明けましておめでとうございます
平成30年 昭和・平成とけっこう長く生きました。
平成の次の元号までも生きていられそう。
体力は下がる一方ですが、気持は15年前とちっとも変わっていません。

2018

12月は忙しく1年を振り返る時間がなかったので、思い出を。
〇昨年面白かったテレビドラマは「陸王」
 いろいろな困難を乗り越えて、小さな会社を大きくするドラマが好きなのです。
 「とっとちゃん」と「やすらぎの里」も、欠かさず見てました。

〇本では小川糸「ツバキ文具店」テレビドラマが良かったので、本を読んでみたら、
 期待どおり、心がホンワカになりました。

 曽野綾子さんの著書「老いの暁倖」と「夫の後始末」も良かった。
 曽野さんの本は百冊以上読んでいるので、
 新鮮味にはかけますが、もう1度読みたい本です。

〇今年の正月は藤田湘子の「実作俳句入門」を、大晦日から読み始め、要点をノートに書いています。
 今回で4,5回は読んでいるが、睡眠導入剤変わりに横になって読むことが多く「俳句づくり」
 のポイントが身についていないので、要点を書き出すことにしました。
 250頁の本ですが本日160頁。

〇今年の正月を迎える準備は、いつもより楽だった。
 ちゃんと掃除を済まして、お雑煮も手作り簡単おせちも用意しました。
 手抜きがうまくなったのかも。

●新年の楽しみはもっぱらテレビ。
 昨年から放送しているNHKスペシャル「人体」
 今朝、再放送をしていました。

 1月7日 「骨が出す!最高の若返り物質」昨年12月に放送予定だった。
 1月14日 「万病撃退!腸が免疫の鍵だった」
 この後の放送は
 2月4日、3月18日、3月25日 (日曜日午後9時からの放送です)
 楽しみ、楽しみ!

●新年の目標
 物の断舎利!!
 体力が少しでも残っているうちに、ガンバロウ!!

 昨年も同じ決意だったけれど、
 家の外回りのリフォームがあり、決意が大幅に先送りになりました。

しばらくぶりのブログアップ。書き始めたら、いろいろ出てきました。