体当たりで覚えてしまう次男のケイくん、同じお腹から生まれた男の子でも、キャラクターの違いはそれはそれは大きいものです。

明日は幼稚園の参観日、園でどんな風に過ごしているのでしょうか。とても楽しみです。

110419_1152~01





gogoyokei at 22:26|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

March 07, 2011

雪??

写真の整理をすると、沢山の懐かしい写真に見入ってしまって時間がかかるというのはよくある話。それはパソコン上の写真でも全く同じですよね。私も昔撮影した大量の写真を整理することにしました。出てくる出てくる沢山の懐かしい写真。

私達の住んでいた町、ゴンゼンハイムの市場やカーニバル、マインツの市街地、ヨウくんの産まれた頃、旅行で訪れた様々な国々、あ~懐かしい。

子供達を同じ部屋で遊ばせていたのですが、何やら後ろで2人で楽しんでいる様子。いいぞいいぞ。

私はパソコン釘付けで、クリックの連発。あれやこれや大量の写真を見ては頭の中でタイムスリップ。他の事に集中すると、2人の声もあまり聞こえてこない…と思いきや「スノースノー!雪だぁ」とヨウくんの声。

「雪?」嫌な予感がしてハッと後ろを振り向くと、白い粉をかぶった2人が大爆笑している。たかが10分位の間に、どっちかが部屋で発砲スチロールの塊を見つけたらしく、それを2つに割って仲良く1個ずつ(分け合うなんて滅多にありませんが…)、ひたすら爪でガリガリガリガリ…。そこらじゅうに白い粉が散乱。どうやって掃除するのよ~!

IMG_9631

IMG_9633


もうトホホと笑うしかありませんでした。。



gogoyokei at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)