宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ 宅建Q&A(質問集)

宅建Q&A(宅建質問集)

宅建試験に合格するための、基礎的な知識、試験の内容、学習方法、学習のコツなどを掲載したブログです。

宅建について 試験対策 学習方法 試験の後
宅建の基礎知識
宅建業について
宅建資格について
取引主任者とは
料金について
就職/転職に強い
2chのまとめ
初心者/受験1年目
不安/心配事
悩み事/相談事
試験について
出題科目・問題
試験の難易度
平成23年度試験
勉強日数/時間
資格学校/講座
テキスト/過去問
DS/PSP宅建
模擬試験
学習について
独学で学習する
勉強/試験対策
学習テクニック
やる気と努力
休日/長時間学習
6ヶ月学習/対策
3ヶ月学習/対策
1ヶ月学習/対策
試験前/短期学習
解答速報/自己採点
合格/予想ライン
合格発表/合格証書
合格点/合格率
合格者/体験談
不合格/リベンジ
合格後について
合格後の実務講習
主任者の登録申請

宅建試験Rankingへ 宅地建物取引主任者ブログへ

2012年08月

宅建免許の難易度を教えて下さい。

質問

宅建免許の難易度を教えて下さい。


回答

合格率は先の回答者様がおっしゃってる通りですが・・・
宅建って国家資格の割りに誰でも受けられるんです。
こんな事言ったら大変失礼ですが、暇つぶし(?)みたいな感じで受ける方もいます。
「ちょっと資格とか取ってみたいな~」って気軽な気持ちで受ける方もいます。
小学生やら、専業主婦やら、定年退職したおじいちゃんがボケ防止に・・・なんて話もあります。
何を言いたいかといいますと、「本気で宅建免許がほしい!」と思ってる方の受験率意外に低いんです。
本気で取りたい!と思ってる方の合格率は、私の個人的な感じでは合格率5割を超えていると思います。

なお、私も宅建免許保持者ですが、国家試験の割にはかなり簡単なほうです。
四択ですし・・・国家試験は五択のほう多い。
試験範囲はとても広いのですが、「広く浅く」な試験です。
大変な所を上げさせていただくと民法が少し言葉の言い回しが慣れるまで辛いかと思いますが・・・
あと、建築で点数が取れない方が多いと参考書には書いていました。(私は建築の人間なんで私にとってはサービス問題もいいところでしたけど)

もちろん国家資格ですから、そうそう簡単に考えられても困りますが、やる気があるなら合格することはさほど苦しいと感じる試験ではないと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

なるべくお金を掛けないで取得したい

質問


宅建の資格について

今年宅建の資格を取ろうと思いますが、なるべくお金を掛けないで、

取得したいので、通信講座などは、受けないで、独学で取ろうと思います。

独学で取得された方、アドバイスお願いします。



回答


元不動産屋です。
5年前の新入社員時代に完全独学で宅建を取りました。


以下、他の方へも回答した内容で重複になりますが、、、


不動産販売という激務の合間に勉強するテキストとしては、
参考書→『らくらく宅建塾』
過去問集→どこのものでも良いが、今年用に法改正がしっかり変更されており、
できれば過去10年くらいのものをセンテンス毎にわけているもの
例)TACの『わかって合格(うか)る宅建過去10年本試験問題集』
が短期集中としては非常に使いやすい教材でした。

またインターネットでもわかりやすく宅建試験のセンテンスを
個人で作っているHPもあります。
以下URLを張っておきます。(先頭にhをつけてくださいね)

ttp://ss-up.net/

『幸せ』『宅建』でググると出ますが、
仕事中に黙って勉強する際には抜群です(笑


また、ここからは、質問者様へのアドバイスですが、
私の宅建取得までの経緯です。

私は試験二ヶ月前から『らくらく宅建』という

テキスト(以下テキストと呼びます)を読み始めました。

読む場所は、
①毎日朝のラッシュタイムの電車の中

 (たちっぱなしの一時間の内、気が向いたら)
②他人より30分早く出社してその間にテキストを読む
③仕事の合間にこっそりインターネットで宅建
④帰宅の電車(座りっぱなしなので、乗り換えるまでは寝て、

