ゲストハウス宝満 Guesthouse Homan

ゲストハウス宝満 管理人のブログです。ゲストハウスに関するものや日常をブログにしたいと思っています。これまでのブログからの流れです。

タイトル変更

サボってばかりのブログを復活です。ゲストハウスを始めたので新たな気分で。
2年前に建てた小さな一戸建ての家を遊ばせておくのももったいないのでゲストハウス
にしてみました。
一泊3,500円 寝袋持ち込みなら一泊3,000円。
一人様 もしくは1グループ様でのご利用。一人増すごとに3,500円は追加です。
自炊も出来るし洗濯も出来るし。
詳しくはホームページを見てください。

ゲストハウス宝満

airbnb (エアービーアンドビー)にも登録してます。


高塚山 2015年1月31日

1月31日(土)
夜明け前に熊本市内を出て雪が残る男池に到着。
支度をして、7時丁度に登山開始。



P1310019


登りはじめは緩い傾斜なので、足に乳酸が溜ることも無く、なんとなく楽に
歩けた。原生林の中を気持ちよく歩いて程なく、「かくし水」に到着。
隠してないし。

P1310025

ソババッケに到着。
湿地帯なれど雪に覆われ飛び石を使わずとも楽に歩ける。
ここから、大戸越方面も別れている。


P1310032

ときおり晴れ間がでて、平治岳を白く照らす。

P1310028

空の青と山の白のコントラストが見事だ。

P1310030

風穴の手前付近で、空が大きく晴れて大船山の東側斜面が明るく照らされた。
これぞ雪山の絶景。

P1310038

風穴手前の大木。何百年も生きているんだろうな。貫禄だ。


P1310040

風穴に到着。
落ちたら出られないかも・・・・・、ロープはあったけど。

P1310044


風穴からは、いよいよメインの急登に。
雪に覆われた登山道は隠れた石でバランスを崩し歩きづらい。
山頂近くの天狗別れに付く頃は
ヘロヘロでした。

P1310048


落葉した木に雪が貼りつき自然の水墨画みたいな景色。
感動の景色。



P1310059


高塚山山頂に到着。
西田さんと川上君、なにも見えないバックで記念写真。

P1310053


山頂は白一色。


P1310058



普段の生活では出会えない景色があるから登山はやめられない。
登りは4時間下りは2時間でした。

下山後は黒川温泉の「耕吉の湯」で暖まりました。
いい山といい温泉で最高の登山でした。





サーモス 山専ボトル

1月10日

今日のバイトはマンションの駐車場に屋根を設置する仕事。
職人さんと二人でガルバリウムの屋根を張っていく。
寒風が強いので資材で車を傷つけないように気を使いながらなんとか
一日終わりました。

寒いときのお昼ご飯にありがたいのが山専ボトル。
朝入れてきたお湯は熱湯のまま。
カップラーメンがちゃんとできます。

山だけじゃなく普段でも使えるいい製品です。

1420941365136


1420941312383

新年あけましておめでとうございます


BlogPaint

久住雪山登山2014.12.21

今年の登り納めは久住の雪山でした。
牧ノ戸から御池までの往復。
PC210017


登山用品が高級化してきた川上君
 PC210005

御池は完全氷結。アイゼンの音がガリガリ響く。ガスって視界が悪い。
PC210012

冗談する余裕もない。テンションめちゃ下がり。
それはガスってるからでも寒いからでも無い。
それは、
昼ごはんの弁当をザックに入れ忘れたから。
でも、みんなからおにぎりやカップヌードルを分けて貰いました。
空腹で死なずに済みました。ありがとう。
PC210009


芸術作品を撮る緒方氏。
PC210015

下りはみんなでソリ。500円の子供用なれどめっちゃ面白い。
PC210020
PC210021
PC210019

下山したら髭は凍り付いてました。
PC210028

動画です。
 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