「日本の夜明け」(政治・歴史評論)


引継ごう!『日本らしさ』を子や孫へ
”明日の日本”を真剣に考えるブログです。


人気ブログランキングへ

「日本の夜明け」へのご訪問ありがとうございます!
 ”引継ごう!『日本らしさ』を子や孫へ”

人気ブログランキングへ

 明治天皇(第百二十二代)の御製

 「ともすれば かき濁りけり 山水の 澄せばすます 人の心を」
                       (心)

 (明治天皇御百首より訳)
  大意:大意:澄んだまゝ静かにして置けば、清らかな山水のやうな人の心を、やゝともすると(ともすれば)手をつけてかき濁し善いのを悪くしてしまふ、濁すものさへなければ、人の心は元来山の清水の如く澄んで居るものであるのに。との御意と拝す。

kyotogosyo
 
↓引継ごう!『日本らしさ』を子や孫へ↓
(共感頂けましたらクリックお願いします。)
blogranking人気ブログ



 日本人が日本人たる上で最も大切にしなけらばならないもの、また日本国が日本国として存在し続ける為に、守り続けると同時に後世に伝え引継がなければならないもの、これらのことを含めた上で”日本の要諦”とは何かということを考えますと真っ先に頭に浮んで参りますことは天皇陛下の大御心であります。
 また一重に大御心といいましても、御神勅、御詔勅、勅令、御製等々と国民が天皇陛下の大御心を拝する機会を得られるものには幾つか種類があり、その中においても歴代天皇〜今上陛下に至るまでの天皇の大御心を最も身近に感じられるものを考えますとやはり御製ではなかろうかと考えます。
 この意味におきまして、折に触れ諸処感じるところがある度に御製を紹介しています。

 本日は平成28年9月22日、国民の祝日の一つ、秋分の日(秋季皇霊祭)であります。
国旗
 祝日法によれば、秋分の日(秋分日)は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日と定義されています。

 歴史を遡りますと、年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム太政官布告(明治11年6月5日太政官布告第23号)により秋季皇霊祭(皇室の忌み日)が定められており、この祭事に端を発した形で成立している祝日です。
 秋季皇霊祭とは、御歴代天皇や主たる皇族の忌日を春と秋に纏めて奉祀するという宮中祭祀の一つ(神事)であり、現在でも宮中では例にならい秋季皇霊祭が行われています。

 また現代日本を見ましても秋分の日には、春の五穀豊穣を祈る神事(祭り)に対して、この穀物等の収穫を神々に報告し感謝する事を旨とし神事(祭り)が行われている地域が多く存在します。

 今年は昨年程ではないものの、いわゆるシルバーウイークと称され秋のお休みを満喫されている方も多いのではなかろうかと想像します。
 そいういった中においても祝日を単に”休日(お休み)”と捉えるだけではなく、その祝日の意味についての理解を深めるとなお一層、様々な行事に伝統や文化を見ることができ、楽しみも増えるのではなかろうかと感じます。
image ↓引継ごう!『日本らしさ』を子や孫へ↓
 (ご共感頂けましたらクリックお願い致します。)
blogranking人気ブログ

 本日は、以下に”第25回 桃山御陵参拝団”のご案内をさせて頂きます。
 私も関西『明治の日』推進協議会の一員として参列致します。
 旧知を問わず多くの同志にお会いできますことを心より楽しみにしています!

