質問

宅建 23年 受験されたかた いかがでしたか?

何でも構いませんので書き込んでください 


23年宅建 いかがでしたか?

今年の合格点数は何点くらいでしょうか?


各、宅建 予備校 専門学校 の今現在の予想では、33±~37±と開きがあります。

落ち着くまでにはもう少しかかるみたいです。 一番多いのは35±です。




回答


37点でした。

内訳は

権利関係 13/14
宅建業法 13/20
法令上の制限 7/8
その他・税法 4/8

宅建業法で最低でも16か17取れると思っていたのですが、やられました。なんかひねくれた嫌な聞き方をする問題があったような気がします。
権利関係は得意だったのですが、試験では高得点を取れるような問題の出し方はしないと思い、10点取れたらいいなと思っていたところ13点だったので、宅建業法で落とした分を取り戻したような感覚です。
法令上の制限については、都市計画法、建築基準法が苦手で、試験直前まで苦戦し、ギリギリ過去問の頻出事項を押さえた感じだったので、4,5点取れたらいいなと思っていたら7点取ることができ思った以上の出来でした。問題も簡単だと思いました。
その他・税法については、建物に関する問題以外は自信があったので、6,7点取ろうと思っていたら4点でした。法令上の制限で7点取れていたので、助かりました。

簡単な問題、標準的な問題を確実に取り、難問はできなくていいと思って勉強していましたので、試験では30点代後半を取れればいいと思っていました。結果的には予定通りだったと思います。合格最低点については、どこの予想が当たったとしても37点だと合格圏内ですので、受かっていればいいなと思います。

合格点数については、33か34かなと思います。LECの予想が当たるのではないかと思います。知恵袋見ていると40点以上取れて余裕で書き込みしている人が結構いますが、それ以上に、30点代前半の点数だったため、心配でたまらない人の書き込みが多いと思います。実際には40点以上取った人よりも、30点台後半を取った人の方が圧倒的に多く、このあたりが安全圏であり、30点台前半のどこかにボーダーが来ると考えています。問題自体は、昨年より難しいとは思いませんが、ひねくれた問題が多く見られたので、昨年よりボーダーが下がるのではないかと思います。



回答


一問目が強迫とか詐欺の定番ですが、そうくれば二題目は代理とくるかとおもいきや・・停止条件って・・^^;そこからどんどん妙な流れになって、単純承認のひねりまくった遺産分割系の問題。
そろそろ定番の連帯債務&抵当権がくるかと思いきや・・さらには相殺、根抵当権・金銭債務契約・・とマニアック出題が続きましたね。
今年の権利関係は単純に過去問を反復しただけでは太刀打ちできない解きにくさがあったように思います。

それにしても・・・・・問42納得いきませんね。あれは1,4を両方正解にすべき。
あれを1だけ正解肢にするようなことがあれば、過去の出題パターンを否定することになりますよ。
昔は裏をかかないと正解をくれない問題が沢山ありました。今回は素直に解答した人だけが●なんておかしいーーー。
均一にしろといいたい。

 ん~今年は権利関係がマニアックだったので去年と変わらず36点がラインだと思います。