珍しいことはまとめて起こるという錯覚。一心不乱にルーチンワークをしてるときに考え事が出来る人と出来ない人。優秀なのは前者か後者か。
 シンドラーは悪くない。悪いのは勝手に謝る某スーパマーケットだ。基本路線は"多少の違反は大目に見ますよ"という"美しい文化"なのに、都合が悪いときだけ法令遵守を持ち出す悪人たち。いつも無理を通してばかりで引っ込んだ道理は、タコの吸い出しくらいじゃ元に戻りませんことよ?




保険の話
 ご丁寧にも日本から保険の勧誘が送られてきた。保険なんて入ったら必ず損をするわけで、それこそ"不安"をもって迫る"あこぎな商売"の代表みたいに感じるのだが、それは普通じゃないのかな。そこまで執着したいものが出てきたら、考えることもあるだろう。




食べ物の話
 18日の日経で、小泉武夫が豚ロース焼きうどんなる旨そうなものを自慢げに食していたので、我輩もうどんが食いたくなったのである。
 もちろん、生まれも育ちも大阪なのでうどんは大好物、その中でも矢張りけつねを食おうと考え、煮干で出汁をとり、冷凍庫で凍らせておいた秘蔵の油揚げ(普通のパックのやつ、こんなものを秘蔵するとは情ない)をその出汁と、醤油みりん酒砂糖と大雑把に量った煮汁で炊き、うどんは乾麺をゆでて晩飯に。うどんつゆもインスタントでなく出汁醤油酒みりんで作ったとも。適当にやってもなかなか失敗するのは難しいのが料理ってもので、テレビなんかで「私料理できないんですぅ」とか云ってるやつは間違いなくやらせだと思うんだが、これ如何に? 食べるほうが普段贅沢しすぎて舌が肥えてるという説もあり。贅沢しすぎると、逆に味がわからなくなりそうなもんだがな。
 そんなわけで、久しぶりに食ったけつねは旨かった(自画自賛)。発明は必要の母だが、必要は努力の父である。




運の話
 運ってのはつまり期待値を越える結果を期待できるってことだな。模型なんて作ってると、自分の経験とウデ、素材の出来、工作の限界なんかで結果がどの程度になるかは、はっきりと認識でき、それを大きく越えることはまずない。運を使うのは麻雀だけれど、運に使われるのがLFだ、と思う。将棋や囲碁は、見ている限りでは体力勝負なんじゃネ? とか考えてた時期がありました。将棋も"相手依存"なんだからある意味運? 大ポカをやらかしてくれるとか、神の一手を打たれるとか。
 運に依存しないものなんて存在しないじゃないかと云えば、それが真理。




LFの話
>>勝ち手段がインファイト特殊バトルでゴッドスフィー
 ホットナシナシ吹いた。つまりリラクで殴り殺したわけだ。
 メイフィア模写ネットゲームの件はなんとなく解決というか自分で納得したような次第(である気がしないでもないか)。そんな酔狂なことをする人間がいるとも思えないが、いたとしたらジャッジは苦労するだろう。"常識的に考えて"重複しない裁定を出すのが"自然"だとは、俺ですら考えるが、真面目にルールとテキストを考慮すればするほど、"重複しない裁定"を出す理屈がわからなくなるのが現実。
 さて。FAQが更新されたようだけれど、相変わらず日本語がわからない。精神強化まわりで"取り合い"について回答が出ているが、問題は"減りません"としか書いてないことだ。"減らないけれど減ったものとして扱う"、つまり問答無用でブン取れる(両者精神強化を装備してたらどうなる?)のか、"減らないから最初に気力-1する時点で効果が消える"、つまり使うだけ無駄なのか、そこの回答がないということ。ぬか喜びにならなけりゃいいんだけど、と余計な心配をしたりもする。テキストを厳密に解釈すると、精神強化をリーダに装備させた状態で、潜入工作1枚通せばゲームエンドだよね。常識で考える前に、まず頭で考えるんだ。そこにあるのは詳細ルール、カードテキスト、FAQとオフィシャル裁定のみ。常識もマナーも、明文化されていないものは存在しないのさ。理屈を否定するのは、理屈で考えた後だよ。
 むしろここを見ておけばオッケーな話だったよ? そういやインスタントヴィジョンは勝手に"バトルの結果ダメージを与えない"と脳内変換して嫌がらせ打ってたわ。反省。クリティカルも同様。確かにバトルの結果ダメージの発生源は? と訊かれると困るな。でも俺はジャッジじゃない。




とりとめもない話
 最近どこも静かだなぁなんて考えつつ。クライマックスシリーズで盛り上がっているようですね、俺はもう日本シリーズまで終わったものだと思ってました。ここまで棒読み。やっぱり選手名鑑を読まないと、他球団の話題にはついていけないね。CSで先発出場するレベルの選手の入団年とか出身校、出身地どころか背番号も分からないようでは駄目だと思った。主に森野とか山井とか。ビョン? 韓国代表って時点で負債確定だったじゃないか。どうでもいいところでHR打つところとか(投手にしてみりゃ2点と3点の違いは大きいが)。




鉄の話
 アァン、なにこれぇ。阪急ヲタであってもMT54系には萌えるのが俺。18使ってると一番世話になるもの。乗車位置案内って懐かしいなぁ。年末に行ってみるか? いやいや。
 そういえば、阪急が全席優先座席をやめてしまうというニュースを知った("知った"というのは、最初に見つけたのがν速+だったから...大概にすべきかも)。簡潔に云えば、どうでもいい。席を譲ることもできないヘタレが増えようが、座らないと電車にも乗れないくせにわざわざ優等列車やラッシュ時に乗ろうとする年寄が増えようが、知ったことではない。大体アンケートを自主的に出す連中なんて、間違いなく現状に不満を持っているわけだから(満足しているのに労力使ってアンケート出すような人間はいない)、それを真に受ける方が間違っているとは思うけれど。こんな記事が出ると必ず、"自己中心的な若者が増えた"的な反応があるけれど、座らせろという連中だって"自己中心的な年寄"なのだから、それはお互い様。むしろ自己の基準が曖昧な人間が増えたんじゃない? 自分の立ち位置、価値、客観的な地位、拠って立つ何か、そういったものを自分で認識できていないから、席を譲るべきかどうかわからない、席を譲ってもらっておいて腹を立てる、そもそも席を譲る必要がある、それ以前に全席優先席であることを知らない、といった現象が起きるんだ。基準となり得るのは厳密には己自身しかなく、基準がなければ当然の如く相対的な判断も、客観的な判断もできないのさ。それ以前に、"最近の若者は席も譲らん"というのがまったく信用ならないのだけれど。




ホークスの話
 いろいろと。お疲れ様、と云おう。まさか彼がタイトルを取るとは想像もしなかったしな。倉野もなかなか目が出ない選手だったが、苦しいところを助けてもらうことがしばしばだった。斉藤はどうする4球団目を探すか、もう今更打撃もできないから引退か。川口はケガしたかどうかは知らないが、テストを受けるかアイランドリーグにでも行くんじゃないか?
 しかし工藤はどこまでやるのだろう(もちろんファイターズの工藤ではないし、増してやバーローなわけがない)。




タイの女子高生の間でブルハが大流行してんじゃね?