2008年10月13日

<10>超電導ナイトクラブ

おいおい。これはひどい。ずっと僕の書棚にあったが読んだ記憶がなく、今回読んでバカ野郎オレの貴重な週末を返せと言いたくなった。きっと村上龍は何かヘンなクスリでラリッてこの小説を書いたに違いない。そうでなければ説明できないしそうでなくてこんなひどい小説を書いたのであればそれはそれである意味「コインロッカー」よりも「ファシズム」よりもすごいのかもしれないが、それほどムチャクチャでデタラメな小説なのだ。

一応ストーリーとしては銀座のバーに集まる先端技術の関係者たちが夜な夜な繰り広げるバカ話から国家的なプロジェクトが生まれ、というSFチックなもので、たぶん村上龍はそれなりに先端技術を勉強しそれが常人の想像を超える地点まで到達しつつあるといったような感慨を得てこの物語を書き始めたのだろうが、途中から物語は脱線に次ぐ脱線を経て加速度的に崩壊し、最後には筒井康隆を彷彿させるスラップスティックに陥って行く。

だが、これが一概にドラッグ・ノベルだと言い切れないのは、そのスラップスティックのさなかにあって村上龍がほとんど悪趣味に近い乾ききったユーモアを頑なに守り通しているからであり、これは村上龍が完全に覚醒していることを示しているのであって、だとすれば村上龍は筒井に匹敵するナンセンス作家であったということなのかもしれない。文学に何か高潔で真摯なモノを求める人はたぶん怒ると思うので読まない方がいい。

(1991年発表 講談社文庫 ★★☆)


going_underground at 15:01│Comments(0)TrackBack(0)書評 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