6月初旬
雑穀谷へ


野武士様がゲッコーの人達が集まるからと雑穀谷に連れていかれる。

私はジムに行っておらず
恐らく殆どの人が初対面になるのではないかとコミュ障の血が騒いでいた。
その心配は無用で
ゲッコーのオーナー、フレンドリーなファミリー数組と、昔よく一緒に登っていた仲間達でオラチャロックは和やかな雰囲気だった。

1.サンセット
アップ

2.サワコ
マスター
落ちた

3.サワコ⭕️
登れた。
再登さんだぞ。

結構躊躇なく乗れている
楽観的に「落ちんだろ」と思うと堂々とムーブが起こせていいみたい。


4.チャック
クールダウン

5.サンセット
クールダウン



パパママとちびっこ達は頑張って頑張って頑張っていた。

パパやママと大好きなお友達と一緒に頑張るのはきっと凄く楽しい。

岩への圧倒的な執心、大人みんなが共感し嬉しくなっていた。
カッコイイクライマーだった。

そして登れなくて悔しいのも、ここにいる大人は皆気持ちが凄くわかっていて

一週間ずっと登るイメージを重ねて、いよいよ週末頑張って、でもまた登れなくて悔しくて、そしてまた一週間をモンモンと過ごす  の繰り返しがいかに辛くて楽しくてどうしょうもないか。

だから
登れなくてもいいのだ。
みんな頑張ったから100点なのだ。
私も100点なのだ!



DSC_1387