こんばんちゃ^^極月会のルーラシップことげつじんです^^

20131201-0101_110934162

前回の極月会ターフ~前編~へのコメントありがとうございます^^ごめんなさい><今回も返信はなしです::


実際の競馬はさっぱり勝てないまま12月になってしまいました。。。12月の最終G1・有馬記念で回収させていただきます!JRAさんに預けてるだけなんだよ。。


さてさて、後編の続き始まるよ~♪今回も長いので、読む前に紅茶とシフォンケーキのご用意を^^



落陽杯を終え、一同は次レースの準備のためレンドアへ


走者となる女性陣は魔法使いへと転職していただき、クエ66のリプレイを受注


応援隊となる男性陣は僧侶に転職し、待機


各々が準備を済ませ集まる。時間を持て余したプク3人衆が悪さを始める
 

20131130-2322_110877698

きいろ「燃えろ~燃えろ~」


戦士ゴーガンダへ3プクからの集中砲火

なんてことを。。町を守る戦士に攻撃を仕掛けるなんて><こ、ころされる〜。。。 


ゴーガンダ「燃やすのは情熱だけにするんだぞ」


悪プク3人衆の心は、何か熱いものを感じ取ったようだ。
 

20131130-2354_110896921
プク同盟結成「パッション of the プク with ミツ」


20131130-2334_110884607
クィン・くろまる・イビサは踊りへ勤しむ。踊りが合うだの合わないだのわきゃわきゃ。

ツクヨさんもインするやいなや強制連行で、説明そこそこで馬になっていただく。


これで女性陣4人がそろい踏み。


第2レース【GⅡランガーオカップ】

20131203-2233_111620591
雪がしんしんと降る中、雪煙をあげて疾走するドルボが気持ちを熱くさせる。坂越え山越え極月会の女帝が今宵誕生する。

コースの説明

・走者はランガーオ村を出発し、ラギ雪原入り口横にある廃墟の洞窟でリプレイボスを倒す

・応援隊は僧侶として走者と2人PTを組み回復のみサポート

・ボス討伐後、洞窟外で待機しているげつじんへ先に、いいね!した人が勝ち

・攻撃魔力500越えの人は、インテリのうでわの装着禁止


競走フレの紹介

1枠1番 イビサ(追込)

2枠2番 ツクヨ(逃げ)

3枠3番 クィーン(先行)

4枠4番 ミツリィン(差し)


当初の私の予想では、攻撃魔力500オーバーのクィンさんかツクヨさんが1・2番人気、最近めきめき魔法が強化されているものの、ボス以前に迷子で棄権の可能性のあるイビサさんとミツさんが3・4番人気と予想。さしずめ絶対女王ウオッカことクィーンvs脅威の脚力ダイワスカーレットことツクヨといったところか。(競馬知らない人には伝わらないなw)


女性陣のアピールタイムがしぶしぶ始まる


クィン「私を選らばないでください><」

イビサ「誰も選ばないでください;;」

ミツ「倒せる自信がない;;」

ツクヨ「一人でとか絶対ムリ~;;」


先ほどとはうってかわって、面白いほど男性陣とは反対の事を言う。どう選ばれるかで必死だった男性陣、どう選ばれないようにするか必死の女性陣。


ジョー「誰も選ばないで=賞金独り占めwグヘへw」


さすがジョーさん。確信を付いてる。女の本音は表に見えないものです。


そんなアピールの中、空気の読めるくろさんは真っ先に来たばかりのツクヨさんを、家賃を払いたいジョーさんはミツさんを、さっきの汚名を晴らすべくヒロロさんはイビサさんを、勢いに乗るきい君は一番人気クィンさんに賭ける。


それぞれ2人PTを組んでもらい、ランガオ村を出る。


20131201-0007_110905422

げつ「私が線です。女性先頭で並んで~」


各自ドルボに載って、ドルセリンチャージ。女性の内に秘めた闘志が垣間見える。


げつ「よーーーーーーーい」「スターーーーーーート」


一斉にスタート。ミツさん絶好の反応!1番へ踊りだす!続くはイビサさん・クィンさん!やや出遅れたツクヨさん!


絶好の反応を見せたミツさんこのままトップの展開か!?。。。と思いきやさっそくスライムに激突。戦闘開始。


ジョー「ミツリィンさんさすがですだ~^^」


ほんとさすがです。期待を裏切らない女。


20131203-2234_111621063

橋の手前、戦闘で出遅れたミツさんを尻目にイビサさんとクィンさんのトップ争いが熾烈に。


「私が先よ」「いや私よ」「おまさんは引っ込んでなさい」「あんたことすっこんでろ」なんて会話が繰り広げられる。私の頭の中で。はい。妄想です。


そんな最中、イビサさんのモンスター弾き攻撃!イビサさんの気迫にビビったドラキーはふわふわクィンさんのほうへ逃げる!接触!クィンさん戦闘開始!これは痛い!