 乗り換えの後は読むといった感じ)
※余談ですが、ジャンプ+ヤンジャンは必ず買い、朝の電車で読み、
その日は朝だけ宅建をしない感じでした。

これで二週間くらいかけ、一通り全部読みきることができました。

読みきった後は、実力が付いているかの確認として、
過去問!
やる場所は相変わらず、上記①~④と一緒です。
当然間違ったところはテキストで再復習。
※満員電車の中で過去問を解く行為は周囲に煙たがられますし、
怖いものを見る目の方も多いですが、そこは完全スルー(笑

過去問が一通り終わるのが二週間で、
ちょうどそのころ一ヶ月前になります。

一ヶ月前となったので、
再度過去問で間違った問題をひたすら解きます。

これは一週間くらいで終わります。

残り3週間となりましたので、
もう一度テキストを初めから読み直します。
今度は結構基礎がついているので、
これも一週間くらいで読みこめちゃえます。

残り2週間、
後は、上記のようなセンテンス毎の過去問集ではなく、
『予想問題』×4回分くらいを新しく購入し、
1回分が終わるごとに解説を読みさらにテキストで復習をします。
※時間があれば1回分は本試験と同じ

2時間みっちり試験をやってみる

これも一週間くらいで終わっちゃいます。

残り1週間。
手元には、テキスト・過去問10年分・予想問題

4回分と豊富な教材がありますので、
ちょっと自信がないという項目・問題を再復習。

試験前々日に、もう一度、一番難しかった

過去問もしくは予想問題一回分を
試験時間と同じ2時間でやる。

前日には苦手項目を再度やるくらいで早めに寝る。

こんな感じで合格点から5点程余裕を持って合格できました。


会社に行きながらの一例ですので、
ご参考までに。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建 23年 受験されたかた いかがでしたか?

質問

宅建 23年 受験されたかた いかがでしたか?

何でも構いませんので書き込んでください 


23年宅建 いかがでしたか?

今年の合格点数は何点くらいでしょうか?


各、宅建 予備校 専門学校 の今現在の予想では、33±~37±と開きがあります。

落ち着くまでにはもう少しかかるみたいです。 一番多いのは35±です。




回答


37点でした。

内訳は

権利関係 13/14
宅建業法 13/20
法令上の制限 7/8
その他・税法 4/8

宅建業法で最低でも16か17取れると思っていたのですが、やられました。なんかひねくれた嫌な聞き方をする問題があったような気がします。
権利関係は得意だったのですが、試験では高得点を取れるような問題の出し方はしないと思い、10点取れたらいいなと思っていたところ13点だったので、宅建業法で落とした分を取り戻したような感覚です。
法令上の制限については、都市計画法、建築基準法が苦手で、試験直前まで苦戦し、ギリギリ過去問の頻出事項を押さえた感じだったので、4,5点取れたらいいなと思っていたら7点取ることができ思った以上の出来でした。問題も簡単だと思いました。
その他・税法については、建物に関する問題以外は自信があったので、6,7点取ろうと思っていたら4点でした。法令上の制限で7点取れていたので、助かりました。

簡単な問題、標準的な問題を確実に取り、難問はできなくていいと思って勉強していましたので、試験では30点代後半を取れればいいと思っていました。結果的には予定通りだったと思います。合格最低点については、どこの予想が当たったとしても37点だと合格圏内ですので、受かっていればいいなと思います。

