宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ 宅建Q&A(質問集)

宅建Q&A(宅建質問集)

宅建試験に合格するための、基礎的な知識、試験の内容、学習方法、学習のコツなどを掲載したブログです。

宅建について 試験対策 学習方法 試験の後
宅建の基礎知識
宅建業について
宅建資格について
取引主任者とは
料金について
就職/転職に強い
2chのまとめ
初心者/受験1年目
不安/心配事
悩み事/相談事
試験について
出題科目・問題
試験の難易度
平成23年度試験
勉強日数/時間
資格学校/講座
テキスト/過去問
DS/PSP宅建
模擬試験
学習について
独学で学習する
勉強/試験対策
学習テクニック
やる気と努力
休日/長時間学習
6ヶ月学習/対策
3ヶ月学習/対策
1ヶ月学習/対策
試験前/短期学習
解答速報/自己採点
合格/予想ライン
合格発表/合格証書
合格点/合格率
合格者/体験談
不合格/リベンジ
合格後について
合格後の実務講習
主任者の登録申請

宅建試験Rankingへ 宅地建物取引主任者ブログへ

【 勉強方法・試験対策 】

勉強方法・試験対策 」 カテゴリに属する記事の一覧
  • どういう勉強をすればいいのでしょうか?
  • 宅建に合格された方 アドバイスをお願いします。
  • お勧めの参考書、問題集、そして勉強法を教えて下さい。
  • 宅建の項目はどの分野に重点をおいて勉強しましたか?
  • 宅建について質問です。 私はまったく無知状態で始めます。
  • 必ず宅建合格したいので勉強方法を教えてください。
  • 35点不合格でした・・。来年は絶対に合格したいです。
  • 宅建33点で不合格です。
  • 宅建不合格でした。アドバイスください。
  • 講座を受けると 5~10万円位しますが独学は・・・

どういう勉強をすればいいのでしょうか?

質問

宅建について。 どういう勉強をすればいいのでしょうか?

お勧めの参考集・勉強法などアドバイスをお願いします。


 回答

意識ですが、絶対合格するんだという執念がなくてはダメです。

それと明日試験だ、だからこれを覚えるんだという

焦燥感みたいなものが必要です。 独学で3回目で合格しました。

去年県庁の掲示版まで行って自分の名前が出ていたのには驚きました。

勉強方法ですが 問題集をがむしゃらに解いていきます。

当然間違えます。鉛筆で印を付けます。 この作業を2度繰り返します。

2回とも間違えた所が勉強する所です。

家庭用のプリンターのコピー機能でコピー取ってクリアファイルに左に問題、

右に答え、つまり見開きにして印の付いた問題をがむしゃらに何度も解きます。

これを問題集5冊クリアしました。 あと、やるか、やらないかは別として、

間違った問題とその解答をカセットテープに入れて聞きまくりましたね。

これが驚く程効果がありました。朝、晩の通勤で問題を絶えず答えを

意識して聞きました。電車でも車でも自宅でも何処でも持って行って聞きました。

何か月かすると覚えてしまうのでテープを編集し直してききました。

何度も聞いていると問題と答え覚えて効果は抜群でした。

多分この耳からする勉強が無ければ合格出来なかったように思います。

参考書や問題集はどれでも同じです。参考書をさーっと読み、

とにかく問題集をこなす。 出来れば1問1答方式がいいですね。

日本経済新聞社の発行している問題集が良かったですね。



にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建に合格された方 アドバイスをお願いします。

質問
宅建に合格された方 アドバイスをお願いします。
来週から直前講座があります、受けるべきでしょうか?

独学で過去問を一回した程度の学力です。
それを受けずに来年合格に向けて
5点免除にお金を使った方が良いでしょうか?

回答
私は去年合格しました。
不動産会社に勤めて3年になります。
業界で仕事をしていますが、宅建の試験ということで考えた場合、
役立つことはほとんど無く
中途半端に知識を身につけるくらいなら
そういう類のお仕事でない方が受かりやすいと思います。

少し余談になりましたが、本題に戻りますと
現時点で5点免除がないなら、それはやはり不利だと思います。
ですが、なくても当然チャンスは十分にあると思いますし、
私の場合は申込み期限が間に合わず
5点免除取れなかったので・・・。結局は勉強方法かなと思います。