得意の「えへへ^^」で誤摩化すイビサさん。独走態勢。もう扉にさしかかる。
 

20131203-2235_111621267

げつ「ところでツクヨさんどこいったああああああ」


ツクヨ「うるさああああああああああい」


戦闘で手間取ったクィンとテンパるツクヨさんが2番手争いでいい勝負している。ほぼ同時に扉へイン。


やや遅れてミツさんも洞窟内へイン。


ここからは中の様子がわからない。とりあえず吹雪く雪山でしばらく待つことに。リアルも寒いがこっちも見てるだけで寒そう。。。
 

20131203-2236_111621550
私にいいね!してね〜ここだよ〜

誰も反応してくれないのに一人でルムチャで騒ぐ事数分。


きた!誰かきた!


ナスビ!くろナスビが走ってくる!これは決定的だ!


しかしパートナーのツクヨさんが出てこない。ツクヨ「イベント飛ばせない;;」


間もなくきいろ君がでてきた!これは面白い展開!どっちが勝つかわからん展開に!


さらにジョーさんまででてきた!


さあ誰が出てくる!?


ツクヨさんが扉から出る。一目散に走りげつじんに、いいね!


1着ツクヨーーー!


続いて、2着クィン、3着ミツへと続く。


しばらくしてヒロロさんが出て、イビサさんが出る。順位は決まっているが完走にこそ意味がある。


小学校運動会でのリレーのゴールさながらの拍手で迎えられるイビサさん。4着ですが、お疲れさまです^^


この展開は意外。まさかトップで入ったイビサさんが最下位とは。クィンさんはドラキー戦さえなければ1着も十分ありえた。


しかし勝負は時の運。ごちゃごちゃいっても仕方ない。ツクヨさん・くろまるさんおめでとう!


20131201-0025_110916251

景品と賞金を進呈します!


ブリザード「おめでとう~ブリブリ」


彼もお祝いにかけつけたようだ。左右へぴょんぴょん小躍りして喜んでいる。


家賃がまたしても払えないミツリィンのメラミ!彼はあえなく雪へと変わった。


凍えた手で懐からルラ石を出し、一同は最終レースへと向かう。
 


最後の会場はこちら

第3レース「G1メギストリス記念」
20131203-2243_111624213
趣旨説明中に ステラさんとなべさんがイン。お二人とも「馬になって!」という雑な説明で快諾し、きていただく。

今や第二のグレンにして冒険者達の交差点。この場所が大会を締めるべく各レースの勝者と強制連行されてきた者達が戦う主戦場となる。

コースの紹介
・まずは城前をスタートし、道具屋でまだらくも糸を購入(勝利時景品と交換)
・美容院へ行き髪型を変える
・酒場へ行きレンに転職
・城前までの心臓破りの坂を全力で駆け上がる 
・応援隊は階段途中にバナナを置いておk
・マップ右時計回りのコース
・くろまるに先にいいね!した人の勝ち

競走フレの紹介
1枠1番 きいろ
2枠2番 ツクヨ
3枠3番 ステラ
4枠4番 なべじま
4枠5番 げつじん

当初の予想では、ダントツ1番人気なべじまの倍率1.2倍。その他が後に続く。さしずめ3冠馬ディープインパクトのなべじま
圧倒的な存在感とオーラで他者を圧倒するなべじまにどう食いつくかが勝負の分かれ目。ダイワスカーレットのツクヨやルーラシップの私では太刀打ちできるかどうか。(競馬わからないひとには伝わりませんね。はい。すいません。)

くろさんミツさんに実況をお願いし、スタートの合図をクィンさんに。 

20131201-0050_110928988
 なんとなくスムーズに展開しているように感じるかと思いますが実際はこんな感じです。

げつ「じゃルール説明するよ〜」
ミツ「いやん♪」
イビサ「ミツさんの胸はいただいた〜」
ジョー「私というものがありながら!プンプン」
ツクヨ「いいな〜イビサさん」
げつ「まず道具屋にいってまだらくも糸を買います」
くろ「えーぼくもぼくも〜」
イビサ「だめ〜」
ミツ「パフパフ実装だね」
クィン「なんでまだら??」
ジョー「あーずるい」
げつ「とりま買ってw」
なべ「パンツとか見えないかな〜」
ツクヨ「とかっw」
げつ「次に美容院にいって髪型変えます」
きいろ「あお金ない><」
ジョー「誰か裸になれって言いませんでした?」
きいろ「(無言で裸)」