合格点数については、33か34かなと思います。LECの予想が当たるのではないかと思います。知恵袋見ていると40点以上取れて余裕で書き込みしている人が結構いますが、それ以上に、30点代前半の点数だったため、心配でたまらない人の書き込みが多いと思います。実際には40点以上取った人よりも、30点台後半を取った人の方が圧倒的に多く、このあたりが安全圏であり、30点台前半のどこかにボーダーが来ると考えています。問題自体は、昨年より難しいとは思いませんが、ひねくれた問題が多く見られたので、昨年よりボーダーが下がるのではないかと思います。



回答


一問目が強迫とか詐欺の定番ですが、そうくれば二題目は代理とくるかとおもいきや・・停止条件って・・^^;そこからどんどん妙な流れになって、単純承認のひねりまくった遺産分割系の問題。
そろそろ定番の連帯債務&抵当権がくるかと思いきや・・さらには相殺、根抵当権・金銭債務契約・・とマニアック出題が続きましたね。
今年の権利関係は単純に過去問を反復しただけでは太刀打ちできない解きにくさがあったように思います。

それにしても・・・・・問42納得いきませんね。あれは1,4を両方正解にすべき。
あれを1だけ正解肢にするようなことがあれば、過去の出題パターンを否定することになりますよ。
昔は裏をかかないと正解をくれない問題が沢山ありました。今回は素直に解答した人だけが●なんておかしいーーー。
均一にしろといいたい。

 ん~今年は権利関係がマニアックだったので去年と変わらず36点がラインだと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建の勉強はいつから始めるのが効率がいいですか?

質問

宅建の勉強はいつから(何月から)始めるのが効率がいいですか??

また、勉強方法など教えてください!! 


補足

私は宅建に関する知識が全くないので基礎知識がわかりやすい

テキストがあれば紹介してくださぃ。ちなみに私は大学一年です。

法律などは習っていません。  


回答

こんにちは。昨年の合格者です。

>宅建の勉強はいつから(何月から)始めるのが効率がいいですか?

来年の1~2月に、各社から来年用のテキストが出版されます。

そのころにテキストを決め、勉強をはじめるのが良いと思います

(ちなみに、私は3月から始めました)。

勉強法について、おすすめの合格指南書(テキストではない)を

2冊ご紹介しましょう。
「宅建一発合格塾」 山本浩司著 日経BP社 1470円
「一発合格勉強法」 超速太郎著 日本実業出版社 1300円
前者は、宅建合格のための「戦略」が書かれています。
後者は、資格試験の効果的な学習方法、つまり「戦術」が書かれています。
要点だけ書くと、
1.「基礎知識」を完璧なレベルにする。

それ以外はやらない(やらなくて良いのではなく、やらないほうが良い。

→完璧でない知識は本試験では有害です)。
2.分野別の「過去問」を、できるだけ早期に始める(1回目は読むだけです)。
3.本番までひたすら「過去問」を解く(少なくとも7回以上)。
4.教材の数は、少ないほうが早く合格できる

(あれこれ手を出すと、結局は有害)。
5.ノートはつくらない(時間がもったいない。

必要があれば直にテキストに書く)。

指南書の指示通りにやれば、宅建を、

要領よく「最短・最速」で合格できるでしょう。
ちなみに、私の場合、過去問を10回やって、

37点で一発合格できました。

また、宅建試験の終了後、

受験予備校「TAC」さんの解説冊子を取り寄せました。
そこには、各問題の難易度について次のように分析されていました。
A:簡単な基本問題(25問)
B:正解を選択肢2つに絞れる問題(20問)
C:難しい問題(5問)
これを見ると、きちんと基礎知識をマスターできた人であれば、

