宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ 宅建Q&A(質問集)

宅建Q&A(宅建質問集)

宅建試験に合格するための、基礎的な知識、試験の内容、学習方法、学習のコツなどを掲載したブログです。

宅建について 試験対策 学習方法 試験の後
宅建の基礎知識
宅建業について
宅建資格について
取引主任者とは
料金について
就職/転職に強い
2chのまとめ
初心者/受験1年目
不安/心配事
悩み事/相談事
試験について
出題科目・問題
試験の難易度
平成23年度試験
勉強日数/時間
資格学校/講座
テキスト/過去問
DS/PSP宅建
模擬試験
学習について
独学で学習する
勉強/試験対策
学習テクニック
やる気と努力
休日/長時間学習
6ヶ月学習/対策
3ヶ月学習/対策
1ヶ月学習/対策
試験前/短期学習
解答速報/自己採点
合格/予想ライン
合格発表/合格証書
合格点/合格率
合格者/体験談
不合格/リベンジ
合格後について
合格後の実務講習
主任者の登録申請

宅建試験Rankingへ 宅地建物取引主任者ブログへ

【 悩み事・相談したい事 】

悩み事・相談したい事 」 カテゴリに属する記事の一覧
  • なるべくお金を掛けないで取得したい
  • 日建学院の宅建講座をどう思われますか?
  • 3回目の宅建試験不合格でした。
  • もう宅建試験は諦めようかと思っています。
  • 予想以上に問題が難しくて切羽詰まってます。

なるべくお金を掛けないで取得したい

質問


宅建の資格について

今年宅建の資格を取ろうと思いますが、なるべくお金を掛けないで、

取得したいので、通信講座などは、受けないで、独学で取ろうと思います。

独学で取得された方、アドバイスお願いします。



回答


元不動産屋です。
5年前の新入社員時代に完全独学で宅建を取りました。


以下、他の方へも回答した内容で重複になりますが、、、


不動産販売という激務の合間に勉強するテキストとしては、
参考書→『らくらく宅建塾』
過去問集→どこのものでも良いが、今年用に法改正がしっかり変更されており、
できれば過去10年くらいのものをセンテンス毎にわけているもの
例)TACの『わかって合格(うか)る宅建過去10年本試験問題集』
が短期集中としては非常に使いやすい教材でした。

またインターネットでもわかりやすく宅建試験のセンテンスを
個人で作っているHPもあります。
以下URLを張っておきます。(先頭にhをつけてくださいね)

ttp://ss-up.net/

『幸せ』『宅建』でググると出ますが、
仕事中に黙って勉強する際には抜群です(笑


また、ここからは、質問者様へのアドバイスですが、
私の宅建取得までの経緯です。

私は試験二ヶ月前から『らくらく宅建』という

テキスト(以下テキストと呼びます)を読み始めました。

読む場所は、
①毎日朝のラッシュタイムの電車の中

 (たちっぱなしの一時間の内、気が向いたら)
②他人より30分早く出社してその間にテキストを読む
③仕事の合間にこっそりインターネットで宅建
④帰宅の電車(座りっぱなしなので、乗り換えるまでは寝て、

 乗り換えの後は読むといった感じ)
※余談ですが、ジャンプ+ヤンジャンは必ず買い、朝の電車で読み、
その日は朝だけ宅建をしない感じでした。

これで二週間くらいかけ、一通り全部読みきることができました。

読みきった後は、実力が付いているかの確認として、
過去問!
やる場所は相変わらず、上記①~④と一緒です。
当然間違ったところはテキストで再復習。
※満員電車の中で過去問を解く行為は周囲に煙たがられますし、
怖いものを見る目の方も多いですが、そこは完全スルー(笑

過去問が一通り終わるのが二週間で、
ちょうどそのころ一ヶ月前になります。

一ヶ月前となったので、
再度過去問で間違った問題をひたすら解きます。

これは一週間くらいで終わります。

残り3週間となりましたので、
もう一度テキストを初めから読み直します。
今度は結構基礎がついているので、
これも一週間くらいで読みこめちゃえます。

残り2週間、
後は、上記のようなセンテンス毎の過去問集ではなく、
『予想問題』×4回分くらいを新しく購入し、
1回分が終わるごとに解説を読みさらにテキストで復習をします。
※時間があれば1回分は本試験と同じ