きいてええええええええ><話聞いて!遠足をまとめる引率の先生の気持ち今ならすごくわかる。一緒に一杯飲みたい気分になった。

クィン「アフロにできるね♪」<<げつじん
女性陣「アフロ!アフロ!」
げつ「わかったよ〜しますよ〜」

とりあえずこう言うとけばいいだろ。進行しないとだし、軽く流しとこ。

みつ「言ったね?ささ、イビサさんいつもの台詞を!」

イビサ「男に二言てあるんですか?」

きいろ「きたああああああああああ」

げつ「やらりゃいんだろおお!腹ちぎれないように抱えてろよ!」

先に述べるとレース後、このアフロはウケることもなく触れられることもありません。女ってそういう生き物です。

なんとかかんとか説明も終わり、賭けタイムへ。。

くろさんは「久しぶりだね〜」とかでステラさんへ、ジョーさんは「いいね!してくれたから」の理由でツクヨさんへ、ミツさんは「大博打で!」と言いつつげつじんへ、クィンさんは女の勘フル活用できいろ君へ、ヒロロさんとイビサさんは別居中の旦那なべさんへ、それぞれベット!

一同スタートラインへ

クィン「位置について〜よーーーーい」「すたーーーーーと」

一斉に飛び出す一同!私ときいろが先頭!続く、なべじま・ステラ・ツクヨ!

20131203-2341_111649809
階段降りたところの分岐点。後方についてくるなべさんを確認。ちょっと脇道へ。。。

なべ「うわあああああああ」

さっそくコースアウトのなべさん。うひひ。

先頭集団は道具屋へ

20131203-2342_111650112
くもを購入し、美容院へ。この時点でツクヨとステラを置き去りにしたことを確認!

これはもらった!あとはきいろ!ドコダー!

美容院内できいろ確認!

迷う事無くアフロをチョイスし速攻で酒場へダッシュ!

げつ「ふははー独走だぬ!」

前にも後ろにも誰もいない。みんな悩み過ぎ!

レンにもスムーズに変わり、最後の心臓破りの坂へ!

20131203-2341_111649646
ここではバナナが仕掛けられている。

応援隊のミツさんより仲間チャット「げつさんから見て、右ダメ。真ん中ダメ。左おk」

完璧なナビ!もう誰も私を止められない!

無冠の帝王と呼ばれたルーラシップに初の1冠をもたらすのだ!

階段を駆け上がりくろなすびへ、いいね!

ミツ「げつじん1着ううううううううう」

げつ「うおおおおおおおやったああああああ」

完璧なレース運び。まだ誰も来ない。10馬身以上離す圧倒的勝利。

くろなす「1着きいろーー」

え?

げつ「ちょいちょいw真面目にやって!」<<くろまる

くろまる「ほんとだよ〜」

クィン「うんうんw小さくて見えなかったんだねw」

げつ「審議!審議申し立て!!」

そんなはずはない。前も後ろも確認して誰もいなかったもん。斜行か!?どこかショートカットでもしてるんじゃ!?

くろまる「ただいまのレース。審議の結果、」

「1着きいろ」

「2着げつじん」

「3着ステラ」

「4着なべじま」

「5着ツクヨ」

「に確定しました。なお投票券のはr」

まじか。。。普通にショックなんですけど。。。やっぱりルーラシップには1冠は許されないのか。。

20131201-0144_110952960
そうこう言っても仕方ない!負けは負け!

きいろ君総合優勝おめでとおおお!そして応援したクィンさんおめでとおおお!!

景品と賞金を進呈いたします。

今回のイベントはなかなか大変だったけど前回同様かなり楽しめましたwここには書ききれないほどの思い出がたくさんできました^^

またみんなで集まろうね〜^^ほんとにお疲れさまでした^^次回は来れなかった極月会のナリタブライアンことたかしんさんの都合あう日にしてあげようw

20131201-0147_110954043
 3レース出走した面白頭の名馬とゴール地点にいたナスと記念写真

奇しくもみんな金髪チョイス

バナナ対策しないように靴禁止となり裸足。(そういう問題じゃない人が数名


長々と読んでいただきありがとうございます^^各々思い出があると思うのでコメントで書いていただけると嬉しいです^^