私は100%独学でした。試験を受けたのは今回が初めてだったのですが、
一昨年は試験を受けようとユーキャンに登録し授業料も払い、
参考書とかも買って、さあやるぞ!!というところまでいきましたが
結局試験に登録すらせず、俗に言う土俵にもあがってない状態で終了しました。

去年も軽い気持ちで『うけてみよっかな』くらいからスタートしたのですが、
同僚からたきつけられたと言うこともあり
ちょうどお盆くらいからテレビも見ず、ゲームもせず仕事から帰ったら
勉強最低3時間を目標にやっていました。
勉強方法はいたってシンプルで、
まず『ウォーク問』という参考書?問題集?があるので
民法問題と業法問題を3周、法令上の制限を1周(嫌いやったし^^;)
プラス過去問直近10年間分を5周
と、確か名前は・・・パーフェクト宅建予想模試やったと思います、を5周

基本これしかやってません。
ただいきなり問題から入ると言葉の意味がわからない、みたいな状態に陥るので
どんな参考書でもいいので、
理解できなくてもいいので400ページくらいのを1冊買って
5日間で1周、計10日で2周読んでから問題を始めた方が良いと思います。
参考書はその後一切読んでません。

参考書は慣れるためだけのものですね。
あとはひたすら問題、なんですが1日3時間、
週1回(私の場合は休日でしたが)はみっちり9時間くらい勉強すると
1週間毎日やっても週27時間しか勉強出来ません。
過去問50問を1時間半から2時間で解いて、
答え合わせと解説解読に1時間ですと
3時間で1試験しかできない計算になります。
つまり1週間で9回しか過去問をできないので
今すぐ初めて本当にギリギリかなという感じがします。

が、多分ギリギリの方がいいです!!
集中力は2ヶ月くらいしかもたないし、
逆に今からしっかりやれば独学でも問題ないと思います!!
果てしなく長くなりましたが応援しているので頑張って下さい。
		
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

お勧めの参考書、問題集、そして勉強法を教えて下さい。

質問
宅建の勉強方法について教えてください。

現在ニートなのですが、一念発起して宅建合格を目指したいと思っております。
お金が底をついてしまったこともあり、独学での合格を目指しています。
お勧めの教科書、参考書、問題集、そして勉強法を教えていただけないでしょうか。
そのほか、どのようなものでも良いので、
アドバイス、役に立つウェブサイトなどを教えていただけると幸甚です。
よろしくお願いします。

回答
お金が底をついた方が、1年後の合格発表の資格、
しかも就職にそれほど有利にならないものに賭けて大丈夫ですか?
仮に・・・来年の今頃、一発で受かっても、
仕事に使える「主任者証」を得るのもう数ヶ月と、
7万円ほどの費用がかかってしまいます。
くれぐれも、「宅建」に期待しすぎませんように!
と、一応お知らせをしておきます。

どんな理由であろうと、勉強するのはいいことです。
そこで勉強法ですが、必死で独学、一番安くする方法は
書店で自分が使いやすいと感じた過去問題集とテキストを
何回も繰り返しやることです。
過去問題は問題文と選択肢をすみずみまで読んで、
なぜそれを選ぶのか、他は違うのかをきちんと理解するようにして下さい。
「過去問題をやる」というと、「同じ問題が出るから答えを暗記する」と
勘違いする人がいますが、そうではありません。

しいておすすめの参考書は・・・といえば、「ipod宅建」です。
参考書と過去問題がセットになっていますし、
ネット上にテキストに沿った無料の音声講義があって聴く事ができます。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=978-4-478-01515-5
試験に関するデータや情報など
http://tokagekyo.7777.net/main.html

この際、不動産業者に就職してから宅建を受けてもいいと思いますよ。
不動産業に就いているというだけで「登録講習」というのが受講でき、
それで本試験で5問免除(最初から5点もらえる)になりますから。


≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建の項目はどの分野に重点をおいて勉強しましたか?

