2008年12月23日

<31>タナトス

「エクスタシー」「メランコリア」に続くシリーズ第3作。本作ではキューバに済むカメラマン・カザマを通してレイコの独白が延々と展開される。その独白からレイコとヤザキ、ケイコとの関係やレイコがキューバにたどり着いた経緯なども在る程度は明らかにされるのだが、もちろんここでの中心的なモメントはそのようなストーリーではなく、既に優雅に壊れきっているレイコの「壊れ」をどこまでも追いかけて行くこと自体である。

もちろん高いテンションに貫かれた異様な世界の描写と、既存の「分かり合い」に依存することを許さないキューバという舞台設定のおかげで、レイコが抱えこんだ複雑で重たいトラウマを強引にドライブして行く本作の目論見はかなりの程度成功しているが、このテーマも正直そろそろ食傷気味で、こんな変わった人もいるんだなあ、とか、こんな無茶な世界もあるんだなあとか、作品本来の痛みが読者にまで切迫しないようにも思える。

それはキューバという、大方の日本人は一生訪れることのない土地が舞台になっているせいで、そこにおける空気感の現実性が欠けることにも一因があると思う。村上龍がキューバの単なるファンになってしまって、キューバという国の特殊さと普通さを丁寧に書き分けるプロセスが欠落してしまっているのではないか。レイコの「壊れ」が川に落ちた父親のエピソードに収斂してしまうのも安易。ある気狂いの半生、では少し食い足りない。

(2001年発表 集英社文庫 ★★★)



going_underground at 14:57│Comments(0)TrackBack(0)書評 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