Aクラス(基本問題)の25問は全問を正解でき、

Bクラスの20問はあてずっぽうでも(半分の)10問前後が正解、

Cクラスはあてずっぽうで1問正解、よって、

全体で36点前後を得点できる、と推測できそうです。
今回、合格最低ラインは33点でした。ですから、実質的には

2択問題であるBクラス(20問)について、「正解肢」を半分の10個ではなく、

8個(4割)しか選べなかったとしても、合計34点で合格することができたわけです。
そう考えると、「合格するには市販のテキスト、問題集で十分」であって、

「基礎レベルの知識をきっちりマスターすれば十分合格できる」、と

納得できると思います(私は、A:25点、B:11点、C:1点 でした)。

なお、受験予備校の「TAC」、「日建学院」の解説冊子が参考になると思います。

無償ですので、ホームページから申し込んで取り寄せ、出題傾向、

難易度について情報収集をされるとよいでしょう。

また、2006年に40点とって一発合格した方の、

「宅建試験一発合格への戦略ノート」という優れたサイトがあります(http://www.takken1.com/)。
こちらもきっと役に立つと思いますよ。

ご健闘をお祈りします!

補足:

テキストは、「書店に並んでいるものでしたらどれでも良い」と思いますが、

昨年、私が、あれこれと比較して「使いやすそう」、と思ったテキストはつぎのものです。

1.東京リーガルマインドの「出る順 宅建合格テキスト」(3分冊)
2.DAI-X出版の「誰でもできる!ゴク楽宅建」
3.早稲田経営出版の「なにがなんでも合格 宅建太郎の本」
4.住宅新報社の「楽学宅建」

このうち、私は、1の「出る順」を選びました

(わかりやすく、かなり詳しく書いてあるのが良い点です。

 ただし、余計なことを書きすぎている、という欠点もあります)。
質問者の方は、上の4つを比較して気に入ったものを選ばれたら良い、と思います。
なお、「テキストはひとつにしぼること」が、合否をわけるほど重要だと思います。



にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

予想問題集は毎年当たってますか?

質問

今年、初めて宅建を受験します。

 予想問題集が出版されていますが、あれは毎年当たってますか?

以前買って、受験された方いましたら、宜しくお願いします。


回答

当たりません。ですが、購入して問題を解くことは微妙に本試験に役立ちます。
これは、未知の問題に対する慣れみたいなものです。

あとはこの問題を何冊かやっていると自分の実力が解ります。

本試験で取れるであろう点は大体当たります。
宅建の試験は分野が物凄く広いので予想問題など不可能です。

ですが、傾向は当たっています。

試験直前の予備知識の補充には無駄ではありません。
私は独学で去年合格しました。

インターネットと予想問題集の特集だけが情報源でした。


回答

あんまりあたりません。統計は5問(20肢)くらいすれば

2肢くらいはあたるとおもいます。
去年は何問あたりましたって書いてる本もありますが、

ほとんどは過去問での頻出問題で
過去問といてたらまず間違えない。
予想問題集はやりこむためじゃなくて、

初見の問題への慣れと時間配分の練習程度に考えて
2順程度やれば充分だと思います。やっぱり過去問重視で。



にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建試験を受験するにあたって、オススメの模試

質問

宅建試験を受験するにあたって、オススメの模試があったら教えて下さい。

今のところ、TACを受験予定ですが、他社さんで良いのがあったらお願いします。  


回答

私もTACの全国模試を受験するつもりです。  

税込み2,000円ですよね。 ついでに、直前の

「やまかけ3日間講習」も受けてみようと思っています。

前日、TACの「無料説明会」も聞きにいきましたが、

その場は結局 「7月末開始講座の宣伝」で終始していました。

講師は、「宅建は半年も1年もネッチョリ勉強するようなものではない」 と

いっていましたが、3ヶ月では相当無理があると思いました。

私は3月から独学で勉強を進めています。 お互い頑張りましょう!


 回答

LEC 0円模試 http://www.lec-jp.com/takken/kouza/trial/  

此方も簡単な解説講義と講座の宣伝はありますが

ちゃんとした模試です 無料ですので、

日程が合えば参加されては如何でしょ

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

どういう勉強をすればいいのでしょうか?

質問

宅建について。 どういう勉強をすればいいのでしょうか?

