2012年03月05日

びわ湖毎日マラソン

今日も丸1日雨で、昨夜は春一番を思わせるような強い突風が吹いていた。
風邪の方は鼻と痰の出がひどくなったので、そろそろ治る頃だろう。

昨日の「びわ湖毎日マラソン」は、いつも通りテレビ観戦した。
雨で水溜まりが目立つ中、ペースメーカーが抜けた25kmを過ぎるとペースが急撃に上がり、
付いて行けた日本人ランナーは旭化成・堀端と青山学院3年の出岐だけになり、
堀端が日本人1位優位の態勢に入ったかと思ったら、徐々に意識もうろう気味になって失速、
今度は安川電機・中本かと思ったら、競技場手前で佐川急便・山本が急接近、トラックで中本を交わした。
後半15kmほどは面白い展開になり、久々に手に汗握るような大会に思えた。
堀端はスペシャルドリンクを取り損なったり、落としたりで口にしたのは1回だけではなかったか。
折返し以降は全くスペシャルテーブルに見向きもせず、というより意識が回らなかったように思えた。
そんな光景を見て、最後持たないのではないかと思っていたら、案の定の大失速に終わった。
出岐は走る姿は独特だが、跳ねるフォームでないのとガッツがあるので、絶対マラソン向きだと思う。
結果は2時間10分2秒、サブ10に3秒及ばなかったが、積極的な走りは次の五輪に期待。
終えると山本という名前さえも知らない伏兵が日本人1位となり、五輪に名乗りを上げた。
佐川急便は京都だが、びわ湖対岸の守山を拠点にして練習しており、陸上競技場も持っている。
そんなところで練習していたランナーがびわ湖を制したことは嬉しいことだ。
好成績を残した結果、全くクローズアップされなかった選手に対して、陸連関係者は
「いつか開花すると期待していた」とコメントしているが、全くもって結果オーライのコメントだ。
山本は教員になろうと神戸大を目指したというから、外観や大会後のコメントとは別に優秀らしい。
結果的には箱根を走りたくて中央大に進学し、ロンドン五輪切符を確実にしてしまった。
婚約者には「ロンドンに連れて行く」と話していたそうで、婚約者の前で良い格好見せたい、
地元の声援に応えたいという精神的後押しが、こういう結果をもたらしたのではないだろうか。
かつての山の神・今井はあっけなく沈んだ。福岡では「今井、今井」と実況されていたのに、
NHKが放送したこともあるが、今井の名前は何回放送で流れたことか。
びわ湖は箱根を走った学生がローテーション的にも出られる大会なので、もっともっと出て欲しい。
NHKの放送はCMがないのと民放と比べると公平感のある放送になので、腹が立ちにくい。

それとは別にコース両側の雰囲気を知っている者からすると、カメラアングルがレースばかりで、
石山寺や瀬田の唐橋、近江大橋、町の様子などももっと映して欲しいと思った。
それにしても他の五輪選考大会に比べてびわ湖は道路幅も狭く、田舎の大会だと感じる。
ただ、他の都会の大会は交差点を何回も折れなければならなく、コース取りも微妙に影響するが、
びわ湖のコースはそういう面での影響はないので、コース取りで慌てることはないと思う。

Posted by gokineko29 at 22:31│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字