仙僂虜酩覆伐荵仙(義梵)の生涯

2000年01月01日

仙兪技媾す埓廖 ‥豕碓

横浜市南区永田北1-6-9
永田山 寶林寺にある。
【碑を建つるの記】
  • 仙僂詫弔砲靴独濃清泰寺空印を師として得度し、遊方して永田東輝庵に月船の門を叩く。遂にその印託を受く。天明元年六月十二日月船八十歳を以て寂す、時に仙兒綾銃鷓諭
  • 博多聖福寺盤谷は仙僂瞭紙瓩鯤垢、師を後嗣に迎へんとして懇ろに西下を請ふ。仙冏彙と見へて機語相契ひその法席を嗣ぐ、仙兒綾酋綺弌尓来聖福寺に住し、天保八年十月七日八十八才を以て示寂す。
  • 人となり洒脱にして簡易、弊衣垢衲、栄達を求めず、筆を書画に託し法を諧謔に寄せて為人度生に遊戯三味す。貴賎貧富一視同仁何れにも悦服せずということなし。道俗の皈依深くその名遠近に聞ゆ。
  • 仙冕廚靴読監鷭粛余年、今や仙僂量召論こΔ肪里蕕襦アメリカ及びヨ−ロッパ諸国に於て、その遺墨の展覧を見ること十数回に及ぶ。

    思ふに仙僂世に出でたるは、いつにその師月船の訓育に負う。
  • 月船菴居の地東輝庵は、寶林寺に合併。その菴の故跡を寺城のうちに僅かにとどむ。仙兔す圓涼呂寮い頬瑳困擦蕕譴鵑海箸鰒れ、ここに仙兔す塲契廖‥豕沿燭糧蠅魴つ。
昭和三十八年十一月十日

朝比奈宗源  謹書
鈴木大拙   撰文
出光佐三   願主

碑文写す H12年11月6日


gogyoan at 01:09│Comments(0) 古今の賢人【仙僉糞想陝法 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
仙僂虜酩覆伐荵仙(義梵)の生涯