かつみどんの長田ワクワク日記

神戸・長田にある長田神社を中心とした地域(以下長田神社地域)では商店街・市場などの商店主や地域の人たちが一緒になって、地域活性化のために日々、ワクワクドキドキするようなことをやっています。 その仕掛け人の一人(かつみどん)が長田神社地域のいろんな情報を発信します。お得な先取り情報や街づくりや商業活性のヒントになる裏ネタは注目!!

被災経験を共有する商業者として

長田中央小売市場も阪神大震災で全壊しました。神戸市内で一番早く仮設店舗での営業を再開したものの、市場を再建して本格的な営業再開までには長い年月(4年以上)がかかりました。どうしてもまずは住宅再建が先で商業施設の再建には行政もなかなか手が回りませんでした。

今回の震災の被害は阪神大震災よりもはるかに大きく、原発事故等の様々な問題もあり、阪神大震災よりも商業施設の再建には時間がかかると思われます。

長田中央小売市場にも全国の商店街や小売市場と同じように空き店舗が目立ってきています。
今回の地震で被害を受けた被災地の方で関西で商売を頑張ってみようという方がいらっしゃいましたら、空き店舗を2年間テナント料無料(水光熱費は実費負担)でお貸しします。

もちろん元の場所で商売を再建したいという気持ちは理解しています。元の場所で商売を再建するまでのつなぎとして、借りていただいても全然OKです。同じ被災経験を持つ商売人として、何か力になれることがなれないかという思いですので、なんでもお気軽にご相談ください。

長田中央小売市場協同組合
兵庫県神戸市長田区六番町8丁目3
事務所 TEL 078-575-9402
定休日 日曜日

担当 難波 メール katsumidon08@docomo.ne.jp ツィッターアカウント katsumidon08

サンタの家、できました!!

サンタの家2010

今年も長田中央いちばの中にサンタの家ができました。
17、18日は『サンタがいちばにやってくる』というイベントがあります。
長田区内にはチラシも入ります。
サンタとの記念撮影やハンドベルコンサートがありますよーー!!
サンタさんに会いに来てね。

24日はサンタさんがプレゼントの配達をします。今年はどんなドラマが待っているか楽しみです。


※24日はサンタ団が事前(17、18日)に親御さんから預かったプレゼントをサンタの格好をして、子どもたちに届けます。
もう少しの間、子どもたちにサンタの夢を見ていてほしいというおっさんのロマンから始まった企画です。
もう今年で始めて6,7年になります。

ぽっぺん工房市座・萬福茶屋

本日(8月1日)はいちばが休みだったので、萬福茶屋の売り子を手伝いにいきました。
長田神社前地域にはお菓子屋が多く、おついたち参りに合わせて、お薦め商品を萬福茶屋でお店で買うよりお安く販売しています。またお茶の無料サービスもあります。商店街理事長の五嶋さん(ほうらく堂)が美味しいお茶をサービスしてくれます。
また工房作家が展示即売を行うぽっぺん工房市座も大好評で、毎回20名近い作家さんが出店しています。

今日はMBSラジオの『日曜出勤生ラジオ』が中継に来てくれました。桂坊枝さんから生中継インタビューを受けました。インタビューの中に例の言葉もちゃんと入れることができ、大満足の一日でした。

写真は桂坊枝さんのブログやMBSラジオの『日曜出勤生ラジオ』のHPにアップしていただけると思いますので、そちらをどうぞご覧ください。

志士

昔から歴史小説が好きで、戦国時代、幕末、三国志と若いころから乱読してきました。歴史小説で出てくる言葉で胸躍る言葉がいくつかありますが、そのひとつが『志士』という言葉、『志を持つもののふ(武士)』という意味です。多分これから龍馬伝でも乱発されるでしょうね(笑)

自分も常に志士たりたいと思っていますが、志が低くて…(笑)

最近、知り合った志士をご紹介とします。知り合ったと言ってもツィッターでお互いにフォローし合っているだけですが。

彼女のツイッタ―の自己紹介をそのまま引用させていただきます。

olivenisieihukuさん

自己紹介 2000年にOLを辞め、同年11月30日に、『お客様が必要とされる商品を、毎日安心できる価格で販売する』ことをモットーに、東京都杉並区の西永福商店街に「衣料品と雑貨」のお店をOPENしました。twitterを使って商店街の活性化に繋がるかどうか模索中です^^  野球・競馬大好きです☆

オリーブさんのブログ

西永福商店街(協栄会)ホームページ

自分と同じような志でツィッターを使っているんですが、自分は全く志が低く駄目ですが、彼女はとにかく凄い。本当に見事と言っていいほど、お客様につながっている。レスポンスの良さがお客様には心地よいのだと思います。
自分の物販さんのイメージは『動かざること山の如し』でしたが、彼女は『風の如く』です。
こんな物販さんが近くにいて、一緒に色々できたらいいのにといつも彼女の『つぶやき』を見て、思っています。がんばろう!!全国の志士たちよ!!そして自分も!!

