2018年12月30日

年内最後のジム日記〜体脂肪を溜めない食事の仕方〜

IMG_20181223_005213-1024x1535
_20181230_212246
_20181230_212317



こんばんは、ゴージャス松野です!



今日はジムに行って来たので、体に関する話題をアップさせて頂きます。



「体脂肪を減らす食事の仕方」

〇「献立を考える」
・食事は、主食と主菜、副菜、汁物の4品を揃える。
・これに果物とヨーグルトなどの乳製品をプラスすれば、よりバランスのとれた食事となる。
・昼食がお肉だったら、夕食は魚介類メインの献立にするなど、前の食事で食べていない食品を選ぶようにすると、1日に必要な食品をまんべんなく摂ることが出来る。


〇「1日3回決められた時間に食事を摂る」
・食べる時間が不規則になると体の防衛本能が働き、食べたものを脂肪として蓄えやすくなる。
・また、人間の体は夜になると副交感神経が活発化し、栄養を蓄えやすい状態になるので深夜の飲食も控える。


〇「早食いをしない」
・食べ始めてから脳が満腹感を得るまでには、およそ20分かかる。
・早食いをすると満腹感が得られたときにはすでに食べ過ぎの状態なので、よく噛み、味わって食べると満腹中枢が刺激され、食べる量が少なくても満腹感を得ることが出来る。


〇「食べることに神経を集中させる」
・食事中他のことに気を使うと満腹中枢が働きにくくなり、無意識のうちに食べ過ぎてしまいがち。
・テレビを観ながら、読書をしながらのいわゆる「ながら食い」は禁物。


〇「食事中をする時姿勢に気を付ける」
・姿勢が悪いと食べるときに働くさまざまな筋活動や顎運動との協調運動が乱れ、正しい咀嚼機能を引き出すことが出来なくなる。
・体の大きさに見合った高さの椅子とテーブルを選び、足底がしっかりと床についた姿勢で食べるようにする。



体脂肪が気になる方は、是非ご参考になさって下さい(^-^)

gojamatsu at 21:32│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