 「第25回 桃山御陵参拝団」

14231885_1144428265637214_5099975389259968388_o 日 時  平成28年11月3日(祝・木)
     ※集合 午前10時15分 ※参進 10時30分
集合場所 京都市伏見区 桃山御陵参道西入口
参拝順路 集合・参道→明治天皇御陵・昭憲皇太后御陵参拝→御陵石段下で集合記念撮影→臨場講話→解散
臨場講話 杉本延博先生〔御所市議会議員〕
 最寄駅  近鉄「桃山御陵前」東へ650m急行停車
       京阪「伏見桃山」東へ700m普通のみ停車
        JR「桃山」東へ300m普通のみ停車
 参加無料 雨天決行

お問合せ 第25回桃山御陵参拝団事務局
         東大阪市高井田本通3-3-22 天業館気付
         TEL 06-6781-6842/FAX 06-6781-8825

 第25回桃山御陵参拝団 FB
  https://www.facebook.com/events/1408894322750848/

image ↓引継ごう!『日本らしさ』を子や孫へ↓
 (ご共感頂けましたらクリックお願い致します。)
blogranking人気ブログ

 本日は西村眞悟前衆議院議員の時事通信をご紹介致します。
 「乃木希典と明治の甦り」と題して著されたこの文章を是非ともお一人でも多くの人々にお読み頂きたいとおもいます。混迷を極める現代日本、その日本再興の光明が見えてくるように感じます。
top_photo201308

(以下 西村眞悟前代議衆議院議員HPより転載)

     「乃木希典と明治の甦り」
               平成28年9月14日(水)


 陸軍大将乃木希典は、大正元(一九一二年)九月十三日、崩御された明治天皇の跡をしたい殉死した。
 翌九月十四日に乃木の殉死を知らされた皇太子殿下のちの昭和天皇は、落涙された、と昭和天皇実録は記す。
 百四年後の九月十三日から本日十四日に日付けが変わった未明、しきりに殉死した乃木閣下と明治のことが思われたので、本通信に記すことにした。
 明治天皇は、嘉永五年(一八五二年)十一月三日京都にお生まれになり明治四十五年七月三十日東京にて崩御された。
 乃木希典は、嘉永二年(一八四九年)十一月十一日東京に生まれ大正元年九月十三日東京赤坂において明治天皇の棺が皇居をお出ましになったことを知らす弔砲を聞きながら殉死した。
 明治天皇と乃木希典は、同時代即ち明治を生きて明治を終焉させた。
 本日の未明、夢のなかでしきりに乃木希典閣下のことが思われたのは、我が国に、この明治の精神を甦らさねば、克服できない国難が迫っているからではないかと思う。
 そこで、本通信で、明治は、大正そして昭和を経て平成に至る現在も、断絶なく連続しているということを記したい。

 表面上は、昭和二十年八月十五日を境にして時代は「戦前」と「戦後」に分けられ、明治憲法といわれた大日本帝国憲法は「日本国憲法」と変えられ、
 教育勅語は廃止され、明治天皇のお誕生日十一月三日の祝日である明治節は「文化の日」となり、司馬遼太郎の国民に広く読まれた歴史小説や論考では、明治と昭和は、異なる国家であるかのように語られている。
 しかし、日本という国家を、「和」を体現する家族共同体また運命共同体として把握すれば、その本質は、数千年の歴史を経て揺るぎなく連続して現在に至っている。
 まさに、明治という時代は、大日本帝国憲法と教育勅語において明らかなように、我が国のこの数千年の家族共同体また運命共同体の連続性の自覚の上に、近代国家を建設したが故に、国難を克服できたのである。
 そして、現在もまさにその自覚に国家の存亡が懸かる歴史段階に直面している。

 まず、家族共同体・運命共同体、即ち生命体、としての我が国家の、中心人格は天皇である。
 その天皇における連続性を温(たづ)ねてみよう。

 日露戦争後の明治四十年一月、明治天皇は乃木希典を学習院院長に任ぜられた。
 この人事は、山県有朋の乃木を陸軍参謀総長にという意向に反して為された。
 後日拝謁した山県に、明治天皇は次のようにおっしゃり、乃木に次の御製を贈られた。
 
 「先日乃木を参謀総長にとのことであったが、乃木は学習院長にすることにするから承知せよ。
 近く三人の孫達が学習院に学ぶことになるのじゃが、孫達の教育を託するには乃木が最も適任と考えるので、乃木をもってすることにした」