2時間みっちり試験をやってみる

これも一週間くらいで終わっちゃいます。

残り1週間。
手元には、テキスト・過去問10年分・予想問題

4回分と豊富な教材がありますので、
ちょっと自信がないという項目・問題を再復習。

試験前々日に、もう一度、一番難しかった

過去問もしくは予想問題一回分を
試験時間と同じ2時間でやる。

前日には苦手項目を再度やるくらいで早めに寝る。

こんな感じで合格点から5点程余裕を持って合格できました。


会社に行きながらの一例ですので、
ご参考までに。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

日建学院の宅建講座をどう思われますか?

質問
日建学院の宅建講座をどう思われますか?

私は全く建築知識が無いのですが 今年1発合格しなきゃいけないといわれ入学しようか悩んでいます。 小さい子供2人いて日建学院に4月から入学しようか悩んでいます。 在宅で独学で勉強するのも一発合格には無理かと思うのですが、 すぐ近くに塾などなく1時間片道かけて毎週通えるか心配です。 休むと遅れて大変とは聞くし、子供の病気のときは困るのですが、 今年受からないと困ると職場でいわれて一度も受けた事もなく 宅建業は全く知らないので知識もないし、 今まで合格した一番のものは簿記(商業簿記)2級くらいです。 日建さんが合格率も良いと聞いていますが、どうでしょうか? 経験者の方教えてください。すぐにでも行けと言われています。 その事で眠れません。お願いします。 アドバイス、どんなかんじか、通う頻度も教えてください。 回答 3年前に日建学院の宅建通学講座に通い、 その年の宅建試験に合格した者です。 日建学院の講座は、通学でありながら教室でのDVD学習でした。 (私自身が受けた講座は、4月から開講の毎週水曜日のコースでした) おそらく大手の資格学校は、そのようなやり方が多いかと思います。 日建学院が他の資格学校と違うところは、学生に対するケアです。 私自身も不動産会社に勤務していて、 仕事上欠席せざるを得ない日が何度かありましたが、 受講する人それぞれに担当者が付くため、 担当者からよく電話をもらってました^^; 民法・法令上の制限・業法ごとに小試験があって、 その理解度について聞かれたり、宿題ができているかとか、 今度の講義は出席できますかとか、そりゃもうくどいほどに; 嫌な人はイヤになると思いますし、 そのおかげで合格できた人もいることと思います。 尻を叩かれて腰を上げるような人には、 日建学院が合っているのかなと思います。 私自身は独身でしたので、ただプライベートの時間を 宅建に充てれば良かったんですが… 質問者さん、お子様おふたりいらっしゃるんですね… もしお子様が病院にかかるようなことがあれば、 欠席せざるを得なくなることもあるかもしれませんし、 出席したとしても、学校に通っている間は 気が気じゃないかもしれませんね。。。 欠席すれば自己嫌悪になるかもしれませんし、 焦ったりイライラしたりするかもしれませんね。 通学1時間は、車で1時間でしょうか? 電車やバスなどでの移動であればその移動時間も学習できますが、 車だとちょっと考えてしまいますね… もし質問者さんご自身でタイムスケジュールを管理したり、 やる気を保てそうであれば、DVDやWebなどの通信講座を ご利用されてはいかがでしょうか? 私事ですが、いま現在他の資格をDVD通信講座にて 受講しています。(ちなみにTACです。) 自宅にいながらDVDを試聴できるので、空き時間に学習することができます。 いちおう自分でタイムスケジュールを作ってその通りに学習を進めていますが、 スケジュール通りにいかなくても修正がききます。 あんまりスケジュール通りにやらなかったら、やる気がなくなりますけど^^; ただ、通学にしても通信にしても、学習する内容は同じ。 同じなのであれば、自己管理さえできれば 時間を有効に使うに越したことはないかと思います。 DVDやWebの中の講師が、ちゃんと理解できるように説明してくれますし、 質問したいことを問い合わせるシステムもあります。 時間を有効に使えるというのは、質問者さんにとって かなり重要なことではなかろうかと思います。 日建学院をはじめTAC・LEC・大原など、 ホームページやパンフレットを一度ご覧になって、 通学以外のやり方もご検討されることをおすすめします。 もしそれでも日建学院に通学すると決められたのであれば、 それはそれで良い学校を選ばれたと、個人的には思います。 宅建初学でお仕事もご家庭もあり、 学習するには大変な労力を要すると思いますが、 質問者さんが今年一発合格できるよう本気でお祈りします!! ≫ Yahoo知恵袋より転載
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

