質問
休日が日祝と土2回程度の社会人が宅建資格取得を目指す上で、
一番効率の良い勉強方法はどのような感じでしょうか?
日曜専門の学校とかもあったりするんでしょうか?
経験者の方いらしゃればアドバイズ下さい。

回答
平日でも時間を1時間くらい作って勉強しないと無理かもしれません。
正直暗記が多いので平日でも通勤時間などの時間を利用してはどうでしょうか?

専門学校はあまりお勧めしません・・・
合格する人もいますが大抵その専門学校に行くことで自分は勉強していると
思ってしまい自宅では勉強しなくなることがあります。

独学でも十分取れる資格なので頑張ってください。

私は2年ほど前に合格しました。
その時に使った参考書は下記のアドレスですが参考書の評価はイマイチのようです。
http://tokagekyo.7777.net/tool_miche/rakuraku.html

過去問はこの本をお勧めしますが参考書の評価はイマイチのようです。
他の過去問集は結構回答ミスが多いそうです・・・
つまり間違ったまま覚えてしまうことになってしまいます。

回答
宅建の通学講座(速習本科生の土曜or日曜コース)&オプションの
Web通信とのセット受講をお薦めします。

宅建講座の標準的コースの学習期間は4~5月から開始して約6ヶ月で、
合格に必要と言われている標準学習時間は
講義を含めて約300時間程度と言われており
1日2時間ペースで勉強すると5ヶ月かかる計算になります。
そして宅建試験の合格率は約15%という狭き門で、
残り85%の受験者が毎年残念な結果となっています。
このように宅建は法律的素養の全くない初学者が僅か4ヶ月間で
独学一発合格できるお伽話が通用するほど簡単な資格ではありません。
自宅での定期的な学習はモチベーション・集中力維持の見地から
非常に困難であり、外部からの誘惑を断ち切って半強制的に
学習量を積み重ねることができる通学講座で
確実に一発で合格することをお勧めします。

ネット上に散見される「自称・独学で一発合格」
「試験は簡単なので独学で十分」なる投稿は
あくまでも自己申告に基づいた個人的体験に過ぎず、
話半分で聞いておくのが賢明です。
通信講座・独学経験者などで学力・自己管理に余程の自信があるか、
試験に不合格になる余裕のある一般教養・趣味目的の人は
独学で受験してみても良いでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311205033

回答
土日ペースで進めている所は知りませんでした。
あったとしても今年受験コースは既に開講済みだろうと思います。
平日しかなかったので行ってましたが、開始が6:30。
いつも1時間は遅刻で、、、ついていけず、、、
1ケ月位でいかなくなり、、その後独学で取得しました。
学校に行ったという上司は、仕事が終わってから行き
(おそらく遅刻)それから自宅で勉強だったそうです。

主人(異業界)は今年初受験ですが
質問者さんと同じ日と月2回土の休みで
やはり平日の学校は無理なので独学。
昨年の12月から@@毎朝1時間、
土日は3~4時間(図書館で)やってます。
今では昼食中も移動中もみています。

とりあえず毎日テキストを読む、
見る習慣をつける事です。
平日1時間、がんばれば取れるはずです。
これが一番効率の良い??勉強方法だと思います。
もし今年受験でしたら、一般的にはぎりぎりです。
出来る限り時間を作って気合をいれてがんばってください。
私も下の方のサイトには随分お世話になりました。

≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