質問
宅建の勉強方法について、ご質問します。
皆さんは、宅建の項目はどの分野に重点をおいて勉強しましたか?
合格するまでにどれくらいの時間を費やしましたか?
心構えなども参考に教えてください。

一度宅建を受験しましたが、不合格だったこともあり、
今年の意気込みは以前よりも増しおり絶対に合格したいです。
どんなことでもいいので皆さんのご意見をお聞かせくださいm(__)m

回答
>宅建の項目はどの分野に重点をおいて勉強しましたか?
私は主に宅建業法(14/16)、民法(10/16)、法令(7/9)、
その他+税(5/9)を目標にして勉強しました。(点数) 

宅建業法と法令は勉強すれば(暗記)満点近く取れると思うので
この二つを重点的に勉強し、民法はかなり頑張っても
新作問題が出たりして得点するのが難しいですし
問題解くのに時間がかかるので、簡単な問題を落とさない
(過去問でよく出てる)位の出来でいいと思います。
その分宅建業法、法令はやれば点数になるので
ひたすら過去10年分の過去問をやってください。
そうすればこの二つに関しては満点近く取れると思います。

>合格するまでにどれくらいの時間を費やしましたか?
勉強時間は人それぞれですが平均300時間位が普通みたいですね、
中には半月勉強しただけで受かる人もいるみたいですが
そういう人はかなり記憶力がいいか運がいいかだと思います。

>モチベーション維持する方法
私がモチベーションを維持する為に考えた事はやっぱりこの資格取りたい
絶対取るんだという気持ちと、受かった時に合格証書が送られてきた事を
想像してモチベーションを上げました。
今年は絶対に合格するんだと言う気持ちで試験頑張ってください!!

回答
やはり業法が一番重要かと思います。
2009年から出題数が16→20問にアップしたのはご存知ですよね?

ちなみに
権利関係 16→14問
法令上の制限 9→8問
税法 3→2問
その他 6→6問(変更なし)
と変更になります。

でも業法はみなさんが得意ですから完璧に近く正解し
ここでどれだけ点数を稼げるかがポイントとなるかと思います。
これに伴い合格ラインが上がる可能性も高いのではないかと思います。

権利関係もやっていくうちに慣れてきますから諦めずに
何度も問題にチャレンジしてください。
法令上の制限はとにかく暗記ですからできる範囲でいいので覚えて下さい。

でもどれも何度も何度も過去問題を解いていくと
最初はさっぱり問題自体が分からなかったことが
少しずつ理解できるようになり問題に慣れてきます。
諦めずに頑張って下さい。

毎日の勉強はやはり一定の時間は必ず取るという
生活スタイルを定着させることが大切です。
今日はやめておいて、明日まとめて~
なんて思っているとすぐ10月になってしまいますよ(苦笑)
最初の内はなかなか理解できずめげそうになりますが、
過去問題で点数を取れるようになってくると
自信もついてきますし楽しくなってきます。

一度経験しているなら尚更大丈夫です。
不合格だったときの悔しさを思い出し、今年は必ず合格してやりましょう!

回答
「宅建業法」を完璧にします。
また 「建築法規関係」も 覚えれば とれる
問題なので なるべく 完全にしていきます。
「民法」は 捨てるわけには いきません。
基礎的な理解を確実にし、
難問は捨てる、だれでも とるべき問題を
落とさないようにすることです。

基本的には、過去問を 年度ごとにやっていきます。
そうすると 各分野の比率や 出題の仕方が
見えてきます。 業法も 法令も
過去問の選択肢を 完全理解・完全記憶していくと
合格圏に行く 必要な知識は 身につきます。

基礎テキストで 全体を流したら あとは
実践形式の 過去問を教材として
過去問の完全理解を目指すべきです。

予想問題は 直前で 何回分か やる程度で
あくまでも 過去問の選択肢ひとつひとつを
理解することです。


≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建について質問です。 私はまったく無知状態で始めます。

質問
宅建について質問です。
私はまったく無知状態で始めます。
宅建の本の一部に『わからなくても通読し、
少しずつ理解していきましょう』みたいな、 『通読』がよくみかけました。

本当に、わからない言葉を無視したまま通読するべきですか。
例えば、辞書をひいて言葉を理解する。とか やらなくていいんですか。
もともと難しい資格なうえ、あまり勉強は得意ではない私なので、
よい学習方法があればお願いします。
ちなみに、お古のユーキャンの宅建教材をもらってます。

回答
通読を勧めるのは「最初の20ページで諦めない」ようにです。
取敢えず、分からなくても読んでみることの意味はそれだけです。
宅建の基本書は最初が大抵、民法ですよね。
ちなみに民法は最初からわかる人は居ないんです。
↑
これ大事。