  いさをある人を教のおやにしておほしたてなむやまとなでしこ

 乃木が学習院院長に就任して三ヶ月後の明治四十年四月、後の昭和天皇である迪宮裕仁親王殿下(明治三十四年生れ)が学習院に入学された。
 そして、殉死までの五年間、乃木希典は、昭和天皇の教育に精魂を込めた。
 後に、昭和天皇はご自分に最も深い影響を与えたのは乃木希典である旨述懐されている。
 乃木は、日露戦争において、戦史上未曾有の難戦の末に旅順要塞を陥落させた第三軍司令官であったが、その難戦の途上、乃木更迭論が陸軍内部から出たときに、
 明治天皇が、更迭はならんと言われ、大山巌満州軍総司令官が、「全ての将兵が、あの方の下でなら死ねると、仰ぎ見る軍司令官は乃木しかいない」と述べてその更迭論を退けた計り知れない人格をもつ軍人だった。
 その乃木が、昭和天皇に一番深い影響を与えたのである。
 乃木希典は、殉死の数日前に皇太子になられた裕仁親王殿下を訪ね、自分が筆記した山鹿素行の「中朝事実」をお渡しして熟読されるように言った。
 その乃木の様子に、十一歳の殿下は、「院長閣下は、どこか遠くに行かれるのですか」とお尋ねになった。
 そして、乃木の殉死を告げられた殿下は、落涙された。
 昭和天皇実録の中で、天皇の落涙を記すのは御年十一歳のこの時だけである。
 昭和天皇は、乃木希典とともに明治を受け継いでおられたのだ。

 それ故、昭和天皇は、昭和二十年八月十日午前二時二十分、大東亜戦争におけるポツダム宣言受諾即ち終戦の御聖断に際し、「忍び難きを忍ばねばならぬ時と思う。
 明治天皇の三国干渉の際の御心持を偲び奉り、自分は涙をのんで原案に賛成する」と言われ、その四か月後の昭和二十一年一月一日、「新日本建設の詔書」を発せられ、その冒頭に、「明治天皇明治の初め国是として五箇条の御誓文を下し給えり」と「五箇条の御誓文」を掲げられて、明治天皇の御誓文を以て終戦後の新日本の国家目的とされた。
 ここにおいて、昭和天皇は、明治の国家目標を現在の国家目標と確認されて、明治と現在の連続性、戦前と戦後の連続性、を宣言されている。

 だが、天皇を通じた明治と昭和との連続性を言うならば、そもそも「天皇の皇位の継承」とは「万世一系の皇祚を践む」ことであり、これは天皇が、大嘗祭によって祖霊を受け継ぐことである。
 従って、我が国に万世一系の皇祚を践まれる天皇があられる限り、我が国は明治のみならず太古から連続している。
 即ち、生命体としての我が国家の人格的中心である天皇は、大嘗祭によって太古からの祖霊を現在に受け継いでおられるからだ。

 では何故、我が国家の危機克服において、この自覚が明治と同様に死活的に重要となるのか。
 この理由を明確に言う。
 ここから武士道が生まれるからである。
 ここから楠木正成の七生報国の信念、国のために死んでも死なないという心が生まれるからである。
 乃木希典が、最も重んじたのは武士道であり、最も敬仰した武人は七生報国を信じて自決した楠木正成である。

 とはいえ、これは我が国に限らず、およそ危機を克服する国家の国民は、等しくこの決死の思いを抱く。
 そこで、現在、我が国に迫る危機を見つめ、英国の歴史における危機克服の精神を探ろうと思う。
 そうすれば、我が国の明治は、単に我が国一国の危機克服の教訓にとどまらないことが判ると思う。
 実は、昨日、イギリスのチャーチルが、一九四〇年(昭和十五年)五月二十八日に何を語り何を決断したのかを調べていた。
 この日のチャーチルが、イギリスのみならず現在のヨーロッパの運命を決定したからだ。

