今回は、ネットカジノの利点について、書かせていた…

今回は、ネットカジノの利点について、書かせていただきます。ネットカジノの長所はいくつかありますが、そのうちのひとつに「無料でお試しできる」ということです。驚くべきことに実際の遊び方を完全無料!で学べるのです。

もちろん無料モードではいくら勝ってもお金がもらえませんし、ルールに制限がありますが、無料モードでもそれなりに楽しく遊ぶことができます。しかも、無料モードを使って経験を積んでから有料プレイに切り替えれば、よりお金を賭けられます。

さて、無料モードを遊び尽くしたら、次は有料モードでも遊びたくなると思います。さて、お金を賭けて有料モードで遊ぶためには、事前の入金が必要になります。ネットカジノに入金するための方法はいくつかありますが、クレジットカードで決済するか、またはクレジットカード決済から入金したNETeller(ネッテラー)口座を利用する方法が、早くておすすめです。※使えない決済できないクレジットカードもあるので注意が必要です。

ネットカジノに限ったことではありませんが、ギャンブルというものの一番の魅力とは、勝てばお金がもらえることです。やっぱり、ネットカジノであってもゲームに勝てば実際のお金が稼げます。

さて、ネットカジノで勝つことができたら、たまったお金をもらうためには何をする必要があるのでしょうか?主な方法を、ご紹介します。1.銀行口座に送金してもらう…海外からの送金なので銀行が税務署に届け出る必要がある。このため、銀行側がネットカジノからの送金を受けない場合もある。2.小切手を送ってもらう…換金までに最大4週間程度かかる。手数料がハンパなく高い。3.NETeller(ネッテラー)口座へ払戻ししてもらい、NETeller(ネッテラー)口座からデビッドカードで引き出す…NETeller(ネッテラー)口座を経由する分手間はかかるが、手数料が最も安い。個人的には、なんといっても3.のNETeller(ネッテラー)口座を使う方法をとくにすすめます。

さて、これでネットカジノのすばらしさをわかりましたか?それでは、ネットカジノを探し出して、本場のネットカジノサイトにアクセスしてみることをすすめたいです。

さて、前回の記事の続きです。自分の手札の合計が1…

さて、前回の記事の続きです。自分の手札の合計が14で、なおかつディーラーのカードが2・3・4・5・6ならば、スタンドします。自分の手札が14で、なおかつディーラーのカードが2~6以外ならば、ヒットしましょう。自分の2枚のカードの数字の合計が15で、なおかつディーラーのカードが2~6だったら、スタンドします。

自分のカードの合計が15で、なおかつディーラーのカードが3~6・10・絵札・A以外ならば、ここはヒットです。自分の手札が15で、なおかつディーラーのカードが10や絵札のいずれかならば、サレンダー、それがルールでできない場合はヒットしてください。自分のカードの合計が16で、なおかつディーラーのカードが2~6だったら、スタンドしてください。

自分の2枚のカードの数字の合計が16で、なおかつディーラーのカードが7~8だったら、ヒットです。自分の2枚のカードの数字の合計が16で、なおかつディーラーのカードが2・3・4・5・6・7・8以外ならば、サレンダー、それがルールでできない場合はヒットしてください。自分の手札の合計が17~21の場合は、スタンドしてください。Aが手元になくて、かつスプリットができない場合の作戦は、以上です。

次に、自分にAがきている場合について、書かせていただきます。配られた2枚の札がA・2で、なおかつディーラー側のカードが5・6のいずれかだったら、ダブルダウン、それがルールでできない場合はヒットしてください。2枚のカードがA・2で、なおかつディーラーのカードが5~6以外だったら、ヒットしましょう。

配られた2枚の札がA・3で、なおかつディーラーのカードが5・6のいずれかならば、ダブルダウン、それができない場合はヒットしてください。配られた2枚の札がA・3で、なおかつディーラーのカードが5~6以外ならば、ヒットしてください。配られた2枚の札がA・4で、なおかつディーラーのカードが4~6だったら、ダブルダウン、それができない場合はヒットしてください。

配られた2枚の札がA・4で、なおかつディーラーのカードが4~6以外ならば、ヒットします。配られた2枚の札がA・5で、なおかつディーラーのカードが4・5・6ならば、ダブルダウン、それがルールでできない場合はヒットしてください。配られた2枚の札がA・5で、なおかつディーラー側のカードが4・5・6のいずれでもなかったら、ヒットしましょう。その他のケースにつきましては、別の記事でご説明いたします。

以前の記事で、ブラックジャックというものは客の取…

以前の記事で、ブラックジャックというものは客の取り分を100%以上にすることができると、言いました。しかも、なんとほぼ全部のネットカジノで、ブラックジャックができます。これは、とってもおいしいですね。ここでは、ブラックジャックを使って勝っていく方法を説明します。

あなたは、「ベーシックストラテジー」というものを聞いたことがありますか?これは、あなたの手元にある2枚のカードとディーラー側の1枚のカードをもとに、するべきこと(ヒット・スタンド・ダブルダウン・スプリット・サレンダー、等)を決めるというものです。

それでは、ベーシックストラテジーというものを説明します。まず、手元にAがなく、かつ2枚のカードの数字が違う場合について、説明します。自分のカードの数字の合計が8以下だったら、ヒットです。自分のカードの数字の合計が9で、なおかつディーラーのカードが3・4・5・6のいずれかならば、ダブルダウン、できない場合はヒットしてください。自分のカードの数字の合計が9で、なおかつディーラーのカードが3~6以外だったら、ヒットしてください。

自分の手札が10で、なおかつディーラー側のカードが9以下ならば、ダブルダウン、またはヒットしてください。自分の2枚のカードの数字の合計が10で、なおかつディーラーのカードが10や絵札やAだったら、ヒットです。自分のカードの数字の合計が11で、なおかつディーラーのカードがA以外だったら、ダブルダウン、それがルールでできない場合はヒットしてください。

自分の手札が11で、なおかつディーラーが見せているカードがAならば、ヒットします。自分のカードの合計が12で、なおかつディーラーのカードが4~6ならば、スタンドしてください。自分のカードの合計が12で、なおかつディーラーのカードが4~6以外だったら、ヒットです。

自分のカードの数字の合計が13で、なおかつディーラーのカードが2~6ならば、スタンドしましょう。自分の手札の合計が13で、なおかつディーラーのカードが2・3・4・5・6のいずれでもなければ、ヒットです。自分の手札の合計が14の場合、および自分のカードにAが入っている場合、および自分の2枚のカードが同じ数字の場合については、以降の記事に書かせていただきます。
プロフィール

gokikira

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