法律なんてものはみんな最初は分からないんです。
弁護士だって裁判官だって最初から分かる人なんて一人もいなかったんですよ。

民法第一条 私権は、公共の福祉に適合しなければならない。

・・・そうなんだ・・・へーー

って感じが普通なんです。
私権とは何か?公共の福祉とは何か?
これらを最初から分かるなんて土台無理な話なんです。
だから、安心して分からないまま進んでください。
で、読み方の分からない言葉は「読み方を調べて」ください。
意味は二回目で構いません。

それを最初から理解しようとすると、
あまりのわからなさに挫折してしまうんですよね。 だから、わからないまま通読を勧めるのです。 誰でも最初は無知な状態からはじまります。 宅建は努力が必ず報われる試験ですから、 コツコツと少しずつやれば絶対に合格できますよ。 回答 まずは一回さらっと読んでみてください。 宅建は法律についても書かれているので 普段と馴染みがない言葉が多くて当たり前です。 次に二度目に読むときはしっかりとわからない部分は ネットでもいいので調べながら「読んでください」。 テキストの合間に練習問題みたいのもあるかと思いますので、 それもしっかりとw 2度目が終わったら過去問題を数年分やってみてください。 わからない部分だらけで点数も悪いと思いますが、 一度目なので気にせずやってみてください。 過去問題でわからなかったところは問題の回答を見るだけでなく、 テキストでも確認しながら復習してください。 その繰り返しを行い、過去問題の正解率をどの年代でも9割以上。 予想問題で7割以上の正解率で私は宅建合格しました。 法律に関する言葉は馴染んでいかなければ 頭に入ってこないと思うので、諦めないで頑張ってくださいね~。 ※ちなみに法律は毎年改正されていますので、  できれば年数の新しいテキストも購入されたほうが良いかと思います。 ≫ Yahoo知恵袋より転載
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

必ず宅建合格したいので勉強方法を教えてください。

質問
来年必ず宅建合格したいので勉強方法(学校、独学なんでも!)教えてください。
ちなみに畑ちがいと思いますが今まで土木と造園施工管理技士は独学でした。
あと幼稚園児の子供がいる環境です。 

回答
今年初受験、宅建37点合格者です。
私の合格体験を示しますので、参考にしてください。

まず、テキストですが、らくらく宅建塾は、初心者向けです。
合格して言えることは、2009年から宅建業法が4問増え、
20問になったことから、来年度以降も、
合格点は、34点以下にならないことが予想されます。
つまり、民法が、2009年から、2問減ったため、簡単になったからです。
来年度以降は、合格点が高い傾向です。この傾向は、当分続きます。
合格点が、36点の試験では、らくらく宅建塾では、情報量が足りません。
私は、LEC 合格テキスト 3冊とLEC ウォーク問過去問題集 3冊を利用しました。
合計6冊で、情報量は、ピカイチです。

後、合格の秘訣は、宅建業法と法令上の制限で、
満点を狙う方が、合格し易いです。
宅建業法と法令上の制限は、完全に暗記科目です。
知っていれば、1問正解できます。
民法は、難問傾向ですので、深追いせず、基本論点で勝負です。
民法は、理解してください。暗記では、コテンパンにやられます。

それから、用途規制や35条・37条の重要事項説明を捨てる方がいますが、
それをやると、その分、不合格の確率が高くなります。
語呂合わせになりますが、山を張ってはいけません。
私は、今年、どうしても合格したかったので、山を張りませんでした。

合格、不合格の差は、紙一重です。
合格点付近に、多くの受験者が、集まります。
そこで、頭一つ、抜け出せれば、合格です。
50問4択の試験と、舐めて掛かると、いつまで経っても合格できません。

今年初受験、37点。↓得点分布
権利関係 11/14 法令上の制限 6/8 税その他 1/3 業法 18/20 免除科目 1/5

以上、ご参考まで。

回答
まずテキスト選びですがLECから三冊でているテキストと
らくらく宅建塾のコンパクトサイズで勉強して下さい。
次に過去問はらくらく宅建塾の過去問シリーズ三冊をやる事をオススメします。
やり方はテキストの読み、該当箇所をひたすら過去問をとくです。
テキストで分からない用語は調べ理解できない文は飛ばして
過去問を納得いくまで解いてください。
どの分野に力をいれるかは、業法と税・その他の分野で過去問で
試験直前までに最低でも8割が理解できるよう頑張って下さい。
民法に限っては多少癖や難易度がその年によるので6割を目標で。
良く業法だけは全部正解は当たり前と言いますが
税やその他の分野でもそのくらいの気持ちでやらないと
合格点スレスレの可能性があるので必ずやってください。