 現在の我が国は、一九四〇年のイギリスと国外と国内において同じ脅威に曝されている。
 即ち、イギリスはこの時、大陸の独裁国家の軍事的攻勢と、この独裁者と宥和しようとする国内勢力の相協働してつくり出す亡国の脅威に曝されていた。
 しかも、この国内の宥和勢力は極めて優勢であり、宥和論者は平和を口にしさえすれば、あらゆる社会層の支持を得ていたのである。
 そして、チャーチルは、この時期に、戦争屋と呼ばれて落選し続けていたが、遂にこの時、有力な宥和主義者達が居座る内閣を率いることとなったのだ。仮にイギリスにチャーチルがいなければ、
 ヨーロッパは、既にこの時に「EU」になっていただろう。
 そのEUは、ナチスドイツによるEUであり、想像しただけでもいやなEUである。
 イギリスが離脱したくとも離脱できないEUである。
 この年の前年の一九三九年、ドイツとソビエトは、独ソ不可侵条約(モロトフ・リッペントロップ協定)を締結した直後の九月一日、東西から同時にポーランドに侵入し、第二次世界大戦の幕は切って落とされた。
 そして数ヶ月後には、ポーランドの東半分以西のヨーロッパはナチスドイツの占領下に入り、イギリス軍はフランス西岸のダンケルクでドイツ軍によって殲滅される状況となり、イギリスは、国家としてドイツに対する抗戦を諦める寸前まで追いつめられた。
 この時、イタリアを介して、イギリスがドイツとの調停を求める時が来た、との提案がイギリスに伝えられた。
 宥和主義者達は、この提案に呼応して、ヒトラーと取引をしてイギリスが戦争から抜け出せば、戦争は実質上終了し、世界中で何百万人もの命を救うことになると考えた。
 しかし、この提案を受けたのが新しく首相になったチャーチルだった。
 とはいえ、そのチャーチルの新内閣の構成員の中には、元首相のチェンバレンやチャーチルの前に首班指名されて辞退したハリファックス卿という宥和主義の有力者がいて激しくチャーチルを非難してヒトラーとの宥和を主張した。ドイツ空軍によってイギリスの飛行機工場が破壊される前にヒトラーとの交渉を開始すべきだと。
 ハリファックスは、ドイツ空軍司令官のヘルマン・ゲーリングと狐狩りをよく共に楽しむ親密な間柄であった。このようなドイツと繋がりのある宥和主義者は、当時のイギリスの上流階級にうようよいた。
 しかし、チャーチルは宥和論への反論を繰り返した。
 ヒトラーとの話し合いは危険な道に入る、交渉によって侵略行為に報酬を与えてはならないと。
 そして、チャーチルは、最後に次のように演説して「ヒトラーとは交渉しない」というイギリスの方針を断固として打ち立てた。
 
 「私が一瞬でも交渉や降伏を考えたとしたら、諸君の一人ひとりが立ち上がり、私をこの地位から引きずり下ろすだろう。
 私はそう確信している。
 この長い歴史をもつ私たちの島の歴史が遂に途絶えるのなら、それはわれわれ一人ひとりが、自らの流す血で喉を詰まらせながら地に倒れ伏すまで戦ってからのことである」

 このチャーチルの決断によって、ドイツとのバトル・オブ・ブリテンが開始され、決断から一年以内に三万人に及ぶイギリス人男性、女性、子供達がドイツによって殺害された。
 しかし、この決断がなければ、全ヨーロッパがナチスドイツに支配された。
 そして、歴史上最も邪悪なEUが誕生していたのだ。

