2008年10月29日

<15>368Y Par4 第2打

「テニスボーイの憂鬱」を書いたときにたぶん村上龍がテニスに入れ込んでいたように、この小説を書いたときに村上龍はきっとゴルフに入れ込んでいたに違いない。端的に言ってしまえばそれだけの作品であり、それを何とかもっともらしい物語に仕立て上げ、半ば無理矢理ゴルフにこじつけた、知ったふうな処世訓とか人生訓を垂れ流す駄作。「欲望を肯定して生きることは難しい」というのがテーマらしいが正直よく分からない。

まあ、村上龍という人はもともと何か新しいことを知るとそれにのめり込み、臆面も節操もなく、こんなことは当たり前のことなのだが、といった調子で、以前からすべてを知っていたような顔で書き飛ばすのが特技なので、この作品もそういう系統の作品群のひとつだと思えばそれなりに読めるのだが、主人公の人物造形が中途半端で、成り上がりなのかインテリなのか性格づけができていない。それが物語を致命的にスポイルしている。

日本人が海外に出たときに避け難く表れる国内標準と世界標準のギャップみたいなものについてはうまく書かれていて肯く部分もある。それは日本が世界の一地方に過ぎず、日本の常識は世界中にある珍妙な風習の一つに過ぎないのだというシンプルな相対化ができるかどうかなのだと僕は思うのだが、それについて言及した物語が結局「人生で重要なのは第2打だ」みたいな陳腐なお説教に収束してしまうのは何とも寂しく、情けない話。

(1993年発表 講談社文庫 ★★☆)



going_underground at 23:48│Comments(0)TrackBack(0)書評 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