宅建は本当に過去問が大事で
上に上げた過去問はどの出版社より問題数が多いです。
2、3冊はあるかもですが。例で言うと一般的な過去問には一冊150問ですが
上に上げたのは250問あり三冊で300問の差になります。
その差が結構でかく合格を確実しますので
過去問だけでもらくらくシリーズで解いてください。
過去問を制すものは宅建を制すといっても過言でありません。
それを念頭に頑張って下さい。
後は2011年版は買わないように。と、
らくらくのでかいテキストは内容が薄いのでLECを勧めました。
コンパクトサイズテキストは過去問との連動でゴロ暗記でき強い力を発揮しますよ。

以上をやり今年40点で合格したものです。

回答
こんにちは。一昨年の合格者です。

「基礎レベルのみを完璧にマスターする」、
「テキストと過去問を何度も繰り返す」、という学習方針さえ間違えなければ、
独学でも一発合格できますよ。
テキストは、結論から言うと、
「書店に並んでいるものでしたらどれでも良い」と思います。
ちなみに、私が、あれこれと比較して「使いやすそう」、
と思ったテキストはつぎのものです。

1.東京リーガルマインドの「出る順 宅建合格テキスト」(3分冊)
2.DAI-X出版の「誰でもできる!ゴク楽宅建」
3.早稲田経営出版の「なにがなんでも合格 宅建太郎の本」
4.住宅新報社の「楽学宅建」

参考までに、私は、1番の「出る順」を選びました
(わかりやすく、かなり詳しく書いてあるのが良い点です。
 反面、余計なことまでくわしく書きすぎている、という欠点もあります)。
質問者さんは、書店でじっくり比較し、
読みやすそうなものを選ばれたら良いだろうと思います。
なお、「書店に並んでいるものでしたらどれでも良い」のですが、
それよりも、「テキストはひとつだけにしぼること」が、合否をわけるほど重要です。
テキストや資料を何冊も集める人はなかなか合格できません。
ひとつ(1社)のテキストだけを何度も繰り返しやる人が短期で合格していきます。
→来年用のテキストは1月末までに書店に並ぶと思いますので、
それを待って購入されたら良いでしょう。

来年用のテキストが出るまでの準備として、
おすすめの合格指南書(テキストではない)を2冊ご紹介します。

・「宅建一発合格塾」 山本浩司著 日経BP社 1470円
・「一発合格勉強法」 超速太郎著 日本実業出版社 1300円

前者は、宅建合格のための「戦略」が書かれています。
後者は、資格試験の効果的な学習方法、つまり「戦術」が書かれています。
要点だけ書くと、

1.「基礎知識」を完璧なレベルにする。
  それ以外はやらない(やらなくて良いのではなく、
   やらないほうが良い。→完璧でない知識は本試験では有害です)。
2.分野別の「過去問」を、できるだけ早期に始める(1回目は読むだけです)。
3.本番までひたすら「過去問」を解く(少なくとも7回以上)。
4.教材の数は、少ないほうが早く合格できる(あれこれ手を出すと、結局は有害)。
5.ノートはつくらない(時間がもったいない。必要があれば直にテキストに書く)。

指南書の指示通りにやれば、
宅建を、要領よく「最短・最速」で合格できるでしょう。
ちなみに、私は、過去問(500題)を10回繰り返し、
2年前の試験で37点(=合格点+4点)取って一発合格できました。

なお、受験予備校の「TAC」、「日建学院」の解説冊子がとても参考になると思います。
無料ですので、それぞれのホームページから申し込んで取り寄せ、
出題傾向、難易度について情報収集をされるとよいでしょう。

また、2006年に40点とって一発合格した方の、
「宅建試験一発合格への戦略ノート」という優れたサイトがあります
(http://www.takken1.com/)。
こちらもきっと役に立つと思いますよ。

ご健闘をお祈りします!