 さて、この一九四〇年当時のイギリスを振り返り、イギリスを日本に、ナチスドイツを中共に置き換えれば、そのまま、現在の東アジアの情勢と中共の我が国への軍事的攻勢
 そして、我が国内における中共との宥和主義者達の動向を説明したことになる。
 我が国の宥和主義者は、中共に「侵略の報酬」、「軍備拡張の報酬」という援助を与え続け、いつも中共の独裁者との会談をこの上なく喜んできたではないか。
 また、チャーチルの演説は、戦うも亡国、戦わざるも亡国ならば、戦っての亡国を選ぶという永野修身軍令部総長の日米開戦時の発言と同じである。
 その上で、現在の一番深刻な問題を言う。
 それは、チャーチルに置き換えられる人物が、あの選挙で選ばれる現在日本の政界にいるのか、ということだ。

 しかし、必要なことは、政界にチャーチルを捜すのではなく(ないものを捜さず)、我が国においては、天皇がおられる限り、
 国民は家族のように一致団結して危機に立ち向かうことができるという我が国家の存立と継続の原点に自信と誇りをもつことである。
 そうすれば、明治が為し遂げたように、現在の我々も危機を克服することができる。
 よって、現在の国民に最も必要な心は、
   敬神、尊皇そして愛国
 であると述べ、乃木希典閣下ご夫妻の殉死から一夜明けた九月十四日の時事通信としたい。
image ↓引継ごう!『日本らしさ』を子や孫へ↓
 (ご共感頂けましたらクリックお願い致します。)
blogranking人気ブログ

 本日は、以下の通り【好評につき10月も開催!第12回「大東亜戦争を語り継ぐ会」】のご案内をさせて頂きます。旧知を問わず多くのみなさまにお会いできますことを心より楽しみにしています!
 (FBにおいては少し前に同様の周知をさせて頂きました。)

 (月刊「正論」より)
【好評につき10月も開催!第12回「大東亜戦争を語り継ぐ会」】のお知らせ
14212820_559511934240002_9169643905302046475_n
 月刊「正論」では、一昨年より編⊃声厖圭館ホールで元日本軍人の方々の体験を聞く内容で「大東亜戦争を語り継ぐ会」の開催を重ねてきましたが、今回は90歳を超えた元日本軍人で海軍エースパイロットであった方をお招きし、当時の戦場での貴重な体験をジャーナリストの井上和彦氏のリアリティーあふれるトークによって引き出します。
 貴重なお話ですので、お子さん、お孫さんとご一緒にお越しいただければ幸いです。
 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


日時:平成28年10月10日(月・祝)
12時30分受付開始、13時開会、15時25分閉会予定
※全席自由
会場:大阪市中央公会堂大集会場(大阪市北区中之島1-1-27)
京阪電鉄中之島線「なにわ橋駅」1番出口より徒歩1分
地下鉄御堂筋線「淀屋橋」1番出口より徒歩5分
堺筋線「北浜」19番出口より徒歩3分
主催:産経新聞社 月刊「正論」
協賛:大阪冶金興業株式会社
入場料:事前予約2000円、当日2500円(税込)
お申し込み方法:定員1000名に達し次第締め切り
「10月語り継ぐ会参加希望」と明記し、郵便番号、住所、氏名、電話番号、チケット枚数を明記し、以下の要領でお申し込みください。

【はがき】〒556-8666(住所不要)産経新聞開発「語り継ぐ会」係
【FAX】06-6633-2709
【メール】kikaku@esankei.com ※表題に「10月語り継ぐ会参加希望」と入力
入場料のお振り込みのご案内をお送りします。ご入金確認後、チケットを発送します。
問い合わせ:産経新聞開発 TEL06-6633-6834(平日10時〜17時)
 元軍人の方にお越しいただくのですが、高齢のため当日の体調の具合によって、講演内容が一部変更する場合がございますので、どうぞご了承ください。
 皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

image ↓引継ごう!『日本らしさ』を子や孫へ↓
 (ご共感頂けましたらクリックお願い致します。)
blogranking人気ブログ

このページのトップヘ