3回目の宅建試験不合格でした。

質問

先日3回目の宅建試験不合格でした。

H20では13点、H21は22点、H22は23点でした。

いずれも30点代どころか半分も得点できませんでした。

私は40代後半です。

テキストはH20年のらくらく宅建シリーズと過去7年問題と

今年は丸覚え宅建という本を購入しました。

3年間テキスト何度か読んで理解し、

過去問題を繰り返し勉強しましたが結果は去年と同じ結果でした。

近年問題が少しずつ難しくなってきているように思いました。

試験前に書店で今年のらくらく宅建シリーズを見ましたが

内容がH20年らくらく宅建とほぼ一緒でした。

試験に合格された方に質問します。

本当に過去問題を繰り返し解くことで試験に合格出来ますか。

来年は合否関係なく最後の試験にしようと思っています。

テキストもらくらく宅建シリーズ以外を購入したいと思います。

知人は合格しました。

半分も得点できなければ、来年も結果は同じとも言われてきました。

みなさんにいろいろな意見や試験勉強方法なども

合わせてお聞きできればと思っています。

知恵袋の中で誰か1人でも後押しで、

半分も得点出来ない人はもう無理ですと言って戴ければ諦めがつきますが、

中高年でも頑張ればできるんだよと言ってみたいという

気持ちを伝えたいという思いもあります。

去年最年長合格者80歳代の人もいたので。 回答 個人的な意見ですが、

らくらく宅建シリーズは、全く業界と関係のない方が
宅建試験はこういう物なんだと理解するには良いと思うのですが、
試験用としては少々情報量が少ないと思います。
例えば試験の23~25問、46~50問、
らくらくシリーズ見ながらで何問の答えが出せます?
2~3問ではないでしょうか?
住宅新報社(試験を作ってる会社です)もしくは
資格学校系などのテキストで勉強し、
意味のわからないところをらくらくシリーズなどで
確認する方が良いと思います。

過去問を繰り返し解く事は大変重要だとおもいます。
民法・業法・法令上の・・・、
どれをとってもパターン化された問題がありますので。
ただ、最近の傾向としてはよくよく見てみると
単純な問題を複雑に見せるようなひっかけ的な問題
(脅迫とか錯誤みたいな問題なのに抵当権がどうとか文中に入ってたりとか)
 が増えているとも思いますので、
・しっかりと問題を読み ・問題内容を理解し ・単純ミスをなくす
ってことも大事だと思います。 あと問題集は過去問だけでなく予想問題集も使ってみては如何でしょうか? まだまだ出来ます。 先輩、頑張ってください。

回答 過去問やれば受かりますか?ってただ漠然と解いて
なんも理解しなきゃなんも実が付きませんよ。
基本的に宅建は気合いがあれば3ヶ月で30点あたりはとれて、
後の+α点の勉強で差がつきます。
あなたの点数をみると、三年間で全く伸びがないので、
やる気ないかモチベーションがとかがやらされてるみたいな
気持ちでやってるからでは?
他はあなたの脳が人より劣ってるからしか理由がないです。