回答
当方宅建試験合格者です。

おすすめの参考書は「らくらく宅建塾」です。
当然ですが問題集(過去問)も購入してください。
宅建用の六法もあればなお良いですが、
これはどうしてもというわけではありません。
独学で平日1~2時間、休日3~5時間位の半年の勉強で
合格レベルまで達すると思います。

勉強方法は、最初に参考書を一通り目を通して知識をインプットしてください。
その次にとにかく過去問の問題集を繰り返し解くことです。
その際に書いて覚えるなどの工夫をすると覚えやすいと思います。
また、わからないところがあったら、必ず参考書や六法に立ち戻って
徹底的につぶしていってください。
仕上げに模試を何回か分やればなお良いと思います。

以上、参考になれば幸いです。

回答
らくらく宅建で大筋の勉強をして、
後はひたすら過去問ですかね。
最後は予想模試で実力判定プラス試験慣れをする感じで
36くらいまでは行けるでしょう。
やる気だけの問題で独学で十分だと思います。

≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

35点不合格でした・・。来年は絶対に合格したいです。

質問
2010宅建35点不合格でした・・。来年は絶対に合格したいです。
どのように勉強すればいいのか悩んでいるので
どうぞアドバイスをお願いいたします。

4月から、らくらく宅建塾テキストと過去問(10周はまわしました)で
勉強し予備校の模試も受けました。
権利関係7点、業法16点、法令上6点、その他6点です。
業法も当然ですが、特に権利関係を強化したいと思ってます。

回答
1点でも足りないと不合格ですから1問1問が大事ですね。
勉強についてはほかの方が書かれているように
テキストと過去問題が基本だと思います。
自分は同じく「らくらく宅建塾」とその過去問3冊、
その予想問題1冊、最後にTACの4回分の模試を使って今回合格できました。
テキストは2回ほど繰り返し読んで、過去問はそれぞれ3回繰り返し、
ズバ予想問題は時間なく1回はしたものの2回は繰り返せませんでした・・・
試験の時間配分や慣れとして模試を2時間で解くことを最後にやりました。
それで本試験に望みましたがネットを見てると
どうも勉強度合いが少ない気もしましたね。
過去問を皆さんかなりされてるように思いました。
ただ過去問のし過ぎはどうでしょうかね?
答えを覚えても理解が付随しなければ意味ないですからね。
あとは過去問でもテキストにない項目が出てくることありますよね?
そこが明暗を分けるような気も勉強中にしてました。
というのは宅建ですから不動産に関することが出題されるのは当然ですが
たまに権利関係の民法で不動産とは直接あんまり関係のない問題も
出てることも過去問見るとあると思います。
実際らくらく宅建塾シリーズを使っていても
過去問解説がテキストのページにあるものとないものがあり、
あっても問題の解説を示せていない部分もありました。
解答解説部分にページが書かれていないところは
その解答だけで済ますと理解が浅くなるようにも思いました。
実際ご利用ならわかりますよね?
ですから過去問勉強中はその法律書を見ることをお勧めします。
自分は民法は買いました。
ほかの法律は図書館で調べることができます。
法律条文じゃなくてもその解説本で十分でしょう。
問題だけを解くよりはよく理解できるのではないかと思います。
事実建築基準法はためになりました。税法も役に立ちます。
市販テキストオンリーだと危ないような
(記憶の語呂合わせなんかはいいですが)気が今回の勉強でしました。

回答
おしかったですね。

過去問を解いた際の記録は何か残っていますか? 
折角10回も解いたのだし、おそらく間違えているのは
同じ問題、同じような範囲のところではないですか?

得点状況を見たところ、権利関係はテキストを読み返して過去問を解く、
過去問を問いてテキストを読み返すの反復継続、
その他は過去問で記憶が曖昧なところを探して覚えるという
勉強方法で良いと思います。

次回の試験まで時間もあるので、
過去問だけでは覚えにくいこと(=単純に記憶するしか無いこと。
 過去問でよく間違える分野で、テキストで図表化されている部分など)
を見つけてさっさと覚えてしまうと楽ですよ。

回答
またまた出た「過去問○回廻し」ました発言!
回数が増えればそれだけ不合格の割合が高まるんだよな。
肢一つ一つをきちんと説明できるようになっていれば、
普通の頭なら落ちるわけがない。
結局、頭で考えずに暗記ばかりしてたところでもって、
過去問の答えまで暗記してしまっただけ。
それでなければ10回も廻せないし、仮にきちんと勉強した上での10回廻しなら
八割方得点して楽に合格してたはず。
それで落ちたなら、頭が平均未満ということになる。
まあ、頭を使った「楽ではない」勉強をするんだな。
同じように繰り返すなら、また同じような結果になるのが自明の理だ。

≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建33点で不合格です。

質問
宅建33点で不合格です。試験直後の自己採点で不合格とわかりました。
今年一発合格目指していましたが、無理でした。
そこで来年にむけてアドバイスお願いします。
今年はパーフェクト宅建シリーズで勉強しました。
過去問は8回やりました。(最低10回はやりたかったのですが)。
来年はどのように勉強を進めていけば良 いのかわかりません。
いろいろ本を買うのなら、金銭面等総合的に見て、
ユーキャンとかしたほうがいいのでしょうか?
最終的には何をつかおうと自分次第とい うことはわかっています。
答えは一つでないと思いますがアドバイスお願いします。

回答 去年31で撃沈し今年37点で合格しました。 完全に独学です。
去年の勉強方法は「パーフェクト宅建過去問10年分」と 基本書として「らくらく宅建塾」を使用しました。 過去問を8回ぐらいは繰り返し、問題の解説まで
きっちり覚えましたが凡ミスもあり 31と2点足りずでした。
実際に21年度の試験を受けた感想で何が足りなかったのかを
割り出す必要がありました。 以下の二点です。(当然、統計対策、法改正対策は取っていることを前提)
①実際問題として、過去10年以上前の問題から出題があるということ。 ②合格点を取れればいいという考えでは
凡ミスをしたとき取り返しがつかないということ。 宅建という試験は問題の性質上凡ミスをする可能性が高い試験といえます。 つまり合格点プラス3、4点は狙って行かなければならないということになります。 ①については10年前以上までやる。ちなみに私は20年以上前までやりました。 可能なら30年以上前までやるといいかもしれません。 もう一度言いますが10年分だけの問題では合格点ぎりぎりです、
それ以上をやりましょう。 解説まできっちり頭に叩き込みます、最低5回以上は過去問を回しましょう。 ②についてはそのままです40点程度を目指しましょう。 後、短期間で合格できるとか行っている人の意見は無視しましょう。 はっきり言って当てになりません、少なくとも私はまったく無視してました。 自分の勉強方法をやるのみです。 頑張ってください。

回答
ずばり!「らくらく宅建塾」です。 私は高卒で頭も弱いですが、 「らくらく宅建塾」のテキストで、
7月から勉強して初受験で42点でした。 トータルで350時間位でしょうか。
 それから「らくらく宅建塾」の
問題集「1・2・3」と3冊別にありますので、 それを大体6~8回位回し(苦手な所は○、△、×をつけて多めに)、
模試問題を15回分位やりました。 単に夫からのプレッシャーもあったので頑張りましたが
(主婦なので時間があるし・・)、 これはひとえに教本にあるのかなと思います。 夫も宅建を持っていますが、「らくらく宅建塾」で一発でした。 パーフェクト宅建はかなり上級者向きで広い範囲で
網羅しているという事でよく聞きますが、 やはり、範囲が広すぎてどこが出るのかがポイントとして分かりにくいと思います。 「らくらく宅建塾」はバカっぽく、拒否反応を起こす人もいるかもしれませんが、 最強に理解しやすく、試験を受かる為の教本です。 試験に受かりたいのなら、これ、まじでおすすめです。 ある程度頭に入っていると思いますので、 暗記しにくい所等は特に「らくらく宅建塾」のゴロ合わせで強化したり
(「担保責任」「用途規制」の所はお世話になりました^^)、
二重に知識を深めるのもよいかもしれませんね。 回答
宅建業法の分野で満点が取れていれば
十分合格できる可能性があったと思います 33点ということは、ギリギリ合格ラインということですよね? 今年はちょっとだけ合格点が高かったのでしょう ここまで勉強できているのなら、ユーキャンの講座を受けたり、
どこかの講座に通うのはもったいないと思います 今、手元にあるテキストと過去問で勉強を続け、
宅建業法と法令上の制限は暗記を中心にしっかり固め、 過去問だけ23年度のものを購入すればいいと思います それだけで不安なら、ユーキャンの講座ではなく、
来年4月以降に受験経験者向けの講座や試験対策用の
オプション講座に通うと良いと思います 私は一からTACの講座に通いましたが、独学して、
習熟度の確認として、試験対策のオプション講座に通うだけで
十分だと思いました 私の友人とその周りは、TACのわかって合格(うか)る宅建シリーズの
テキストと問題集で独学して、合格したそうです 参考書はTACとLECが評判がいいと聞きました TACのわかって合格(うか)る宅建シリーズのテキストは、
講座に通うよりも説明が丁寧で分かりやすかったです テキストの内容は、TACの講座で使うテキストの内容と全く同じでした 宅建試験は勉強不足だったり、
勉強していないととても難しく感じますが、
勉強さえしっかりできていれば、誰でも合格できる試験だというのが私の感想です この調子で、勉強を続けていれば、来年は必ず合格できると思います 2回目の試験で、合格したという人はたくさん居ますので、めげずに頑張ってください☆ ≫ Yahoo知恵袋より転載
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