つぶやいています

これから新しいことをやるのに勉強も兼ねて、最近、ツイッタ―を始めました。
ユーザ名は@katsumidon08です。

毎朝、仕事をしながら、聞いているラジオ番組のリスナー仲間の方と仲良くしてもらったりしています。
しばらくは忙しいのでつぶやき専門になるかも??

お知らせ色々

長田神社地域の2月のいろいろ情報です。

2月1日より『萬福グージーモニュメント』が毎日、公開されるようになります。(たぶん時間は10時〜17時)
グージーの烏帽子を触ると福が来るらしいです??

2月1日は今年度最後の『子どもいちば』(長田小学校5年生)です。
『子どもいちば』は小学生が1日ボランティアで障害者の小規模作業所に行き、商品を作って、長田中央いちばの前で販売します。子どもいちばについてはこのブログにも以前書いているのでそちらもご覧ください。

2月1日〜3日まで『ぽっぺん工房市座』が初の3日間開催です。

2月3日に長田中央いちば内に絵本こうかん市場に併設で『子育てほっとステーション長田中央いちば』がオープンして、安全に小さなお子さんと保護者の方がふれあっていただけるスペースです。

2月3日は長田神社で『追儺式神事(ついなしきしんじ)』が行われます。長田神社の『追儺式』は室町時代から伝わる伝統的な神事で兵庫県の重要無形民俗文化財に指定されています。
毎年、マスコミには鬼役の人が身を清めるために須磨の海に入る光景が取り上げられ、そちらの方の印象が強いです。(笑)

震災15年目

阪神大震災から15年目をこの1月17日に迎えました。
自分ももちろん震災でさまざまな影響を受けました。

長田神社地域(特に長田神社前商店街)は震災の後、女優の黒田福美さんの強力な応援を受けて、カタログ通販を行いました。全国の方からはたくさんの支援をいただきました。その時に学んだり、経験したことが現在、長田神社地域で行われている様々なことに生かされています。

震災5年目に福美さんから、また何かしないと声をかけていただいた時に、長田神社地域では『被災地』としての商業地でなく、地域に愛され地域と生きる商業地を目指そうということで、地域住民に読んでもらうための『お店紹介冊子』と『商品紹介冊子』を作りました。冊子には地元の小学生に描いてもらった絵をたくさん載せました。冊子は地元小学校を通じても配布されました。ある小学校では3年生の地域学習の教材として、使われたりもしました。
自分がこんなことに巻き込まれたのがちょうどこのころです。(笑)

震災5年目は何もわからず、とにかく無我夢中の状態でした。
そのあと、タメ点カード長田、子どもいちば、夏越ゆかた祭りなどいろんなことをやってきました。

震災10年目はいろんなことが形になってきて、少し自信が持てるようになったころでした。
昨年、佐用町の水害で初めて使うことになった『長田災害ボランティア基金』を作ったのがこの年です。
ちょうどこのころNHKの連続ドラマに出演していた福美さんが訪れてきた時に、これまでやってきたことをお話させていただいたら、『よく頑張ったね。奇跡の街や。』と褒めていただいたのが、本当にうれしかったです。
10年目は自信(野心に近いかな)に溢れいた状態でした。

15年目の今年はいろいろと弱って、ボロボロの状態でした。
そんな時にある知人かから素敵な言葉をいただきました。
その知人は震災は経験していませんが、震災の影響を受けています。自分とは知りあって、まだ3年ぐらいですが、その方から18日の日にいただいた言葉です。
『生きていてくれて、ありがとう』

弱っている自分(そしてもしかしたら死んでたかもという体験をした)には涙が止めることができませんでした。その方は震災の番組を見ていて、神戸の私を思ってくれて、この言葉が自然に出てきたそうです。

『愛している』とか『好きです』とか言われる(嫁さんからは何年もそんな言葉は聞いていませんが)より心にグッとくるものがありました。
この言葉から『この世の生に無駄な生などない』というふうに思え、自分の力は小さいけれどまたがんばろうという勇気が出て来ました。