回答 「記憶力の低下をどうカバーするか」これが昨年の私の課題でした。
私は50代ですので何度もチャンスがないことは十分わかっていましたから、
戦略をしっかり立てることが合格する為の絶対条件でした。
そして出した結論が
①試験問題中心主義 ②繰り返すこと ③短期間に集中すること
4か月間、過去予想問題集8~10回、基本書1冊、疲れた時用に薄い参考書1冊、
9月にレベルアップの為「組み合わせ、個数問題」が載った
雑誌を集中的に解いたこと、などで目的を達成することができました。
仕事をしながらでは勉強時間に限界があるので10分、15分の勉強を
大切にすることも合格する為には鍵になるかと思います。

回答 私の上司も2年前から本腰で勉強を始めました。 独学の去年は散々な結果に。 それで日建に通いはじめ今年は惜しくも32点。 来年にむけてやる気満々です。 35歳を越えると頭がかたくなり、独学ではなかなか吸収出来ないと話してました。 学校に通うのも一つの方法かもしれません。


≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

もう宅建試験は諦めようかと思っています。

質問
宅建試験の合格発表がありました。
今年で2回目の受験でしたが、苦労のかいなく呆気なく落ちました。
もう宅建試験は諦めようかと思っています。
 直接ビジネスに通じそうな資格に切り替えようか思っています。
一般的にビジネスに直結していそうな資格などありましたらお教えくれませんか?

回答
宅建て、いい資格だと思うんですが。
会社によっては資格手当ても付くし、
民法・業法で家を買う・借りる際の注意点学べるし。
生きていくのに最小限の法律がコンパクトにまとめられたいい資格試験ですよ。

ビジネスに通じた・・・「簿記2級以上」「社会保険労務士(人事・総務)」
「中小企業診断士(ビジネスコンサルタントを堂々と名乗れる
 唯一の国家資格)」ぐらいですね。
簿記以外はみな残念ながら
宅建(正式には宅地建物取引主任者資格試験)以上に難関です。

自分の経験から言うと、ボクは宅建7回落ちました(恥ずかしい)
さらに恥ずかしいのは、内6回はホトンド勉強してませんでした。
まじめに要点をつかみながらやれば、必ず取れる資格です。
よく問題集を何回まわせとか言ってる人も居ますが、
問題集何回まわしたところで意味無いんです。
同じ文章の引っ掛けは先ず出ませんから。
LECの「出る順」使ったのでそれで解説すると、その中で「公式」とよばれている
基本事項丸暗記する方が合格しやすいです。
無理な引っ掛け問題は文章がやや変です。
公式となんか違う?と思えば間違った肢である可能性が高いんです。
基本押さえれば、40点は取れます。
ボクは試験日の前日から直前の12時まで、この公式を読んで試験に臨んだところ、
「この肢は、ああ、ここが間違ってるね、なかなか考えてるけど、
これは公式と違うね」と考えながら問題解けました。
自己採点で42点、2005年に合格しました。

もう一回やってみたらどうですか?
簡単にあきらめる姿勢はよくないですよ。

回答
不動産屋さんか建築会社の営業マンになるつもりでしたら、
宅建って役に立つと思いますが、その他では余り役に立つ資格とは思えません。
ビジネスに通じる資格といっても漠然としすぎで、
ペーパーだけの資格を取得しても実績が無ければ評価されません。
ご自分が今現在している仕事に直接役に立つ資格を取得する方が良いと思います。

たぶん、これから転職とかお考えの際にも、
実務+資格の人の方が評価されやすいと思うので、
今の業務に役立つ資格は何かというふうにお考えになった方が良いと思います。
隣の芝生は青く見え勝ちだと思いますが、
今の仕事の経験が貴方の実質的な価値を決めると思います。
それを証明してくれる資格はというふうに考えた方が良いと思います。

回答
ビジネス資格は民間資格~国家資格、難易度もいろいろありますが
宅建くらいの難易度の試験を合格しないと
社会的になんの意味もありませんまた同じことの繰り返しになります
今まで勉強した宅建を合格する方が速いとし
2回目くらいの失敗で諦めるのも速い(言い切る)です