お勧めの参考集・勉強法などアドバイスをお願いします。


 回答

意識ですが、絶対合格するんだという執念がなくてはダメです。

それと明日試験だ、だからこれを覚えるんだという

焦燥感みたいなものが必要です。 独学で3回目で合格しました。

去年県庁の掲示版まで行って自分の名前が出ていたのには驚きました。

勉強方法ですが 問題集をがむしゃらに解いていきます。

当然間違えます。鉛筆で印を付けます。 この作業を2度繰り返します。

2回とも間違えた所が勉強する所です。

家庭用のプリンターのコピー機能でコピー取ってクリアファイルに左に問題、

右に答え、つまり見開きにして印の付いた問題をがむしゃらに何度も解きます。

これを問題集5冊クリアしました。 あと、やるか、やらないかは別として、

間違った問題とその解答をカセットテープに入れて聞きまくりましたね。

これが驚く程効果がありました。朝、晩の通勤で問題を絶えず答えを

意識して聞きました。電車でも車でも自宅でも何処でも持って行って聞きました。

何か月かすると覚えてしまうのでテープを編集し直してききました。

何度も聞いていると問題と答え覚えて効果は抜群でした。

多分この耳からする勉強が無ければ合格出来なかったように思います。

参考書や問題集はどれでも同じです。参考書をさーっと読み、

とにかく問題集をこなす。 出来れば1問1答方式がいいですね。

日本経済新聞社の発行している問題集が良かったですね。



にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建取ろうとおもっています。難しいですか?

質問


宅建取ろうとおもっています。難しいですか?



回答


私も独学で取りました。同じく6か月程度の学習です。
一回目は落ちてしまい、二年目で受かりました。

二年目も試験の半年程度前からの勉強です。
私は、一級土木施工管理技士と宅建をもっていまして、

今年は2級建築士を受験するため勉強しています。

宅建は簡単な資格と思われがちですが、

一級土木の10倍は勉強しました。

二級建築士も宅建程の勉強量はなさそうです。
とりあえず宅建は暗記することがかなり多いと思います。

まあ、ある程度やる気があれば受かる資格です。



回答


私は高校は普通科卒で専門学校に通いながら、6ヵ月で宅建取得しました。
何も知識はなかったですし、専門学校も宅建を取得するために行ったのではないので、学校が終わってから独学で勉強しました。
参考書と問題集を使って勉強しました。
簡単ではないと思いますが、独学でも取得可能です。
取得したいと思って半年間自分にあった勉強法で頑張れば、取得できると思います。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

通信講座で勉強したい、合格者率が高い学校はどこですか?

質問
宅建講座で一番実績あり、合格者率が高い学校はどこですか?
働いているので、通学は厳しいので、
できたら通信講座で勉強したいと思っています。
1度受験しているので(落ちましたが)ある程度は知識は入っています。
宅建講座で1番実績や、合格率が高い資格学校はどこですか?
ご存知の方教えて下さい。

回答
10/16宅建受験者です。

やはり、大手の大原・TAC・LECでしょう。
私は、大原・TAC・LECの答練パックを受講したので、
その感想は、
1番 大原
2番 TAC
3番 LEC
です。
大原の模試は、ひっかけでも、素直な問題が多く、
高得点で安心して、受けれました。
TACやLECは、マイナーな問題や意地悪なひっかけが多く、
低得点で、焦りました。
結果、大原を信用し、10/16宅建37点合格確実です。

以上、ご参考まで。

回答
私はLECで受講しました。
受講料は高いですがレジュメの完成度は高いと思います。
通信講座で受講との事であれば、
レジュメ完成度の高いLECはお勧めなのではと思います。

合格者占有率というものは、あまりアテにならないと思います。
宅建合格に必要な勉強時間は300時間といわれております。
各資格専門校も4月から本格開講です。

1月から開講している学校もありますので、
体験入学してみるとよいと思います。


≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ
管理人プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
ブログ対応機種
taiou.gif

QRコード
QRコード
border=