あけましておめでとう

2009年、初の投稿です。
仕事が忙しいのと、正月以来、肉体的精神的にかなり弱っていて、今まで更新できませんでした。今日は正月明けてから、初めての完全休養日で久々にブログの更新です。

新年第一回ということで今年の目標を発表!!!(ジャジャア―ン)

(1)このブログを年間50回の更新をする。
しばらく、仕事が多忙で放置になりますが、暖かくなったらがんばります。

(2)仕事を追い込みから先行逃げ切りに脚質転換をはかる。
いつも期限に迫られないと本気になれない駄目な私、今年こそ変わります。(笑)

(3)新しい趣味(ルアーフィッシング)を始める。
昨年から釣りにハマり始めていまして、いろいろ調べているうちに、ルアーフィッシングというものがいと可笑しそうなので、ぜひやりたくなっております。
まったくのど素人ですので、ご教示いただける方がいらっしゃればよろしくです。釣りをしていると何も考えず無心になれるのがいいですね。禅に通じるかな??無心になりすぎて、地球を何度も釣りあげそうになりましたが。

そんなこんなで今年もよろしくです。

雑感

11月13日(金)に神戸市立室内小学校に授業してきました。例年と少し内容が違ったので、少し戸惑いました。例年は子どもたちが接客のロールプレイを見て、総評する感じですが、今回はどんな風にすれば、うまく売れるかという話を1時限分、びっしりと話をしなくてはなりません。
2時間目に学校近くの文房具店(岸本さん)が授業をされて、同じような内容でお話をされて、その内容がすでに黒板にびっしり書かれていました。もう話すことがない。(;_:)かなり苦しみました。

 この日は家に早く帰宅できたので、新聞の番組表で気になったテレビ番組を見ました。NHK教育の『きらっといきる』という番組でタイトル(『稼げる作業所をめざして』)に思わず、反応してしまいました。

 少しテーマが大きくなりますが、『日本社会における労働について』、自分は門外漢ですが、労働基準法とか最低賃金とかの問題があるのはわかりますが、社会に関わりたいとかその人の生きがいみたいなものを大切にして、安い賃金でも働く機会を与えられるような労働形態があってもいいのではないかと思っています。定年退職した方や障害者、子育て中の女性などその人の事情を考慮してあげながら、働けるような形がこれから労働人口が減っていく日本には必要でないかと考えています。

この『きらっといきる』の内容は鳥取の大羽さんという脳性マヒの方のお話でした。番組の途中から見たので、大羽さんの背景みたいな部分は十分に理解できていないかもしれませんが、この方は養護学校を卒業して、授産施設に入ったけどすぐにやめてから、会社勤めと作業所の立ち上げを繰り返すみたいな経歴でした。司会の方がなぜ会社勤めと作業所の立ち上げを何度も繰り返したのですか?という質問に、大羽さんの答えは『稼ぎたいからです。』でした。
その瞬間、かなりの衝撃を受けました。テレビでは、思っていてももっときれいごとを言って、普通はこんなことを言えないですよね。これが人間の本質だとしたら、自分の考えていたような働くことは薄っぺらい偽善に感じました。

最後まで番組を見ると安心しました。大羽さんが『障害者だからと言って、仕事の質を落としてはいけない』みたいなことを言っていて、この人の言った『稼ぐ』ということは人間の尊厳に関わっていることなんだと理解できました。

いつも子ども市場の時に、陶器を作っている作業所の方が商品を大切に扱ってほしいと子どもたちや先生に話しているのも根は同じなんです。子どもたちに丁寧に商品を扱いなさいとか、商品を渡す時に新聞などで包むみたいなテクニックを教えることよりも先に作業所でメンバーの方が一生懸命に作った商品だということを教える方が大事だと思います。(本当は子どもたちに作業所で一緒に作業する中で感じとってくれるのがベストでしょうが。)

長々と書いて、うまく伝わらないかもしれないけど、少し深く考えさせられた一日でした。来年、また授業をする機会があれば、働くことって人間の尊厳に関わっていることだということも伝えたいと思いました。

図画工作展開催中

子ども市場に合わせて、市場の空き店舗を利用して、図画工作展を開催しております。子ども市場をする学年だけでなく、全学年から選ばれた作品が展示されています。ぜひご覧ください。
現在は室内小学校の図画工作展を開催しております。

2009111014330000

2009111014330001

2009111014360000


アクセスカウンター

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