≫ Yahoo知恵袋より転載


にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

予想以上に問題が難しくて切羽詰まってます。

質問
宅地建物取引主任者に合格した事ある方に質問します。
10月19日の宅地建物取引主任者試験の勉強に励んでいます。
今年の5月頃から始めて
まずマンガ本的なものを1冊読んで全体を掴みました。
それから参考書を1冊ノートにまとめていきました。
感覚ではありますが、50~60時間程度かけて。
それから過去問→解説→参考書を見直す の繰り返しの計6回
H19年度 17点
H18年度 28点
H17年度 22点
H16年度 26点
H10年度 28点
H11年度 26点
結局何が言いたいのかと申しますと
ヤバくないですか?こんなんで問題ないですか?
もう過去問6回もやってるのに全然上昇してこないですし。
まだまだ時間はあるのでこれから頑張りたいとは思うのですが、
予想以上に問題が難しくて切羽詰まってます。
助言等いただけたら、よろしくお願いします。
自分の脳みそに問題があるのでは?と感じてきてます・・・。

回答
脳みそには全く問題はありません。やり方に問題がるのでしょう。
>それから過去問→解説→参考書を見直す の繰り返しの計6回
6回まわして点数が伸びない=基礎力が全く不足しているんですよ。
過去問を回す=宅建の王道と勘違いしている方も多いのですが、
過去問=引っ掛けのオンパレード、幾ら回しても力は実は付きません。
ではどうやったら力が付くか?
1)過去問で何点取れたかじゃなく、
どの問題に引っかかったのか分析してください。
民法であれば、代理・所有権の対抗要件・共有・相続分・遺留分が
かなり理解しにくい分野ですが、この分野の問題を難問取れたか。
さらに引っかかったのはどんな問題か何を理解していないから
引っ掛けに引っかかったかをよく分析し苦手なところを重点的に復習してください。
2)宅建は実は基本事項さえ覚えていれば解けます。
基本事項を覚えていればちょこっと文章・数字を弄って
ある程度なので難しい問題は先ずないんです。
引っ掛けに引っかからないように基本を押さえた方がいいですよ。
ぼくはLECの「出る順」シリーズ使いましたが、
このテキストの基本をまとめた「公式」だけ良くおぼえて
前日と当日の午前中に良く見直したら、
本試験では「あ、ここが公式と違う♪なんてちょろい引っかけなんだ」って感じでした。
基本押さえれば確実に40点取れます。
がんばって。

回答
近年の合格点としては足りていませんね。
ほぼ半分の問題は間違っているわけですが、
間違った問題の個所だけをご自身の特製ノートから抽出して、
重点的に学習されたらいいと思います。
おそらく、同じ部分を何度も間違っていると思います。
ご自身の弱い部分を早く知ることが大切です。
それでも手に負えないところはあるでしょう。
時間が掛かりそうであれば、思い切ってパスしましょう。
私は、「税制」は完全に分からないまま(ほとんど勉強したことがないまま)受験しました。
何といっても、もう時間が少ないですからね。
全く勉強しないジャンルがあることは、確実に減点になりますが、
反面その分の時間を弱点克服に回せます。
満点を目指すのではなく、あと10点を目指すような勉強法に切り替えてみてはいかがでしょう。
がんばってください。

回答
4年前、独学で一回で合格しました。
問題集や過去問を解いて間違えたときに
「どういう考え方をして間違えたのか」→「正しい内容」
と言うふうに、
「間違えた内容」と、「正しい答え・考え方」を並べてノートに書くなり、
エクセルなどを使用して表にするなりしてまとめてください。
そして、
毎朝、毎晩、それを見直して「考え方」を徹底的に正していきましょう。
問題集や過去問は、何回も繰り返して下さい。

回答
H18年度合格者です。
まず現地点でその点数ではきついですね。
でもまだ時間はあります。 過去問で何処を間違えたのかを引き出し、
徹底的に勉強するしかないと思います。
宅建の場合、業法、法令を満点に近くないと厳しいかと思います。
民法苦手の方が多いですが、せめて半分とれるぐらいまで・・ 
税法は問われることがワンパターンが多いのでその点をしっかり。
とにかく、問題解いて理解していくしかないですね。 がんばってください


≫ Yahoo知恵袋より転載
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ
管理人プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
ブログ対応機種
taiou.gif

QRコード
QRコード