宅建不合格でした。アドバイスください。

質問
宅建不合格でした。今年2月から通学し勉強しました。
テスト、模擬試験もそれなりに点数は取れていました。

しかし 試験は31点。解答速報で不合格とわかり、
来年にむけて勉強始めました。
もう落ち込んではいません。
ただ2年めは余程しっかり計画をたてないと難しいと聞きます。
自分と同じ経験がある方、是非アドバイスください。

回答
模擬試験なんて受けたら、その分冊子が増えて勉強しにくいやん。
過去問宅建塾やってれば15年分の過去問やから、
LECのウォーク問プラス模試5回に相当するで。
通学って・・。インプットを目から入れるか耳からいれるかだけの違いやろ。
どっちにしたって、数回程度は復習しなあかんのやから、どっちから
インプットしたって同じやん・・。来年らくらく宅建塾を買って、
過去問宅建塾を五回以上繰り返したら受かるで。

回答
去年31で撃沈し今年37点で合格しました。
完全に独学です。

去年の勉強方法は「パーフェクト宅建過去問10年分」と
基本書として「らくらく宅建塾」を使用しました。
過去問を8回ぐらいは繰り返し、
問題の解説まできっちり覚えましたが凡ミスもあり
31と2点足りずでした。

実際に21年度の試験を受けた感想で
何が足りなかったのかを割り出す必要がありました。
以下の二点です。(当然、統計対策、法改正対策は取っていることを前提)

①実際問題として、過去10年以上前の問題から出題があるということ。

②合格点を取れればいいという考えでは
凡ミスをしたとき取り返しがつかないということ。
宅建という試験は問題の性質上凡ミスをする可能性が高い試験といえます。
つまり合格点プラス3、4点は狙って行かなければならないということになります。

①については10年前以上までやる。
ちなみに私は20年以上前までやりました。
可能なら30年以上前までやるといいかもしれません。
もう一度言いますが10年分だけの問題では合格点ぎりぎりです、
それ以上をやりましょう。
解説まできっちり頭に叩き込みます、最低5回以上は過去問を回しましょう。

②についてはそのままです40点程度を目指しましょう。

後、短期間で合格できるとか行っている人の意見は無視しましょう。
はっきり言って当てになりません、少なくとも私はまったく無視してました。
自分の勉強方法をやるのみです。

頑張ってください。

≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ

講座を受けると 5~10万円位しますが独学は・・・

質問
宅建をとるのに学校やユーキャンなどの講座を受けると
5~10万円位しますが独学で取得した方はいますか?
その際、この参考書を勉強すれば間違いないなどないですか?
あとこう勉強すればいいなどアドバイス下さい。

また、管理主任者を同時に取ろうと思いますがいかがなんでしょうか?
きちんとコメント下さる方お願いします

回答
宅建は独学でも可能だと思います。

私はLECの参考書を一通りやり、
10年分のパーフェクト過去問を各年5回くらいやりました。
ここまでは完全に独学でしたが、色々調べると
模試だけは受けたほうが絶対に良いと知り、
LECで3回ほど統一模試?のようなものを受けました。
やはり時間配分などは実戦形式でやってみないとわからないし、
緊張感にも慣れて本番はスムーズに解けましたよ!
模試は1回数千円なので是非受けてください!
ちなみに勉強期間は1ヶ月半くらいで毎日平均5時間くらいで一発合格しました。

アドバイスとしては、参考書でのインプット3割、
過去問&模試でのアウトプット7割くらいの気持ちでやると良いです!
宅建試験は50問のうち、参考書や過去問で全く見たことない問題は2,3問なので、
多くの問題と接することが重要です!頑張ってください!


≫ Yahoo知恵袋より転載

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
資格ブログ 宅建試験へ

資格(宅地建物取引主任者) ランキングへ
管理人プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
ブログ対応機種
taiou.gif

QRコード
QRコード