2008年11月30日

<25>ストレンジ・デイズ

クラシック・ロックの名曲をタイトルにした18の章からなる作品で、文芸誌に連載されたものらしい。おそらく最初はそれぞれの曲にちなんだ連作短編みたいなイメージだったのだろうと思うが、物語はいつしか自律的な推進力を手に入れて転がり始める。天才的な演技力を持つ巨大トラックのドライバーという訳の分からない人物造形を核に、彼女の超越的な演技力が周囲を異化して行くさまが丁寧に書き込まれて展開して行くのである。

そのトラック・ドライバー、ジュンコを媒介として主人公反町の絶望と無力感が明らかにされて行く。ジュンコの演技は、僕たちが互いを傷つけないように確認し合っている暗黙のコミュニケーションのルールのようなものに潜む、生来的な曖昧さを容赦なく暴いて行くのだ。僕たちの社会が、厳密な言葉で本質的なことを直接物語ることの難しい場所であることを、村上龍は繰り返し指摘する。そしてその指摘は間違いなく正当なものだ。

そういう危機感はこれまでにも村上龍の小説には何度も現れてきたものであり、そこにおいてドラッグも暴力もセックスもそうしたコミュニケーションの「不自由さ」を突破するツールとしてあった。ここでは性的なモメントは希薄だが、村上龍は演技すること、自己と他者の境目を確認することをバネにして同じように突破を図っのだろう。ロケット風船みたいに推進力はあるが方向が今ひとつ定まらない感がありそれが残念な作品だ。

(1997年発表 講談社文庫 ★★★☆)



going_underground at 00:37│Comments(1)TrackBack(0)書評 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 田中マルケスjr   2008年11月30日 12:15
いつも楽しくブログ見てます。
以前から拝見しているのですが、
内容の充実した感じですごく刺激になります。

人を引き付ける文章・・・
そういったものを私も心がけたいと思います。

今後、より面白いブログにしてければと思っております。

そこで、よろしければ相互リンクお願いできませんでしょうか?
コメントお待ちしております。

またの更新を楽しみにしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