2008年09月21日

<06>69 sixty nine

村上龍によれば「楽しい小説」。1969年に佐世保でバリストや自主コンサートを催した高校生の物語であり村上龍の自伝的色彩が濃い。村上自身が「こんなに楽しい小説を書くことはこの先もうないだろうと思いながら書いた」というとおり、バカバカしくも楽しい青春小説として、読み手も神経に負荷をかけることもなく一気に読み通すことができる。楽しんで生きることが決定的に重要であるという村上龍のメッセージはこの作品で明確だ。

だが、それはこれが軽い物語であるということを必ずしも意味しない。ここにはひとつの普遍的な真実がある。それは、男子高校生の考えることは何であれ目立ちたい、女子に認められたいという欲求から発しているのであり、さらにその元をたどればそれは単純な思春期性欲にたどり着くのだということだ。ロックでもフォークでも政治活動でも硬派でも軟派でも同じだ。圧倒的な偏見に基づいて断定すればそれらはすべて性欲なのだ。

さらに言うなら、それは高校生だけに限ったことではない。この世界に産み落とされた重要な芸術や社会思想や政治運動の中には、そういう不純な動機から始まったものがたくさんあるはずだ。強いモチベーションは常に単純な欲求から生まれ、強いモチベーションに基づくものこそが説得力を持つ。それはひとつの真理である。世界は単純で不純な動機からできているからこそ多様で、楽しく、美しい。それを軽快に語りきった作品である。

(1987年発表 集英社文庫 ★★★☆)


going_underground at 17:05│Comments(0)TrackBack(0)書評 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