質問
宅地建物取引主任者(宅建)の資格勉強をしようとしてます。
参考書は何がオススメですか?
あまり安い参考書は買わない方がいいですか?

回答
参考書は『らくらく宅建塾』、過去問題集は
『過去問宅建塾(壱)(弐)(参)』(※3冊です。)がお勧めですね。 解説が分かりやすいので初心者のあまたにも入ってきやすいですし、
汎用性が身に付きます。 ただ上記の参考書や問題集は宅建の受験者の中では一番売れています。 宅建は高得点を取るということより、周りの受験者にいかに差を付けるかが
重要になってきます(合格基準が定められていないため)。 宅建の分野の中で一番難しく他の受験者と差が付きやすいのは
権利関係(民法)です。 権利関係は私の経験上より多く問題数をこなすことが
本試験で得点できる最良の手段です。 なので上記以外に来年の4月以降に色々な出版会社から出される
『~直前模試』などを2冊ぐらい購入してやったほうが良いですね。 来年の4月以降に出版されるのがいいというのは、
来年の本試験には来年の4月までの法改正分や
統計問題が出題対象になってきます。
本試験にはそういう法改 正分が嫌らしいくらい出題されます。
受験者の多くは参考書だけ勉強して法改正分を見落としがちです。
なので4月以降に出版されるの模試形式の問題集には
そのような法改正分や統計問題が分かりやすくまとめてあるので
暗記して他の受験者に差を付けましょう。 あとあまり早くから勉強するのも賢くないですよ。
早く勉強を終えても試験までモチベーションが持たないですから、
早くても5ヶ月前ぐらいから勉強するのがベストです。 参考になるか分かりませんが私は上記の参考書や問題集で
1日3時間、3ヶ月で自己採点41点で一発で合格できました。 長くなりましたが、少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。 頑張ってください。 ≫ Yahoo知恵袋より転載